岐阜、名古屋、掛川(12/3,4)

名古屋対柏を見るために岐阜に行った。前回、行きそびれた辺りを、多少は観光しようかと思っていたけれど、そこまで時間はなかった。

前回、写真を取り損なっていた名鉄岐阜駅。
20231203gifueki
岐阜公園。時間があれば、昆虫博物館に寄ってみたかったんだけど。次の機会があるのかどうか。
20231203kinka
前回は金華橋を渡ってスタジアムへ行ったので、今回は長良橋から行った。
20231203stadium_20240126235801
この日の夜は名古屋泊。名古屋で泊ったのは2019年以来だったんじゃないかな。宿は丸の内だったので、翌日は近所にある名古屋城へ行くことにした。名古屋城を見に行ったのは、約30年ぶり。その時は、地元の人に案内してもらって、城内へ入った。今回は行った時間が早すぎて、中へは入れなかった。というか、時間がかかることもあるので、そもそも城内に入りたいとはそんなに思っていなかった。なので、周囲を回って、外から見物した。考えてみると、30年前は逆に、外からはあまりじっくり見なかった気がするので、ちょうどよかったかもしれない。
20231204nagoyajo 20231204nagoyajoh
遠出するのも年内最後と思ったので、途中までは東海道線でゆっくり帰ることにして、夏に寄ろうとして、天候の具合などで断念した掛川に寄った。掛川は東海道新幹線で、(確か)唯一外へ出たことがない駅だった。

掛川駅。
20231204kakegawaeki  
新幹線で通りかかると車窓から見える掛川城へは、以前から行ってみたいと思っていた。ようやく宿願を果たした。
スケールの大きい名古屋城を見た後なので、こじんまりとまとまった、かわいらしい城に見えた。
ただ、ここも中まで入っている時間の余裕はなかった。残念。
20231204kakegawajo20231204kakegawajoh
天竜浜名湖鉄道の掛川駅。これで掛川、浜松、新所原という、天竜浜名湖鉄道のターミナル駅3か所全部に行ったことになるが、鉄道に乗ったことはまだ一度もない。
20231204tenkakegawa
掛川では、時間があれば花鳥園も行ってみたかったのだけど、残念ながら。ここも、次の機会があるのかどうか。

掛川から、新幹線で帰宅。いくつか思いを残しつつ、今年最後の遠出を終えた。

| | コメント (0)

館山、安房国分寺跡(11/19)

バスで一旦、館山駅まで戻り、レンタサイクルを借りて、館山市内を回ってみることにした。とりあえずは、今回のもう一つの目的地、安房国分寺跡へ向かった。
館山駅から、レンタサイクルで少し迷いながら行って、15分程度で着いた。幹線道路沿いながら、館山の街外れ、といった印象。
20231119kokubunjiban 20231119kokubunji
現役のお寺があるので、その辺の兼ね合いもあるのか、あまり史跡らしい雰囲気はなくて、それほど大々的な調査も行われてはいないようだった。境内には、地元の人らしい人たちの姿を何人も見かけた。地域に溶け込んだ、普通のお寺という感じだった。
20231118keidai 20231119kondo 20231119setumei
国分尼寺跡と推定される場所も、比較的近所にあるようだったけれど、現地に行っても何も見つけられない可能性が高そうだったのと、それほど時間的な余裕もなかったので、パスすることにした。

観光案内所で貰った地図を頼りに、館山城に行ってみることにした。館山城周辺の公園は広々として、人出も多く、賑わっていた。少しのんびりしてもいい感じだったが、やはりあまり時間の余裕がないので、早々に立ち去った。
ちなみに併設されている郷土資料館では、里見八犬伝関係の展示をしていたようだった。館山では市内の各所で、里見八犬伝絡みのポスターなどを見掛けた。里見八犬伝が町おこしの重要な道具になっているんだな、という感じ。
20231119siro
最後に港にある「渚の駅」たてやまへ行った。さかなクンが監修したらしい「さかなクンギャラリー」をのぞいた。また、展望テラスからは海の向こうに富士山が見えた。館山で、こんなに綺麗に富士山が見えるとは知らなかった。
20231119fuji
そして館山駅に戻り、内房線に乗って引き上げた。(写真は館山駅西口)
20231119ekinisi

| | コメント (0)

