「デヴィッド・ボウイ・イズ」

天王洲アイルでやってる同じタイトルのデヴィッド・ボウイ回顧展に連動して、公開されている映画。ロンドンの美術館でこの展覧会が開催された時の記録映画。

ぶっちゃけ、デヴィット・ボウイは元々守備範囲外なので、お付き合いで見に行った以上ではなかったんだけど、かなり楽しめたし、興味深かった。

日本でのファンは、だいぶ限られた一部のマニアックな人というイメージがあるけど、この映画を見てると、(少なくとも)英米ではもっと広い層に受け入れられているポップスターという感じがする。そういう乖離は、多分、欧米で人気のあるミュージシャンやアーティストの大半には、多かれ少なかれ言えることなんだろうと、日頃から思っているけど、ボウイのようなタイプは特に大きいんじゃないかな。多分、日本の中に居るだけでは、彼の存在の本当の大きさは分からない。それはどうしようもないだろうと思う。

ただ、こういう既成の価値観に縛られずに、自分のオリジナリティを追求する、尖ったタイプの人間が広く受け入れられる土壌は、そもそも日本にはないような気がする、とは思った。
もちろん、俺はイギリスの現実を知っているわけでもないし、社会の成り立ちとかにも関わることなので、そんなに単純に言い切れることでもないだろうと思うんだが。
たとえば、イギリスは日本よりもずっと階級の概念が厳しい社会で、それがいろんな物の考え方に影響してる、というイメージを持っている。「ボウイは下層階級のヒーロー」的なニュアンスのコメントが、映画の中で流れていたが、その辺はイギリスの階級意識と切り離せないことだと思う。
(でも、もしかしたら、日本の社会で似たような立ち位置にいる人物として、ビートたけしが案外近いんじゃないか、という気が、だんだんしてきた(^^;。もちろん、やってることも、思想も違うとは思うけど)

そういうボウイのキャラクター的な部分と、社会での受け入れられ方が、興味深かった。

ちなみに、音楽映画的な要素は薄かった。何曲かのサワリを流して、あとはほぼBGM的な扱い。元々、守備範囲外で、あんまり作品を知らないから、そこはちょっとハンデだったと思う。特定のアルバムや曲にまつわる話になっても、元を知らないからねえ。ただ、その分、それ知ってる、みたいな感じにならなかったから、映画の中での解説が素直に頭に入った面はあるかもしれない。

それにしても、回顧展とはいっても、ロンドンでこの展覧会が開催されて、映画が製作された時点ではボウイはまだ生きていて、映画の最後の方には、美術館のキュレーターが、今後作られていく作品群にも期待しています的なことを喋るくだりがある。まさか、こんなにすぐいなくなってしまうとは、思いもしなかっただろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「この世界の片隅に」

太平洋戦争下の広島と呉での日常生活を描いたアニメ映画。
凄く当たっているというのと、複数の思いがけない筋で評判が良かったので、どういう映画なんだろうと思って、見に行ってみた。内容の紹介を見る限り、そんなにヒットしそうな映画には思えなかったので。

見てみて、日常が戦争で不条理に破壊されていく過程を、うまく描いていて、よく出来ていると思った。抑え気味で、必要以上に刺激的な描写をしない所も好感が持てたし、その分だけ、ひとつの破滅的な出来事をきっかけに、主人公が暗転していく所も、印象が強かった。

ただ、この映画がヒットしている理由は、やっぱりよくわからなかった。広い範囲で人気が出そうな要素は、これといって見当たらないような気がするんだけれども。良い出来の作品というだけでヒットしているんだとしたら、結構凄いことのように思える。
3.11の関連でヒットしているという分析は見かけたし、監督のインタビュー(http://www.inside-games.jp/article/2016/12/31/104470.html)を読むと、そこにも3.11を意識した話があるから、そういう流れで、こういう映画が求められている面があるのかな、とは思った。

そういえば、国産のアニメ映画を見に行ったのは、20年ぶりくらいだった。
(前回は多分、一応、いしいひさいちが原作なので見に行った、「となりの山田くん」)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「グレート・ミュージアム ハプスブルグ家からの招待状」

ヒューマントラストシネマ有楽町で見た。初めて行った映画館。ビルの4階だけど、エスカレーターで上がって行く途中、1階のパチンコ屋のタバコの臭いがずっと付いて来て、あんまり快適じゃなかった。映画館の中は、さすがにそんなことはなかったが。

オーストリアのウイーン美術史美術館のリニューアルオープンまでを描いたドキュメンタリー映画、だったらしい(^^;)。実は内容をあんまり理解せずに見に行ったので。

見たくせに、なんで「らしい」なのかと言えば、リニューアルまでの作業のあれこれを淡々と、ほとんど脈絡なくつなぎ合わせただけ、みたいな感じの構成だったから。ナレーションはないし、わざとらしい説明的なセリフもほとんどないから、何が映されているのかは、ほぼ自分で汲み取るしかないように思えた。
説明過剰気味で押し付けがましいテレビのドキュメンタリーぽいのを見飽きてる身からすると、新鮮ではあったけど、さすがにもうちょっと説明があった方が親切なんでは、とは思った。でもヨーロッパのドキュメンタリーって、こういうもんなのかな?

美術館のリニューアルを描いてる割には、美術品そのものには、あまりスポットが当たらない。教科書にも載るような、有名な絵画が何点も、ちらちら画面には写り込むんだけど、おおむね背景として映るだけ。主に描かれているのはスタッフがどうやって美術館を運営しているかという部分なんだけど、これがいかにもつましい話の連続。予算はないし、とにかく客が呼べる仕掛けや企画を考えないと、という涙ぐましい努力を重ねている(そこまで悲愴感はないが)。オーストリアの有名な国立(話の流れからすると、そうだと思う)美術館でも、そんなもんなんだなあと思った。

美術館の美術品の取り扱いが結構ぞんざいに見えたのは案外だった。日本が神経質過ぎるのかもしれない、という気は少しした。日本の美術品は西洋の油絵よりはるかに壊れやすいという意見は聞いたし、それはあるのだろうけど、日本人が過剰に丁寧な作業をするってのも、よく見聞きすることだし。それが評価につながる場合もあるにはしても。
ただ、工芸品を支えもなしに置いとくだけで展示出来るのは、やっぱり地震がない地域だからだろうな。

公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「シン・ゴジラ」

7/31に見て来た。正直言って、庵野秀明と樋口真嗣が作ると聞いた時点で、自分には合わない映画だろうなと思ってたが、見に行かないわけにもいかないので。

怪獣映画の部分は、ちゃんと作ってはいたと思う。同じスタッフで作った「巨神兵東京に現る」の焼き直し感は否めなかったけど、「ゴジラ映画としては」手を掛けた新しい表現かな、と感じる部分もあった。そもそも「巨神兵」は趣味的な作品に近いものなんだから、そのアイディアを展開して、フルスペックの映画を作るのはありだと思う。
ただ、中盤、それこそ巨神兵みたいに、ゴジラが東京を焼き尽くすような暴れっぷりを見せる場面があって、ここが多分、個人的にはこの映画の中で一番面白かった所だけど、終わってみると案外大した被害じゃなかった(というか、そう見えちゃった)のは拍子抜けだった。話の都合上だと思うんだが。あれ以上、東京が壊滅したら、収拾がつかなくなっちゃう。「ヱヴァンゲリヲン」ならやっちゃう所かね(よくしらない)。
それと、この場面以外のゴジラは、いまいちパッとしなかったな、と思う。いろんなものに気兼ねしながら、窮屈に動いていたという印象。製作者側には、怪獣に対する愛情みたいなものは、あんまりなかったのかもしれない。
それにしても、2014年のアメリカ版GODZILLAの後にしては、この安っぽさは何?、という場面が方々にあったのはマイナス要素。予算から来る技術的な問題はともかく、発想や細部の作りの所々に見える安っぽさは、どうにかならんかったのかと思った。怪獣の初期形態なんか、本当に見た目がチャチで、がっかりした。さすがに最終形態は、立派なものだったけど(ゴジラというより、ヱヴァみたいだったけど)。

