感想「空中楼閣を盗め!」

「空中楼閣を盗め!」 ドナルド・E・ウエストレイク ハヤカワミステリ文庫
1980年刊行のクライムコメディ。邦訳は1983年。ウエストレイクのコメディは、いまいち面白くなくなってきたな、と思っていた時期の作品で、それもあって、今まで読んでいなかった。ただ、このところ、ウエストレイクの初期の作品が邦訳されることが続いていて、未読の作品群が少し気になっていた。そんな折に古書店で見掛けたので、買ってみた。

パリの博覧会で展示するために、南米の国・イエルバドーロから、城がパーツに分解して送られることになった。そのパーツの中には、イエルバドーロの権力者が国外に持ち出そうとした財宝が隠されていて、悪党一味がそれを奪おうとするが、どのパーツに隠されているかがわからないので、とりあえず城(パーツ)をまるごと奪おうとする。この設定自体が、壮大でバカバカしくて、面白いし、強奪の場面も、面白いアイディアがいろいろある。
さらに悪党一味が、リーダーは英語を話すが、それ以外はイギリス、ドイツ、フランス、イタリアの多国籍で、自国語しか話せないメンバーばかりなので、コミュケーション不全のドタバタが頻発する。ちなみに悪党一味に、半分を報酬として渡すという条件で話を持ちかけたイエルバドーロ反政府組織はスペイン語を話すので、ここもまた通じない(もちろん一部の人間に英語は通じる。そうでないとリーダーとコミュニケーションできないので、話が成り立たない…)。これも本書の核心のアイディア。

ウエストレイクらしいドタバタコメディで、事前に思っていたのと違い、とても楽しめた。

これは、翻訳が滑らかで読みやすかったことが、かなり影響している気がする。これまでに出たこの時期のウエストレイクの邦訳は、木村二郎が訳者のものが多いが、文章が硬くて読みにくいと以前から思っていた。この人はニューヨークに長く住んでいて、ウエストレイク本人とも交流があり、知識も豊富だから、原著を正確に訳そうとしているのだけど、その結果、ウエストレイクのまわりくどい文章が、直訳的に訳されて、読みにくくなっている印象がある。
本書の翻訳は井上一夫で、当時としてもやや古い世代の翻訳家だったこともあってか、どちらかといえば、日本語の小説としての読みやすさを意識した訳し方をしている感じがする。原文のまわりくどい言い回しが感じ取れる部分はあるけれど、そういうところも、なんとか素直な文章に落とし込んでいる。
その結果として、素直に面白く読める小説になっているのではないかな、と感じた。今まで、この時期の小説がいまひとつに思えた理由の一部は、翻訳にあったのかもしれない。あるいは、原作はいまひとつなのだけれど、それを翻訳が補っているとも考えられるのかもしれない。
もちろん、単純に本書が、この時期の作品の中では面白い部類に入るもの、という可能性もあるけれど。

それにしても、ヨーロッパというのは、言語が違っても、もう少しなんとかなるのでは、と思っていたのだけど(南欧のラテン系の言語はなんとなく通じる、みたいな話も聞いたことがある)、そうでもないのかな。

| | コメント (0)

感想「フィルムノワール/黒色影片」

「フィルムノワール/黒色影片」 矢作俊彦 新潮社
ここ30年くらいに出た矢作俊彦の本は、だいたい全部読んでいる気でいたけれど、2014年に出たこの本を見落としていたことに気付いて、入手して読んでみた。

主人公はおなじみのシリーズキャラクターの二村。神奈川県警の刑事だったはずだけど、本作では警察を辞職はしたものの、嘱託という中途半端な立場にいるという設定。
大物女優の頼みを受けて、香港へ幻の映画フィルムを探しに行くことになるが、この件には、二村が横浜で現場に出くわした、中国人が関わる殺人事件も絡んでいるらしく、両者が混然となって話が進んで行く。
そこら中に日活アクション映画への言及があるし、宍戸錠が重要な登場人物として、度々登場する。日活アクション映画への愛情を語るために書かれたような、徹頭徹尾、趣味的な小説(実際、新潮社のサイトにある宍戸錠との対談では、矢作自身がそんなような趣旨のことを言っている)。しかも550ページを超える大作で、こんな小説が出せるんだ、と思った。それだけ矢作俊彦のファンが居る(自分も含めて)、ということではあるんだろうな。すごいな。
まあ、帯には「日活100年記念」という記載もあるから、そっち絡みの企画でもあったんだろう。
とはいえ、登場人物のキャラクターとか、ストーリーの構成とか、いかにも矢作俊彦らしい小説なのは間違いなくて、そういう意味で完成度は高いし、ファンなら本当に楽しめると思った。
映画(これは必ずしも日活に限らない)への膨大な言及や、イメージの引用があるが、これに関しては、こちらの教養が薄すぎて、多分、1割も理解できてないんじゃないかと思うけれど、それでも雰囲気は十分に楽しめたし。

