「ストップ・メイキング・センス 4Kレストア」

トーキング・ヘッズの1983年のライヴを映画化した1984年の作品が、今回4Kレストアされて公開されたもの。
トーキング・ヘッズはリアルタイムだった当時、興味の対象外だったし、1984年版の映画も、存在は知ってたが見てないのだけど、近年、1980年代のMTVとかを見ていたりするうちに、いまさらトーキング・ヘッズやデイヴィッド・バーンに関心が出て来た。2021年に公開された、デイヴィッド・バーンのステージを映画化した「アメリカン・ユートピア」も見に行ったことだし、と思って、これも見に行った。

格好いいライヴ映画だった、と思う。最初はほとんど何もない所に、デイヴィッド・バーンが一人で出て来て、「サイコ・キラー」を歌うとこから始まって、そこから次第にセットが増えて、メンバーも増えていくという構成とか、そういう舞台の趣向も面白かったけれど、格好のいい音楽が、とにかく楽しかった。IMAXで観たこともあって、実際のライヴを見るのに近い音を聞くことも出来たんだろうと思う。とりあえず音量はでかいし。
こういう形で聴いてみると、家でテレビなどで聴いてるのとは、だいぶイメージが違った気がする。でかい音と強いリズムで、ずっとアグレッシヴな印象を受けた。もう少し飄々としてるイメージだった。全然分かってなかったんだなと思った。こういう方向性の音楽なら、むしろなおさら好きかもしれない。

「アメリカン・ユートピア」は、かなり思想性の強い、考えさせる映画だったけれど、こちらは単純に音楽を体感する映画と考えていいんだろう。なにせ「ストップ・メイキング・センス」なんだから。意味を考えるのをやめろ、みたいなニュアンスのはずだし。
(ちなみに映画の中での字幕では、この言葉は「意味はない」みたいな訳し方をされていて、それはちょっと意味合いが違うのでは、と思ったが…。映画の字幕なので、短い文章にしないといけないし、仕方ないんだろうけど)
とはいえ、そもそもがだいぶ抽象的な歌詞の上に、字幕は内容に省略が多いこともあって、より分かりにくくなっているから、見ていて、どうしても意味などをいろいろ考えてしまったけれど、初心者でもあることだし、それはそれでいいんだろう。

| | コメント (0)

「恐竜・怪鳥の伝説」

去年の6月にMXTVで放送してたのを録画してあった。やっと見た。
見ている最中に能登の大地震が起きて、一旦中断したが、ある程度状況が見えた所で続きを見始めて、最後まで見た。まあ、その程度の見方でも、そんなに問題ない映画ではあった。

1977年の東映の特撮映画。富士の樹海で怪生物が目撃され、恐竜の生き残りが居るという説を唱えながら、認められることなく亡くなった古生物学者を父に持つ主人公が、調査に乗り出すという話。
公開当時から存在は知ってたけれど、あまり知名度の高い映画でもないし、見る機会がここまでなかった。今回見て、理由は分かった。珍作の部類に入る映画だと思う。
怪獣映画かと思っていたが、どちらかというとパニック映画。映画の作り的に、「ジョーズ」やその系統の映画によく似ている(それこそ「ピラニア」とか)。ショッキングな場面の入れ方とかが特にそんな感じ。
登場人物や話の作りが、いかにも東映らしく、出演者も主演の渡瀬恒彦を始め、東映のヤクザ映画で見るような感じの人物だらけ(知識がないのでよく知らなかったが、実際にそうらしい)。ただ、見慣れた東宝の怪獣映画にない新鮮さがあって、お高く止まっていない日常感があったと思う。その辺が東映らしさかな。そういうわけで、それなりに楽しんでは見たけれど、ストーリーや特撮部分が、チャチで雑な所は、さすがに目をつぶれないレベルだった。この先、どうなるんだろうと思わせる所で、あっさり話が終ってしまうのも、尻切れトンボ感。
まあ、正月にだらだら見るのに、ちょうどいいくらいかもしれない。
テーマ曲が結構格好いいと思ったけど、歌っているのは「紫」のメンバーだった人のようで、なるほどという感じ。もっとも、紫って、バンド名は知ってるけど、聴いたことはないんだが(^^;。聴いてみようか。
ちなみに、この音楽が内容に合ってないという感想を見掛けたけれど、こういう内容でこういうテイストの音楽を付けるのが70年代だったと思うし、そういうところも含めて、自分は70年代特撮の子なのでね。

