トップイーストDiv1ヤクルト対日本IBM

2017.11.18(土) 13時 ヤクルト戸田グランド 

 ヤクルトレビンズ 87(40−6)11 日本IBMビッグブルー
            (47−5)

現地観戦。雨がポツポツ当たる空模様だった。後半には少しはっきりした雨になり、激しい降りにはならなかったけれど、手が滑ったりという影響は出ていたみたい。あと、かなり寒かった。

試合に関しては、試合前、昨年までの実績や今年ここまでの双方の試合結果を見る限り、ヤクルトの大勝以外、ありえないだろうと思ったし、実際そうなった。最終スコアは87-11でヤクルトの勝利。
立ち上がり、ヤクルトは反則やミスが多くて、流れに乗れないうちに、IBMがPGで先制したけれど、すぐにヤクルトがトライで逆転すると、あとは点差が開くのみ。あらゆる点で、ヤクルトの力が上回っていた。後半、IBMがヤクルトゴール前まで攻め込んだ時間帯が2回あり、2回目にトライを取りきったが、IBMの見せ場はそれくらい。IBMの選手たちが懸命にプレーしてるのは分かるんだけど、差がありすぎた。それでも、ヤクルトが3人の外国人選手抜きだったら、ここまで歴然とした差はないんじゃないかな、という気はするが。

正直、試合としての面白みは、あんまりなかった。ヤクルトを応援はしているけれど、これだけ差が開いたチーム相手に大勝しても、ほとんど感銘は受けないし、むしろ相手チームに肩入れしたい心理が働いてしまったりする。あんまり素直に試合を見れなくなってしまう。しかも、IBMは、昔は結構肩入れしてたチームで、元々親しみがあるから、なおさら。ちょっと面倒くさい。
前々から思ってるが、ラグビーはチームの力関係が試合の結果にはっきりつながる傾向があるから、いい内容が期待できないと分かってしまう試合が、ある割合で確実に発生してしまう。そういう所に、興行としては難しさがあるなと思う。
20171118pitch
20171118board

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップイーストDiv1東京ガス対ヤクルト

2017.11.4(土) 13時 東京ガスグランド 

 東京ガス 40(7−14)33 ヤクルトレビンズ
       (33−19)

現地観戦。東京ガスは、ここまでトップイーストのリーグ戦で、ヤクルトが全敗してる相手。

開始から5分くらいは、実績そのままにヤクルトが一方的に押し込まれたが、ゴール前まで来て、粘ってターンオーバーした所から流れが変わった。東京ガスにミスや反則が続き、ヤクルトがゴール前まで押し込むと、東京ガスの反則で認定トライ。思いがけない先制。
25分に東京ガスSOの華々しいキックパスで同点トライを奪われたが、ヤクルトは35分にピッチを広く使った展開から、最後はハミッシュが押し込んで突き放す。
その後、東京ガスにゴール前まで迫られたが、粘りのディフェンスではねかえし7点リードで折り返し。
今日のヤクルトは、きっちり正面からのタックルで、東京ガスの攻撃をよく防いでいたし、チャンスも生み出していた。

しかし後半立ち上がり、ヤクルトはいきなり、右サイドをあっさり破られトライを許して同点。やっぱりダメかと思ったんだが、その直後、ヤクルトは今までの東京ガス戦では見たことがないような攻撃を見せてくれた。キックオフからのリターンを蹴り返し、厳しく詰めてしてボールを奪うと、一気に相手ゴールへ向かって勝ち越し。さらにその後の東京ガスのキックオフのボールを自陣でキャッチすると、そのまま相手ゴールに雪崩れ込む連続トライで12点差のリード。これは行けるんじゃ?と思ったよ。
けれども、勢いが続かなかった。10分に1トライ返され7点差。その後、速攻で裏へ抜ければビッグチャンスという場面で、最後のパスがミスになり、逸機したのが少なくとも2回。相手のペナルティからのキックをタッチに蹴り出せなかったり、優位に試合を運べるはずの時間帯をみすみす手放すことが続き、明らかに地力で勝る東京ガスにじわじわ追い上げられ、30分に同点。ヤクルトの選手たちの動きが鈍って見える中、35分には勝ち越しトライを許し、すぐ後には認定トライを取られ、絶望的と見える14点差に。
それでも、今日のヤクルトは、ここからもうひと踏ん張りを見せた。ロスタイムに入って、激しい攻勢を見せ、1トライ返し、7点差まで詰めたが、ここまで。