ただ、舞台となっている香港が、どの程度、リアルに描かれているのかは知らないけれど、これがこの本が出た2014年の現実だったとしても(本書の原型は、「新潮」で2010~2012年に連載されたようだから、さらに古いかも)、2019年以降、大陸による統制が強化されている現在では、失われた風景なんだろうなと思ってしまった。

| | コメント (0)

感想「ギリシャSF傑作選 ノヴァ・ヘラス」

「ギリシャSF傑作選 ノヴァ・ヘラス」 フランチェスカ・T・バルビニ+フランチェスコ・ヴァルソ・編 竹書房文庫
以前、やはり竹書房文庫から出た「シオンズ・フィクション イスラエルSF傑作選」を、かなり面白く読んだので、似たようなのが出たと思って、読んでみた。ところが、本書のあとがきに書かれている出版のいきさつを見ると、本書はまさに、「シオンズ・フィクション」が出たことによって、邦訳・出版が企画された本だったようで、思うツボにはめられたかな、という感じ。
とはいえ、本書も面白く読めたので、問題はない。

収録作は、ギリシャの近未来を描いた作品が多いが、そもそも本書は、それをテーマとして各作家に作品を書き下ろしてもらったアンソロジーがベースということなので、当り前ではあった。キリスト教圏とイスラム教圏の間に位置し、政治的には不安定な時期が多い国柄であることを反映してか、全てではないにしても、多くの作品でペシミスティックな社会が描かれているが、そういう社会と向き合って、何とか生き延びていこうとする人物を描く作品が多い。そういう意味でも、似たような傾向の作品が並んでいる印象。
そういう作品群なので、読み終わった後の印象は、内容の割には、あまり暗くない。なにがしかの救いや希望を残して終っている作品が多いように思うし、読んでいて、必要以上につらくならないのが有難かった。それがつまり、ギリシャ風ということなのかな。編者自身が、序文でそんな風なことを書いているけれど、読んでみての実感と重なった。
ただ、今の世界がこういう状況なだけに、「バグダット・スクエア」には、ひどく気持ちを揺さぶられた。ネットには、異なる世界が分かり合える可能性を持った世の中を、作り出せる可能性もあったはず、と思ってしまった。いや、現実にネットは、そういう機能も一部は果たしているのかもしれないけれど。

| | コメント (0)

感想「乙女島のおとめ」

「乙女島のおとめ 」 田中小実昌 集英社文庫
短篇集。1979年の刊行で、番町書房から出ていたものの文庫化らしい。収録されている作品は、巻末の書誌によると、1970年から75年にかけて「小説現代」などに発表されたもの。先日、古書店で買ったが、今は絶版だろうな。

内容はどれも、赤線地帯の余韻が残る日本の各地で、 主人公が女性と関わる話。各作品の主人公は同一人物ではないと思われるが、ミステリの翻訳をやっていたり、放浪癖があったり、いずれも明らかに著者が投影されている似たような人物像。ちなみに赤線廃止は1958年。
当然?、そういう方面の話にはなるけれど、エロ小説というわけではなく、あくまでも人間模様を描く小説。各篇に登場する、浮世離れした雰囲気で描かれる、どこか不思議な女性たちが印象に残る。よくわからない存在として、女性を描いた小説、と言えるのかもしれない。
そんなに読んでいるわけではないけれど、昔の「中間小説」って、こういうのが多かった気がすると思った。全体に漂っている、1960年代の雰囲気も、そう感じる理由の一部じゃないかと思う。
ただ、まったりとした筆致は、この人独特のものだったはず。テンションが高くなくて、読みやすかった。また、著者の翻訳観が披歴されるくだりがあり、興味深かった。

