« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

J3リーグ第1節 大宮対八戸

2024.2.24(土) 14時 NACK5スタジアム大宮
観客 7183人 主審 井上知大 副審 高寺恒如、原田大輔

 大宮アルディージャ 4(1-0)1 ヴァンラーレ八戸
            (3-1)

 得点 11分 大宮・泉
    57分 大宮・茂木
    63分 八戸・オリオラ サンデー
    64分 大宮・泉
    76分 大宮・中野誠

大宮のJ3初戦。自分がJ3の試合を見るのも初めて。

大宮はだいぶ選手が入れ替わったけれど、スタメンを見ていると、案外去年と変わってない、という感じだった。半分以上が去年も居て、レギュラー的に出ていた選手だったので。
ちなみに、新加入で目を引いたのは、やっぱり杉本健勇。
八戸はJFLで一度見たことはあるけれど、かなり以前なので、チームそのものは全然別物だったと思う。監督が石崎さんで、久々に見る名前だなと思った。

立上りはさすがに大宮が優勢だったと思う。やはり去年までのキャリアの差の影響か、大宮が圧倒している、というほどではないにしても、スピード感や強度で、八戸が付いて来れてない感じはあった。
開始早々に、茂木のきわどい直接FK。11分には茂木の右からのクロスを、逆サイドで泉が合わせて先制点。ただ、この得点の場面も、見ていて、これくらいのを八戸は守り切れないかなあ、とは思った。
その後も大宮が優勢に試合を進めたけれど、八戸も次第に慣れて来たのか、大宮のゴール前に攻め込む場面が増えて来た。FKやCKからゴールに迫る場面も何度か作って、前半の後半はむしろ八戸の方に勢いを感じたけれど、得点には至らず、1-0で前半終了。

後半は立上りから、八戸が積極的に攻勢を掛けてきているかな、という印象。ただ、前掛かりになっている分、大宮の反撃をくらいやすく、危なっかしい場面が続いた。
そして57分に大宮は、攻めあがっていた左SBの下口がクロスを入れ、逆サイドから茂木が頭で叩き込んで、大宮が追加点。茂木は右SBだし、なかなかダイナミックな得点だったと思う。見た目も華やかだった。
これで大宮が一気に流れをつかむかと思いきや、63分に八戸のオリオラ・サンデーがドリブルで突っかけて、守備をかわしてゴールを決め、2-1。
しかし直後の64分に、大宮の泉が左サイドから中へカットインしてシュートを決め、再度突き放した。
76分には、右からの藤井のクロスを、中央で杉本が流して、逆サイドで中野誠也が押し込んで4点目。
大宮が4-1で大勝。

順当な結果なんだろうな、という感じはした。やはり地力の差はあったと思うし、大宮は早い時間に先制した分だけ、試合運びにも余裕もあった。去年まで攻守でいい働きを見せていた茂木が、今年も残留したのは大きかったし、中心になるポジションの石川と小島も残留組だから、そういう安定感もあったと思う。
ただ、まだ1試合目なので、何とも言えないとも思う。4-1で大勝とはいえ、八戸は昨年までの成績を見る限り、決してJ3の中での強豪ではなくて、せいぜい中堅どころだし、まだお互い、手探り状態の開幕戦ということもあった。慣れてくれば、実力的に下位のチームでも、上位と対抗する手立てを考えて来るようになる。もう少し試合をこなしてみないと、大宮の立ち位置はわからないだろうな。
なにせ大宮は、優勝して1年でJ2復帰という目標を掲げている(掲げないわけにはいかない)以上、ほどほどの成績ではダメなわけで。その可能性のあるポジションに立てるのかどうか。
杉本健勇は、大宮の攻撃を仕切りつつ、洒落たプレーをしようという意図が感じられて、割と泥臭い試合の中で、一人だけ異彩を放っていたように見えた。そのスタイルがどの程度、効果を発揮するのかはよくわからないけれど、見ていて面白かったのは確か。今年の大宮の試合を見る時の、楽しみのひとつになりそう。