このグランドでは、一昨年もきわどい試合をやって、勝ち切れなかった。今日も結局、やっぱり勝てなかったんだが、地力の差というのを感じずにはいられない中でも、ここまでやれたというのは、ちょっと感動するものはあった。このままやられちゃうかな、このままズルズルかな、と思った所でも、踏み止まっていたものな。
来年こそ勝ちたいよなあ。もっとも、東京ガスは、来年はトップチャレンジに行っちゃう可能性があるんだろうか。
20171104pitch
20171104board

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップイーストDiv1横河対ヤクルト

2017.10.8(日) 14時 横河グランド 

 横河武蔵野アトラスターズ 31(24−3)8 ヤクルトレビンズ
               (7−5)

現地観戦。

横河は、下位チームばかりが相手とは言え、開幕3連勝中。ヤクルトは前節、清水建設相手に取りこぼした、と思ったけど、実は清水建設は結構強いのかも? 何はともあれ、2勝1敗で、上位を目指すにはここは是非勝ちたい試合だったはず。

前半の前半は横河が一方的に攻める展開。横河のFWを中心にした固いディフェンスに阻まれて、ヤクルトは相手陣内に入るのも難しい状態だった。1トライ1PGで10点を先行される。
前半が半ばを超えたタイミングで、ようやくヤクルトが反撃。横河のゴール前まで持ち込んで粘ったが押し込み切れない。それでも、PGで3点は取って、ここから追い上げ、と思ったが、30分過ぎに横河のバックスの巧みなパスワークに翻弄されて2トライを許し、24-3での折り返し。

後半立上りはヤクルトが攻勢で、ゴール前まで持ち込んだが、ここもトライを取り切れない。逆に10分頃に、また横河のバックスの連携で崩され、4トライ目を喫した。
それでもその2分後、カウンターで裏へ抜け出す形を作り、そこから1トライを返した。
この後、ヤクルト・横河とも、次第に動きが鈍って、スコアが動かなくなってしまった。ただ、これ以降は、どちらかというと、横河が裏へ抜け出しかかる場面が多かった気がする。ヤクルトは30分過ぎにゴール前に押し込む時間帯を作ったが、やはり得点に至らず、31-8で終了。

印象としてはヤクルトの完敗。FWの強さもバックスの巧さも、横河が一枚うわてだった。SOイブミーには存在感があったが、攻撃よりも守備での奮闘が目立つような感じで、こういう状態では得点を積み上げていくのは、なかなか難しい。
なんとなく、正面からぶつかり合ってるだけだった、という感じがした。以前はそれでは勝てなかったから、速く動かしたりとか、工夫をしていたように思うんだけれど。今年は単純なぶつかり合いでは、簡単には負けないような気がするけど、トリッキーな動きとか、スピード感とか、そういうところがうまく出来てないのかなあ。まあ、この試合は、というだけかもしれないけれど。秋田戦は見ていたが、コンディション不良での試合だったから、よく分からなかったし。

横河が今年のリーグの中で、どの辺に位置するのか、まだよく分からないけれど、結構しっかりしたチームになっているような気はする。これで、東京ガスや栗田工業にも問題なく勝てるチームだというんなら、横河にはだいぶ遅れを取ってる感のあるヤクルトも、まだ望みはあるかもと思うんだけれど、どうなのかな。
20171008stadium
20171008score_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップイーストDiv1ヤクルト対秋田

