山城国分寺跡(6/12)

亀岡のサンガスタジアムに行くことにしたのは、丹波国分寺跡が亀岡にあるのに気付いたからでもあった。ほぼ3年ぶりの国分寺跡めぐりを目論んでいた。
でも試合当日には、そこまで行っている時間の余裕がなかったし(事前にそういう取り回しもしてなかった)、雨も降っていたのでパス。京都一泊だったので、翌日出直して来るつもりでいたのだけど、だんだん、2日続けて同じ所に行くのもつまらない気がしてきた。そこで急遽目的地変更して、翌日は京都府内の南の方にある山城国分寺跡へ向かった。ここが京都から比較的簡単に行けそうな所にあることは、事前に押さえていた。


京都駅から奈良線で木津駅。ここで関西本線に乗り換えて、隣の加茂駅から、徒歩で行ける所に山城国分寺跡はあった。所要時間は1時間程度。天気も良くて快適な行程だった。

加茂駅

20220612kamo
加茂駅から国分寺跡へ行く途中の木津橋から望む木津川。20220612river
木津橋を渡った先にあった道標。「加茂ステンショ」という表記が、いかにも古めかしい。「ステンショ」と書かれている(刻まれている)実物を街中で見たのは初めてかもしれない。
20220612station
加茂駅から国分寺跡までは、徒歩で30分くらい。
国分寺跡の現地は、塔の基礎の石以外、何もない原っぱで、とてもいい感じだった。元々は奈良時代に短期間、国の都(恭仁宮)も置かれていたそうで、現地の道案内なども、主にそちらの方を前面に出している感じだったけれど、いずれにしても、そんな痕跡もほとんどなかった。1000年も経ってしまえば、跡には何もなくなってしまうんだよなと思わせる、爽やかさのある風景だった。久々に国分寺跡を見に行ったけれど、やっぱりいいなあと思った。
20220612kokubunji 20220612iseki 20220612zenkei
恭仁宮大極殿跡の碑。
20220612kunikyo


隣接してこじんまりした資料館があって、発掘されたものや歴史を、そこでいくらか見ることが出来たのも良かった。まあ、この国分寺跡がある木津川市内には離れた場所に、もう少し本格的な資料館があったようなのだけど、そこまで行く時間的な余裕はなかった。別に研究者というわけでもなく、通りすがりにちょっとした好奇心を満足させてくれる程度で十分だったから、どうしても行きたいというほどでもなかったし。

むしろ、木津川の対岸の少し離れた所にあるという、国分尼寺跡(ただし確定していないので、参考地という柱が立っているだけらしい)に行ってみたいと思って、探してみたのだけど、地図でだいたいこの辺、と思ったあたりで見つけることが出来なかった。そんなにじっくり探している時間的な余裕がなかったのと、そのあたりは現地の業者の土の採取場みたいになっていて、私有地として囲われている区画が目立ち、そういう所の中にあるのかもしれないと思ったので、あまり深追いする気もなれなかった。今までも国分尼寺跡は、見に行っても、こんなふうに、うまく見つけられないパターンが多いから、仕方ない。

国分尼寺跡へ向かう途中で撮った木津川の風景。本当にきれいだった。
20220612river2

で、そのまま直接、木津駅に出てしまい、そこから京都へ戻って帰ってきた。

木津駅。
20220612kidu

| | コメント (0)

石和温泉、甲斐国分寺跡(8/19)

小淵沢を出た後、石和温泉で下車。
20190819isawa
これは甲斐国分寺跡へ行くため。

ただし、徒歩で行くのは遠すぎると思えたので、駅前でレンタサイクルを借りた。しかし駅から国分寺跡方面は緩い上り坂で、向かい風も吹いていて、距離の割にはかなりしんどかった。しかも地図を見て最短経路を目指したけれど、道が入り組んでいて迷った。帰りの列車時刻を考えて、行くのを諦めかけた所で国道20号に看板が出ているのを見つけ、ようやくたどり着いた。最短距離を狙わずに最初から国道で行けば、全く問題なく着いたらしいという、残念な結果。

国道20号の看板

20190819kanban

甲斐国分寺跡は桃畑と住宅が混在するエリアにあった。かなり広々した、礎石と看板以外は何もない空地で、のんびりうろうろするには悪くなさそうだったが、道に迷った分、時間が足りず、そそくさと立ち去ることになったのは残念。
礎石が結構残っていて、除草などのメンテナンスもされているようだったけれど、立てられていた看板類はかなりふるぼけていたし、印象としては、跡地として整えた後、それ以上は特に何もやってない感じ。公園としての整備もしていないようだった。
20190819bunji
20190819bunjiato