しかし、これは自然災害を題材にした映画でもある(実際には、その部分は、ほとんど描かれないが)。能登で大地震が起きた時、これを見ていたということは、忘れることはないんじゃないか、という気がする。

| | コメント (0)

「アステロイド・シティ」

ウェス・アンダーソン監督の映画。この監督の「フレンチ・ディスパッチ」を、昨年の初めに、たまたま見に行ったら、ずいぶん面白かったので、その流れでこれを見に行くことになった。

複雑な構造の映画で、基本的には、1950年代を舞台にした、砂漠の中の小さな町(アステロイド・シティ)に、イベントであちこちから人々(みんな変な人たち)がやってきて、謎の宇宙人も一瞬立ち寄って、ドタバタ騒ぎが起きる、みたいな話。ただ、これはテレビ向け?の舞台劇だと、最初に宣言されていて、映像自体、極端に作り物的な背景だし(CGが多用されている)、合間に度々、制作風景みたいな場面も挿入される。メインのストーリーも、飛び飛びで進んでいく。
この辺の多重構造が、なかなかうまく頭に入って来ないので、どういう風に話がつながっているんだろうと考えさせられて、かなり混乱させられたし、全体の構図を十分理解した上で見れていたとは思えない。また、そうなった理由の一部は、この映画の構造について、冒頭にナレーションで説明が入っていたのだけど、文字数に限界のある字幕では、その説明を十分に訳しきれていなかったからでは、という気がする。こういうタイプの外国語映画の難しさだと思う。
なので、十分に楽しめたとは言い難い。ただ、比較的短いシーンの積み重ねで作られていて、一つ一つの場面は、独特なセンスの短いコメディとして作られているので(モンティ・パイソンぽさは感じた)、個々の部分はそれなりに楽しめた。面白く見れたとは思う。
ただ、「フレンチ・ディスパッチ」も構造は複雑だったけれど、もう少し、理解しやすかったから、あちらほどは楽しめなかった。

アメリカの50年代に対する視点とか、題材として取り上げているいろいろなものに対する批評、というか、おちょくりとか、気になるポイントはいくつもあるのだけど、それを掘り下げて考えるには、やはり映画全体の理解がもう少しないと無理じゃないかな、という気はする。そういう意味では、まずまず面白かった、以上の感想は、ちょっと書きにくい。何度も見返さないと、ダメな映画かなと思った。だからといって、見返すかというと、そういう機会はなさそうだけれど。

| | コメント (0)

「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」

手っ取り早くいうと、コインランドリーを経営する熟年女性が、宇宙の危機を救うヒーローになる話で、多元宇宙(マルチバース)をネタにした、SFアクションコメディというところ。あまり知らないけれど、こういうジャンル映画がアカデミー賞作品賞を取ったというので、いろいろな反響があったらしい。
なんとなく映画紹介を聞いていた時点では、多少興味を感じた程度で、そこまで積極的に観に行く気はなかったのだけど、「インディジョーンズ 魔宮の伝説」に出演した、少年だったキー・ホイ・クァンが、すっかりおっさんになって、この映画に出てるとか、ジェイミー・リー・カーティスが出演してるとか、その辺のエピソードが聞こえてくると、だいぶ関心が増してきた。とどめになったのは、監督が「スイス・アーミー・マン」を撮った人たちだ、というのを知ったこと。これはテレビで見たが、変な映画で、かなり強烈に印象に残っている。そういうわけで、結局見に行った。

3部構成になっていて、大雑把な記憶では(だから、間違っている所はあるかもしれない)、第1部の「everything」は、まさにジャンル映画そのものの、SFアクションコメディという感じ。宇宙の危機に巻き込まれた主人公の女性と、彼女を巻き込みに来た異世界の、彼女の夫に相当する人物が、カンフーアクションで敵と戦い続ける。アクションは華々しいし、SF的なギミックのアイディアは面白いし、笑えるし、まさにジャンル映画という感じ。
それが一段落した所で、第2部「everywhere」に進む。第1部をベースにしつつ、主人公が送ってきた辛い人生、選択次第であり得たはずの彼女の別の人生、今の人生での家族との断絶、苦悩などが語られて、一転して暗いトーンになる。そういう中で主人公が、夫の心情に触れたことや娘への愛情から、よりよい結末へ前向きに進んでいこうとする話になっていく。
そして第3部の「all at once」は短い締めくくり。

第2部のある種のシリアスさが、この映画を特別なものにしていると思うけれど、だからいいとか、そういうことはあまり言いたくない。むしろ、ジャンル映画でもこれくらいのことは描くんだよ、と思うので。
ストーリーにはいろいろな要素があると思うのだけど、一番大きいのは人と人のつながりという部分なのかな。あまりにも慌ただしい日常の中で殺気立って、いろんなもの、とりわけ夫や娘との関係が壊れ始めている主人公が、事件をきっかけに家族や周囲の人々との人間関係を回復していくというのが、ストーリーの中心になっていると感じた。
主人公は、救世主として選ばれた自分を倒しに来た敵を、最初は戦って倒していくのだけど、ある時点から「倒す」のではなく、「癒す」ことによって、「敵」という存在でなくして、救っていく。それによって自身の人間性も回復していく。そういう話でもあると思う。
ただ、それだけだったら、多分、そこまで面白いとは感じなかった。バカなアイディアの数々が、シリアスな要素と拮抗してあちこちに登場することで、いいバランスになっていたと思う。この辺が、いかにも「スイス・アーミー・マン」の監督らしい感じ。

多元宇宙を駆け巡る展開なので、場面転換がめまぐるしいし、速いスピードで話が進んでいくから、なかなか追い切れなかったりもする。字幕で訳しきれていないのか、説明不足と感じる部分もいろいろある。
コミカルな要素とシリアスな要素が境目なしに混ざり合っているというのも、そこが面白さである一方、話の振れ方にやや戸惑う部分もあった。
だから、正直、一度見ただけでは消化しきれてない感じはするのだけど(だからといって、もう一度見るというわけでもないが)、興味深い映画だったことは間違いないし、感銘も受けた。見に行ってよかったと思う。
(2023.3.21)

| | コメント (0)

「ピラニア(1978)」

ジョー・ダンテが監督した、1978年のパニック映画。
何年か前にCATVで録画していたけれど、なんとなくもったいなくて、なかなか見れずにいた。2010年版を見た流れで、やっと見た。


米軍が山奥で極秘に研究していた、生物兵器化したピラニアが、うっかり川に流出して惨劇が起きる話。
2010年版よりも全然話がちゃんとしていて、主演の俳優もしっかりしてる。もちろん最終的にピラニアが人を襲う場面ありきの話作りには違いないけれど、B級とはいえ、サスペンスとしてしっかり作られている。
米軍がベトナム戦争に投入するために研究していたとか、研究者のモラルの問題とか、金儲けのためにリスクを冒す開発業者とか、社会派ぽい視点もあるけれど、そういう映画作りがされている時代だった、という以上の意味は、あまりないような気がする。でも、そういう要素があるだけで、話の骨格がしっかりするのは確か。そういう所も含めて、1970年代の映画らしい空気感が好き。
特撮はやっぱりそこまで派手じゃないけど、これくらいやってれば十分でしょう、と思うし。
やっぱりこれは傑作じゃないかなあ。ずっと大好きな映画と言ってきたけど、見直して改めて、やっぱりそう言えると思った。

個人的には、初めて見た時から、最初の方に出て来るクリーチャーがとても印象的。ストーリーに全く絡まない上に、登場人物も気付かないところで、無駄に動いているだけなんだけど(^^;。そういう趣味的なバカバカしさも、この映画が好きな理由の一部。

エンドロールには、この後、1980年代にSFX業界でスター的な存在になった人たちの名前がゾロゾロ出て来る。そういう映画でもあるんだよな。

| | コメント (0)

「小さき勇者たち ーガメラー」

2006年の映画。1999年までに作られた金子修介の「ガメラ」3部作は、映画館で見て感銘を受けたのだけど、時期的に、その流れで作られた感じがするこれには、当時全然気付いていなかった。多分、子供向け映画だったので、視野に入らなかったんだろう。何かのタイミングで店頭でDVDを見掛けて、驚いて、つい買ってしまったけれど、買っただけで、観ないままになっていたのを、ようやく観た。