2017.9.17(日) 12時 ヤクルト戸田グランド 

 ヤクルトレビンズ 34(14−0)7 秋田ノーザンブレッツ
            (20−7)

今季のラグビー初観戦。台風の影響による悪天候で、霧雨(一時は本降り)が降る中での試合だった。
今年の試合観戦はJ2に振り回されていて、ヤクルトラグビー部まで気が回らず、先週の開幕戦のセコム戦は行きそびれた。

ちなみに、今季はリーグが再編されて、昨年の上位3チームがチャレンジリーグへ転出して、Div2から3チームが昇格してきているので、ヤクルト的には、相対的にチームのポジションがずり上がった以上、Div1優勝してチャレンジリーグを目指すというのが、考えないといけない実現可能性のある目標だと思う(去年までもトップチャレンジ出場が目標と言ってたけど、まあ、あまり現実性は感じられなかったな)。
そのためには、Div1昇格以来、一度も勝ってない東京ガスを倒すこととか、例年、必ずある取りこぼしをしないこととかが大切になってくるなと。そういう意味では、例年苦戦している秋田戦は、結構重要な対戦ではないかと思った。

立上りは五分な感じだったが、ほどなくヤクルトが主導権を握ると、以降、前半は、ほぼハーフコートマッチ。ヤクルトが一方的に攻めるのを、秋田が粘り強く防ぐという展開。秋田は当りの強いラグビーをしてくるので、それがヤクルトが苦手にしている一因だと思ってるが、今日のヤクルトはFWがしっかり渡り合って、隙を見せなかった。
10分頃、ゴール前でのマイボールスクラムから、新加入の外国人選手SOイブミーが突っ込んで先制トライ。その後も、再三、ゴール前まで迫りながら、押し込み切れなかったが、30分頃にFLハミッシュ・パターソンが押し込んでトライ。この辺は相変わらずの安定ぶり。前半は14対0。
前半は霧雨程度で、傘無しでも何とかという感じだったが、後半は雨が強くなった。ピッチが水浸しで、田んぼのようになり、プレーの精度も粗くなった気がする。5分過ぎ、ハミッシュの突破を起点に、右サイドの隅にトライが決まり、20分頃にはWTBコックスが右サイドを突っ走ってトライ。コックスの突破は今年も華がある。
ヤクルトが大きく突き放したが、前半に比べると、秋田もより高い位置でボールを保持する時間が長く、30分頃には田中が中央突破してトライ。
しかし、直後にヤクルトは、イブミーがDGを決め、終了直前にも密集から右隅にトライが決まり、最終スコアは34対7で、快勝した。

ヤクルトは、目立った大きなミスもなく、しっかりした試合が出来ていたと思う。FWが安定していたので、攻撃もうまく回った気がする。新加入のイブミーは、今日見た限りでは、回りを活かす意識が強い選手という印象。スーパーなプレーがどの程度期待できるのかどうかはわからないけれど(DGは見事だった)、うまく攻撃をまとめてくれそう。
ちなみに開幕戦も勝っているので、ヤクルトは連勝で滑り出した。幸先がいい。
秋田は、それほど見る機会が多いわけでもないチームだけど、印象からすると、まあ、こんなもんかなあと思った。ややミスが多くて雑な所を、いつもは気合でカバーしてくるけれど、今日はヤクルトが1枚うわてだった感じ。
20170917pitch
20170917zenhnan
20170917score
20170917akita

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップイースト1部ヤクルト対釜石

2016.11.19(土) 14時 秩父宮ラグビー場 

 ヤクルトレビンズ 24(12−14)28 釜石シーウェーブス 
            (12−14)

