鳴門、徳島(その2)

翌日は鳴門公園に行って、鳴門の渦潮を見物した。大鳴門橋に設置された展望台に入ったが、高くて怖かった。高所恐怖症なので…。
20170416oonaruto_2
20170416uzu
鳴門公園から徳島市内までバス。1時間半くらいの乗車だったが、その割に運賃が安かった印象。
徳島駅は昔来た時も行った場所だが、全く様変わりしていた。ただ、やたらと棕櫚がある所は、記憶のままだった。
徳島城址公園も、昔来た時は入ったらしい(自分の記録を見つけた)。
20170416tokusimaeki
20170416tokusimajou
昔来た時に時間がなくて断念して残念だったのは、眉山公園に上ること。今回はロープウェイで上って、無念を晴らせて良かった。いい眺めだった。
20170416bizanboard
20170416bizan1
20170416ropeway
その後、徳島駅前からバスで空港に向かって帰ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳴門、徳島(その1)

徳島は遠い昔に行ったことはあるが、徳島市内は夕方着いて、早朝に出てしまったから、あまり市内を見て回った記憶がないし、鳴門一帯は足を踏み入れなかった。交通手段も国鉄(^^;だった。今回は飛行機で行って帰り、現地の移動はバスと徒歩のみ。そういえば、JR四国には乗車しなかった。
20170415kuko
空港からスタジアムまで徒歩で行った。道に迷わなければ1時間弱で行けたと思う。迷ったので2時間くらいかかったが。
20170415kawast
20170415naruto
20170415matusige
試合後は徒歩で鳴門駅に向かい、駅前からバスで鳴門公園の方にある宿へ行った。スタジアムから駅までは、まっすぐ行けば15分くらいで行ける距離だったと思う。
市内から山の上に城が見えたが、後で調べると、90年代後半に作られたもので、しかも17世紀頃にあった本来の城には天守はなかったそうなので、再建というよりは別物らしい。
20170415shiro
20170415narutoeki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩尻、松本

アルウィンは、行きは塩尻駅からのシャトルバスで行った。
塩尻自体は、はるか昔に20号線を通って塩尻峠を越えたことがあるが、市街地には入らなかったので、駅前に出たのは初めてだった。
20170326siojiri
20170326siojiri2

シャトルバスは塩尻市の協力で運行されているということで、毎試合運行されることが決まっているわけではないらしい。運行台数が少ないので、行きはともかく、帰りはバスが一旦出払ってしまうと、行って戻ってくるまでそれなりに待つことになると、行きのバスの中で運転手さんがアナウンスをしていた。
塩尻駅からは約20分でアルウィンに着いた。
20170326bus

帰りは、同じルートを使ってもつまらないので、シャトルバスで松本駅へ出ることにした。帰りのシャトルバスは、乗車するまで、かなり並んだ。入場者数15509人と発表されていたが、バスに乗るまで、行列に付いてから50分近くかかった。雨で人の動きや取り回しに手間が掛かっていたことを考えても、ある程度、時間に余裕を見た方が良さそうな印象だった。もちろん、試合が終わった後、ダッシュで乗り場に向かえば、もっと早く乗れたとは思う。なんせ、ああいう勝ち方だったもんで、ナゴヤグランパスコールとかしてて、若干、出遅れた(^^;。

松本駅までの所要時間は約30分だった。若干渋滞気味の場所もあったので、少し多めにかかっていたかもしれないが、その分を考えても、塩尻駅の方が近そうな感じがした。
ただ、こちらのシャトルバスは松本の市街地からスタジアムの間の交通機関だから、「松本」山雅としては、絶対に維持する路線だろうと思う。

松本は、塩尻峠を越えたのと同じ時に、ある程度市内観光もしたことがあるが、遠い昔なので、今回、改めて少し回ってみようと思っていた。しかし、バス乗り場で1時間近く要したことで、帰りの電車までの時間の余裕が削れてしまった。雨/雪が降り続いていることもあって、あまりモチベーションも上がらず、駅の回りを少しぶらついただけど終わってしまった。せめて松本城くらいは見に行きたかった。ちょっと残念だった。
20170326matsumoto
20170326midori

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御油

国府からさらに御油まで歩いてみた。

御油宿についてのプレート。すぐ隣にイチビキの工場があったのは、ちょっとびっくり。ここだったのか、という感じ。
20160618goyu
御油の松並木。天然記念物らしい。近くに資料館もあって、前までは行ったが入らなかった。
20160618matsu
20160618matunamiki
御油橋。
20160618goyuhasi


| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊川から国府

豊川駅を過ぎて豊川稲荷へ。そこから姫街道を通って国府まで歩いた。

参道。レトロな街並みを売り物にしているらしい。ちょっと谷中のあたりみたいな感じだった。
20160618sando
豊川稲荷。ずいぶん大きかったけど、大きいんだろうなと思ってはいたので…。
20160618toyokawa
20160618inarihondo
国府の手前の三河国分寺の案内板。三河国分寺を3年くらい前に見に行った時に、見た覚えのある看板だった。戻ってくる日があるとは思ってなかった。
20160618kokubunji
三河の国府の跡ということらしい。国府駅の近く。
20160618souja
20160618kanban

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊橋から豊川

豊橋駅から豊川駅まで歩いてみた。

吉田(豊橋)宿。
20160618yoshida
吉田大橋から吉田城址。城址公園は、以前入ったことがある。
20160618josi
市境(正岡橋の両側)。
Toyohashisi
20160618toyokawashi
豊川駅前。列車の本数の割に駅舎が随分立派に見えるのは、初詣とか、そういう時期に、ハンパでなく混み合うからなんだろう、と思った。
20160618toyokawaeki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五井観光

先週の市原対名古屋を臨海に見に行った時、蘇我の新スタジアムへの移転の話もあるので、五井に来るのは最後かもしらんと思って、市内観光(笑)した。
goieast
五井駅東口
goimusume
東口から上総国分寺跡までの道は更級通りという名前。五井に上総の国府があった(知らなかった)当時、「更級日記」の作者の菅原孝標の女(すがわらたかすえのむすめ)が住んでたんだそうで。
それにちなんだ、通りの真ん中にあるモニュメント(見えないか? 笠をかぶったお姉さんの像が建っている)。
goisiseki goihara
上総国分寺跡。一応、小さい寺は建ってるが、当時の物ではない。とんでもない田舎に見えるが、原っぱみたいな史跡の周囲は住宅が建て込んでる。
goiai goiwest
五井駅構内にあった「市原に愛を」看板と、五井駅西口。ジェフのチーム名に名前を残したいらしく、他にも「残そう市原」なんてのもあった。
goistadium goiback
臨海の外観とバックスタンド。あそこへ入る機会は来るのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)