埼玉県にJ3がやって来た!
20240224j3スタジアムのビジョンは修理中なので、スコアボードや選手ボードは代替品なのが、一段とわびしさを感じさせた。
20240224board
20240224pitch
20240224member 20240224member2 20240224score八戸のゴール裏のみなさん。
20240224hatinohe
八戸のマスコットさん。ヴァン太くんと言うらしい。
20240224mascot

| | コメント (0)

J1リーグ第1節 名古屋対鹿島

2024.2.23(金) 18時 豊田スタジアム
観客 36933人 主審 荒木友輔 副審 三原純、坊薗真琴

 名古屋グランパス 0(0−1)3 鹿島アントラーズ
           (0−2)

 得点 19分 鹿島・仲間
    47分 鹿島・チャヴリッチ
    62分 鹿島・仲間

名古屋の今季J1開幕戦。DAZNで見ていた。

オフ期間での大量の選手の入替を経てのスタメンは、どうも故障者が続出しているらしく、それもあって、特に守備的にかなり不安感のあるメンバー。
GKランゲラックはともかく、3バックは左から井上(新加入)、ケネディ(新加入)、野上。昨年から時々3バックの一角をやってた野上はともかく(と言いつつ、個人的には、DFとしての信頼度はあんまり高くないが)、他の2人がキャリア的に、去年までのメンツに相当出来るのか、という疑問は感じた。どうやら、昨年後半、ほぼ3バックの一角だった河面が例によって故障、新加入の韓国人DFハ チャンレもPSMで故障したとのことで、窮余の起用だったらしいが…。
中盤は右に久保、左に山中(新加入)。中は1ボランチ稲垣で、前目に森島と和泉、という感じだったけど、実際は森島が結構上下動していた感じ。2トップがユンカーとパトリック(新加入)。

前半は五分っぽい内容だったと思う。鹿島は昨年のチームからそれほどメンツに変化がなくて(それでも柴崎が外れて、鈴木もベンチスタートと、こちらも故障者が出て、万全のスタメンではなかったらしいが)、安定感のある試合運びに見えたが、名古屋もそれほど遜色のない試合は出来ていたと思う。山中が左サイドで攻撃のいい起点になっていたし、ユンカーがゴール前で惜しいシュートを放ったりもして、むしろ押し気味にも見えていた。
しかし、不安感のあるディフェンスもそれなりに守れていたけれど、18分に左からのCKを跳ね返した先で、植田に拾われ、落とした所に仲間がすばやく突っ込んできて、ゴールを決められた。でも、これは鹿島というか、仲間を褒めた方がいい失点だったかな。
その後、鹿島の多彩なセットプレーに翻弄されかける時間帯が来たが、そこは持ちこたえ、逆に27分に山中が右からのCKを直接ゴールへ送り込むが、パトリックが相手GKと交錯してファールを取られ、ゴールにはならない。
その後、試合に動きはあったけれど、得点はないまま、0-1で折返し。ただ、ここまでの名古屋は、期待を持たせる、というほどではなかったにしても、そんなに悪い内容ではなかったと思う。