第2試合。双方今季最終戦。
ヤクルトはここまで3勝。中位の下の方という順位がほぼ決まってる状態。釜石も3位がほぼ確定で、今年のトップリーグ入りの可能性はまずないが、来季創設されるチャレンジリーグ(J2や昔のJFLみたいなものだと思う、多分)入りを目指すリーグ戦への出場権はほぼ得ていて、双方、あんまりテンパった状況ではなかったと思う。

ただ、ヤクルトは一度も釜石に勝ったことがないが、今年は(勝ててないが)上位チームにはいい戦いをしてるので、もしかしたら、とは思ってた。

釜石ペースで始まって、先制は10分過ぎの釜石の展開からのトライだったが、ヤクルトもパスを粘り強くつないで、20分頃にコックスのトライで同点。30分過ぎには中央付近の混戦からFB大城が抜け出して、釜石の追手を振り切り逆転のトライ。
40分頃に釜石にラインアウトからモールで押し込まれて、ヤクルトは再逆転されたが、試合内容的には五分に近い出来で折り返し。
後半序盤に釜石にまたラインアウトからモールで押し込まれ、突き放されたヤクルトだったが、10分頃、釜石の反則から速いリスタートでトライを決めて追いすがる。この後、ハミッシュが抜け出して、逆転トライが見える所まで行った場面があったんだが、タックルに潰された。
その後、釜石、ヤクルトの順で1トライづつ決め、4点差で終盤を迎えたけれども、ヤクルトは追いきれなかった。
結果的には、エリソンが決めきれなかった2本のコンバージョンの差が、点差になってしまった。今日はあんまりキックの調子が良くなかった気がする>エリソン。

とはいえ、今まで見たヤクルトの釜石戦の中では、一番いい試合だったと思う。まあ、釜石のチーム状態も毎年違うから、何とも言えない所はあるけど、三菱相模原戦、日野自動車戦に引き続いての健闘を見ると、今年のヤクルトは上位チームと戦うコツみたいなものを手に入れたシーズンだったのかもしれない、と思った。今までは割と、上位にはなす術なく敗れるというパターンが多かったから、ひとつレベルを上げたのかも? 来年にこれがつながるといいんだが。

しかし、今年はリーグ戦5試合を観戦して全敗…。ヤクルトグランドでのかなりしょっぱい連敗の後、上位チームに健闘しながら敗れた3試合。連敗をバネにして立て直した結果が上位への健闘だとすれば、うまく回ったといえなくはないのかなとも思うが、1試合くらい勝ちを見たかったなとは思う。
20161119board2
20161119pitch2
20161119end2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップイースト1部日野自動車対ヤクルト

2016.11.5(土) 13時 日野自動車グランド

 日野自動車レッドドルフィンズ 33(14−10)24 ヤクルトレビンズ
                 (19−14)  

今年の日野自動車は、釜石も倒して、三菱相模原と二強状態。ヤクルトが勝てそうな気はしないなと思ってたが、立ち上がりに自ゴール前でのラインアウトから押し込まれそうになったのを2発こらえた所から流れを掴んだ。
今日のヤクルトはFWが本当に頑張ったと思う。スクラムもモールも互角以上で、日野自動車陣内に押し込み続けた。最後の所で凌がれて、なかなか得点には至らなかったが、15分過ぎにエリソンのPGでついに先制。25分頃にはエリソンからのパスを受けたコックスがトライに持ち込み、10対0と先行。
しかし30分頃、ハーフウェイ付近のスクラムから速攻で攻められトライを許すと、急にバタバタし始めた。ミスが続き、自ゴール前で凌ぐ時間帯が長引いて、ついにシンビンで数的不利に。40分頃には自ゴール前での相手ボールスクラムからそのまま押し込まれ、逆転されての折り返し。

