山形、出羽国分寺

夜行バスで新宿から山形へ。山形駅前に早朝に着いたら寒い。こっちの感覚で行ったら寒いかも、とは思っていたが、土曜のこっちが暑すぎるくらいだったもので、そこから一段階下げたくらいでは足りなかった。耐えられない寒さ、というほどではなかったが。
20170507yamagata
山形は、何度も行ってる割に、「山形市」自体は立ち寄るくらいで、あまり市内のことを知らない。駅前通りを流したことがあったくらい。今回はなにしろ朝一で着いて、試合は14時だったから、時間はあった。今まで行ったことのない市内をうろついてみた。

とりあえず、市の中心部に初めて足を踏み入れた。市内で一番の繁華街らしい七日町界隈を通り抜け、出羽国分寺へ向かった。国分寺は、駅からまっすぐ行けば、多分徒歩30分くらいで、市街地の中にあった。
出羽国分寺が元々あったのはここではなく、はっきりわかっていないある時期以降、移転してきたということらしい。国分寺が作られていた時代は、まだ朝廷が東北を、完全には制圧していなかったわけだから、そういうこともあるだろうな。移転前の場所は鶴岡だったらしいが、それも完全には確定していないらしい。
(参考 → 護国山 柏山寺(出羽国分寺・その3)
現地の表示は、「国分寺」というより、「国分寺薬師堂」がメイン。今も現役の寺が存在していて(護国山 柏山寺)、どうやらお祭りがあるらしく、境内ではその準備が行われていた。古風なお化け屋敷や迷路の設営も始まっていた。寺に隣接して公園があり、球技場も見えた。
20170507yakusido
20170507kokubuunji
20170507emgi
生きている国分寺には、あまり興味が持てないので(^^;、ざっと一回りしたくらいで撤収した。

文翔館の前を通過して霞城公園へ。ちなみに文翔館は明治時代の建物で、旧県庁・旧県会議事堂だそう。後で詳細を知って、立ち寄っても良かったかなと思ったが、ちょっと時間が足りなかったかもしれない。
霞城公園は山形城址。城は明治の初めに取り壊されたそうで、比較的近年に整備された門や塀はあるが、天守閣などはない。
20170507higasi
20170507yagura
公園内にあった山形市郷土館(旧済生館本館)。ここは入ってみた。これも明治時代の建物。
20170507yakata
霞城公園の隣には、最上義光歴史館という立派な建物もあった。最上義光というのは、関ヶ原の合戦の時に、米沢から攻めて来た直江の軍勢を撃退して、山形を守った武将なんだそうで、公園のあたりに、やたらと銅像が建っていた。
山形市郷土館には、明治維新後に任命された最初の県令・三島通庸は偉かったという記事が並べられた部屋があったし、試合後に山形市内に戻った時には、水野元宣という、山形藩の最後の筆頭家老(実質的に藩政を取り仕切っていたとのこと)だった人物を称える神社(豊烈神社)を見つけた。この人は、戊辰戦争の時に、朝廷軍に侵攻されそうになった時、自分が全責任をかぶって刑死して、山形藩を救ったそうだ。
こういうものだけを見ていると、個人崇拝の傾向が強い土地柄なのかなと思ってしまうが、郷土の英雄に手厚いのは、どこの土地でも同じかもしれない。
ちなみに、水野元宣がそういう状況に追い込まれたのは、隣接する大藩の米沢に振り回されたといういきさつがあったそうで、最上義光の件といい、山形と米沢は仲が悪いと聞いてるが、そりゃそうだろうな、と思った。

霞城公園を抜けて、駅へ戻って、天童へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前橋、上野国分寺

前橋は、過去に何度も行ったことがある都市だが、前橋駅にアクセスしたことは、多分なくて、街の中心部がどんな感じなのか、全く知らなかった。今回は前橋駅で降りて、早めに行っていたこともあり、市内を流してみた。
20170429eki1
20170429eki2
観光案内所で貰った地図を見て、萩原朔太郎とかの文学碑がいろいろあるのや、前橋城址(前橋公園)が目に止まったが、いまひとつ気が乗らずにいたところで、上野国分寺に気が付いた。歩いて行くのはちょっと無理だったが、前橋駅にレンタサイクルがあったことを思い出して、借りることにした。1日200円で、19時まで。
その自転車で国分寺へ向かったが、この頃から空模様が急激に怪しくなり、とりあえず北からの強風を受けながら走ることになった。道を探りながら行ったこともあり、多少時間はかかったが、30分はかからなかったはず。
20170429kokubunji
20170429kokubunjiato
20170429hi
上野国分寺跡は、今まで行った国分寺跡の中では、何もない感は中間くらいか。
礎石などは結構残っていて(一部は、露出した状態でもずっと残っていて、地域の人に大切にされていたらしい、とのこと)、発掘調査された時点で、割と丹念に整備されていた。まあ、これは割とどこでもそういう感じ。
ただし、跡地を取り巻く塀が一部復元されていた以外は、構造物の復元はなかったし、後継の寺などもなく、市街地から外れた場所なので、ほぼ一面の原っぱ状態。
まあ、そもそも、そういうところ(1000年も経つと、なにもなくなっちゃうんだよな、というところ)が好きで、国分寺跡に行っているわけなので、良かったと思う。

現地を見た後、近くにあった資料館は無料だったので、入ったら、他に見物人が居なかったこともあり、案内のおじさんが丁寧に説明をしてくれた。

市内へ引き上げかけた所で、ついに雨が降り始めた。それほど強くはないにしても、雨具がないと厳しいレベル。風は暴風で、雷も鳴り始め、さすが上州、という感じ。近所に国分尼寺跡もあると聞いたので(発掘調査後埋め戻したので、碑が立ってる程度、とは聞いた)、帰りがけに見ていこうと思っていたが、断念した。
観戦用に持って行っていたグランパスの合羽をかぶって走ったが、気付いた人が居たとしたら、かなり妙に思えただろうな。
利根川を渡る所は、まともに横風を受けて、本当に大変だった。