少年が卵を拾い、そこから生まれたガメラと心を通わせるという話。
子供向けらしい素直さとやさしさがあって、見ていて楽しかった。子役の演技がすごく達者で、感心させられた。まわりを固めている俳優も、特撮慣れしている人たちだったりして、自然な感じだったのが良かったと思う。
ある程度成長してからのガメラは、妙にかわいらしすぎる造形に見えるけど、こういう話であれば、それはそれで、そこまでの違和感はなかった。

「大人向け」の怪獣映画・特撮映画が普通に作られるようになって、「ガメラ」3部作も含め、けっこう見たけど、ちょっともう食傷気味というか、「シン・なんとか」とかも、もう要らないわ、という気分になってきてる。こういうのって、多分、自分と同じくらいの世代の人たちが、大人になって、子供の頃に見たようなものを、自分の年齢相応に大人向けに作り始めたのが始まりなんだけど、やっぱり特撮物は、あくまでも子供向けで、そこに大人らしい含みを、気付く人には分かるくらいのレベルで持たせるくらいでちょうどいいんじゃないかと、個人的には思う。
大人向けを意識して、映像がやたらと過激だったり、ストーリーが陰惨だったりするような作品は、別にそれが特撮ものである必要はなくない?、という気がするし、一方で、子供っぽいメンタルの製作者が、背伸びして大人っぽく作ってみました、みたいな感じがする作品も、それはそれで気恥ずかしさがある。逆に、大人向けでは気恥しくて描けないような、ストレートなメッセージを前面に出せるのが、「子供向け」の良さだと思うし、70年代特撮の良さって、実はそういう所だったんじゃないか、とも思っている。

そういう文脈とは別の文化で作られている、アメリカ版ゴジラなんかは、また別の話で、あれはあれでいいと思うけれどね。

| | コメント (0)

「カジノ・ロワイヤル(1967)」

CATVから録画して2年以上寝かせていたもの。

大昔の007映画。「ドクター・ノオ」から始まった007映画が、アクション映画のシリーズとして流行ってる中で、完全にギャグとして作られた異色作。なお、2006年にアクション映画として作り直された(そっちは見ていない。もう久しく007映画は見ていない)。

昔、テレビで見て、バカバカしくてすごく好きになったやつ。同時期の似たような映画で、「何かいいことないか子猫チャン」てのもあって、これも大好き。原作に基づいた(? 読んでないので、よく知らない)筋立ては一応あるけれど、ほぼどうでもよくて、最初から最後まで、ドタバタのギャグと、色っぽいおねえさんで埋め尽くされている。細かいネタもたくさん入っているはずで、そこは知識がないから、あまりついていけないのだけど。
セットは豪華だし、俳優も大物だらけだし(デヴィッド・ニヴン、ピーター・セラーズ、オーソン・ウエルズ、デボラ・カー…。カメオでジャン・ポール・ベルモンドとかも出て来る)、ごれだけの投資をして、ここまでバカな映画を作ってた時代ってのに郷愁を感じる。単純に、いい時代だったという言い方は、今の感覚では、いろいろ考えてもしまうので、あまりしたくないけれど、とりあえず気楽に見れるこういう映画が残されているのは、有難いと思う。

同じ時代だから当たり前ではあるけれど、メカの特撮が「サンダーバード」ぽいな。

| | コメント (0)

「ピラニア(2010)」

1978年にジョー・ダンテが撮った映画「ピラニア」のリメイク。2020年にCATVの放送を録画しておいて、観てないままだったのをようやく観た。
ちなみにジョー・ダンテの「ピラニア」は大好きな映画。この映画のSpecila Thanksには、冒頭にジョー・ダンテの名前があった。

古代に絶滅したはずの獰猛な肉食魚が、生き延びていた地底湖から、地殻変動でつながってしまった地上の湖に出現し、湖畔のフェスティヴァルに集った人間たちを襲いまくる話。
さすが2010年の映画だけあって、映像がなかなかえげつなかった。血しぶき飛びまくり、身体も食いちぎられまくり。ピラニアの嚙みつきだけでなく、パニックに陥った現場では、事故で無駄に人が無残に死んでいく。1978年版は、もう少し慎みがあったなと思うけれど、当時のジョー・ダンテも悪趣味と言われてたし、単に技術的な制約でおとなしかっただけだったのかもしれない。
裸のおねえさんが出て来るエロい場面が充実しているけど、彼女たちもやがては無残な姿をさらす運命で、少しさみしい。

