J2リーグ第1節大宮対甲府

2019.2.24(日) 14時 NACK5スタジアム大宮
観客 12090人 主審 榎本一慶 副審 岩田浩義、渡辺康太

 大宮アルディージャ 0(0−0)0 ヴァンフォーレ甲府
            (0-0)

Jリーグ開幕節なのに、1試合も見に行かないのもつまらない気がしたのと、サッカー観戦の勘を取り戻す意味も込めて、NACK5大宮に行ってみた。J2開幕戦。名古屋絡みでない大宮のリーグ戦を見に行くのは、相当久しぶりだったと思う。

大宮は、シモビッチが出ないかなと思ったが、ベンチにも入らず。まあ、今年、監督が高木琢也になって、FWにファンマを補強したんなら、そりゃ、ファンマを使うだろう。シモは、少なくともしばらくは厳しい立場になりそうだなと思った。あと、畑尾が控えに居たが、出場しなかった。もっとも、畑尾は名古屋に居た感が、かなり薄い選手ではある。
甲府では、内田が左サイドでスタメン出場。結果として、甲府に肩入れして見ることになった(席は東側のスタンドのホームのエリアに居たが)。

試合の中身は、どっちもなかなかビルドアップ出来ないし、たまにロングボールがうまくはまって、決定機まで持ち込んでも、シュートミスで得点出来なくて、このもどかしさがいかにもJ2だなあ、と思った。馴染んで見続けていれば、こういう試合展開も、これはこれで楽しめるはずだけど(実際、以前はJ2を楽しんで見ていた)、自分のチームが昇格を賭けながら、こういう試合を続けてるのを見続けるのはしんどい。2017年一度だけでたくさんだよ。

展開的には、序盤が甲府、前半の半ば以降と、後半半ばくらいまでが大宮、終盤は甲府が優位だったと思う。
甲府の優位は、ピーター・ウタカ次第という感じ。というか、ウタカ自体は、終始、一人だけ格上なプレーぶりだったが、周囲の選手が彼に付いてこれるかどうか。序盤はマークが弱かったからか、ドゥドゥが結構うまく連携出来ていたが次第に失速。終盤、ドゥドゥがジュニオール・バホスに交代すると、これが当りで甲府に流れを呼び込んだ。多分、ウタカを生かすのに周囲の構成をどうする、というあたりで、今後、甲府は試行錯誤していくんだろう。それでも、横谷あたりは、終始、割とうまく連携出来ていたような気はした。
一度、内田がゴール正面、ちょっと長めで直接FKを蹴った場面があって、直接ゴールを狙ったけど浮かせてしまった。残念。ウッチー、悔しがってたな。
大宮に関しては、2年間、長崎に苦しめられたチームのサポとしての経験から、ファンマは見かけほど怖くないと思ってたし、この試合もその通りだったと思う。シモビッチの方が、コンディションの問題とかがないのであれば、全然いいFWだと思うよ。大宮は、攻撃に関しては、ちょっとタレント不足な感じだった。大前と茨田だけでは足りてなくて、マテウスをうちに抜かれたのが、結構厳しいのかもしれない。もっとも、近年の大宮については、攻撃面で、それほど感銘を受けるような試合運びを見た記憶がない。それなのに、毎度名古屋がやられるもんだから、毎回むかつきながら帰っていたんだよな。

まあ、開幕戦だし、どっちのチームも、これからチームを作っていく状態なんだろうな。スコアレスドローだったのは順当なところだろう。
20190224board
20190224pitch
「121%」てのが、今年の大宮のスローガンらしい。
20190224surogan
20190224score
マスコットの皆さん。久々にヴァンくんの姿を見た。
20190224mascot1
20190224mascot2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本大学サッカー選手権決勝 法政大対駒澤大

2018.12.22(土) 13時 浦和駒場スタジアム
観客 6012人 主審 大坪博和 副審 赤阪修、塚田智宏

 法政大学 1(0−0)0 駒澤大学
       (1-0)

