« 「恐竜・怪鳥の伝説」 | トップページ | 感想「はじめて話すけど……」 »

WEリーグ第7節 浦和対大宮

2024.1.7(日) 14時 浦和駒場スタジアム
観客 3050人 主審 小泉朝香 副審 一木千広、稲葉里美

 三菱重工浦和レッズレディース 3(1-0)1 大宮アルディージャVENTUS
                 (2-1)

 得点 7分 浦和・安藤
    59分 浦和・安藤
    88分 浦和・伊藤
    90+2分 大宮・田嶋

今年初の試合初観戦。
さいたま市ダービーで、双方とも年末に見ているチームなので、ある程度事情は分かっていたから、そういう意味での面白さもあった。

浦和は安藤が前目のポジションに入っていて、年末の試合ではDFだったから、どっちもやるんだなと思ったけど、試合後のインタビューでは久しぶりに前をやったと言っていた。近頃では珍しいものが見れたということか。
大宮は、鮫島が左サイドバックから1列前に上がっていたのが目についた。年末に見た大宮の2試合を見る限り、大宮の効果的な攻撃は、ほとんど鮫島が上がって、起点になって生まれていたように見えていたから、妥当なポジション変更だなという感じ。

試合が始まってみると、大宮もそれなりに対抗はしていたし、やはり鮫島の左からの仕掛けが目立ってはいたものの、浦和の優位を感じないわけにはいかなかった。パスの精度や球際の強さが歴然として違っていた。
7分にはその球際の差が出た感じで、浦和がビルドアップして前へ出ていくのに対して、大宮が食い下がっていくものの、クリアボールは拾われ、競っては競り負けてで、最後は安藤に蹴り込んで、浦和が先制。
その後も浦和の優勢が続いたが、早々と先制した分、少し緩めたのかなという感じもあり、チャンスは作りつつ、なかなか追加点は生まれなかった。浦和のディフェンスは、チームが攻撃重視の布陣を敷いている影響もあってか、やや不安定感があったから、大宮がそこを突いてチャンスを作りかける場面もあった。30分過ぎには相手ボールを奪った五嶋から井上が貰って、抜け出しかけた。しかし浦和DFと競り合って倒れ、ここで船木に負傷交代。さらに大宮は厳しい状況。
後半に入ると、浦和がまたペースを上げて来たような感じ。チャンスを度々作り、GK望月の奮闘などで、大宮は何とか持ちこたえていたけれど、59分に大宮が、中盤でのパスカットから攻め上げようとしたところを、浦和の水谷がカットして前に送り、ゴール前で混戦気味になった中で安藤が押し込んで、浦和が追加点。
88分には大宮のCKを浦和GK池田がキャッチして前方へフィード。清家が俊足で追い付いて、中へ折返し、伊藤が受けて、一旦はトラップ失敗で流れたものの、大宮のクリアミスに詰めて、ゴールに蹴り込み3-0。
その後はロスタイム、大宮がゴール前に猛攻を掛け、クリアボールを田嶋が拾ってミドルを決め、一矢は報いたものの、そこまで。

点差だけでなく、内容的にも浦和の完勝だったと思う。大宮は年末に見た2試合同様、どうしちゃったのかな、という感じだった。相手が強かったというのはあるにしても、連携の悪さが目立ち、試合をうまく組み立てられていなかった。
浦和は最後の失点は余計だったけれど、長野戦よりもいい試合をしたと思う。ここでWEリーグにブレイクに入るのは残念なくらいじゃないのかな。もっとも、浦和はまだ皇后杯があるから、休みではないし、いい流れでそっちに臨めるのかもしれない。

それにしても、「さいたま市ダービー」でも観客3000人か、という感じ。少し寒かったとはいえ、もう少し入ってくれないかな、というところじゃないかと思う。

20240107board 20240107pitch 20240107score
浦和のゴール裏
20230107urawa
大宮のゴール裏
20240107ohmiya

|

« 「恐竜・怪鳥の伝説」 | トップページ | 感想「はじめて話すけど……」 »

女子サッカー」カテゴリの記事

大宮アルディージャ(2010年~)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「恐竜・怪鳥の伝説」 | トップページ | 感想「はじめて話すけど……」 »