後半に入ると、一変した。
始まって早々の47分に、後半から入った鹿島の藤井が左から入れた、ゴール前を横切るボールに対し、右サイドで久保が仲間に競り負けてボールを奪われ、安西にクロスを入れられると、ゴール前でチャヴリッチに合わせられて失点。
この辺から、鹿島がはっきり主導権を握り始めた。
60分に久保に代えて中山(新加入)、パトリックに代って永井が入って、建て直しを図るも、62分には相手陣内からカウンターを食らい、チャヴリッチにドリブルで持ち込まれ、そのままゴール前へクロスが入ると、仲間に合わされて0-3。
65分に和泉に代えて倍井、山中に代えて小野(新加入)。後半は目立たなくなっていたとはいえ、攻撃的にそれなりに効いていた2人を、未知数に近い2人に代えたことで、正直、この試合はもう見切ったのかな、という印象を受けた。布陣も小野を左SBに入れての4バックに変更していたように見えたし、この試合の勝敗はもう度外視して、今後のことを考え始めたかなという感じ。この時間帯で3点も開いたことを考えれば、それもありかなとは思った。
ただ、ホーム開幕戦でそれでいいのかな、という気持ちはしたけれどね。そういう風に割り切れる観客ばかりが来ている試合ではないだろうから。もっとも、そういう観客は、逆に、そんなことはあまり気にしないかな。
とはいえ、この後の時間帯は、正直、時間が過ぎて行っただけだと思う。倍井や小野が絡んで、それなりの場面はあったにしても、3点リードで余裕の逃げ切りが視野に入った鹿島が、どれだけの力で対応していたかもわからないし、どの程度、評価に値するのかと思う。
この後、80分には井上に代って吉田が入り、これで交代は終了。
以降もスコアは動かず、0-3で終了。完敗の開幕戦。

正直、ひどい試合だったけれど、もっとひどくなってもおかしくなかったから、0-3なら、まあいいか、という感じ。
メンバーが足りなかった(力不足だった)のは明らかなので(特にDF)、そういう意味でも運がなかったというか、仕方なかったというか。対戦相手の鹿島が、地力があるだけでなく、去年からの継続で、既にある程度は出来上がったチームだったのも、こちらが作り直しのチームの初戦だっただけに、不利に働いたと思う。ただ、選手層が未知数というか、薄いのは、分かっていたとはいえ、いきなりこうしてはっきり見せつけられると、今後に不安は感じる。故障でこの試合に間に合わなかった選手たちが、いつから戻って来るのかも分からないし。
この試合の内容だけで、あれこれ言っても仕方ないと思うけれど、少なくとも安心感や期待感は全くなかったと思う。

| | コメント (0)

「ストップ・メイキング・センス 4Kレストア」

トーキング・ヘッズの1983年のライヴを映画化した1984年の作品が、今回4Kレストアされて公開されたもの。
トーキング・ヘッズはリアルタイムだった当時、興味の対象外だったし、1984年版の映画も、存在は知ってたが見てないのだけど、近年、1980年代のMTVとかを見ていたりするうちに、いまさらトーキング・ヘッズやデイヴィッド・バーンに関心が出て来た。2021年に公開された、デイヴィッド・バーンのステージを映画化した「アメリカン・ユートピア」も見に行ったことだし、と思って、これも見に行った。

格好いいライヴ映画だった、と思う。最初はほとんど何もない所に、デイヴィッド・バーンが一人で出て来て、「サイコ・キラー」を歌うとこから始まって、そこから次第にセットが増えて、メンバーも増えていくという構成とか、そういう舞台の趣向も面白かったけれど、格好のいい音楽が、とにかく楽しかった。IMAXで観たこともあって、実際のライヴを見るのに近い音を聞くことも出来たんだろうと思う。とりあえず音量はでかいし。
こういう形で聴いてみると、家でテレビなどで聴いてるのとは、だいぶイメージが違った気がする。でかい音と強いリズムで、ずっとアグレッシヴな印象を受けた。もう少し飄々としてるイメージだった。全然分かってなかったんだなと思った。こういう方向性の音楽なら、むしろなおさら好きかもしれない。