 得点 72分 法政・ディサロ 燦 シルヴァーノ

時折、雨がぱらつく中での試合。ただし、本降りになることはなかったし、寒くもなかった。

駒澤は攻撃の選手が、準決勝ほど自由にはやらせてもらえてなかったように見えた。それでも序盤は攻勢で、中原のクロスバーに当たるミドルなんてのもあったが、次第に法政が優勢になり、前半の後半はおおむね法政が攻めていた印象。ただ、法政も攻めきれず、前半はスコアレスで折り返し。
後半に入ると、法政の勢いが上がった感じ。決定的な場面を何度か作ったが、駒澤のGKとDF陣が粘って、失点を阻止し続けた。しかし72分に11番(森)のクロスバー直撃のシュートの跳ね返りを、9番(シルヴァーノ)が押し込み、ついに法政が先制。
その後も駒澤は、ピンチを凌ぎ続けて、失点を重ねることはなかったが、攻め手は見つからなかった。可能性の薄い前への放り込みに終始して、法政の落ち着いた守備を崩せなかった。1点差の割にはだいぶ余裕がある感じで、法政が逃げ切って優勝した。

駒澤を2試合見た印象は、守備のチームだったのかなという感じ。3番・星と(今日は出てなかったが)4番・伊勢のCBが存在感抜群だったのを筆頭に、自ゴール前を粘り強く守った。
法政は、今日の試合では、攻めあぐんだ時間が長かったとはいえ、シルヴァーノを軸に、ピッチを広く使った多彩な攻撃を見せてくれたと思う。
20181222board
20181222pitch
20181222score
20181222end
20181222yusho

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本大学サッカー選手権準決勝 駒澤大対大阪体育大

2018.12.19(水) 13時 NACK5スタジアム大宮
観客 322人 主審 清水勇人 副審 浅田武士、水野智也

 駒澤大学 2(1−1)1 大阪体育大学
       (1-0)

 得点 3分 駒澤・安藤
    29分 大阪体育・林尚輝
    58分 駒澤・大塲(PK)

久々に大学サッカーを見に行った。

立ち上がり、駒大10番(中原)が蹴ったCKがクリアされのが、ペナルティ外で拾われて戻ってきた所を、中原がゴール前へ入れ直し、7番(安藤)がDFに競り勝って先制。序盤は中原と安藤の、スキルがあってよく動くコンビを中心に、駒大が優勢に試合を運んだ。
しかし大体大が高いディフェンスラインでオフサイドに掛けまくり、駒大の勢いを減じると、次第に流れは大体大へ。
前半30分頃、大体大優勢の流れのなかで駒大のカウンター。14番(坂本)が決定的なシュートを放ったが枠を外れ、このプレーでは彼が足を痛めたようで交代。直後に大体大が、ゴール前での素早い繋ぎで同点ゴールを決めた。この時間帯、駒大はバタバタしていて、少し集中が切れていたかもしれない。
この後も大体大優勢のまま試合が進んだ。ただ、押している割には、得点の気配があまり漂わなかった。3番(小川)のロングスローなどで、早め早めに前に入れたボールを、9番(林大地)が頑張ってゴール前へ持ちこむけれど、彼に対してうまくサポートが入らず、孤立してなかなかいい形でシュートを打てなかった印象。
逆に駒大は回数は少ないが、複数の選手がうまく連携してシュートチャンスを作った。それでも決め手には欠けていたものの、12分に中原のパスを受けた安藤が、ペナルティに切れ込んだ所でDFに倒されPK。キャプテンの6番(大塲)がきっちり決めて、駒大が再度勝ち越し。
以降は次第に、焦る大体大を駒大がうまくいなすような試合展開になった。しかし終了直前に駒大ゴール前で大混戦。大体大はあと一息で同点だったが、結局押し込むことが出来なかった。

大体大は消化不良気味の敗退じゃないかなあ、と思った。
駒大は22日の浦和駒場での決勝に進出。相手は法政大学とのこと。
20181219board
20181219pitch
20181219score
20181219end

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1リーグ第6節浦和対仙台

2018.4.7(土) 16時 埼玉スタジアム2〇〇2
観客 28984人 主審 福島孝一郎 副審 今岡洋二、熊谷幸剛

 浦和レッズ 1(1−0)0 ベガルタ仙台
        (0-0)