野島埼(11/18,19)

房総半島最南端へ行った。房総へは何度も行っているが、館山は多分初めてだったし、最南端の野島埼(ここは南房総市)も初めて。

JR内房線で行った。君津までは普通の首都圏の長距離列車という感じだったのが、そこを過ぎると単線になり、一気にローカルな感じになった。ただ、木更津ー君津間の時点で既に、駅間は長いし、沿線も、だいぶ奥まで入り込んだ、という雰囲気があった。
朝方の天気は雨。次第に雨は上がったものの、曇り空。しかし列車内から西の方に、三浦半島や、雲に隠れながらの富士山が見えてきて、こういうロケーションなのかと思った。地図で位置関係は理解はしていたけれど、実際に目の当たりするとちょっと感じ方が違う。

館山駅で下車。寒いし、風は冷たいし、時々小雨がぱらつくしで、厳しい天候。それでも、徐々に快方に向かっているようではあった。
(写真は館山駅東口)
20231118ekihigasi

駅前からバスに乗って、野島埼へ向かった。
野島崎灯台口のバス停でバスを降り、今回の目的地のひとつの野島埼灯台へ。ここは見学者が入場可能な灯台で、見学者向けの展示がされている別館もある。しかし、閉鎖されていた。雨は上がっていたので、大丈夫かと思っていたが、強い風が吹いていたのでダメだったらしい。確かに灯台の上に上がったら、飛ばされてしまいかねない強風だった。
20231118toudai 20231118kanban強風にあおられて、海は高い波が立っていた。
20231118araumi仕方ないので、この日は諦めて周辺を散策。安房白浜駅というのを見つけて立ち寄ってみた。「駅」といっても、鉄道の駅ではなく、バスステーション。ただ、ここを発着するバス路線が減少傾向にあるようで、駅機能も縮小されているようだった。
20231118sirahamaしかし、晴れて来たとはいえ、風は強いし寒いので、早々に宿に撤退した。そして、この日は野島埼泊り。

翌日はきれいに晴れ、風も弱まっていた。朝一で灯台へ向かい、開場していたので入場した。
灯台の上から望む太平洋。
20231119umi
房総半島最南端の碑と、野島埼灯台
20231119nantan
野島埼灯台を見学するという目的を果たして、館山へ向かった。

| | コメント (0)

岐阜(10/28)

10/27の夜、長良川競技場へ試合を見に行って、そのまま岐阜で泊まり、翌日は観光。
岐阜に来たのは、記憶にある限り、これで5回目だったが、過去4回の2回はサッカー、1回は野球の観戦で、試合に合わせて来て、そのまま帰っていた。1回は観光だったけれど、この時もほぼ長良川温泉に泊っただけだったから、実質、初めての岐阜観光だったと思う。

とりあえず金華山へ向かった。
途中にあったのが、長良川温泉に来た時に、唯一、周辺で見物した岐阜大仏のある正法寺。ただし、ここは以前来ているので、今回は通り過ぎただけ。
20231028daibutu
金華山は、過去に来た時は毎回、ふもとまで行って、山の上の岐阜城を見上げて、時間がなくて引き上げていた。5回目にして、ついに(^^;。
山頂まで行こうとしてあたりを歩いていると、百曲り登山道の登り口が見つかって、降りて来た人がいたので、どれくらいで登れるかを聞いたら、速い人なら30分くらいと教えてくれたので、行ってみることにした。
20231028iriguti
登山道と書いてはあったけれど、勝手に遊歩道的なものをイメージしていたが、入ってみると、確かに登山道だった(^^;。遊歩道的な整備をされている場所もあったけれど、手を使わないと登れないだろ、みたいな箇所も結構あったし。
20231028chuuto
それでもどうにか頂上にたどりついた。約20分で登り切ったけれど、さすがにかなりハード。
20231028choujou
そこから岐阜城に向かい、周辺を一回りした後、中にも入ってみた。
20231028siro
天守閣から下を見下ろすと、広い濃尾平野が見渡せて、ここで一帯を見渡していたら、全部を支配してみたいという気分になってもおかしくないなと思った。織田信長の気持ちが分かったような気がした。
20231028nagame
下りはロープウェイを使った。下った後で見上げてみると、改めて、よくあんな所まで歩いて登ったなと思ったよ。
20231028ropeway 20231028gifujou
もう少し、あちこち観光して回る気でいたのだけど、さすがに金華山登山で体力・気力を消耗したので、早々に引き上げることにして、岐阜駅に向かった。
20231028gifueki
ただ、そこからすんなり帰るのもつまらない、と思ったので、岐阜駅の南側にあるという、中山道・加納宿は見ていくことにした。
20231028kanou2
こちらはかすれてて、何が書いてあるのか、いまいちよくわからない。
20231028kanou1
20231028kanoueki
名鉄の加納駅のそばまで行ったが、そこですんなり乗ってしまうのも、少しつまらない気がして、結局、岐南駅まで歩いて、そこから名古屋経由で帰ってきた。
20231028ginan

