感想「寂滅の剣」

「寂滅の剣」 北方謙三 新潮文庫
日向景一郎シリーズの5作目で最終作。
本屋で偶然見かけて、読み落としていたことに気付いた。文庫版は2012年に出ていたらしい。このシリーズは、北方の小説の中では、そんなに好きな方ではないけど、それが理由ではなくて、単純に見落とし。見つけられてよかった。

前作を読んでから、相当日が経っているので、どういう話だったか、たいがい忘れていたが、めちゃくちゃ強い剣豪が敵を斬りまくる話、というイメージだけで、十分通じた感じ。もっとも、最終作らしく、過去4作に出て来た登場人物の総ざらいのような雰囲気があるのに、覚えていないので、その辺がはっきりしないのは、ちょっともどかしかった。

本書では、何人もの常軌を逸した剣豪が、主人公側と敵側に分かれて死闘を繰り広げ、さらに、大人数で襲い掛かってきた敵側を、主人公側が斬って斬って斬りまくる。こうした斬り合いそのものの娯楽性が、本書の(というか、多分、このシリーズの)読み所と思えるし、北方謙三の時代小説にしては、少し異色という感じ。
血生臭くて残酷な場面が多いが、あまりリアリティがない分、娯楽小説として割り切って楽しめる、という気はする。というか、そもそも、そういう風に読むための小説だと思う。なにせ、二段重ねで襲い掛かってくる二人組の刺客、なんてのが登場してきたりする。これが娯楽小説でなくてなんだ?(^^;

シリーズの過去の作品よりも、気楽に面白く読めたように思うんだが、それが本書の内容から来るものなのか、単に旧作を読んだ時の印象をちゃんと覚えていないからなのか、自分の嗜好が微妙に変わっているからなのか、その辺はちょっとわからない。
(2017.10.23)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「ハロワ!」

「ハロワ!」 久保寺健彦 集英社文庫
紆余曲折あってハロワの相談員に就職した青年が、そこで遭遇するあれこれについて描いた小説。
あんまり性に合わない、ほのぼのした人情物の小説かな?、と思いつつ読んでみたが、そうでもなかった。基本的に前向きで、明るいタッチで書かれてはいるものの、就職のシビアな現実とか、求職者側の、きれいごとで済まない、いろんな思惑とかが、けっこう丁寧に描かれているし、調子のいいハッピーエンドにまとめていない重たさもある。
2010年から2011年にかけて書かれたものということなので、空前の売り手市場らしい現時点に比べたら、はるかに就職が大変だった時期のはず。求職者の深刻さの度合いも、今よりもずっと厳しかっただろうから、あまり安直なことは書けない、という背景もあったかもしれない。

ハロワがどういう所かとか、求職活動というのがどういうものなのか、というあたりについて、イメージがつかめる内容だったと思う。ハロワの相談員というのが、単に仕事の斡旋を仕事にしている、普通の勤め人なんだな、ということもよく分かった。もうちょっと、役人ぽい立ち位置の人たちなのかと思っていた。 事前に読んでおくと、ハロワに行くのが気分的に楽になりそうな気がする。
(2017.10.14)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「岳飛伝」11

「岳飛伝」11 北方謙三 集英社文庫
いよいよ決戦が始まった、と思ったが、結局、大きな情勢の変化もないまま終了。梁山泊と金とで、合わせて万単位の戦死者が出ているのに、何も事態が変わらないというオチなのは、戦うことの虚しさを訴えているように取れなくもない。
このところ、戦が起こらない状況を作るために戦う、軍の存在理由は軍が必要のない世界を創ること、みたいな言い回しで、決して非戦ではないけれど、登場人物が戦の無意味さを語る場面が増えて来ていると思う。昔の北方の小説と、方向性が変ってきているように思える。元々、特別、好戦的な小説を書いていたとは考えていないけれども、以前は、戦いそのものに生きがいや喜びを見出すというニュアンスが、今よりもずっと強かった気がする。著者の物事の考え方に、変化が起きているのかな。まあ、長い間、小説を書き続けているんだし、ものごとの捉え方が変わってきたとしても、不思議ではない。
現時点での話の根底にある、領土の確保ではなく、流通で国を作ることで、生活者の幸福が実現されるという考え方は、かなり単純化した構図ではあるけれど、理屈は通っていると思う。でも、それがある程度は実現している今の世界も、そうした理想的な世の中にはなっていない。この小説は、「国」の在り方というのを、かなり突き詰めて考えようとしていると思うけれど、現実に理想的な世界が生まれてきていないのはなんでだろう、というのを考えるきっかけにもなるんじゃないかな、と思ったりする。

