感想「ボートの三人男 もちろん犬も」

「ボートの三人男 もちろん犬も」 ジェローム・K・ジェローム 光文社古典新訳文庫
丸谷才一による定評のある翻訳がある、イギリスのユーモア小説の新訳。今年の4月に出たもの。

丸谷訳を中公文庫で読んで大好きになった小説なので、ただの新訳なら、特に読もうとは思わなかったが、サブタイトルが丸谷訳の「犬は勘定に入れません」から、一見、正反対とも思える言い回しに変わっていることに興味に感じて、訳者の解説を読んでみて、まるまる読み直してみる気になった。
訳者によると、サブタイトルの丸谷訳は意識的な誤訳じゃないか、ということ。確かにちょっとひねくれていて、引きが強い言い回しだし、それが自分が丸谷訳を手に取るきっかけの一部だった気もする。

小説の本文に関しては、そこまで内容を細かく覚えているわけもなく、訳の違いみたいなことは気にせず読んでいた。特に違和感はなかったが、本国で出されている詳細な注釈本を翻訳に当たって参照しているようで、そこからの情報がそこここに挿入されているし、現在の最新情報も補われているので、テムズ川流域観光案内的な雰囲気が、丸谷訳よりも強まっていたように思う。元々、著者の意図には、それが結構あったようでもあるし、これはこれであるべき姿かもしれない。

さすがに、もう何度も読んでいる小説なので(2004年に読んだ時の感想)、最初に読んでバカ笑いした時のような衝撃はなかったけれど、それでも十分に笑えたし、楽しめた。
(2018.6.30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「ダーク・ジェントリー全体論的探偵事務所」

「ダーク・ジェントリー全体論的探偵事務所」 ダグラス・アダムズ 河出文庫
この作家には、ずいぶん前から関心を持ってたが、手を出す機会がなかった。ようやく読んだ。
タイトルから、ミステリぽい小説かと思ったし、それが今回読むことにした、直接のきっかけでもあったのだけど、これは自分の感覚からしたら、まるっきりSFだな。殺人事件が起きて、探偵がその真相を追及するという要素はあるが、それはこの小説のほんの一部。もっとも、だからつまらなかった、というようなことは全くなかったから、特に問題はない。
いろんなSF的なアイディアをひねくり回す、ドタバタでナンセンスなイギリス流コメディだけれど、きっちり伏線が埋め込まれているので、軽く読み流していると、あれれ?と慌てて前に引き返すことになる。楽しく読めるだけでなく、しっかりプロットが構成されていた。
コールリッジの「老水夫行」が重要なモチーフになっているという訳者前書きがあり、どういうことかなと思ったが、最後まで読んで納得。気の利いた前書きだった。こういう古典文学作品をネタにしていること自体、イギリス流かな、とも思った。
(2018.7.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボワロー=ナルスジャックによるアルセーヌ・ルパン・シリーズ

ボワロー=ナルスジャックによって書かれたアルセーヌ・ルパンものの贋作を、4作目まで邦訳を読み終ったのでリスト化してみた。もっとも、このシリーズはモーリス・ルブランの遺族公認と聞いているから、贋作というより、続編というべきなのかもしれない。

「ウネルヴィル城館の秘密」 Le Secret d'Eunerville (1973) 新潮文庫 (ポプラ社版邦題「悪魔のダイヤ」)
「バルカンの火薬庫」 La Poudrière (1974) 新潮文庫 (ポプラ社版邦題「ルパンと時限爆弾」)
「アルセーヌ・ルパンの第二の顔」 Le Second Visage d'Arsène Lupin (1975) 新潮文庫 (ポプラ社版邦題「ルパン二つの顔」)
「ルパン、100億フランの炎」 La Justice d'Arsène Lupin (1977) サンリオ (ポプラ社版邦題「ルパンと殺人魔」)
Le Serment d'Arsène Lupin (1979)  (ポプラ社版邦題「ルパン危機一髪」)

ポプラ社版の邦訳は子供向けにリライトされたもの。内容にも改変があるらしいが、現物を読んでいないので、詳細は知らない。ポプラ社版しかない5作目も、読んでみたい気はする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ルパン、100億フランの炎」

「ルパン、100億フランの炎」 ボワロー、ナルスジャック サンリオ
ボワロー、ナルスジャックによる贋作ルパン4作目。なお、このシリーズは全部で5作あるが、5作目の邦訳はポプラ社から出た少年もの(南洋一郎訳)しかないそうで。

第一次世界大戦から復員したルパンが、昔の稼業を再開しようと侵入した屋敷で遭遇した出来事をきっかけに、謎めいた連続殺人事件を追いかけ始める話。
本書のルパンは、やることが空回りしっ放しで、正直、あまり格好よくはない。戦争によるブランクの影響、というニュアンスも込めているのかな。もっとも、シリーズものだと、主人公が失敗する内容の作品が番外篇的に挿入されるのはよくあるから。こういうタイプの作品は、原典のルパン物にもあるんだろうか。
第一次世界大戦やタイタニック号の事件を全面的に背景に置いて、時代色を出している。ルパンはそういう時代の人物なんだよな、と改めて思う。
ルパンはいまいち格好よくないけれど、展開の速いストーリーそのものは面白いし、プロットもよく考えられていて、結末に意外性がある。まあ、勘のいい読者なら、解決の前半部分については、バレバレかもしれないが。

もしかして、一部、「カリオストロの城」のヒントになってる?、という気がした。本書の刊行が1979年4月で、「カリオストロの城」の製作は1979年5月に始まったということなので、ありえないことではないかも。
(2018.6.15)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「殺意」

「殺意」 ジム・トンプスン 文遊社
先日邦訳された、原著刊行1957年の本。
ここまで文遊社から出た2冊のトンプスンの小説と異なり、従来のトンプスンのイメージに近いサスペンス小説。衰退した地方のリゾート地を舞台に、絡み合った人間関係を描いていく。ただし、語りのスタイルがかなり凝っていて、一人称小説だが、一章毎に話し手が変わる。その効果で、人間関係のもつれが多面的に浮かび上がってくる。見えてくるのは、登場人物の誰も彼もが絶望を抱えていること。そんな状況の中でいくつかの殺意が醸成されていき、誰が誰を殺すことになるのかもわからない。
主人公ひとりがどんどん追い詰められていく、今まで紹介されていた作品群に比べれば、緊迫感は緩いものの、いかにもトンプスンらしい地獄めいた話ではある。しかし、ここまで絡み合った状況であれば、そこでミステリ的に仕掛けることはいくらでも出来そうに思えるけれど、それはしない。事件が起きた後は、割と簡単に犯人を明らかにした上で、この人物の絶望に満ちた内面を描いていく。それこそがトンプスンの書きたいことなんだろう。一応、最後に軽くひねってくるけれど、付け足し以上のものには思えないし。

解説を読むと、キリスト教的な原罪の意識が根底にあるというようなことが書かれていて、なるほどと思うし、確かにそうなんだろうな、とも思うのだけど、そういうレベルの話はちょっと自分の手には負えない。
なので、単純にサスペンス小説として、という観点で読んでいるが、トンプスンが捨てている部分こそが、サスペンスとしては売りになる部分だなと思うし、視点を次々に変えていくテクニカルな所に面白味はあるにしても、やや物足りなさが残った、という感じ。
トンプスンの他の作品も、多かれ少なかれ、ミステリ的な売りをあまり気にしてない気配があるけれど、主人公がどんどん追い込まれていく構成そのものに、強いサスペンス性があったから、引きは強かった。本書は、そうした作品とは構成が違っているから、物足りなさがあるのは仕方ないかな。本書が、ここまで紹介が遅れたのは、出版社側で、その辺の判断があったからかな、と思った。
(2018.5.27)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「ピラミッド」

「ピラミッド」 ヘニング・マンケル 創元推理文庫
クルト・ヴァランダーものの短篇集で、長篇第1作「殺人者の顔」よりも前の時代を描いた中短篇5作を収録。ただし、書き始められた時期は、長篇第5作「目くらましの道」の後だったらしい。原著が出版されたのは1999年で、長篇第8作「ファイアーウォール」の後。本当は、これでシリーズが終了する予定だったとのことだが、実際はその後も続刊が刊行された。
なお、本書収録作品中で一番長い「ピラミッド」などは、短めの長篇と言っていいくらいの分量がある。

書かれた時期を考えれば当たり前だけれど、初期作よりも後期の作品に雰囲気が似ている。初期作のヴァランダーは、もうちょっとマヌケでずっこけたキャラで、そこに面白味を感じて読み始めたんだが、本書ではそれ以前の時期が描かれているのに、後期作のように、色々欠点はあるけれど、職務に関しては有能で真面目な(もしくはそういう風になろうとしている)警官に見える。