少し離れた20号に近い側には、国分寺尼寺跡もあり、広さはこじんまりしてるが、こちらも似たような雰囲気だった。
20190819niji 20190819nijiato
石和温泉駅へあわただしく戻り、あとはそのまま東京へ。石和温泉も20年ぶりくらいに来た場所だった。国分寺跡探しにあんなに手こずるとは思わず、着いた直後、駅前でのんびり飯を食っていた。分かっていれば、もう少しうまく時間配分したんだが。即売所の桃とか食いたかったな。

| | コメント (0)

下総国分寺(5/11)

船橋競馬場で乗った京成を、市川市の国府台で下車。
20190511konodai
この近くの下総国分寺へ行くのが目的だったが、一駅手前の市川真間で降りても大差はなかったよう。ただ、下総国分寺は小高い丘の上にあるので、いずれにしても、坂を上る必要があり、所要時間自体は30分弱というところだったと思うが、ちょっとしんどかった。道は若干分かりにくいが、下総国分寺自体は今も生きている寺なので、近くまで行けば看板も目につくし、たどりつくのはそれほど難しくはない。
ちなみに、国府台駅から国分寺の方へ向かう途中には、神社仏閣が多く、万葉集の和歌を沿道に展示した通りもあり、案内板などもまめに立っていて、歴史の街をアピールしていた印象。時節柄、万葉集に乗っかりか?、と、一瞬思ったが、よく見ると、数年前から行われているものだったようで、とんだ誤解だった。このあたりは国分寺だけでなく国府もあった所で、そういう由来を考えれば、万葉集の時代とつながりがないわけがない。

下総国分寺
20190511kokubunji
20190511tera
20190511kanban
現役の寺だけに、何もなくなっちゃった感はなかった。雰囲気的には、常陸国分寺に似ていた気がするが、あそこよりもさらに現役感が強かったかな。そういう意味で、特に好きなタイプの国分寺というわけではなかったが、繁華街からは離れた住宅街の中なので、落ち着いた雰囲気は悪くなかった。

国分寺の裏手の方には国分尼寺跡の公園があった。
20190511nijiato
20190511niji
こちらは建物の位置を示す石などは置かれていたけれど、何もない感を堪能できる場所で、良かった。ただ、場所を見つけるのに、ちょっと迷った。看板などは出ていたが、あまり目立たなかったので。まあ、そういう所も含めての、何もない感かもしれない。

下総国分寺があるあたりは市川市の西端で、江戸川に近く、川の向こうは東京(小岩)。国分尼寺跡に行った後は、丘を下って市川橋で江戸川を渡り、国府台駅の次の駅、江戸川駅で京成に乗って、日暮里経由で帰ってきた。20190511chiba
20190511edogawa
20190511ksedgw

| | コメント (0)

武蔵国分寺跡

味スタへ行く途中、ちょっと寄ってきた。
6年くらいの間、国分寺市民で、この近所に住んでたこともあるのに、ここへは実は行ったことがなく、正確な場所も知らなかった(^^;。あちこちの国分寺に寄ってみる気を起こしたのは、そもそも、かつて国分寺市に住んだことがあったからなんだけど。
今回も、西国分寺駅で電車を降りて、府中駅まで歩いていく途中に、通りかかったついでに眺めてきたレベル。結構広い史跡だし、近年(自分が国分寺から引っ越した後)、史跡公園としての整備が始まって、かなり立派な場所になってもいるので、それなりに時間をかけないと、しっかりとは見て回れない。まあ、今は国分寺に住んでいないとはいえ、行こうと思えば、機会はいくらでも作れる場所なので、続きはまたの機会に。

整備されているにはしても、再現された建物が建っているとか、そういうことはなく(ちなみに今も生きてる国分寺は、史跡に隣接してあるみたい)、単なる原っぱに近い雰囲気で、個人的にはいい感じだった。ただ、街中なので、終わっちゃってる感というか、はかなさみたいなものはさすがにない。というか、これだけ市街地が広がってる中で、国分寺市が、よくこれだけの広さを公園として確保したなと思った。まあ、ここは市のアイデンティティのわけだから、これくらいしなくてどうする、という考え方もあるかもしれない。

ちなみに、国分寺に住んだ動機は、マンガの「野球狂の詩」が好きだったからで、歴史への関心とかは、全然関係なかった(^^;。「恋ヶ窪へ帰るんでしょ?」というセリフを覚えていて、実際に恋ヶ窪の町名を見た時、感動したっけな。
20180428kokubunji
20180428zentai
20180428kanban