そういえば、インドシナ半島に梁山泊の面々が植民しているが、直前に読んだ「イザベラ・バード」で、マレー半島での中国人の存在の大きさについて書かれていたのを読んで、なるほどと思った。そういう状況も把握した上で、話を作っているんだろうな。これだけの巨大な小説を書くのに、著者がどれだけ情報を集めているのかと思うと、くらくらする(^^;。
(2017.10.12)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「あなたの人生の物語」

「あなたの人生の物語」 テッド・チャン ハヤカワ文庫
8作収録の短編集。2003年の邦訳刊行だが、表題作の映画化が公開されていたことに伴い、今も書店の店頭に並んでいる。今出ている版は、解説が少し増補されているみたい。なお、収録短編は1990年から2002年に掛けてのものとのこと。

全体的な印象としては、思索的で静かな作品群という感じ。バベルの塔や降臨する天使といった、奇想天外で華やかなイメージが描かれているものもあるが、そういう作品もストーリーの中身は、地道な建設作業とそれを取巻く住民の生活とか、運命の不条理と神への信仰についての考察だったりして、あんまり華やかではない。
数学や言語学を題材にした作品は、個人的な興味の対象と被るので、関心を引かれた。ただ、これらもあくまでも素材であって、そういうのをネタにしたアイディア小説ではなく、作者が書こうとしているのは、それを切り口にした人間の在り方、という感じがする。
巻末のルッキズム(そんな言葉があることも知らなかった。容貌による差別のこと)を扱った作品は、割と直接的に現実を反映しているという気がしたが、これも根底には人間性の考察があると思う。

題材は完全にSFの領域だが、SF的なオチみたいなものは、あまり意識してなさそうと感じたこともあり、全体として普通小説に近いように思えた。でもその辺は、多分、今時のSFに対する自分の認識が浅すぎるということになるのかな。
一作一作、よく考えないと消化しきれない重みがある作品、という感じがする。質は高いと思う。ただ、自分はそこまで時間を掛けられないなあ、とも思うけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「岳飛伝」10

「岳飛伝」10 北方謙三 集英社文庫
そろそろ、一気に戦乱になだれ込むのかと思ったら、少し衝突があった後、また膠着。もはや、武力衝突で全ての決着がつくような、単純な構図じゃなくなってる、ということか。もちろん、まだ相当巻数があるから、最終決戦に入ってしまうのは、少し早いかも、という気はしていたけれど。

そういう中で、地道に登場人物の片付けを始めてる感はある。今回、唐昇という名前が、ストーリーの必然性もほとんど感じられない場所でいきなり出て来るのは、この人物にまだケリがついてないことに、誰かが突然気付いたのかな。名前には、うっすらと覚えはあるが、それほど大物ではなかったと思う。全ての登場人物について、きっちり締めて終わらせようとしているのかな。登場人物のデータベースはありそうだし(本人はやらないと思うが、そういうことをやるマニアックなファンは居そう)、不可能じゃないとは思う。
一方で、この期に及んで、まだ舞台を広げるか?、みたいな場面もある。阿波だそうだが…。この付近にも、何か話を繋げられる先があるんだろうか。

.それにしても、蔡豹は貧乏くじ引いてるキャラだなあ、と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「岳飛伝」9

「岳飛伝」9 北方謙三 集英社文庫
ぼつぼつ、最終決戦に向けた競り合いが始まってるけど、なかなか本格化しない感じ。解説を見ると、次巻あたりから華々しくなり始めるらしい。まあ、まだ先は長い。
それなりに落ち着いた立場にいるように見えた人物が、改めて面倒な状況に引っ張り込まれるという場面がいくつか目について、どういう終り方へ持っていくのか、先が読めなくなってきたな、と思う。さすがに手が込んでいる。まあ、王清が落ち着いてしまうとは元々思っていなかったけれど、蕭(*)材が、ここまでややこしい立場になるとは思わなかった。というか、現時点では、作品のテーマ的には、彼はかなり要に近い人物になってきたような気がする。ちょっと意外。ストーリーとしては、あくまでも岳飛(そういえば、彼がタイトルロールだということを、つい忘れそうになる)とか秦容とか張朔とかが関わっている、実戦の方が本筋だけれど、その裏で、著者は相当力を入れて、蕭(*)材を描いているような気がする。