後半の立ち上がりにもラインアウトからモールで来られて10対21。力尽きたか、という感じがしたが、ヤクルトはそこから粘った。
相手陣内で試合を運び、10分頃に相手ゴール前スクラムから、SH多田のタイミングを合わせた球出しを受けてエリソンがトライ。15分頃には自陣での相手ラインアウトからボールがこぼれたのを多田が拾って大きくゲインし、最後はCTB住吉がトライに持ち込んで再逆転。このあたりからヤクルトは完全にイケイケ状態で、焦った日野はペナルティを連発し、立て続けに2人がシンビンで退場。ヤクルトが圧倒的な数的優位に立った。でも、ここでトライ寸前まで何度も持ち込みながら得点出来なかったのが痛かった。
30分過ぎて、人数が戻った日野が攻勢を強め、ヤクルトが粘りながらも遂に逆転のトライを許したのが40分頃。ちなみにこの時間は実際の経過時間で、ロスタイムは別なので、このあとも5分以上試合は続いたが、厳しい戦いでヤクルトの消耗は激しく、反撃に出られないまま、ラストプレーでさらにもう1本トライを決められ、7点差以内での負けの勝ち点1も逃してしまった。

いい試合だったし、ヤクルトはよくやったとも思うんだけど、結果は悔しいというか、残念なものだったなと。
それにしても、日野自動車は強くなったなあ。2-3年前はヤクルトと同じようなポジションにいたチームだったのに。とても立派な練習グランドを見ると、会社の力の入れ方が違うんだろうと思う。ヤクルトもそれなりに力を入れてるようには見えるけど、レベルはだいぶ違いそう。まあ、いろいろなことも考えると、そうあって欲しいと、単純には思わないけれど。
20161105stadium
20161105board

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップイースト1部三菱相模原対ヤクルト

2016.10.15(土) 13時 三菱相模原グランド

 三菱相模原   43(17−21)28 ヤクルトレビンズ
 ダイナボアーズ (26−7)  

三菱相模原グランド。初めて行った。
クラブハウスの外観は結構凄かったけど、グランド自体の設備(スコアボードとかスタンドとか照明とか)は東京ガスや日野自動車と大差ないかな。もっと凄いのかなと思ってた。隣の工場の敷地はばかでかかったが。

正直、ヤクルトが勝てるとは思ってなかったし、開始早々にパス回しに振り回されてトライを決められた時は、やっぱり?と思った。けれども15分過ぎに自陣からパスを繋いで右サイドを突破し、コックスが裏へ蹴ったボールからトライが決まって逆転。その後もいい形を作った。
20分過ぎから三菱の反撃が強まって、持ちこたえられずに2トライで再逆転されたが、35分頃から再度反撃。FW陣がパスを繋いでトライを決め3点差にすると、ラストプレーで相手ゴール前で粘った上で、再再逆転のトライを決め、21対17とリードして折り返し。

もっとも、このまま勝てると思うほど、甘く見てはいなかったけど、やっぱり後半は厳しかった。
立ち上がりに左サイドを速攻で破られまた逆転。さらに、ペナルティからの素早いリスタートに後手を踏んで、もう1トライを決められ、突き放される。
ここでヤクルトにも相手ゴール直前でのマイボールラインアウトのチャンスが来たが、ボールを奪われ物に出来ない。後半のヤクルトはラインアウトが失敗続きで、それで流れを掴めなかった感があった。三菱にゴール前まで何度も持ち込まれながらも、集中を切らさないディフェンスで30分頃までは失点せずに持ちこたえていたので、もったいなかったと思う。終盤、ついに耐えきれずに2トライを喫したものの、ラストプレーでは粘りを見せて、攻め続けた末に4つめのトライは決めた。去年までのレギュレーションなら、これで勝ち点1だったんだが。

とはいえ、ヤクルトグランドでのしょっぱい2試合を見た後だけに、今日のヤクルトの健闘は楽しく見られた。負けは負けだけど、いい試合だったと思う。
20161015kanban
20161015pitch
20161015board