前橋駅まで一旦引き返して、しばらく待っていると、雨は上がったので、もう一度自転車で、駅近くを少し流して、上毛電鉄の中央前橋駅などを見に行った。
20170429chuuoueki
17時ころに自転車を返却。駅前のシャトルバスでスタジアムへ、と思っていたが、行列していたし、市内を流しているうちに、何となく土地勘もついてきたので、歩いてしまうことにした。
道草や買い物をして、割とゆっくり歩いたが、1時間で着いた。真剣に歩けば、45分くらいで行けたんじゃないかと思う。街中をゆっくり見れたし、スタジアムの近くでは、天然記念物らしい、岩神の飛岩という奇岩を見ることも出来たので、歩いてよかったと思った。
20170429toiisi
結局、雨が降ったのは、国分寺から戻る時だけ。間が悪かったが、時間配分を考えれば、仕方なかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松江、出雲国分寺

24日は朝から松江市内をぶらついた。
とりあえず一畑電鉄の始発駅、松江しんじ湖温泉駅まで行ってみた。これは出雲大社の前まで行く路線だが、所要時間を考えると、スケジュールが厳しいと判断して、出雲大社へ行くのは止めた。
20160725matsueitibata
松江城はこの近所で、城の建造物が、天守閣を含めてかなりたくさん、そのまま残っている。また、このエリアには市役所や県庁もある。ちなみに、ここから15kmくらいの近距離に島根原発があり、事故が起きたら、福島第一原発とは比べ物にならないくらい、大量の住民が避難しないといけないことになる。(原発を見に行ってみることも、少し考えていたが、これも結局実行しなかった)
県庁の横に原発を管轄してると思しい県の庁舎があり、そこの横には放射能等のモニターの結果が表示されていた。(写真を撮ってみたが、シャッタースピードの関係で、数値はうまく撮れなかった)
20160725matsuegenpatu
県庁周辺には、竹島がどうとか、みたいな表示が何カ所かにあり(松江駅前にもあった)、そういえば、そういう場所だっけと思った。ただ、その割には、市内にハングル表記が目立つし、韓国(や中国)から観光客をかなり熱心に誘致しようとしてる感じもあった。「政治」と「経済」は別物ってことなんだろう。誘致される側が、どう感じているかはわからないが、市内でそれらしい観光客は結構見かけた。
しばらくぶらついた後、松江駅へ。
20160725matsue
松江駅からは、バスで出雲国分寺跡へ。最寄りバス停は武内神社前という所で、所要時間は15分程度。この神社は今も生きていて、割と元気そうな感じ。
国分寺跡は、バス停のすぐ近くに、方向を示す標識が立っていたので、そのまま道なりに歩いて行くと、山陰道をくぐったすぐ先に見つかった。徒歩10分程度だったと思う。場所を示す標識と説明板以外は、基礎の置石くらいしかなく、雑草が茂ったただの野原。観光施設的なものは何もない(トイレは設置されていたが)、好きなタイプの国分寺跡だった。
20160725kkbhi
20160725kkbato
国分寺跡の説明板に、出雲国分寺と武内神社の間には国分尼寺跡があると書かれていたので、それも見ていこうと思ったが、見つけられなかった。それらしい場所はあったが、立ち入ると危険そうな気配(^^;があった。この辺は、寺自体は跡形もないが、武内神社の裏手にあたり、神域?という雰囲気で、そういう種類の薄気味悪さがあった。深入りしなくて賢明だったんだろうと思う。

このあたりの最寄り駅は東松江で、武内神社から徒歩10分強というところ。
東松江に近づくと、大きい橋が見えてきたので行ってみることにしたが、駅舎と線路の反対側にあり、すぐ近くなのに、大きく回り込まないとたどりつけなかった。
これは中海大橋というそうで、松江市内から続く大橋川が中海に接続する場所に掛かっている。しばらく前の車のテレビCMで流れてた「ベタ踏み坂」に似ていた。あれは確か、この近辺だったはずと思ったが、後で調べたら、それは近所の別の橋だった。ただし、この橋も地元では「ベタ踏み坂」として知られているそうで、実際、見た感じは相当な急勾配だった。上がると、かなり怖いらしい。
20160725higasihasi
橋を眺めた後、東松江駅に戻って、山陰本線で米子へ向かった。
20160725higasimatue

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五井観光

先週の市原対名古屋を臨海に見に行った時、蘇我の新スタジアムへの移転の話もあるので、五井に来るのは最後かもしらんと思って、市内観光(笑)した。
goieast
五井駅東口
goimusume
東口から上総国分寺跡までの道は更級通りという名前。五井に上総の国府があった(知らなかった)当時、「更級日記」の作者の菅原孝標の女(すがわらたかすえのむすめ)が住んでたんだそうで。
それにちなんだ、通りの真ん中にあるモニュメント(見えないか? 笠をかぶったお姉さんの像が建っている)。
goisiseki goihara
上総国分寺跡。一応、小さい寺は建ってるが、当時の物ではない。とんでもない田舎に見えるが、原っぱみたいな史跡の周囲は住宅が建て込んでる。
goiai goiwest
五井駅構内にあった「市原に愛を」看板と、五井駅西口。ジェフのチーム名に名前を残したいらしく、他にも「残そう市原」なんてのもあった。
goistadium goiback
臨海の外観とバックスタンド。あそこへ入る機会は来るのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)