「アメリカン・ユートピア」は、かなり思想性の強い、考えさせる映画だったけれど、こちらは単純に音楽を体感する映画と考えていいんだろう。なにせ「ストップ・メイキング・センス」なんだから。意味を考えるのをやめろ、みたいなニュアンスのはずだし。
(ちなみに映画の中での字幕では、この言葉は「意味はない」みたいな訳し方をされていて、それはちょっと意味合いが違うのでは、と思ったが…。映画の字幕なので、短い文章にしないといけないし、仕方ないんだろうけど)
とはいえ、そもそもがだいぶ抽象的な歌詞の上に、字幕は内容に省略が多いこともあって、より分かりにくくなっているから、見ていて、どうしても意味などをいろいろ考えてしまったけれど、初心者でもあることだし、それはそれでいいんだろう。

| | コメント (0)

PSM 岐阜対名古屋

2024.2.10(土) 14時 岐阜メモリアルセンター長良川競技場
観客 8659人 主審 高崎航地 副審 日比野真、宇治原拓也

 FC岐阜 1(1−1)2 名古屋グランパス
       (0−1)

 得点 14分 岐阜・河波
    32分 名古屋・中山
    53分 名古屋・森島

 出場選手
 名古屋 ランゲラック(GK)、河面、ハ チャンレ(68分井上)、内田(22分野上)、
     山中(68分小野)、椎橋(68分倍井)、稲垣(62分米本)、中山(62分久保)、
     森島、ユンカー(62分パトリック)、永井(62分和泉)
 岐阜 茂木秀(62分上田智輝)(GK)、石田崚真、甲斐健太郎、川上竜、
    文仁柱、庄司悦大、北龍磨(84分小川真輝)、河波櫻士(62分與那覇航和)、
    荒木大吾(79分上野輝人)、山内寛史(79分粟飯原尚平)
、藤岡浩介(84分西谷亮)

見てないし、見れる見込みもない試合なので記録だけ。
こうして書き出してみると、名古屋は、知らん選手や、知ってても出番が少なかったり対戦相手だったりで、見たことがあまりない選手が、そこそこ出ていて、よくわからないな。今年の序盤戦は、例年よりも、チームの把握に手こずりそう。

| | コメント (0)

2024年グランパス日程

開催日確定分まで。

節  開催日   KO時間  相手  スタジアム  結果  

PSM 2/10(土) 14時  岐阜  長良川     2-1
1  2/23(土) 18時  鹿島  豊スタ    0-3
2  3/2(土)   14時  町田  豊スタ    0-1
3  3/9(土)   14時  新潟  デンカ    0-1
4  3/16(土) 15時  柏   日立台    2-0
5  3/30(土) 16時  横浜  豊スタ    2-1
6  4/3(水)   19時半 札幌   札幌ド    2-1
7  4/7(日)   15時  福岡   豊スタ    0-0
8  4/13(土)   14時   磐田   ヤマハ 
L2  4/17(水)   19時  大宮  NACK5 
9  4/21(日)   15時  C大阪   豊スタ 
10   4/28(日)   15時  浦和   埼スタ  
11   5/3(金祝)  19時  神戸   豊スタ 
12   5/6(月休)  15時  広島   Eピース 
13   5/11(土)   16時  G大阪  豊スタ 
14   5/15(水)   19時  F東京  豊スタ 
15   5/18(土)   19時   鳥栖  駅前スタ 
16   5/26(日)   15時   京都  豊スタ 
17   6/2(土)  17時  川崎  等々力  
18   6/16〈日〉 19時  湘南  豊スタ 
19   6
/22(土) 18時  東京V 味スタ 
20   6/26(水)   19時  浦和   豊スタ  
21   6/30(日)  18時  C大阪  ヨドコウ 
22   7/6(土)   18時  町田   Gスタ 
23   7/14(日)   18時  柏    豊スタ 
24   7/20(土)   19時  神戸  ノエスタ 
25   8/7(水)    19時   京都  サンガ 
26   8/11(日)   19時   東京V 豊スタ 
27   8/17(土) 19時  広島  豊スタ  
28   8/24〈土〉 19時  湘南  レモンガス 
29   8/31(土) 19時  新潟  豊スタ

Lはルヴァン杯

| | コメント (0)

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »