« 「ストップ・メイキング・センス 4Kレストア」 | トップページ | J3リーグ第1節 大宮対八戸 »

J1リーグ第1節 名古屋対鹿島

2024.2.23(金) 18時 豊田スタジアム
観客 36933人 主審 荒木友輔 副審 三原純、坊薗真琴

 名古屋グランパス 0(0−1)3 鹿島アントラーズ
           (0−2)

 得点 19分 鹿島・仲間
    47分 鹿島・チャヴリッチ
    62分 鹿島・仲間

名古屋の今季J1開幕戦。DAZNで見ていた。

オフ期間での大量の選手の入替を経てのスタメンは、どうも故障者が続出しているらしく、それもあって、特に守備的にかなり不安感のあるメンバー。
GKランゲラックはともかく、3バックは左から井上(新加入)、ケネディ(新加入)、野上。昨年から時々3バックの一角をやってた野上はともかく(と言いつつ、個人的には、DFとしての信頼度はあんまり高くないが)、他の2人がキャリア的に、去年までのメンツに相当出来るのか、という疑問は感じた。どうやら、昨年後半、ほぼ3バックの一角だった河面が例によって故障、新加入の韓国人DFハ チャンレもPSMで故障したとのことで、窮余の起用だったらしいが…。
中盤は右に久保、左に山中(新加入)。中は1ボランチ稲垣で、前目に森島と和泉、という感じだったけど、実際は森島が結構上下動していた感じ。2トップがユンカーとパトリック(新加入)。

前半は五分っぽい内容だったと思う。鹿島は昨年のチームからそれほどメンツに変化がなくて(それでも柴崎が外れて、鈴木もベンチスタートと、こちらも故障者が出て、万全のスタメンではなかったらしいが)、安定感のある試合運びに見えたが、名古屋もそれほど遜色のない試合は出来ていたと思う。山中が左サイドで攻撃のいい起点になっていたし、ユンカーがゴール前で惜しいシュートを放ったりもして、むしろ押し気味にも見えていた。
しかし、不安感のあるディフェンスもそれなりに守れていたけれど、18分に左からのCKを跳ね返した先で、植田に拾われ、落とした所に仲間がすばやく突っ込んできて、ゴールを決められた。でも、これは鹿島というか、仲間を褒めた方がいい失点だったかな。
その後、鹿島の多彩なセットプレーに翻弄されかける時間帯が来たが、そこは持ちこたえ、逆に27分に山中が右からのCKを直接ゴールへ送り込むが、パトリックが相手GKと交錯してファールを取られ、ゴールにはならない。
その後、試合に動きはあったけれど、得点はないまま、0-1で折返し。ただ、ここまでの名古屋は、期待を持たせる、というほどではなかったにしても、そんなに悪い内容ではなかったと思う。

後半に入ると、一変した。
始まって早々の47分に、後半から入った鹿島の藤井が左から入れた、ゴール前を横切るボールに対し、右サイドで久保が仲間に競り負けてボールを奪われ、安西にクロスを入れられると、ゴール前でチャヴリッチに合わせられて失点。
この辺から、鹿島がはっきり主導権を握り始めた。
60分に久保に代えて中山(新加入)、パトリックに代って永井が入って、建て直しを図るも、62分には相手陣内からカウンターを食らい、チャヴリッチにドリブルで持ち込まれ、そのままゴール前へクロスが入ると、仲間に合わされて0-3。
65分に和泉に代えて倍井、山中に代えて小野(新加入)。後半は目立たなくなっていたとはいえ、攻撃的にそれなりに効いていた2人を、未知数に近い2人に代えたことで、正直、この試合はもう見切ったのかな、という印象を受けた。布陣も小野を左SBに入れての4バックに変更していたように見えたし、この試合の勝敗はもう度外視して、今後のことを考え始めたかなという感じ。この時間帯で3点も開いたことを考えれば、それもありかなとは思った。
ただ、ホーム開幕戦でそれでいいのかな、という気持ちはしたけれどね。そういう風に割り切れる観客ばかりが来ている試合ではないだろうから。もっとも、そういう観客は、逆に、そんなことはあまり気にしないかな。
とはいえ、この後の時間帯は、正直、時間が過ぎて行っただけだと思う。倍井や小野が絡んで、それなりの場面はあったにしても、3点リードで余裕の逃げ切りが視野に入った鹿島が、どれだけの力で対応していたかもわからないし、どの程度、評価に値するのかと思う。
この後、80分には井上に代って吉田が入り、これで交代は終了。
以降もスコアは動かず、0-3で終了。完敗の開幕戦。

正直、ひどい試合だったけれど、もっとひどくなってもおかしくなかったから、0-3なら、まあいいか、という感じ。
メンバーが足りなかった(力不足だった)のは明らかなので(特にDF)、そういう意味でも運がなかったというか、仕方なかったというか。対戦相手の鹿島が、地力があるだけでなく、去年からの継続で、既にある程度は出来上がったチームだったのも、こちらが作り直しのチームの初戦だっただけに、不利に働いたと思う。ただ、選手層が未知数というか、薄いのは、分かっていたとはいえ、いきなりこうしてはっきり見せつけられると、今後に不安は感じる。故障でこの試合に間に合わなかった選手たちが、いつから戻って来るのかも分からないし。
この試合の内容だけで、あれこれ言っても仕方ないと思うけれど、少なくとも安心感や期待感は全くなかったと思う。

|

« 「ストップ・メイキング・センス 4Kレストア」 | トップページ | J3リーグ第1節 大宮対八戸 »

名古屋グランパス(2024年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ストップ・メイキング・センス 4Kレストア」 | トップページ | J3リーグ第1節 大宮対八戸 »