 得点 5分 浦和・興梠

2年ぶりに埼スタへ行った。

序盤は浦和が仙台を圧倒。その流れで、5分に中盤から出たボールを追いかけた興梠が、仙台のGKとDFが対応を少し迷った隙を見逃さず、競り勝ってゴールにボールを流し込み先制点。その後もしばらく、浦和ペースで試合は進んだが、徐々に中盤の動きが悪くなり、いつの間にか仙台に流れが行った。左サイド平川、ボランチに阿部勇樹という、高齢の選手の起用の影響があったのかな。にしても、ボランチの相方・青木や右サイド菊池までペースダウンというのはよくわからない。それでも前半は、仙台の攻撃に、試合をひっくり返すほどの迫力は感じなかった。
しかし、後半に入ると、仙台の勢いが増した。57分の梁勇基、64分の阿部拓馬の投入が、かなり効果を上げたと思う。梁の技術、阿部の動きの良さ・当たりの強さが目立った。けれども、60分頃から何度も作った決定的な場面を、仙台は決めきれなかった。後半はほぼ仙台が主導権を握って試合が進んだと思うが、70分頃からは次第にペースダウンした感もあり、結局浦和が逃げ切った、という感じ。終了寸前に、左サイドを阿部が抜け出しかけて、足に違和感を感じたらしく、スローダウンしちゃったんだが、あれが通ってたら、決定的な場面になっていたかも。そこはすごく印象に残った。

全体としては、仙台がもったいない試合をしたかな、という印象だった。あとは、興梠のベテランらしい存在感。

それにしても、浦和の新監督の人相の悪さは半端でなかった(^^;
20180407board
20180407stadium
20180407vegalta
20180407score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練習試合 大宮対群馬

2018.2.11(日祝) 14時 NACK5スタジアム大宮

 大宮アルディージャ 2(1-0)0 ザスパクサツ群馬
            (1-0)

 得点 26分 大宮・シモビッチ
    89分 大宮・大前

 出場選手
 (前半のみ。自分が視認した背番号から判断したものなので、間違いはあるかもしれない。
  特に群馬は、サイトに名前が出ていない選手が多数)
 大宮 笠原(GK)、中村、菊地、キム ドンス、渡部、
    三門、大山、酒井、嶋田
    シモビッチ、大前
 群馬 松原(GK)、38(不明)、坪内、37(不明)、
    風間、31(不明)、舩津、岩田、
    一柳、川岸、久木田

練習試合。
新都心で買い物した後、大宮の街中へぶらぶら向かったら、スタジアムへ向かってく大宮サポらしき人間を何人か見かけて、試合でもあるのか?と思って、オレンジスクエアへ行ったら、無料公開の練習試合を14時からやるというチラシが置いてあった。その時点で13時半くらいだったから、ちょうど間に合う時間。シモビッチ見たさに行ってみることにした。

入場無料のせいか、満員に近い入り。まあ、試合前に少年サッカーのイベント的なものを抱き合わせでやったらしく、それ系の観客もだいぶ居たけれど。
シモビッチのグッズとかがあるかなと思って、スタジアムの物販をちょっとのぞいたが、なかった。そういうのは開幕に合わせて発売されるのかな。大宮のフラッグへの激励の寄書きを集めていて、「シモビッチ、去年はありがとう」的なことを書きたい誘惑に駆られたが、名古屋サポの評判を落とすのは確実なので、やめた(^^;

試合内容としては、途中まではほぼ互角の戦い。大宮がゴール前のシモビッチめがけて、サイドからクロスを入れようとしていたが、出足の速さでまさる群馬が、大宮にあまり自由にプレーさせなかったし、攻勢な場面も作っていた。しかし、時間が進むにつれて、群馬が大宮の攻撃をしのぎ切れなくなり始め、30分頃に、左からのクロスをシモビッチが器用に捌いてシュート。群馬のGKは反応したものの、防ぎきれずに大宮が先制点。そこから後の時間帯は、大宮の優勢がはっきり見える内容だったと思う。やっぱり、選手のスキルは大宮の方が上だし、群馬の動きは次第に落ちてきた。それでも前半は1-0のまま終了。
ちょっと空が陰って寒くなってきたし、シモビッチのゴールも見たし、よそのチームの練習試合を、そんなにガチで見る気は元々なかったから、前半だけで撤収。
試合は2-0で大宮が勝ったとのこと。ちなみに2点目は89分の大前だったそうで。

相変わらず、シモビッチが足元の技術の巧さを見せていた。飛ばずに競り勝つポストプレーも健在。やっぱり格好いいなあ、と思った。今年、彼がうちのチームにいないのが残念。
フローデもジョシュアも好きな選手だったし、いい選手だったと思うし、力は彼らの方が上だっただろうなとは思うが、プレーが絵になるという点では、シモビッチは特別なような気がする。もっとも、今日の相手は今年はJ3の群馬だから、あそこまでのびのびやれたんだろうけど。