(*) は「火玄」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「NOVA+ 屍者たちの帝国」

「NOVA+ 屍者たちの帝国」 大森望・責任編集 河出文庫
伊藤計劃が亡くなる前に書き始めていた長篇小説「屍者の帝国」は、死人を動けるように甦らせて労働力として使う技術がネタで、その甦った死人を「屍者」と呼んでいる。責任編集の大森望が、8人の作家にその設定を使った短篇小説を依頼して編纂したアンソロジー。シェアード・アンソロジーと言うらしい。

家にあったので、読んでみた。伊藤計劃は「虐殺器官」にはとても感銘を受けたけれど、他の作品を読む所までは進まなかったし、「屍者の帝国」は円城塔が書き継いで完成させたものが刊行されているが、冒頭の数ページを読んだだけで放ってある。そういうわけで、本書に関しても、そんなに積極的な読者ではない。「屍者」というアイディアは、面白いとは思うけれど、グロいので、あまり好みじゃないとも思う。

それでも、このアンソロジーは、一通り楽しめた。
伊藤計劃の追悼企画みたいなものなのか?、と思って、「屍者の帝国」や伊藤計劃に寄りかかった話が書かれていたら困る、というか分からないな、と考えたが、そういうニュアンスを感じる作品はなかった。もしかしたら、あるのかもしれないけれど、気付かなかったので、問題はなかった。
収録された作品自体は、当たり前かもしれないが、どれも個別の作品として、しっかり書かれた完成度の高いものだった。作家一人一人が自分のフィールドに「屍者」の設定を引き込んで、きっちり消化して、楽しみながらまとめあげている、という感じ。

趣味に走り過ぎてるんじゃない?と思うものもないではないけれど、多分、こうした趣味的な企画は、やり過ぎるくらいでちょうどいいんだろうなとも思う。そういう意味では、高野史緒の短篇が、一番頑張っている感じがした。バカバカしくて、面白かった。読者を選びそうな内容ではあるけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「へびつかい座ホットライン」

「へびつかい座ホットライン」 ジョン・ヴァーリィ ハヤカワ文庫
先日、創元から出たヴァーリィの八世界もの短篇集(「汝、コンピューターの夢」「さようなら、ロビンソン・クルーソー」)を読んだ時に、以前読んだ本書も読み直してみたい気になった。本を処分した覚えがあったので、ダメかなと思っていたが、別件で本を掘り返していたら出てきたので、読んでみた。ちなみに前回読んだのは、多分、1980年代の後半で、本文庫版が出た1986年から、それほど離れていない時期だったはず。内容に、それほど強い印象は受けなかった覚えがある。

今回は、短篇集で語られていたエピソードの総集編+エピローグのような感じを受けた。本書と短篇群は同時期に書かれていたようなので、実際には必ずしもそうではないと思うが。
短篇は、作品ごとに、個々のアイディアを細かく掘り下げていたり、テーマ性が強く出ていたりした印象があったが、本書はあまりそういう感じがしない。短篇で使われていたいろいろなアイディアがあちこち使われている点にオリジナルなものはあるけれど、内容そのものは一般的なSF冒険小説のように思えた。SFに対する思い入れが低く、それほど知識も深くない自分に、あまりアピールして来なかった最大の理由は、このあたりだったのかもしれない。
世界観的なものを、いちいち説明せずに話の中で使ってくる作風で、それが良さでもあるわけだけど、作品についての知識を全然共有してない人間にとっては、やはりとっつきにくい。説明不足で、個々のアイディアの面白さを感じ取るのも難しかったように思える。ストーリーラインだけでは、それほど特別なものはないように感じたから、なんだか普通だな、と思ってしまったかも。
そういう意味では、今回は短篇を一通り読んでから間がなくて、準備は十分だった。おかげで、すんなり入れた気がする。

もう一点、当時、結構抵抗感があったと思うのは、人体改変が大きな要素になっている部分で、この辺は自分には生理的にかなり抵抗感がある題材。ただ、近年は、いろいろなものを読んできた影響で、だいぶ慣れてきてはいるかなとは思う。だから先日の短篇集も、それほど違和感なく読めていた。