| | コメント (0)

藤川、赤坂(9/3)

9/2に豊田で泊まり、翌日、帰る途中に岡崎と豊橋の間の東海道五十三次宿場町に寄ってきた。

最初に名鉄の藤川で下車。
20230903fujikawaeki駅前には道の駅があったし、駅前の案内板を見ると、観光施設も結構充実しているようだった。ただ、ここから西へ向かう名鉄の各駅停車の本数が少なくて、あまり時間を掛けてはいられないことが分かり、道の駅に少し立ち寄り、駅の周辺をぶらついただけで、早々に撤収してしまった。
20230903fujikawa20230903fujiannnaiこれは、そういうつもりで作られたわけではないんだろうけど、なんだかあやしい感じ。
20230903fujishuku
次は名電赤坂で降りた。
20230903akasakaeki 
ここは宿場町の景観を積極的に保存しようとしているようで、雰囲気のある街並みが見られた。
20230903akasaka
20230903akasaka1

赤坂宿の次は御油宿。距離が近いので歩いた。
御油は2016年に東側から行ったことがあり、その時に、そこから赤坂との間にある松並木の入り口までは来ていた。今回は逆側から松並木に入って行った。
20230903namiki_20240121211101 20230903matu
松並木を過ぎると御油宿。
御油は街並みなどはそれほど目立ったものは見当たらず、イチビキの工場の塀に、説明板があるのを見つけたくらいだった。
もっとも近くに松並木資料館というのがあり、そこへ行けば御油宿の丁寧な解説があったりするらしい。前回来た時、気になりつつも、時間がなくてパスしたのだけれど、今回も結局、時間の都合でパスしてしまった。
20230903goyu御油駅から名鉄に乗って、豊橋へ向かった。
20230903goyueki

今回、藤川と赤坂へ行ったことで、愛知県内の五十三次は、一応全部行ったことになった。もっとも鳴海宿は、五十三次を意識していなくて、行っただけなので、改めてもう一度、行っておきたい気がする。行くのが面倒な場所でもないので、機会はあると思う。

| | コメント (0)

相模国分寺跡(8/14)

8/13に豊田スタジアムへ行った翌日、帰る途中に寄ってきた。
元々は、静岡県内をぶらつきながら帰って来ようかと思っていたが、台風7号の影響で交通機関がどうなるかもわからない状況では、リスクを犯す気にはなれず、朝一で、とりあえず関東までは戻ることにした。実際、静岡県内では一時的に大雨が降ったりする天候だったらしい。ちなみに翌日以降は、新幹線の計画運休や臨時運休が続いて、8/14は無事に移動できるぎりぎりの日にちだった。

そういうわけで予定を変更して、小田急線で帰ることにして、以前から行こうと思っていた海老名の相模国分寺跡へ寄ってきた。
海老名は中途半端に近いので、行こうと思えばいつでも行けるけれど、わざわざ行く気にはなかなかならない場所だから、ちょうどよかった。