群馬は、サイトに選手名が載っていない背番号の選手が複数出ていた。J3は開幕も遅いし、まだ何人も練習生を試している段階なんだろう。3-4-3っぽいフォーメーションに見えていたけれど、3トップの3人(一柳、川岸、久木田)が全員DF登録の選手というのも、いかにもまだ準備段階な感じ。考えようによっては、それでも大宮相手にそれなりに試合出来ていたんだから、悪くはなかったということかな。

それにしても、テンパらずに気楽に見れる試合って、いいよな。サッカーで、そういう試合は、久々に見たので(^^;
20180211stadium
20180211stadium2
20180211simo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1リーグ1stステージ第5節浦和対甲府

2016.4.1(金) 19時半 埼玉スタジアム二○○二
観客 22766人 主審 山本雄大 副審 

 浦和レッズ 2(0−0)1 ヴァンフォーレ甲府
        (2-1)

 得点 68分 浦和・興梠
    81分 浦和・森脇
    90+2分 甲府・稲垣

甲府は5‐4‐1のベタ引き布陣で、当然浦和が攻めっ放しだったが、甲府は伊達に枚数掛けてない、粘り強いディフェンス。甲府は前半半ばに、ややアンラッキーな2回目の警告(ハンド)でディフェンスリーダーの山本が退場になったが、さらに守備意識を高めて前半スコアレスで乗り切る。にしても、浦和に決定力がなさ過ぎたのは否めない。95%以上の時間帯を、浦和が攻めてたと思うんだが、GKかわしてFWが2人、ゴール前に抜け出しても決められなかったくらいだったので。

後半も前半のままの流れで推移してたが、転機になったのは65分くらいに甲府が1トップのクリスティアーノを下げて、6バック0トップにしたこと。スコアレスでの逃げきりを図ったんだろうけど、クリスティアーノは、一応、ある程度は浦和のディフェンスを牽制していたし、甲府のバックスは枚数が増えすぎて、やはりいくらか混乱があったように思う。68分に興梠が甲府のディフェンスを破って浦和が先制。
この後は、さすがに攻めるしかなくなった甲府が、積極的な姿勢を見せ始めたので、試合としてはいくらか面白くなったけど、浦和の圧倒的優位は変わらず、81分に森脇が、込み合ったディフェンスの頭上を破るミドルで2対0。
それでも、ロスタイムに甲府が1点返した。浦和は甲府の怒涛の攻勢でのパス交換についていけなかった。試合中、ほとんど守備してなかったんで、切り替えが出来なかったぽい。でもまあ、お約束という感じだし、それほど大した問題ではないと思うけれどね。

順当と言うしかない結果で、どっちのサポでもない俺にとっては、有り体に言って、かなりつまんない試合だったけど、浦和の芸術的なシュート(決定機で宇宙開発、もしくは、確実のGKの正面を突く(^^;)は、楽しめたといえば楽しめたかな。
甲府は、近年、こういうスタイルでここでは浦和に負けてなかったらしいから、 戦術的な裏付けはあったらしいが、ちょっとこれはつまらな過ぎるサッカーだった。
20160401board
20160401pitch1
20160401pitch2
20160401kofusp
20160401end

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ACL 浦和対シドニーFC

2016.2.24(水) 19時30分 埼玉スタジアム 
観客 19500人 主審  副審  

 浦和レッズ 2(1-0)0 シドニーFC 
        (1-0)

 得点 8分 浦和・武藤
    65分 浦和・興梠(PK)