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石岡、常陸国分寺跡

水戸へ行く前に、常陸国分寺跡のある石岡に立ち寄った。

石岡駅
20170902isioka

石岡は過去二度寄ってるが、短時間立ち寄っただけで、どういう土地か、全く知らなかった。国府や国分寺や総社があって、常陸の中心地のような時期もあったとは、初めて知った。
駅の観光案内所で地図を貰い、街中を歩いて「府中」「国分」という地名を見ると、古都があったんだな、という感じがしてきた。古い建物もそこここにある、北関東の小都市らしい街並みもあったし、半日くらいは見て回れそうな感じだったが、1時間弱しか時間がなかったので、そそくさと通り過ぎるしかなかった。
20170902juutaku

国分寺跡は駅から徒歩15分くらい。看板が出ていたので、国道355号沿いに行って、すぐに見つけられた。
20170902kanban1
現役の常陸国分寺も隣接して建っていたが、入り方がよくわからなかったと、時間もなかったのでパス。広い敷地を現役の国分寺と、国分寺跡などのエリアで区切っていた感じ。国分寺跡のエリアには、いろんな古い建物や石碑(国分寺関連なものや、そうでないものや)が建っていて、手入れはされているものの、そこそこ朽ちている感じもあり、かなりカオスな雰囲気だった。こういう国分寺跡は初めて見た。
20170902tera
20170902naka

国分寺の看板や石碑
20170902kokubunji_2
20170902setumei
20170902kondo
20170902kodo

国分尼寺も近くにあるらしく、探してみたが見つけられず。駅へ引き返し始めて、ようやく355号沿いの道端に矢印の看板を見つけたが、時間的に無理と判断してパスした。次回…はあるかなあ。まあ、ついでに寄るのではなくて、石岡周辺を目的地にして、一度行ってみてもいいかもと、少し思ってはいるけれど。
20170902kanban2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊本、肥後国分寺跡

熊本城を出た後、市電沿いに水前寺方面へ向かった。
20170731kumamon

目標は肥後国分寺跡。
事前にある程度リサーチしていたので、薄々分かってはいたが、想像以上にささやかな場所だった。市電の水前寺公園駅近くというのは押さえていたし、それは間違っていなかったが、見つけるのに結構てこずった。気付いた範囲では、近所に場所を示す看板等は一切なかったので。それもそうだろうなと、現地に着いてみて思ったが。

国分寺跡にまつわるものは、大きめの礎石が1個だけ。しかも、場所は移動していると思われる、という但し書付き。それが熊野坐神社という所の境内に置かれているが、ここ自体が、街中にポツンとある、神主も常駐していないと思われる小さな神社。比較的大きい通りに面していたし、神社の名前も抑えていたから、通りかかってすぐに気づいたが、何も知らなかったら、ここが国分寺関連の場所とは、多分、わからない。

礎石 神社に入って、すぐ右手にあった
20170731soseki
熊野坐神社
20170731jinja

現在も稼働している肥後国分寺も、熊野坐神社のすぐそばにあるが、裏通りなので、すぐには分からなかった。ここも、街中の小さいお寺。昔の国分寺を継承した寺ではあるんだろうと思うけれど、相当スケールダウンしている。
塀には、かつての国分寺をイメージしたと思われるイラストが、2枚掲示されていた。
20170731kokubunji
20170731saigen
20170731tou

ただし、このお寺は、割とユニークな活動をしている感じだった。塀には、7/29のシューマン忌というイベントのチラシも、掲示されていた(ドイツの音楽家のシューマン)。シューマンの戒名は蕗帯院亜歴朱満居士らしい。

まあ、このスケールでは、観光名所にも史跡扱いにもなっていないのは、無理もない。礎石の脇の説明板は、熊本市が立てたものらしいが。
今まで見た国分寺跡の中では、一番、何もなかった所かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久留米、筑後国分寺跡

タマスタ筑後へ行く前に、久留米で降りて、寄り道。
久留米は2013年に鳥栖に行った時も寄ったが、あまり時間が取れなくて、JR駅近くの久留米城跡をササッと回ったくらいだった。今回の目的は筑後国分寺跡。
西鉄久留米で降りて徒歩。久留米はJRよりも西鉄周辺の方が繁華街というのが分かった。
20170618nisitetukurume

国分寺跡までは、道を探しながら30分くらいかけて行ったが、はっきりわかってれば、もう少し早かったはず。そもそも、西鉄にもJRにも、もっと近い駅がある。もっともJRは久大本線だから、あまり使えない駅かも。