とりあえず新幹線で11時前に熱海まで戻った。ここまで来れば、帰れなくなることはないだろうという読み。
20230814atami

小田原まで在来線で移動して、ここで小田急に乗換え、海老名へ。
海老名は過去に何度か来たことがあるが、駅前のペデストリアンデッキやショッピングモールを見ると、海老名って、そこまででかい街なんだっけ、と思ってしまう。ちなみに海老名市は人口14万人を達成したところだそうで、駅前に横断幕がかかっていた。
もっとも、それこそ昔は、相模の国府があったことを思えば、不似合いでもないのかな。
20230814ebina
そうした駅前のエリアに、復元された相模国分寺の七重塔が立っていた。
20230814tou
ただし、国分寺跡自体は、ここではなく駅から1kmくらい離れた所だった。
周辺に、国府・国分寺という表示がちらほらあって、意識されている感じはあるのだけど、現地は看板などは立っているし、遺構も保存されていたが、基本的にはただの空き地で、好感が持てた。
しかし、隣接地にはマンションの計画があるようで、反対運動も起きている気配だった。周囲は結構開けた住宅地で、こういう場所で、ただの空き地を維持していく難しさを感じた。
20230814kokubunji 20230814ato 20230814kanban
国分寺跡から1kmほど離れた所には国分尼寺跡もあるというので、そちらも行ってみた。
こちらは国分寺跡よりも目立たない草地だった。敷地内に碑などは建っていたけれど、尼寺跡とは関係なさそうな小屋などもあり、史跡としての管理は、そこまで手厚くはされていない感じだった。
20230814niji 20230814nijiato 20230814nijikanban
その後は、行きとは違う道を通って、海老名駅に戻った。海老名駅近くで尼寺という交差点を見付けたが、これは国分尼寺跡と関係はあるんだろうか。
20230814amadera

| | コメント (0)

青森(7/23)

朝、弘前からJRで新青森へ行き、駅前からルートバスに乗って、青森県立美術館へ。
奈良美智や成田亨など、馴染みがあって関心もあるアーティストの作品が見られたし、他にも面白く見れる作品が多くて良かったと思う。周囲も含めて、ゆったりと広々した空間だったのも良かった。

20230723museum 20230723kanban
美術館で、昼飯を併設のカフェで食べた後、隣の三内丸山遺跡へ行った。

イベント開催中で、無料で入場できた。ただ、中へ入ってみると、かなり期待外れな内容だったので、無料でよかったと思う。
復元された当時の建造物とされるものが、いろいろ配置されているけれど、説明をよく読んでみれば、発掘された穴などの痕跡と、現代に世界に残存している似たような(と思われる)建造物からの推測で復元されたもの。考えてみれば当り前なんだけど。
当時の人々の生活様式の解説だって、言ってみれば、所詮推測に過ぎないな。
もちろん、研究の成果としては、それなりに説得力があって、重要なものなのだろうけど、多分に推測の産物でしかないものをたくさん並べて、実際にそういうものがあったような体で、大々的にテーマパークに仕立てているのは、自分は素直には受け入れられなかった。
20230723miuti 20230723iseki
遺跡の後は、路線バスで青森駅へ行き、埠頭の方で、一昨日は時間がなくて見に行けなかったあたりまで眺めに行った。龍飛のものとは違う、「津軽海峡冬景色」の歌碑(歌も流れる)もあった。
20230723kahi
記念館として保存されている、青函連絡船だった八甲田丸の入り口まで行ってみたが、ゆっくり見ているほどの時間はなさそうだったのでやめた。
青函連絡船は乗ったことがない。最初に列車で青森へ行った時、青森で下車した人たちが何人も、駅の出口ではなく、そのままホームの先の青函連絡船乗り場の方へ、向かって行ったのを覚えている。その時は、そのうち乗ってみたいと思ったけれど、機会が来る前に青函トンネルが繋がって、新幹線も走るようになって、青森駅乗換えの連絡船は廃止になってしまった。
20230723hakkouda
青森駅近くには、ねぶた館もあったが、フリーエリアだけ(ほぼ、おみやげ売り場だけ)のぞいて、ここも中には入らなかった。