今年のサッカー初観戦。浦和のACLの試合を見るのは、ずいぶん久しぶり。

シドニーは知らないが、浦和は多少面子を落としてた感じ。それもあってか、それともシーズン初戦だからか、割とザッパな試合運びだったが、それに輪をかけてシドニーもザッパだった。しかもビジターを意識したのか、5バック1トップのディフェンシブな布陣。必然的に自ゴール前での時間が長くなり、そういう中でディフェンスの連携ミスが起きた所に、浦和の武藤が抜け目なく入り込んで、早々と先制点。まあ、全体的に浦和の方が動きが良かったのも確かだと思う。ホームの利だったかな。
ただ、時間が進むにつれてじわっとシドニーが押し気味になったから、浦和が先制できてなかったら、どうだったかなという気もする。
後半は割とシドニーが押し気味で入ったと思うんだが、浦和が放り込んだロングボールに対して、またシドニーのディフェンスがミスをして、GKが走りこんだ興梠を倒すことになりPK。これが決まって2対0。
こうなってから、やっとシドニーは選手を入れ替えて、攻撃的にシフトしてきたけれど、試合の流れは決してしまった後で、手遅れだったようだった。決定的なシュートも西川の顔に当たってしまうし…(^^;)。このタイミングで入った10番の選手とか、結構気の利いた球捌きも見せていたし、なんで先発させなかったんだろうと思った。やはり、慎重になり過ぎたのかな。

浦和の快勝だったとは思うけれど、内容的には疑問もある。もっとも、メンバーを落とした状態で、この結果が出せたんだから、OKなのかも、という気もする。
20160226board
20160226pitchsouth
20160226ausie
20160226pitchback
20160226end

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇杯準決勝浦和対柏

2015.12.29(火) 13時5分 味の素スタジアム

 浦和レッズ 0(0−0)0 柏レイソル
        (0−0)
        (0−0)
        (1−0)
          
 得点 117分 浦和・李

今年最初で最後の天皇杯観戦。今年、1回も見てないから、と思って、最後の最後に…(^^;。

浦和がずっと優勢だったけど、攻めきれない試合だった。クロスの質が悪いし、ゴール前でのシュートチャンスでは吹かしてばかり。まあ、柏がディフェンシブで、ゴール前を固めていた影響はあったかもしれない。
柏は、土曜にPK戦までやった影響が残っていたのか、チーム全体の動きが重かった。前半守備的に戦って、後半、ギアを上げてくるのかな、と思っていたが、一向にペースは上がらないまま。選手の交代も延長後半に入るまで1人も行わず。あれだけ浦和が攻め損なってれば、いつもの柏ならカウンターの一撃で仕留めてきそうなもんだったけど、そういう気配もほとんど感じられなかった。

結果として、相当しょっぱい試合だったと思う。まあ、俺はどっちのサポでもない第三者なんで、へっぽこシュートやへなちょこパスを笑ってるだけだったけど、必死なサポにはしんどい試合だっただろうな。

それでも、延長後半10分を回ったところで、左サイドから梅崎が入れたクロスを、李忠成が頭でぴたっと合わせてゴールへ押し込み、浦和が勝った。これはPK戦だな、面倒だなと思っていたから、早く終わってくれて助かった(^^;。
浦和がずっと押してた試合だったから、まあ、順当な結果だったと思う。柏は終盤は、PK戦に賭ける、くらいの気持ちだったのかな。それくらい、精彩のない戦いぶりに見えた。

今年の試合観戦は、たぶんこれで終了。
20151229pitch
20151229tenpai
20151229end
20151229board

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校サッカー選手権大会埼玉県大会決勝 昌平対市立浦和

2014.11.16(日) 14時 埼玉スタジアム二○○二

 昌平 2(1-0)0 市立浦和
     (1-0)

先週に続いてのおつきあい。高校サッカー埼玉県大会決勝。埼玉スタジアム2○○2。

昌平は武南、西武台と強豪を連破しての決勝進出だったけど、中継で見ていた限り、どちらかというと劣勢の試合を相手の隙を突いてうまく物にした感じの試合運びだったし、昨年の優勝チームでもある市立浦和の方が優位なんじゃないのかなと、試合前は思っていた。

始まってみると、どう見ても昌平の方が上だった。イーブンのボールは8割方昌平が競り勝ってた。出足の鋭さも上。読みも的確で、きっちり寄せて、パスを止めまくる。市高の試合運びを相当リサーチしてたのかなと思うくらいだった。
当然先制ゴールも昌平。20分に右サイドから入ったクロスが、市高のDFに当たってこぼれた所を、9番の野村君がオーバーヘッドできっちり捉えて、鮮やかなシュートを決めた。
ただ、直後に市高もFKからミドルシュートを放って、GKがはじいた所を詰めに行くビッグチャンスがあって、これが決まってれば展開はかなり違ったかも知れない。実際にはDFにブロックされて得点にはならず、昌平優勢のまま試合は進み、55分には、昌平がCKから3番の小泉君が追加点を決めて突き放した。
その後は、余裕が出来た昌平の試合運びがさらに安定。それでも市高も、劣勢ながらも決定的なシュートを打つ場面が何度かあったけれども、GKの好セーブだけでなく、味方に当たったり、バーに当たったりする不運もあって、どうしても得点出来ず。2-0で試合終了。