背景になっている時代が古いからなのか、スウェーデン社会そのものの病理は、後期の長篇ほど、深刻には描かれていない感じがする。予兆は見え隠れしているけれど。
内容も、事件の背景よりも、事件そのものを描くことに力点があるものが多いように感じたが、この点についても、それほどひねったプロットがあるわけではなく、捜査手順をこなしていくうちに自然と真相が見えてくる、という感じ。
おそらく、本書収録作で著者が一番力を入れて描いているのは、ヴァランダーの人生のうつりかわりなので、事件や社会情勢は、それを描くための重要な要素ではあるものの、あくまでも背景なんだろうと思う。その分だけ、読みやすくなっているようには思えるが、純粋なミステリとしての面白さは今一つかもしれない。
それでもシリーズの読者にとっては、欠かせない本だと思う。ヴァランダーだけでなく、レギュラー的なその他の登場人物も軒並み登場してくるし、彼らの昔の姿は、シリーズの愛好者には興味深いはず。なかなかピンと来にくい、ヴァランダーと父親や元妻とのややこしい関係も、本書を読むと、分かりやすくなってくるような気がする。
(2018.4.28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「折りたたみ北京」

「折りたたみ北京」 ケン・リュウ編 ハヤカワSFシリーズ
中国系アメリカ人作家による、現代中国SFのアンソロジー。タイトルの面白さに引かれて読んでみた。

日頃そんなにSFを読んでるわけではないから、「中国SF」はどういうもの、みたいなことを、あれこれ言えるだけの知識は自分にはないと思う。だから、その辺は置いておく。
収録されている作品の内容そのものは、おおむね、普遍的な(ある意味、既視感のある)SFと感じたけれど、中国が舞台で登場人物の大半が中国名、という作品が大半を占めるところには、やはり目新しさや新鮮さを覚えた。
もちろん、目新しさだけでなく、魅力のあるものが多かった。SF的な道具立てにあまり依存しない、日常の延長のような近未来を舞台にした、人間性をテーマにした作品が多かったように感じたし、おかげで、それほどSF愛読者というわけではない自分が馴染みやすかった、というのはあると思う。
また、複数の作品が収録されている作家が多く、それぞれの作家の持ち味について、より理解が深まる効果があったように思う。このあたりは、現代中国SFに入門しやすくための、工夫だったのかな。

中国はああいう政治状況の国だから、「沈黙都市」あたりを読んでいると、こんな小説を書いていて大丈夫なんだろうか、と思うんだが、どうなんだろう。抑圧的な未来社会が描かれているというだけなら、中国だけのことではない普遍的なテーマだし、日本の今の状況を見ていると、日本だって遠くない将来、どれだけ酷いことになっても意外じゃないと思っているから、特定の国の状況を書いた小説ではないという感覚で、自分は読んでいたけれど、政府という存在が、作品をどう受け止めるかというのは、また別の問題だからね。
そういう綱渡りをしながら書いているのだとすれば、それはある種、尊敬に値すると思うが。

収録された作家は、どれも印象的だったが、一人挙げるなら陳楸帆かな。中国のウィリアム・ギブスンと言われてるそうで、確かにそんな雰囲気がある。まあ、おれが今まで読んだ中で、一番好きなSF作家は多分、ウィリアム・ギブスンのわけで…(^^;)。
ちなみに、本書を読むきっかけになった表題作は、いかにもSF的なアイディアを中心に置きながら(これは結構感心した)、アイディアそのものよりも、それを通して見えてくる中国社会の構造や、そこに生きている人たちの姿を描くのが主眼と感じたし、先に書いた通り、そういう傾向はこのアンソロジーに収録された作品に共通して言えると思う。
(2018.4.14)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「アベルVSホイト」

「アベルVSホイト」 トマス・ペリー ハヤカワ文庫
いまさら、トマス・ペリーの新作(原著は2016年刊)が邦訳されるとは思ってなかった。17年ぶりの翻訳だそう。

警察官上がりで凄腕の私立探偵・アベル夫妻が、迷宮入りしかけている1年前の殺人事件の調査を依頼され、乗り出した途端に、命を狙われ始める。犯人は謎めいた男に雇われた凄腕の殺し屋・ホイト夫妻。
そういうわけで、「アベルVSホイト」。原題は後半以降に出てくるネタ。だからといって、ネタバレというほどのことでもないが、邦題の方がいいような気はする。

ディテールにこだわった、プロ対プロの厳しい駆引きを描いている所は、この作家の持ち味。女性の存在感が強い所もそう。夫婦同士の対決の構図だけれど、どちらも妻の方が比重が高いように思えた。
ホイトとアベルの対決は、緊張感があって読みごたえがあるが、事件の背景が見え始め、対決の構図が緩んでくると、話そのものも、すこし緩んできたような気がした。事件の真相が、案外軽く見えたせいだと思う。こちらの話はこちらの話で、もっと書き込んで、別の小説に仕立てることも出来たし、その方が面白かったんじゃないかなと思った。
そういうわけで、中盤まではかなり面白かったが、終盤はやや拍子抜けした。ただ、次々人が死んだり、結構血みどろになる話の割には、後味はすっきりしている。それも、これまでに読んだ、この作家の作品には共通して言えることで、いまいち強い印象が残りにくいという意味では短所なんだろうけれど、いやな感じが残らないのは長所だと思う。