本篇の部分に関しては、とても薄っぺらで酷かったと思う。
怪獣映画の本篇なんて薄っぺらなもの、という感覚は一般的にあると思うけど(その当否は置くとして)、怪獣を見せるのが主目的の映画なら、薄っぺらでもあんまり問題はない。でも、この映画は、むしろ、ゴジラを迎え撃つ人間側の対応を描くことに力点があるように見えた(だから、ゴジラにいまいち精彩がなかったのも、不思議はない)。
その上で、緊急事態に対応できない無能な体制を、強い決断力を持った強権的な指導者が救うという構図になっている。しかも、架空の異世界の話ならともかく、現代の日本を舞台にした話。
怪獣映画というフィクションなんだから、それはそれという割切りは、出来なくはないんだけど(昔の怪獣映画だって、実質的にそういう構図だった作品はいくらもある)、法律の条文をかぶせたり、今の日本で起きてる政治的な風景をインサートしたりという演出を、敢えてやっている以上、製作者側に今の日本の政治的な状況について何か言いたいという意思がある、という解釈をする方が自然だと思う。割切りは、かなりしにくい。
それでいて、話の造りが薄い。いろんな問題はあるけれど、状況的にどうしてもこうでなくては対処できない、というくだりを真剣に議論する場面が、少しでもあれば、まだ良かったと思うけど、実質的にスーパーな官僚が突っ走って、それですべてうまく行って、めでたしめでたしなんだから、なんて調子のいい話、としか思えなかった。
そもそも、この製作者に、政治的にややこしい状況を、きっちり描く力量があったんだろうか、という気もする。

人間味のない映画だったなとも思った。異常な登場人物ばかりで、リアルな人間の存在が感じられなかった。でもそれは、製作者がそういう映画を目指していたんだろうから、好みの問題だと思う。元々、自分には合わない映画だろうなと思っていた通りだった、というだけ。

個人的には、2014年アメリカ版GODZILLAの方が、圧倒的にいい映画。「ゴジラ(1954年)」よりも「ゴジラ対ガイガン」や「メカゴジラの逆襲」とかの方に思い入れがある、自分のゴジラ映画への感覚は、多分、今の日本でゴジラ映画に関わっている人たちよりも、アメリカで関わってる人たちの方に近いんじゃないかと思う。
日本産のゴジラ映画は(次があったとしても)もう見なくていいや、という気がするけど、作られたら、やっぱり見に行かないわけにはいかないだろうしな。もう作らないでくれるのが、一番、ありがたいんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ひそひそ星」

園子温のSF?映画(公式サイト)。園子温の映画は、けっこうよく見に行ってることもあるんで、どういう映画か、あんまり知らなかったけど行ってみた。新宿シネマカリテ。初めて行ったが新しくて綺麗な映画館だった。新宿駅至近なのもいいわ(駅を出てから映画館まで行くより、新宿駅の中を移動する方がずっと大変)。

多分、変な映画、と思ってて、確かに変だったけど、そもそもあんまり娯楽的な映画じゃなかった。静かで淡々としてて、大半がモノクロで撮られている。
最初の印象は、監督がカミさんの女優を長回しで撮りたかった映画かな、という感じ。
途中までは「2001年宇宙の旅」を思わせるような、宇宙船内でコンピューターと乗組員だけが登場する、静かな映画。というか、音に関しては、最初から最後まで、大きな音がほとんど響かない。登場人物はみんな「ひそひそ」としか話さない。その乗組員が神楽坂恵で、監督のカミさん。

人類は滅びゆく存在になっていて、人類同士の間で、日々の営みを思い出させる思い出の品物が、宅配便でやりとりされるようになっている、という設定。そうした行為を理解できないアンドロイドが、その配達業務をやっていて、主人公である宇宙船の乗組員も実はアンドロイド。
ネタばれ的なことを書いてしまえば、