最後に青森ベイブリッジに上って、青森を一望した後、新青森へ引き上げて、新幹線で帰って来た。
20230723bridge
青森は三度目で初めて、ある程度市内を見て回ったけれど、ピンポイントで観光地を見て回ったような形だったので、いまひとつ、どういう街なのかは、よく分からなかった気がする。
また行く機会はあるのかな。

| | コメント (0)

弘前(7/22)

龍飛を朝に出て、新青森までホテルの車で送ってもらい、そこから奥羽本線で弘前へ。
弘前は、以前、青森から自転車で日本海沿岸を南下した時、郊外の国道から市街地を遠くに望んだけれど、街中には入らなかったから、今回、実質的に初めて行った。
20230722hirosaki 20230722konan
弘前市内を観光することにして、レンタサイクルで市内を回ってみた。
まず赤レンガ倉庫美術館へ行ったが、インスタレーションの展示で、見ていると時間がかかりそうだったのでパスして、フリーエリアにある奈良美智の犬の像を見て、中のレストランで食事しただけで引き上げた。

美術館の隣にある、弘南鉄道大鰐線の中央弘前駅。ただし、駅舎の写真を撮っただけで、鉄道に乗車はしなかった。

20230722chuo
次は弘前城へ向かった。
20230722jousi中へ入って見物するところまでは関心がなかったので、弘前城は外から見ただけだったが、耐震化工事とのことで、回りに足場が組まれたりしていた。相当大掛かりな工事のようで、工程には曳屋も含まれているとのこと。城を曳屋するというのは凄い。
20230722siro
ただ、弘前城の公園内を見て回っていて、一番感銘を受けたのは、前田光世(コンデ・コマ)の顕彰碑があったことだった。弘前の人だったとは知らなかった。
20230722koma 20230722komahi
弘前城公園を出た後、近くにあったねぷた村という観光施設に入ってみた。ねぷた(ねぶたも含め)について、いろいろ知識を仕入れることが出来たし、津軽三味線の生演奏というのを観れたのも良かったけれど、ねぷたに関しては、正直、あまり自分の趣味ではないと思った。そもそも祭りというもの自体、あまり好きではないということもある。

弘前市内には洋館が数多くあって、それが観光名所になっている。市内の洋館のミニチュアをコンパクトにまとめた公園を見つけた。
20230722mini
夜、弘前駅前で、来月の本番に向けて、ねぷたの公開練習をしている所に行き合わせた。本物の祭りは見られなかったが、ねぷた村での印象も合わせて、これで十分だな、と思った。
20230722neputarenshu
弘前は、中心部を流しただけだけれど、そもそもが有力な城下町で、明治以降も地域の中心都市だった歴史を、うまく生かして、おしゃれな街作りをしているなという印象を受けた。
心残りは、晴れてはいたけれど、それなりに雲が出ていたせいか、それともビューポイントをうまく見つけられなかったせいか(視界が開けるような街の外まで、行っている時間がなかった)、岩木山が見られなかったこと。昔、自転車で弘前を通り過ぎた時、遠くに岩木山の姿が見えていたのを覚えていて、今回も見たかったのだけど。

この日は弘前で泊り。

| | コメント (0)

青森、龍飛(7/21)

青森へ観光に行った。青森へ行くのは3度目で、前回は1995年かな。もっとも、過去2回とも、ほぼ通り過ぎるだけのような行き方だったので、まともに観光するのは、これがほぼ初めて。

東北新幹線で新青森駅へ。埼玉同様、新青森も晴れていて暑かったが、日陰は涼しく、さわやかなくらいだった。湿度はだいぶ違うらしいと思った。
20230721sin
新青森駅で在来線に乗り換え、すぐに青森駅へ。
20230721aomori
観光案内所で地図などを入手してから、埠頭の方へ行き、しばらく見て回った。埠頭には、写真映えするこんなボードがあった。
20230721minato

一旦、新青森に戻り、そこでホテルの送迎に拾ってもらい、龍飛岬へ。向かう途中、青函トンネルの入り口を見せてもらった。運よく、ちょうど貨物列車が入っていく所が見れた。