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップイースト1部ヤクルト対横河

2016.10.9(日) 14時 ヤクルト戸田グランド

 ヤクルトレビンズ 10(3−7)24 横河武蔵野アトラスターズ
           (7−17)  

出足はヤクルトが攻勢で、珍しくPKからショットではなくタッチへ蹴り出してトライを狙うなど、積極的な姿勢が見えたんだが、そこで見せた速攻からはトライを取り切れず、結局、15分頃にエリソンのPGで先制といういつもの形。徐々に横河に流れが行く中で、ヤクルトはゴール前まで攻め込まれたのを一旦は食い止め、反撃からエリソンがPGを狙ったが失敗。そして前半終盤に、横河にラインアウトからモールで押し込まれて逆転を許す。前半3-7で折り返し。
後半立上りはヤクルトがいい展開。スピード感のある動きでいい攻撃が出来ていた。10分頃には、ラインアウトから流れるようなパス回しで逆サイドへ展開して、逆転のトライへ持ち込む速攻を見せ、行けるぞ、という感じになった。しかし、後半も次第に横河に流れが移る。20分過ぎに横河が、ラインアウトからゴール前に密集を作って粘り、最後は押し込んで再逆転。この後は完全に横河ペース。ヤクルトは、前節の栗田工業戦とは違って、フィジカルで圧倒されることはなかったけれども、戦い方の明確さやタックルの確実さで負けていた。横河が3トライ差のボーナス点を獲得し、10-24で終了。

どうも、ヤクルトの試合運びに迷いが見える。力で押し切れるほど力強さがない割に、FW戦にこだわってなかなか球が出て来ないから、スムーズにバックスの攻撃にも移れない。以前は、ボールを持てば無敵感のあったハミッシュやエリソンといった外国人選手の勢いにも、陰りが見える。
栗田戦と横河戦を両方落としてしまったので、この先、食える相手が居ない。日野には絶対勝たないと、だけど、そこで勝っても、去年並みの順位を確保するのがやっとという状況。もちろん、三菱相模原や釜石を食えればいいんだけど、現状ではかなり見込みは薄いような…。
20161009ground
20161009dote
20161009board

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップイースト1部 ヤクルト対栗田工業

2016.9.24(土) 15時 ヤクルト戸田グランド

 ヤクルトレビンズ 3(3−19)33 栗田工業ウォーターガッシュ
           (0−14)  

今年初めてのトップイースト&ヤクルト公式戦観戦。ヤクルトを開幕から2試合続けて見られなかったのは残念だった。

天候は雨。行くのにチャリか徒歩か迷ってたが、結局徒歩を選択して正解。向かってる途中からどんどん雨が強くなり、試合の時のピッチは田んぼ状態。
このコンディションは、フィジカルで勝る栗田工業に有利に働いたと思う。スピードに長所があるヤクルトだが、重馬場では走ってもスピードに乗れないし、パスもスリッピー。
それでも先制は開始2分のエリソンが長い距離を決めたPGだったし(相変わらず上手い)、しばらくはヤクルトが優勢の試合運びだったが、じわっと栗田に押し込まれはじめた。しばらくは何とかこらえていたものの、15分過ぎにラインアウトからモールで押し込まれ、トライを奪われて逆転。
その後、エリソンがPGを2度狙ったが、難度が高いこともあり、決められない。35分過ぎにはヤクルトが相手ゴール前まで押し込む攻勢を見せたが、ここでパスカットされカウンターを食らう。重馬場なのは栗田も一緒で、抜け出しはしたものの、いまいちスピードに乗れてなかったから、ヤクルトの選手が追いすがってタックルに行ったんだが、栗田も複数の選手がよくフォローしていたので止めきれず、トライを許す。結局、ここが試合の分かれ目だったかなあ。
終了直前には自ゴール前での(確か)マイボールスクラムを栗田に奪われ、素早く持ち込まれ、前半は3-19で終了。
後半は栗田優勢で始まったものの、ヤクルトも踏ん張り、15分頃から攻勢を強めた。その中で栗田がシンビンで1人欠け、ヤクルトにはチャンスになったんだが、ここも押し込み切れない。30分頃には栗田がヤクルトゴール前で密集を作り、そこから外へ展開してトライ。そして後半の終了間際には、ヤクルトが相手ゴール前に攻め込んだ状態でボールを奪われ、カウンターでトライを食らう。コンバージョンが決まった所でホイッスル。3対33で終了。