そのアンドロイドが、その業務をこなして人間と交流していくうちに、人間のそういう行動を理解するようになっていく、という流れ。アンドロイド(ロボット)が人間の心を持つようになる話、とくくってもよさそうだけど、ちょっと単純で乱暴すぎるくくり方かもしれない。
ただ、最後の方で、そうした人間の営みが影絵で次々に流れていく場面があるが、正直、俺にはその場面は、グロテスクなものにしか見えなかった。ストーリー的にも、園子温の作風から言っても、そこはポジティブな場面と捉える方が妥当と思えるから、そういう反応は監督の意図とは合ってないんじゃないかな。
もっとも、世の中の人間の多数派の感性が自分のようだったら、すぐにでも人類は滅びる方向へ向かうんじゃないかと思ってるし、自分の感覚の方が正しいと主張する気はないよ。

滅びかけてる人類が住んでいる場所を描くのに、福島の浪江や大熊の、廃墟のような街並みでのロケの映像が使われていた。いろんな過ちを繰り返したことによって、人類は滅亡に向かっている、という趣旨のナレーションが入る箇所があり、やはりここには、そういう意味を持たせているんだと思う。それはかなりわかりやすかった。
(2016.5.16)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「SEXテープ」

キャメロン・ディアスが出演してる2014年の映画。レンタルビデオで見た。ちなみに、日本未公開と聞いてたが、限定公開はされたらしい。

子育てに追われて長年セックスレス化していた夫婦が、一段落した所で、久しぶりにやろうと思ったけど、どうもうまく行かない。刺激を求めて、iPadで自作自演のポルノビデオを撮ってみたところ、そのデータが自宅にあった全部のiPadに同期され、それに気付かず、古いiPadをまわりの人たちにあげてしまった。やがて、ビデオを見たよという脅迫メールが来て、大騒ぎになるというコメディ。
ストーリー自体も結構バカだけど、バカなカップルの片割れをやらせたら天下一品のキャメロンが、主人公の夫婦の妻役でトバシまくっていて、やたらと面白かった。今回も期待を裏切らなかった。演技派的な出演作もあるはずなのに(ほとんど見てないから、よく知らないが)、こういうバカ映画に出た時のキャメロンは、全くそういうことを感じさせない。心から楽しんで演技してる感じで、見ていてすげえたのしい。
まあ、クラウドでの迂闊な同期には気をつけようという、教訓的な映画ではあったか?
それにしても、撮影したビデオはデジタルデータで、「テープ」ではないんだけど。

えらくジャック・ブラックに似てる俳優が出ていて、クレジットが出なかったので、別人なんだろうと思っていたけど、Wikipediaによると、やっぱり本人だったみたい。
(2016.3.25)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「DENKI GROOVE THE MOVIE?」

電気グルーヴとは、果たして何者なのか?、というコピーが付いていて、デビュー以来の彼らの足跡をたどる内容。とりたてて熱心なファンというわけでもなく(というか、ファンですらないかもしれないが、それでなぜ映画を見に行ったのかは謎)、何者なのか、よくわかってなかった俺に、よくわからせてくれたので、ためになったと思う。断片的な知識しかなかったし、時系列も全然バラバラだったから。
石野卓球もピエール瀧も、テンションが高すぎるので、かなりめんどくさそうで、あんまり近づきたくない人たちだな、という感じ。心配しなくても、そんなことになる気遣いはないだろうけど(^^;。でもまあ、そういう人たちでないと、これだけでかい存在にはなれんのだろうな、とも思った。
次々新しいものを見せないといかんと思う強迫観念的なしんどさってのは、よく伝わってきたけれど、最後の方は、今の電気グルーヴは、とりあえずそういう境地を抜けた(そこまでのこだわりは捨てた)、ということなのかなと感じた。
予想してたより、ドキュメンタリー色が強い映画だった。ライヴ映画とは言わないまでも、もう少し音楽自体が主体になる内容なのかなと思っていたので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」