それにしても、1970-80年代あたり、山のように書かれていた「中間小説」って、今は本当に消えてしまった感じがする。今は何に置き換わっているんだろう。
もっとも、簡単に「中間小説」と書いたけれど、「中間小説」と「大衆小説」の違いが、よく分かっていないな。それを言えば、「純文学」と「中間小説」の区別も。なんとなく、今はそういう区分自体が薄れているのかな、という気はするけれど、本当の所は分からない。
(2023.4.29)

| | コメント (0)

感想「七つの裏切り」

ポール・ケイン 扶桑社ミステリー
アメリカでは1946年が初出の短篇集が、昨年の年末に邦訳されたもの。近頃、木村二郎が昔の小説の邦訳を、続けて出している気配があるけれど、何か背景があるのかな。
解説で書かれている、ポール・ケインが、最もハードボイルドと言われていた作家、という話は、小高信光あたりが書いていたのを、以前読んだ覚えがある。長篇「裏切りの街」が1989年に河出文庫から出たのは、多分、その頃だったはず。読んでみて、そこまで面白いとは思わなかったような気もするけれど、本書を書店で見つけて、懐かしさもあって、買ってみた。
「最もハードボイルド」だけあって、人物の内面をほとんど描かず、外見や行動だけを描写していくスタイルで、そっけない文章。それはそれでスタイリッシュで格好よくは見える。ただ、そういう描き方だと、あまりややこしいプロットは、分かりにくくなるので向かないのでは、と感じるのだけど、どうも話がやたらと複雑になる傾向がある。昔、確かジョン・L・ブリーンあたりが書いたハードボイルドをおちょくったパロディ小説で、格好つけた主人公が複雑で支離滅裂な解決を口頭で延々と説明し続ける、というのを読んだ覚えがあるけれど、まさにそんな感じがある。
もっとも、1946年以前の作品群なので、当然、時代背景も古いし、そもそもが現代の小説とは違う、クラシックなスタイルで書かれたミステリだという前提で読む分には、これはこれでそれほど違和感はないような気もする。格好のよさはあるし、ストーリーにも、結構洒落たひねりが効いていたりもするので、面白く読むことは出来た。
ちょっと硬すぎる訳文は気になった

(2023.3.18)

| | コメント (0)

感想「テキサスのふたり」

「テキサスのふたり」 ジム・トンプスン 文遊社
1965年の作品。この著者の長篇の中では、最後期に近い時期になる。
テキサスを舞台にした小説で、プロのギャンブラーの男が主人公。彼には行動を共にしている妻同様のパートナーの女性がいて、この二人がテキサスの各地で遭遇する出来事を描いている。邦題の「ふたり」は、この二人を指しているのだろうが、原題は邦題とは少し違っている。あとがきによると、原題は意味が取りにくい言葉なのだそう。

主人公は財政上の問題を抱えていて、事情があって、そのことをパートナーにも話せない。自力で解決しようとするが、努力はすべて空回りして、事態はどんどん悪い方向へ向かい、破局の気配を濃厚に感じさせながら話が進んでいく。

トンプスンらしい展開ではあり、読んでいると結構しんどい。主人公は自伝的な要素がかなり取り込まれているキャラクターで、他にもある、そういう方向性の作品同様、アウトサイダーではあるけれど、本質的はいいやつなので、なおさらつらくなる。
ただ、トンプスンのノワールな一連の犯罪小説とは違い、ひたすら主人公を追い詰めていくだけではなく、彼の周囲にいるテキサスの個性の強い人間たち(敵も味方もいる)の列伝のような要素も、しばしば組み込まれているので、その部分が息抜きにはなる。

というか、この小説の読みどころは、主人公を巡る物語(波乱に富んだこれまでの人生の物語と、現在進行形のサスペンス色の強い物語が絡み合う)とともに、そうしたテキサスの人物や風土が描かれている所にあると思う。ヒューストン、フォートワース、ダラス、ビッグ・スプリングと舞台は移動していき、それぞれの都市の特徴が丁寧に描かれていく。どこまでが現実に見合った描写なのか、現代にも通じることなのかは分からないけれど、アメリカの小説や映画などでしばしば見掛ける、テキサスの独特な雰囲気を強く感じさせてくれる。

読んでいるとつらくなってくるので、なかなか読み進められなかったのだけど、読み終わってみれば、最後期らしい口当たりの良さもある作品だったかな、という気もする。再読すると、だいぶ印象は違ってくるかもしれない。

| | コメント (0)