昌平は、強豪との連戦で経験値を上げていたのかな、という気がした。市高も強豪の一角とはいえ、個人能力の高さよりは試合運びの巧さ(あやしさ?)で勝つタイプのチームだったから、個人能力の高い相手に競り勝ってきた昌平には、むしろやりやすい相手だったかもしれない。
それと、昌平は野村君の存在も大きかった。先制ゴールは本当に格好良かったし、その後も存在感を発揮してたと思う。逆に市高は、中心選手が怪我で外れていたし、怪我明けでいまひとつフィット感がない選手も居て、そういう所も痛かったんだろうなと思った。
20141115board1_2
20141115stadium_2
20141115siaimae
20141115board2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校サッカー選手権大会埼玉県大会準決勝 市立浦和対浦和東

2014.11.9(日) 13時30分 駒場スタジアム

 市立浦和 3(1-1)2 浦和東
       (2-1)

おつきあいで見に行った。11時からの第1試合から見に行こうかとも思ってたんだが、そのタイミングでは雨がひどくて出かける気にならなかった。この第2試合も、一旦はパスする気になってたんだけど、雨が上がって、午後は曇りの予報だったので、行ってみた。結局、雨には降られなかった。

開始6分で市立浦和がほぼ最初のチャンスで先制。セットプレーの流れから相手ゴール前でボールをきれいに繋いでゴールに持ち込んだ。
ただ、どっちかというと、浦和東の方がむしろ積極的にシュートを打ってはいたようには見えていた。若干精度に欠けて、ゴールまで組み立て切れてない気配はあったけれども、前半25分に東の10番の強いミドルが枠に飛んで、市高のGKは反応して弾いたが、勢いにおされてボールが背後に落ちてゴール。その後、双方、決定機は作ったが、物に出来ないまま、同点で折返し。
流れ的には、どちらかといえば、東の方がボールをうまく繋いで、ディフェンスも手堅い試合をしているように見えたんだが、61分に市高の16番が左サイドから切れ込んで強いシュート。GKはきっちり止めたものの、ボールをこぼしてしまい、そこへ市高の9番がスルスル入って来て、勝ち越しゴールを決めちゃった。どこから沸いたんだと思うような現れ方だった>9番。
この後、市高がやや引き気味になって、東は攻めあぐねてたが、75分に右からのクロスを10番がゴール前で頭でシュート。打点が高くて勢いがあり、これも市高のGKは反応したが、跳ね返せずにゴールでまた同点。しかし、時間的にこれは延長だな、と思ってたら、ロスタイム目前に市高が左からゴール前へクロス、またゴール前にスルッと現れた9番が押し込んで三度勝ち越し。さすがにこれが決勝点になって、市立浦和が来週の決勝へ進出。

市高9番の冨田君は、キャッチフレーズが「悪魔の左足」らしく、確かにゴール前への現れ方は、いかにも悪魔っぽかった(^^;。得点機以外は、割と適当に動いてたように見えたし、自分で後ろからゴール前に持ち込むようなプレーも、あんまりやる気がなさそうだった(簡単に人に渡しちゃう)。チャンスでゴール前に合わせに行く瞬間に、人が変わるタイプ? もっとも、夜の録画中継を見ていたら、簡単にはたいてる時も、結構いい所へボールを送っていることが分かったし、得点にならなかった場面でも、こまめにゴール前へ詰めていた。やっぱり、結構いい選手なんだな。
市高はGKの寺岡君も大活躍で、東の決定的なシュートを止めまくっていた。2失点も、止められなかったとはいえ、きっちり反応はしていたわけで、彼の活躍があっての市高の勝利だっただろうね。
東の方がチーム力としては上じゃないかなあ、という感じだったので、ちょっと東の選手たちは気の毒だったけれども。東の10番の岩出君が、格好いいシュートを何本も打ったりしていたし。ただ、俺が見たことのある範囲では(まあ、そんなに見てるわけでもないんだが)、市高の試合って、なんで勝っちゃうんだろう、というあやしい試合が、とても多い気がする(^^;。校風の反映だったりするのかも知れないね。
20141109board1
20141109stadium
20141109board2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