« WEリーグ第6節 大宮対新潟 | トップページ | 「恐竜・怪鳥の伝説」 »

WEリーグ第6節 浦和対長野

2023.12.24(日) 14時 浦和駒場スタジアム
観客 2235人 主審 山下良美 副審 坊薗真琴、高橋早織

 三菱重工浦和レッズレディース 3(1-1)1 AC長野パルセイロ・レディース
             (2-0)

 得点 7分 浦和・猶本
    21分 長野・宮本
    73分 浦和・猶本
    82分 浦和・清家

頭から浦和が主導権を握った試合展開に見えていて、まあそうだろうな、と思っていた。
7分に浦和の猶本に詰められた長野のDFが、GK梅村へバックパス。そこへ猶本がさらに詰めていき、梅村からボールを奪ってシュート。あっさり浦和が先制して、あまり面白くない試合になりそうだな、と思った。
しかし、押されていた長野が、20分に得たFKを菊池が蹴って枠内へ飛ばす。浦和GK池田がクリアしてCKになったが、これを福田が蹴って、中央で宮本が合わせて同点。
とはいえ、その後も浦和が優位に試合を進め、34分には右サイドから切れ込もうとした清家が、DFに倒されてPKを得た。しかし清家のPKは梅村に止められてしまう。浦和が優勢に試合を進めたものの、追加点はないまま前半終了。長野が次第に、浦和のやり方に慣れて来たようにも感じられた。
後半も前半終盤の試合の流れを引継いでいたと思う。ハーフタイムに長野は攻撃的な選手を入れ替えて、攻勢に出た感じもあった。
58分には交代出場した長野の小澤が、クロスバーに当てるミドルシュート。惜しかった。
その後は、やはり浦和が試合を支配したものの、なかなか得点まで行けなかった。長野GKの梅村がよく守っていた印象がある。しかし73分に塩越のCKから猶本が決めて、浦和が勝ち越し。87分には清家がクロスを頭で合わせてダメ押し。

地力で勝る浦和の順当勝ちだったと思うけれど、長野が勝ち越していればどうだったかな、という気もする。浦和がややもたつき気味だったのは、直前の週半ばにもビジターで試合があって連戦だったので、疲労が残っていたのかな。でもまあ、やっぱり浦和は強い、という感じ。選手が揃ってるのは間違いない。

20231224board 20231224pitch 20231224score1 20231224score2
浦和のゴール裏。
20231224urawa
長野のゴール裏。
20231224nagano

|

« WEリーグ第6節 大宮対新潟 | トップページ | 「恐竜・怪鳥の伝説」 »

女子サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WEリーグ第6節 大宮対新潟 | トップページ | 「恐竜・怪鳥の伝説」 »