20230721irikuti

龍飛岬に着いてからは、岬周辺を散策。碑の背後は龍飛埼灯台。
20230721toudai
津軽海峡を挟んだ向こう側に見えるのは北海道。
岬周辺には「津軽海峡冬景色」の歌碑(歌も流れる)もあった。
ちなみに、それ以外にも胡散臭い碑が、むやみに立っていたが、ロシア・ソ連に対抗する国防の要衝という位置付けで、特に戦前・戦中にかけて、特別な場所という扱いを受けていた影響で、そういうものが寄ってきた、という感じ。
現在も自衛隊の施設があるし、そういう意味での重要な場所であること自体は変わっていない、とは思う。
20230721kaikyo
20200721annnai
有名な(だと思う)階段国道。下まで降りてみた。
この辺はあじさいの名所でもあるそうで、咲き誇っているのを見ることが出来た。
20230721kaidan20230721ajisai階段国道を降りた所には、海沿いの小さな集落。
20230721umi
岬周辺で見た野生の猿。野生の猿を見たのは初めてだったと思う。
20230721saru
この日は龍飛で泊り。

| | コメント (0)

蒲郡(7/9)

名古屋対マリノスを見た後は知立泊だったので、翌日は蒲郡に行ってみた。

とりあえず東海道線に乗るために、知立駅から刈谷駅まで徒歩で移動。6/11に刈谷に行った時、逆に刈谷から知立へ徒歩で出ようとしたのだけど、天気が悪かったり、時間に余裕がなかったり、諸事情で止めた経緯があった。十分歩ける距離なのは、その時に理解していた。
この日も雨が降ったりやんだりで、あまりいいコンディションではなかったけれど、踏み切った。


20230709tiryu 20230709kariya
30分強程度で刈谷駅に着いた。ついでに、6/11に撮らなかった名鉄刈谷駅と、いかにも開けた感じの駅前の風景写真を撮った。

20230709kariyaeki_20230714214401 20230709kariyaekimae
刈谷から東海道線に乗って蒲郡へ。
蒲郡は、30数年前に、当時かかわっていたサークルの合宿のようなもので来たことがあり、それが自分の初めての愛知県訪問だった。その後は、1994年にJリーグの観戦で初めて名古屋に行った。そこまでは、愛知県や名古屋に、それしか接点がなかったのに、今では名古屋サポを自称して、度々愛知県を訪れるようになっているのは少し不思議な感じがする。

JR蒲郡駅
20230709gamajr
名鉄蒲郡駅
20230709gamamei
観光案内所で地図を貰って、とりあえず手っ取り早く行けそうだった市立博物館へ行ってみた。
市内のあちこちに残っていたものを、端から展示して見ました的な、まさに「博物館」という感じの場所だったけれど、そのごちゃまぜぶりが楽しかった。どういう所なのか、ほとんど知らない蒲郡の歴史を概観するのも、興味深かった。近頃、あちこちで郷土資料館や博物館に行ってみているけれど、知らない土地がどういう歴史をたどって今に至っているかというのを知るのは、けっこう面白い。
20230709hakubutukan
その後、蒲郡港周辺を歩き回ってみた。
20230709minato 20230709minao
竹島は蒲郡観光の中心的な存在らしい。その辺にあった案内板を読むと、竹生島から勧請されたとか、いろいろ面白いことが書いてあって、興味をそそられたが、島まで行ってみる時間はなかったのが残念。それをいえば、あたりには水族館が2つあったし、文学館とかファンタジー館とか、興味をそそられる場所がいくつもあったのだけど、寄ってみる時間がなかったのが残念。わざわざそのために蒲郡へ行きたいとまでは、なかなか思わないだろうから、行く機会はもうないかもしれない。まあ、そういう場所は、日本中(世界中?)あちこちに、いっぱい残してきているけれど。
20230709takesima 20230709suizokukan

その後、海岸から離れて、駅を中心に街中を軽く一回りしてみた。
全体的には、悪い意味でなく、自分が子供の頃に見ていた、「昭和な」雰囲気の残る観光地という感じだった。行かなかったけれど、近隣には遊園地やボートレース場もあって、いかにもという感じ。
こういう所で、一日、のんびりするのもいいな、と思いつつ、駅に戻って引き上げた。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