筑後国分寺跡は日吉神社という所の境内の一角にあった。分かって行かないと、見つけにくそう。周辺に看板の類いは見当たらず、地図から判断して、この辺のはずと思って、神社の境内に入って見回して、ようやく見付けた。跡地の前には説明板が立っていた。もっとも、日吉神社の中にあると知っていれば、行くのは問題ないか。
遺構としては礎石がいくつか残ってるだけという、毎度のパターン。ただ、実質的に別の神社が跡に建ってるという形なので、いまいち面白くなかった。周辺が住宅地というのも含めて、最近行った中では、出羽国分寺跡の印象に似てた。
なお、礎石の背後に、大きな石碑が建っていて、碑文が刻まれていたが、近寄ってじっくり見ることが出来なかった。写真も撮ってみたが、文字が摩耗している上、字体も古くて読めなかった。
20170618kanban
20170618ato
20170618soseki
20170618soujiato
2013年に久留米に来た時、市の観光地図に国分寺跡が載ってないなと思ったが、現地を見て、確かに久留米市は、ここを地図に載せるような扱いはしてないな、という感じがした。まあ、観光資源が、他にいくらでもある街みたいだから、この程度の場所をアピールする必要もないんだろう。
ちなみに、筑後国分寺は、市内の別の場所に、今も生きてる後継の寺もある。時間がなかったので、今回はそちらはパスした。後継の寺には、元々、それほど興味がないことでもあり。

説明板には国分寺尼寺跡の記載もあり、事前に地図でも調べてあったので、行ってみたが、こっちの存在感の無さはもっと凄かった。住宅地のまん中に、敷地を切り欠いて建てた石碑が1本建ってるだけ。しかも「国分寺跡」としか書いてないので、ここで合ってるのか?、と思うくらい。尼寺跡は、こういう、わかりにくいのが多いね。
20170618niji

JRの久留米駅へ出て、筑後船小屋へ向かったが、途中、西鉄久留米をかすめるルートになった。西鉄とJRの駅間は徒歩30分くらいの距離だった感じ。
20170618jrkurume

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾張国分寺跡

美濃国分寺跡の後に行った。ここも車で連れて行ってもらったが、名鉄国府宮駅から行けることは分かった。駅からはちょっと遠いが、近くまでバスがあるらしい。近所に比較的有名なスポット(矢合観音)もあるようなので、アクセスにはそんなに困らないんだろう。

ここは、美濃に比べると、衝撃的なくらい、何もなかった(^^;。
50平米もなさそうなくらいの空地に、塔の土台の石が数点、地面の上に顔を出していて、近くに「尾張国分寺塔跡」と刻まれた石碑が建っているだけ。石碑も、正面からは写真が撮れない状態。
この周辺に広がる国分寺跡全域の調査は行われたそうだが、周辺は私有地なので、その状態が維持されていない。あまり頻繁に人が出入りするのも、望ましくないのかもしれない。もっとも、私有地と言っても植木畑だし、遺構も、埋まってさえいれば、破壊されるようなこともないだろうから、それでいいのかもしれない。
広々とした空き地というのが国分寺跡のイメージだけど、何もなくなって埋没してるという意味では同じことかな。これはこれで悪くない。
20170604owarianai
20170604owarihiroba
20170604owarisekihi

なお、今回使ったルートは、途中に道案内の看板などは出ていなくて、小道に入り込んだ所に、ようやく「塔跡」という矢印が出ているだけだった(「尾張国分寺」とも書いてない)。ちゃんと分かっていないと、たどり着くのは相当厳しいなと思ったし、何もない感をさらに強めたんだが、後で調べると、案内板が出ているルートもあったらしい。
近所には、現在稼働している国分寺が建っていて、そちらにも案内のようなものはあったのかもしれないが、時間がなかったので、寄らなかった。
名古屋からそう遠くない場所なので、また行く機会はあるかもしれないし、その時は、もう少し、周辺を見てこようかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃国分寺跡

豊田スタジアムに行った翌日に、ついでに寄ってきた。
今回は車で連れて行ってもらったので、自力でアクセスする方法はよくわかってないが、美濃赤坂駅が割と近いらしい。美濃赤坂駅にはレンタサイクルがあるらしい。