そういうわけで、昔読んだ時よりも、だいぶ面白く読めたような気はするが(30年も前のことなので、よくわからないが)、短篇集の方が、個々の作品の内容が濃くて面白かったかな、とは思わないでもない。インベーダーやホットラインについての詳細が語られているので、短篇集を読んでいた時に、経緯を思い出せずに、もどかしい思いをしていたのがスッキリしたのは良かったけれど。

ところで、設定をいちいち説明せずに話に直接使ってくるとか、人体改変とか、最初に読んだ時にネックになったと思われる要素というのは、サイバーパンクにも共通して言えてたことだと思う。でも、サイバーパンクを読んでいた時は、なんだか格好いい、というだけで、そこはクリア出来ていたような気がするわけで、要はヴァーリィは、当時の自分にとって、そこまで引きが強くなかった、というだけのことなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「プロント」

「プロント」 エルモア・レナード 角川文庫
このところ続けていたレナードの再読を、もう少しやってみようかということで。
本書は「ラム・パンチ」の次作に当たり、1993年刊行、1994年邦訳。ただし自分が読んだのは、1996年にこの文庫版が出た時。

マフィアの下っ端で、スポーツ賭博の胴元・ハリー・アーノウが、65歳になって、ここまでこっそり蓄えて来たカネを持って隠退しようと考えていたが、トラブルに巻き込まれて命を狙われる羽目になり、イタリアへ逃亡。FBI捜査官のレイラン・ギヴンズが、行きがかりで彼を助けることになる、という話。

冒頭の、ハリーと、その愛人のジョイスのやりとりが、いきなり洒落ていてバカバカしくて、こういうユーモアのセンスが好きなんだよなと思った。その後も、会話や場面の作り方がいちいち気が利いていて、読んでいて楽しくなってくる。
ハリーがかなりろくでもない人間なのに対して、レイランはいい奴。最初は、人がいいだけの田舎者で(いつもカウボーイのような恰好をしている)、結構間が抜けている雰囲気だけど、段々と底が知れない、切れ者に見えてくる所がポイントで、終盤では、かなりヒーローらしい人物になってくる。その辺は、いまいちレナードぽくないか、と思ったが、本書の3年後に書かれた「キューバ・リブレ」の主人公は、書いてあった感想を見直してみると、レイランに割と近い人物像だった感じ。カウボーイ風のヒーローという所も共通している。本書の結末には、いかにも西部劇的な要素もあり、元々、ウェスタン小説から出発したという出自を、強く反映した小説ということかな。
結末で、話が収まるべき所に収まっている感じもする。このところ読んでいた他の作品で感じたような、成行き任せの造りではなく、ある程度きっちりしたプロットを立てた上で書いたんじゃないか、という気がする。レイランも、あまり勝手に動いている人物には見えないから、その辺はセットになっているのかもしれない。

ハリーやレイラン以外に、存在感のある胡散臭い人物がいろいろ出て来る所は、いつもの作風と同じだけれど、一人ひとりが、自分の思惑で勝手に動き回るという感じは、やはり少し薄いように思える。
ただ、その分、ミステリ的な構成が分かりやすい小説になっているので、「ミステリ」という切り口からレナードを読もうとした場合には、とっつきやすい長篇と言えるのかもしれない。
(2016.7.8)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「岳飛伝」8

「岳飛伝」8 北方謙三 集英社文庫
最終決戦の前哨戦みたいなのが起きて、いよいよ始まるのかなあ、という感じがする。小説全体の中での、のどかな場面の比率が、かなり減ってきたようにも思えるし。何度も書いてる気がするが、お馴染みの登場人物が、最終決戦の中で、バタバタ死んでいくんだろうなあ、と思うと、あんまり嬉しくない。だからといって、こんな中途半端な所で読むのを止めるつもりもないが。どういう終わらせ方をするんだろう、という興味もあるし。
さすがに、史実と違う結末に持っていくわけにもいかんから、みんな消えて終わり、という形なんだろうな、どうせ、と思ってたが、本書の解説を読んでいると、あっと驚く展開が待ち受けている、とか、何とか書かれているから、そんな単純なものでもないのかもしれない。まあ、地道に読んでいけば分かることだ。

それとは別に、解説で、「岳飛伝」の主要な(実在の)登場人物の、史実との違いについて書かれている内容が興味深かった。結構、アレンジしているんだな。そう考えると、結末が史実からぶっ飛んでるということも、ありうるのかな。
(2017.7.6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