筋立ては、パニック物の定石通りでだいぶ雑とはいえ、一応ちゃんと作られてはいて、好みとしては少しグロすぎるけれど、面白くは見れた。
ちゃちなB級映画なのかなと思ったけれど、リチャード・ドレイファスやクリストファー・ロイドが脇役で登場する。もっとも、この辺はこういう映画に出がちな人たちかな、というイメージはあるな。

あとは、これの続編の続編?みたいな位置付けで、「メガピラニア」というのがあって、昔、見ている。こっちの方が、さらにゲテモノだったなと思う。

| | コメント (0)

「運命のボタン」

去年の3月にCATVの番組表を見て、キャメロン・ディアスの映画、というだけで録画してあったやつ。ずっとほったらかしてたけど、ようやく見た。2009年の映画。
内容は全く知らなくて、人情ものの映画かなんかと思ってたが、全然違って、リチャード・マシスン原作の、サスペンス的なテイストのSFだった(^^;。
夫婦(妻がキャメロン・ディアス)が謎の来訪者に押しボタンの付いた箱を渡され、それを押すと100万ドル手に入るけど、その代わり、どこかで知らない誰かが死ぬと教えられる。折しも財政が厳しくなっていた夫妻が葛藤する(そして決断の結果に翻弄される)話。

だいぶ気持ちに負荷が掛かる話だったので、どういう方向の話か知ってたら、今のタイミングでは見なかったと思う。キャメロン・ディアスの姿が見れたのは楽しかったけど(2009年なので、それなりの歳頃ではある)、基本的には人のいい夫婦が苦しめられる話なので、サスペンスとして楽しめるというよりは、見ていて単純につらかった。しかも彼らは、身体に障害を抱えていたり、望んでいたキャリアが得られなかったり、つらい思いをしている人たちなので、なおさら気の毒になってくる。それでも見始めちゃったのと、キャメロン・ディアスに対する義務感みたいなもので、何とか最後まで見通した。
基本的にはモラルについて語っている、という感じ。他人を犠牲にしてでも自分の利益を求めるのか、ということがテーマになっていて、ごく教訓的な話に思える。しんどい思いをしている人間に、さらに重荷が降りかかってくるという構図に、キリスト教の宗教的なニュアンスが、なにがしかあるんだろうかとも思ったけれど、その辺はよくわからないのでパス。
SF,サスペンスとはいえ、派手な場面はあまりなく、絵作りは割と地味で、SFXの使い方もさりげない感じ。テレビの画面で録画で見ても、そんなに物足りなくはない感じだったと思う。

| | コメント (0)

「フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)」

1965年の東宝の怪獣映画。先日、日本映画専門チャンネルでやっていたのを、録画して見た。けっこう有名な作品で、断片的な場面は見ているけれど、通しでちゃんと見たことはなかった。ようやく見れた、という感じ。フランケンシュタインが広島で誕生して、秋田に出現したバラゴンと戦う話。

フランケンシュタインがどんどん東へ移動していく時に、岡山駅前とか姫路城とか、いちいち各地の映像がインサートされる。そもそも広島でも、原爆ドームはともかく、あまり脈絡なく宮島が舞台になったりする。日米合作映画で、海外への輸出が前提だっただろうから、観光PRの意味合いもあったんだろうか、と思った。ニック・アダムスが浴衣を着て出て来たり、微妙にエキゾチックな場面があるところも、そういうことかな。水野久美の作りも、けっこうエキゾチックだけど、この人が東宝特撮に出る時は、割といつもこういう雰囲気だったな。

フランケンシュタインが、ある程度巨大化した時のサイズ感が、あまりうまく描かれていなくて、いまひとつ実感がないと思った。人間とフランケンシュタインを同じ画面に合成するのが、それほど容易ではなかったんだろうなと思う。そのせいもあってか、フランケンシュタインと水野久美の心の通い合いは、この映画の大きなポイントと思えるのだけど、ちょっとぴんと来ない印象。でも、異形のものとして生まれて、身を置く場所のないフランケンシュタインの悲しみは、怪獣物に割とある構図とはいえ、よく伝わってきた。フランケンシュタインが高島忠夫を救出した後、水野久美とニック・アダムズの前に現れる場面は格好良かった。

ニック・アダムズの声を吹き替えていたのは、納谷悟郎だったのには、今まで気づいていなかった。「怪獣大戦争」の時もそうだったんだな。

バラゴンが愛嬌があって、かわいかった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