公園として整備されているけれど、建物は特に何もない状態で、今まで行った国分寺跡の中では、標準的なレベルという感じかな。整備はされているけど、山並みを背景に広々した空き地が広がっていて、天気も良かったし、気分のいい場所だった。
20170604kanban
20170604isi
20170604annai
20170604zenkei
20170604kinkei
20170604sekihi
隣に建っていた大垣市歴史民俗資料館では、全国の国分寺を写真付きで丁寧に紹介していて、とても面白かった。こういう資料館は、割といつも、時間に追われるようにして行っていることもあり、ほとんど入ったことがないが(入ったことがあるのは、4月に行った上野国分寺跡くらい)、結構面白いのかもしれない。

隣には後継寺院の国分寺が建っていたが、稼働中(^^;のお寺には、それほど興味がないので、外から見ただけ。
20170604kokubunji

近所には国分尼寺跡(推定)もあった。ただし、こちらは石碑以外は何もない。ここにある、と分かっていて行かないと、見つけるのはかなり難しそう。隣接した寺(願證寺、威徳寺)の一隅に建っている、みたいな感じだった。
20170604niji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形、出羽国分寺

夜行バスで新宿から山形へ。山形駅前に早朝に着いたら寒い。こっちの感覚で行ったら寒いかも、とは思っていたが、土曜のこっちが暑すぎるくらいだったもので、そこから一段階下げたくらいでは足りなかった。耐えられない寒さ、というほどではなかったが。
20170507yamagata
山形は、何度も行ってる割に、「山形市」自体は立ち寄るくらいで、あまり市内のことを知らない。駅前通りを流したことがあったくらい。今回はなにしろ朝一で着いて、試合は14時だったから、時間はあった。今まで行ったことのない市内をうろついてみた。

とりあえず、市の中心部に初めて足を踏み入れた。市内で一番の繁華街らしい七日町界隈を通り抜け、出羽国分寺へ向かった。国分寺は、駅からまっすぐ行けば、多分徒歩30分くらいで、市街地の中にあった。
出羽国分寺が元々あったのはここではなく、はっきりわかっていないある時期以降、移転してきたということらしい。国分寺が作られていた時代は、まだ朝廷が東北を、完全には制圧していなかったわけだから、そういうこともあるだろうな。移転前の場所は鶴岡だったらしいが、それも完全には確定していないらしい。
(参考 → 護国山 柏山寺(出羽国分寺・その3)
現地の表示は、「国分寺」というより、「国分寺薬師堂」がメイン。今も現役の寺が存在していて(護国山 柏山寺)、どうやらお祭りがあるらしく、境内ではその準備が行われていた。古風なお化け屋敷や迷路の設営も始まっていた。寺に隣接して公園があり、球技場も見えた。
20170507yakusido
20170507kokubuunji
20170507emgi
生きている国分寺には、あまり興味が持てないので(^^;、ざっと一回りしたくらいで撤収した。

文翔館の前を通過して霞城公園へ。ちなみに文翔館は明治時代の建物で、旧県庁・旧県会議事堂だそう。後で詳細を知って、立ち寄っても良かったかなと思ったが、ちょっと時間が足りなかったかもしれない。
霞城公園は山形城址。城は明治の初めに取り壊されたそうで、比較的近年に整備された門や塀はあるが、天守閣などはない。
20170507higasi
20170507yagura
公園内にあった山形市郷土館(旧済生館本館)。ここは入ってみた。これも明治時代の建物。
20170507yakata
霞城公園の隣には、最上義光歴史館という立派な建物もあった。最上義光というのは、関ヶ原の合戦の時に、米沢から攻めて来た直江の軍勢を撃退して、山形を守った武将なんだそうで、公園のあたりに、やたらと銅像が建っていた。
山形市郷土館には、明治維新後に任命された最初の県令・三島通庸は偉かったという記事が並べられた部屋があったし、試合後に山形市内に戻った時には、水野元宣という、山形藩の最後の筆頭家老(実質的に藩政を取り仕切っていたとのこと)だった人物を称える神社(豊烈神社)を見つけた。この人は、戊辰戦争の時に、朝廷軍に侵攻されそうになった時、自分が全責任をかぶって刑死して、山形藩を救ったそうだ。
こういうものだけを見ていると、個人崇拝の傾向が強い土地柄なのかなと思ってしまうが、郷土の英雄に手厚いのは、どこの土地でも同じかもしれない。
ちなみに、水野元宣がそういう状況に追い込まれたのは、隣接する大藩の米沢に振り回されたといういきさつがあったそうで、最上義光の件といい、山形と米沢は仲が悪いと聞いてるが、そりゃそうだろうな、と思った。

霞城公園を抜けて、駅へ戻って、天童へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)