感想「ユーモア・スケッチ傑作展2」

「ユーモア・スケッチ傑作展2」 浅倉久志・編 国書刊行会
1年くらい前に手に入れて、途中まで読んだ後、何となく見失っていた本。時々思い出しつつ、手に取るまでは行かなかったけど、久々に続きを読む気になって、ようやく読み切った。

まあ、「1」の続きのわけで、そちらで書いた感想に、殊更に改めて追記するようなこともない。相変わらず、一つ一つのユーモアスケッチが読んでいて楽しい。ただ、まとめて読むと、ちょっと食傷気味になるので、少しづつ、間を開けつつ、読んだ方がいいと思う。多分、「2」を途中で見失ってたのも、それが理由。「1」に続いて、立て続けに読もうとして、少し飽きてしまった。
収録作のうち、ある程度は、今から30年以上前に「ミステリマガジン」で読んだもののはずで、結構細かい所を覚えていたりする。よく覚えてるなと思うけど、それだけ当時、面白く読んでいたということだな、と思う。
収録作の中では、ワーナー・ロウの「リンカーンの医者の息子の」が昔からとても好き。

それはそうと、「テキサスの旅がらす」で「ロード島」と書かれてる所は、「島」というよりも、ロードアイランド「州」なんじゃないんだろうか。それこそ、「ミステリマガジン」で読んだ時から気になっていた。まあ、そうだとしても、その程度のことに、浅倉久志が気付かないとも思えないので、意図的にこう訳しているんだろうけれど。

このシリーズは、続きがあと2冊出ている。出た当時、なんとなく気持ちが萎えていて、入手していないのだけど、今回読んで、やっぱり面白かったから、まだ手に入るなら買っておいて、またそのうち読もうかな。

| | コメント (0)

感想「父親たちにまつわる疑問」

「父親たちにまつわる疑問」 マイクル・Z・リューイン ハヤカワミステリ文庫
昨年出たアルバート・サムスンものの中篇集。原書は2018年の出版。中篇4作収録。ただし、4篇の内容は繋がっていて、連作中篇集という形。
自分の父親は異星人と称する人物が、最初の話で依頼人として現れ、2作目からは依頼人を連れてくるというフォーマット。彼はイカレてるように見えるけれど、人柄はよくて、困っている人間を助けずにはいられない。アル・サムスンの同類のような人物ではある。
そうやって巻き込まれた事件を、サムスンが解決していく。事件の内容は、最初はたわいのないものに見えるけれども、行き着く先はまちまち。ただ、コミカルで人間味のある語り口で話が進められていくので、楽しく読めるし、読後感も悪くない。ずいぶん久々に出た単行本だったけれど、このシリーズの持ち味は健在、という感じ。

しかし、一つ一つが中篇というサイズ感もあってか、最後に長篇が書かれたころに比べると、分量だけでなく、内容的にも少し厚みに欠けるような気はする。現時点で最後の長篇と思われる「眼を開く」(原著刊行2004年)を読んだ時の苦みのようなものは、ここではもう消えていて、何か置き去りにされたものがあるような気もしてしまう。
昨年のハヤカワのリューイン絡みの出版や特集を見ていて、ほのぼの・やさしい、みたいなキーワードだらけで語られていることに、どうにも居心地の悪さを感じているのだけど、この感覚は、多分、その辺につながっている。

もっとも、「眼を開く」から年月が経って、歳を重ねたリューインの心境にも、当然変化はあっただろうし、作風が変ってくるのも不思議ではない(ただし、本書収録作で一番古いものは2011年発表らしいので、そこまで「眼を開く」から間が開いているわけではないが)。
心温まる的な楽しく読める小説というのが、リューインの小説の(全てではないとしても)大きな特長だったのは間違いないし、本書はその方向性は外していない。今書かれる作品としては、それで十分なんだろう、とは思う。

| | コメント (0)

感想「いずれすべては海の中に」

「いずれすべては海の中に」 サラ・ピンスカー 竹書房文庫
昨年出た本。読んだことのない作家だったけれど、カバーが格好良かったのと、竹書房文庫のSFのセレクトは信頼出来そうな気がする、と思っているので、買ってみた。年末から年始にかけて読んでいた。
アメリカで2019年に出た短篇集で、P・K・ディック賞を受賞しているとのこと。