ヤクルトはノートライの完敗。チャンスはあったけれども、内容的も完敗だったと思う。去年は勝った栗田工業戦だけど、基本、あんまり勝ててない相手(他には公式戦で勝ったことはないんじゃないかな)だから、仕方ないといえなくもない。でも、この辺に勝たないと、順位は絶対上がらないんだよな。
まあ、今日はコンディションが不利過ぎた面もあったかな、とは思うんだが、残念な結果だったのは確か。
20160924stadium
20160924board

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オープン戦 ヤクルト対セコム

2016.6.11(土) 13時 ヤクルト戸田グランド 

 ヤクルト 68(21-17)24 セコム 
       (47-7)

今季最初のラグビー観戦。先季は早々にシーズンが終わってしまったんで、ほとんど半年ぶりの観戦。

この時期のオープン戦なので、そんなにガチでメンバーは組んでこない。ヤクルトは前半は外国人選手を使って来なかった。その影響もあるかもしれないけど、立ち上がりに押してたのはセコム。出足の良さで試合を支配して、5分・10分にトライを連取。15分に自陣前からカウンターを食らってヤクルトにトライを決められたが、25分にトライを返して10点差。
しかし、この辺からヤクルトがじわっと力を出し始める。28分にゴール前のラインアウトからモールで押し込み3点差。力づくになると、やっぱりヤクルトの方に分があるわけで。その後、セコムも攻め込んだが、ゴール前でパスが乱れて決めきれず、前半終了間際に、ヤクルトがゴール前スクラムから、素早く仕掛けて逆転のトライ。21対17で折り返し。
後半のヤクルトは中心選手のエリソンと新外国人コックス(FB)を投入。エリソンが軸になった速いパス回しが機能して、圧倒し始める。それでも序盤はセコムもチャンスを作って、18分にはゴール前で粘り強く攻めて、トライを決めたが、後半の半ばを過ぎると動きが止まってきた。ヤクルトのやりたい放題になっちゃって、後半の後半の20分間にヤクルトは5トライの猛攻。最終スコアは68対24。

立ち上がりを見て、今年のセコムは違う?、と思ったけど、終わってみれば、やっぱり今年も厳しそう、という感じ。運動量が最後まで持たなかった。まあ、今日はラグビーには不向きなコンディションで、かなり暑かったから、無理もないが…。日頃、そんなに十分な練習時間ももらえてないはずだから、この時期じゃあ、身体もまだ作れてないかもしれないし。本格的には、秋からのリーグ戦に向けて、鍛えていくんだろうから。
ヤクルトも、選手はそんなに優遇されてないと聞くけど、とりあえず外国人選手の補強はあるし、セコムよりはいい環境なんじゃないのかな。ただ、前半を見ていると、日本人選手だけの力の差は、案外、そんなにないんじゃないか、という気はする。
まあ、ヤクルトも、まだチーム作りの途中だろうし、去年は結構いい感じのチームに仕上がっていたから(最後の方は失速気味だったが)、今年は上積みしてもらいたいなと。もっとも、新戦力のコックスの個人技だけが上積みってのは、なしで。結構やってくれそうな選手には見えたけど、そういうのだけじゃなく、チームとしての面白い試合運びという所に上積みが欲しいなと。近年は、エリソン(とハミッシュ)頼みに見える試合が、本当に多い気がしているので。
20160611ground
20160611board

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