チャウセシク独裁政権下のルーマニアで、国が子供を虐待していた話が少し絡んでいる。昨年末に読んだジャック・カーリイの「キリング・ゲーム」でも、この題材は取り上げられていた。アメリカで、この件がクローズアップされた時期があったのかもしれない。
(2011.4.5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「ドロシアの虎」

「ドロシアの虎」 キット・リード サンリオSF文庫
1973年刊行の長篇小説で、邦訳刊行は1984年。
20年以上前に古書で入手したが、読まずに放ってあったもの。

主人公のドロシアは、少女時代にアメリカの地方都市に母親と流れ着いて、底辺の暮らしをしていた女性。成人して有力者の息子と結婚し、その土地の中流階級の保守的なコミュニティに所属しているが、少女時代に仲間だった男が殺された事件をきっかけに、中流階級を取り繕っている外面と、過去を引きずっている内面(「虎」のイメージがその象徴として現れる)のギャップに、苦しめられていく話。
とりあえずSFではない。ミステリでもなく、そうしたジャンル小説ではない。さすがサンリオ「SF」文庫。

いろんなテーマが重層的に取り扱われていると感じるが、中心にあるのは、子供が大人になる、ということではないかと思った。それも二つの面があり、ひとつは、子供の頃に思い描いていたことが、大人になって、現実を目の前にすることで消えていく、というあたり。もうひとつは、子供が敏感な感受性で抱くような性質の不安感や罪悪感を、大人は忘れる、もしくは共同幻想の中に逃げ込むことで、忘れたふりをする、ということ。そうでないと、精神が耐えられなくて、生きていけないから。結末でドロシアが見つける逃げ道が、要するにそういうことで、だから、そのあたりをメインテーマと考えていいんだろうと思うんだが、そこに至るまでのドロシアの苦悩(読んでいて、実感として、とても共感してしまった)の激しさに対して、その逃げ道があまりにも簡単に提示されているように見えるので、何だか拍子抜けしてしまった。

ただ、著者の意図としては、別にそうあるべき(「大人」になりましょう)と言っているわけではなく、そうでなくては生きにくい世界の現実を描いている、ということだろうと思う。
裏を返せば、誰もがそういう罪悪感や不安感を押し隠しながら生きている、ということでもあり、ドロシアの救済も、誰もがそうなんだと気付くことが、ひとつのきっかけのわけだから、このように解釈するのは、それほど間違ってはいないと思う。

結末の部分で少し戸惑ってしまった以外は、ドロシアに強く共感したこともあり、強く心に迫るものを感じる小説だった。というか、結末で戸惑っってしまったのも、ドロシアの苦悩への共感が強すぎたせいかもしれない。
(2018.3.11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「岳飛伝」17

「岳飛伝」17 北方謙三 集英社文庫
北方謙三の「大水滸伝」全51巻の最終巻。
こういう形で終わらせたのか、という感じ。史実からは完全に離れてしまったけれど、小説としてはこれでいいんだろうと思う。気持ちよく終ってくれたし。
もっとも、南宋については、岳飛と秦檜の会談のくだりを読むと、史実はこういうことになってるが、実はこうだった、みたいな説明が、ギリギリ可能な結末になってはいるのかもしれない。よしながふみの「大奥」みたいな形で。
とはいえ、金と、金が支配している漢民族の地域に関しては、そうした取繕いはほぼ不可能なレベルの史実改変じゃないかと思う。こちらに関しては、実はこうだった的な説明を想像させるような記述がないのは、そのせいかもしれない。インドシナ半島への植民についても、ほとんど史実とは関係ない所で、話が作られているような気がするし、いまさら史実との整合なんてことは、ほとんど考えられていなかったかな、という気はする。

梁山泊と金の最終決戦は、必要以上と思えるほど、陰惨なものだけれど、戦いが完全に終結したということをはっきり示すためには、これくらいの明確さが必要だったか、という気はした。それと、「岳飛伝」の終盤に目立ってきた、「戦」は「殺し合い」であるという視点の表れでもあったのかもしれない。沙歇が貧乏くじを引いたかなとも、思わないではないが。

で、全51巻は完結したけど、やっぱりチンギス・カンの話(「チンギス紀」)へ続いて行くんだね。そこには胡土児が重要な役割を果たすのだとか。そんなことじゃないかと思ってはいたが。
「岳飛伝」の結末時点で、中国の状況が史実から離れてしまっている中で、モンゴルが中国に向かっていく過程をどういう風に描くのか、興味津々だけど、文庫が出るまでは読まないので(北方謙三の小説は、個人的に、そういうルールにしている)、いつごろ読めることになるのかなと。まあ、先々の楽しみにしておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