最初から読んでいくと、SF的なアイディアは使っていても、SFそのものを書こうとしているというよりは、それらを取っ掛かりにして「小説」を書こうとしているんじゃないかな、という感じの短篇が続いていた。そういう作風の作家なんだな、と思ったのだけど、半ば以降は、SFそのものという感じが強い短篇が多かった。ということは、あくまでもSF作家ではあるけれど、らしさにはとらわれない書く作家、ということかな。
そういう幅はあるにしても、トータルしての印象はかなり一定していて、背景に大きな出来事があるけれど、描かれるのはその中で生きている人たちの人生で、大きな背景そのものを克明に描こうという意思は薄いように感じる。その結果として、SF的な華やかさはやや薄いけれど、話に奥行きが生まれているし、丁寧な人物描写には、読んでいて引き込まれる。
もっとも、ばりばりSFらしさが前面に出ている短篇もある。そういう作品も含めて、どれもよく書けていて、幅が広くて、上手い作家だなと思った。
一番好きなのは「深淵を後に歓喜して」かな。「イッカク」も結構好き。

著者はレズビアンらしく、おそらくその反映で、同性愛者が主人公になっている作品が多い。「パートナー」という曖昧な書き方でなく、女性に女性の「妻」が普通に居る書き方だったりする。アメリカは、人によっては、もうそういう段階まで来ているということなのか、著者が意識的に演出しているのかどうかは分からないけれど、今の時代を感じるのは確か。

| | コメント (0)

感想「平和を愛したスパイ」

「平和を愛したスパイ」 ドナルド・E・ウェストレイク 論創社
原著は1966年刊行で、ようやく今年邦訳された。コミカルなサスペンス小説。
20年以上前に、未訳だった本書のペーパーバックを買って、読んでみようとしたが、とても歯が立たずに数ページも持たずにリタイアした。今回、邦訳を読んで、よくわかった。これは無理。ウェストレイクらしい、まわりくどい言い回しや、ややこしい言葉遊びが、冒頭から切れ目なく続いている。邦訳で読んでいても、何を書いているのか、考えないとよく分からなくなってくるくらいで、こんな小説を、自分の拙い英語力で読み切れたわけがない。
こうした文章の特徴は、先日、「ギャンブラーが多すぎる」を読んだ時にも感じたことだけれど、本書の方がさらに顕著な感じがする。それはそれで、作風というか、持ち味なんだろうけど、ここまでくると、やり過ぎな感じがする。逆に言えば、「ギャンブラーが多すぎる」の方がこなれているということかもしれない。こちらの刊行は1969年だから、3年後になる。

FBIに過激な組織と誤解されて監視されている平和主義者のグループのリーダーが、さまざまな過激派組織をかき集めた団体を結成して、巨大なテロを起こそうと目論む人物に、これも誤解で目を付けられ、団体に引きずり込まれようとする。断れば殺されそうな状況なので、主人公が渋々、アメリカのスパイ組織の援助を受けつつ、テロ組織集団にスパイとなって潜入して、テロ計画の詳細を探ろうとする話。
もちろんシリアスなスパイものではなく、あくまでもドタバタしたコメディ。いかにも、この時期のウェストレイクらしい内容。頭はカラっぽな美女というヒロインの造形や、いろんなギミックは、当時、大流行していたスパイものの映画をパロディ化している感じ。ただ、面白くは読めるのだけど、上に書いた通り、文章のまわりくどさ、ややこしさが、面白さをやや削いでいる感がある。いくらなんでも御都合主義過ぎない?、という感じもする。また、今読むと、当然古めかしく感じられるが、それは仕方ない。ただ、あの頃のスパイものの雰囲気を、覚えていたり知っていたりして当り前の世代なら、古めかしく感じても楽しめるとは思うけれど、全く無縁な若い世代にとって、これは面白いんだろうか、という疑念は感じてしまった。

かき集められた過激派組織がいかにもキワモノだらけで、それぞれの主催者たちも、半端な人間ばかりというあたりには、著者の醒めた視線が感じられる。でも、そういう人間たちにも人間性を感じてしまったり、あくまでも非暴力な平和主義を標榜する、主人公の描かれ方を見ると、彼の主張は、ウェストレイク自身の信条に近いのか?、と思えたりもする。
ドタバタでノーテンキな内容の割に、著者の生真面目さが、そんな風にちょっとのぞいてしまっている辺りが、いまひとつな物足りなさになっているかも、という気もした。底が抜け切れてないという意味で。ただし、その分、人間味のある優しさも感じたけれど。
(2022.12.24)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