お付き合いで見に行った映画。「ドライブ」も「ゴースト」も、それほど面白いと思ってなかったので、正直、全く期待してなかったが、ここんとこ見た「仮面ライダー×仮面ライダー」映画の中では、上出来な部類だった。

眼魔絡みの事件が続発して、大天空寺の面々が捜査線上に浮かび、捜査に引きずり込まれた進之介が寺を訪ねて、タケルと知り合いになるが、そこで怪人と遭遇した上に、タケルともども10年前の過去へ吹っ飛ばされる。そこから先はタケルの、10年前に死んだ父との再会・交流が主筋で、タケルの成長物語という感じになったが、しみじみしていて、結構よかった。今回も毎度おなじみな時間ネタを使ってるわけだけど、やり過ぎてなかった。
なんでそんな所にベルトさんがいるわけ?とか、調子良すぎな所はやっぱりあるけど、それも割と抑えられてはいたかな。思いの他、しっかりした話になっていた。
片岡鶴太郎と竹中直人の二人には、割り切ってコーナーを作って、そこで芸比べをやらせていた。賢明な趣向だったと思う。もっとも鶴太郎の演技は、地の部分でも結構良かったと思うけれどね。竹中は嫌いなんだけど(それもあって、ゴーストはいまいち見る気がしない)、こういう使い方で出て来る分には、まあいいや、という感じ。
ロイミュードのトリオは、ほんとに顔を見せただけだったけど、チェイスだけは、短い登場でも、違和感があるくらい目立っていた。剛君との絡みをそんなにやりたかったのかな。この二人の別れのシーンは、映画の中で異様に浮いていた(^^;)。
しかし、これって、完全にドライブの世界とゴーストの世界が地続きという設定だと思うんだが、ディケイドが絡んでいた頃の、パラレルワールドとかそういう設定は、もう捨てたのかな。
(2015.12.22)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Mr.マックスマン」

東映のヒーローものに縁のある俳優が、大挙出演してる映画。スーパーヒーローに憧れる、ぱっとしないTV局アナウンサーが、偶然超能力を手に入れて、本当にスーパーヒーローになる話。
コメディで、そんなに大した中身はないけど、俳優たちが思ったよりちゃんと演技出来ていて、面白く見れた。主人公はゴセイレッドだった千葉雄大で、「ゴセイジャー」の時は、いまいちパッとしないと思って見てた(というか、あんまり見なかった)が、近頃は結構ドラマに出ていて、人気もあるんだそうで、この映画も弱々しいヒーローをうまく演じていて、立派になったなあ、と思った。
あとは「仮面ライダー鎧武」の貴虎兄さんが、「鎧武」の時とは全然違って、ぶっちぎれてて面白かったのと(ただ、本当はこっちの方が、この人の地らしい)、「仮面ライダーウィザード」のビーストがスベる役回りで笑えた。要潤(「仮面ライダーアギト」のG3)が主人公の父親役で、妙に主人公と似た顔立ちだったのは、うまく似せるもんだなと感心した。
(2016.1.2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~」

8/9に見に行って、それっきりになってた。
テレビ版は大好きで、よく見てるから、映画も見に行ってみた。

農場での日常に飽きたショーンの悪だくみがきっかけで、「大都会」(ロンドン?)で記憶喪失になって帰ってこれなくなった農場主のオッサンを連れ戻すために、ショーンと仲間たちが都会へ向かう話。
テレビ版と方向性は同じだけれども、舞台もストーリーもスケールアップしていて、スペシャル感は充分。映画でやるだけの内容があった。愉しめた。
いつもは、おちょくられっ放しの農場主のオッサンの見せ場が多かった。ショーンや犬のビッツァーとの長い付き合いと、深い心のつながりを感じさせる場面は、気持ちを和ませてくれたよ。
それにしても、豚トリオもショーンやビッツァーと同い年くらいみたいなんだけど、農場なんだから、豚は更新されちゃうんじゃないんだろうかと思った(^^;。その辺はお伽噺か。
最初の方で、プライマル・スクリームのRocksが流れて、その後もがんがんいろんなポップスが使われてた所が、いかにもイギリス映画ぽくて、楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