全日本大学野球選手権大会準決勝 慶応大対東北福祉大

2018.6.16(土) 14時 神宮
東 001105000 7
慶 003000000 3
[勝]津森、[敗]高橋亮
[H]東:大西(高橋亮)、清水聖(高橋亮)、吉田(高橋亮)

準決勝第1試合。
3回表に東北福祉大が大西のホームランで先制したが、初回から今一つ制球に安定感がなかった東北福祉大の先発投手山野が、3回裏に2四球で無死1-2塁にした後、次打者のバントを3塁で封殺しようとして悪送球。ボールがレフトのフェンスまで行ってしまい、打者も還る3点タイムリーエラーになって逆転。山野は、さらに次打者に死球を与えた所で降板。しかし、リリーフが後続を断った後、東北福祉大は4回に清水聖のホームランで1点追加。6回には2死から内野安打・四球・死球で満塁にすると、清水敬の2点タイムリーヒットと吉田のスリーランで、一気に7対3とひっくり返した。
東北福祉大は、山野の後は投手を細かく繋いだが、5回1死2-3塁で登板した津森が、走者は出しつつも要所を締め、最後まで投げて慶大に得点を許さず、4点差を守りきって終了。東北福祉大が明日の決勝に進出。

慶大は6回に、先発投手・高橋亮の替え時を失敗した感じだったが、2番手以降の投手も、無失点とはいえ、必ずしも安定していなかったから、仕方なかったのかもしれない。

第2試合の国際武道大対九州産業大は見なかったが、国際武道大が勝ったそうで、明日の決勝は東北福祉大対国際武道大。
20160616board
20160616kyujo
20160616score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都市対抗野球南関東大会第一代表決定戦 ホンダ対日本通運

2018.6.4 (月) 13時45分 県営大宮球場
ホ 000020001 3
日 000000000 0
[H]ホ:佐藤(池田)

勝った方が南関東第一代表になる試合。こちらの試合は、狭山市(ホンダ)対さいたま市(日本通運)の埼玉県対決。

先発投手はホンダが齋藤、日本通運が阿部。
ホンダの齋藤が、エースっぽいピッチングを見せた試合、と思った。本当にエースかどうかは知らないけれど。
齋藤は、序盤は140キロ台の速球で、日本通運の打線をねじ伏せ、4回までパーフェクト。5回表にホンダ打線が日本通運の阿部を攻略し、篠塚の2点タイムリーで先制。その裏に、齋藤は初ヒットを打たれたが無難に切り抜けた。ただ、この辺からスタミナ切れか、球速が落ちた感じ。制球もやや不安定になり始めた。6回にはヒットと2四球で2死満塁、7回も野手のエラーと四球ヒットで2死満塁のピンチを迎えたものの、凌ぎきって、8回からリリーフの幸良に交代。
ホンダは9回に、佐藤がダメ押しのホームラン。幸良が8-9回を1四球のみの無失点で抑え、ホンダが第一代表に。

日本通運は、JFE東日本との第二代表決定戦へ。阿部がやや不安定ながらも、序盤は抑えていたが、そこまで空回りしていたホンダの攻撃が噛み合った5回に崩れてしまった。それでも、その後はリリーフの庄司が好投したし、それほど悪い試合をしてたわけでもないと思うんだが、相手の投手の気合に負けた、という感じかな。
20180604board2
20180604score2
20180604end

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都市対抗野球南関東大会敗者復活戦2回戦 かずさマジック対JFE東日本

2018.6.4 (月) 10時 県営大宮球場
か 000001020  3
J 100000021X 4
[H]J:西村(本多)、か:小関(中林)

都市対抗の地区予選を見るのは初めて。場所が県営大宮というだけで、ずいぶんのどかな感じになる。出場チームは、本大会で東京ドームで見れるようなチームばかりだから、試合内容自体は、本大会とそんなに違わないと思うんだが(補強選手はいないか)。

君津市のかずさマジックと、千葉市のJFE東日本の、千葉県対決。勝った方が第二代表決定戦、負けた方は第三代表決定戦へ進む。

先発投手は、JFE中林、かずさ本多。
JFEが1回裏に西村のホームランで先制したが、6回表にかずさが小関のホームランで追い付く。かずさはここまで、JFE先発の中林に抑えられていて、これが初ヒットだった。
JFEが、チャンスを作りながらも追加点をあげられないでいると、8回表にかずさが、四球・エラー・暴投で貰ったチャンスで、松本がきっちり2点タイムリーを打って勝ち越し。
しかしその裏JFEが、吉川の2点タイムリースリーベースで同点。
もつれる展開になったが、9回裏にJFEが、ヒット・暴投・内野安打で3塁へランナーを進め、中嶋がライトへ犠飛を打ち上げてサヨナラ勝ちした。

JFEの方が、終始優勢に試合を進めていたので、順当な結果かな、という気はした。
20180604kyujo
20180604board1
20180604score1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東都大学野球 東洋大対駒澤大(5/4)

2018.5.4 (金祝) 11時 神宮球場
駒澤 0000000030 3
東洋 0020100001X 4
[勝]甲斐野、[敗]白銀

1勝1敗での3回戦。基本平日開催で、日頃あんまり見れない東都だし、いい機会と思って、11時のプレイボールから見に行った。

東洋大先発の上茶谷が凄いピッチングで、8回で20奪三振。これは東都大学野球での、奪三振新記録とのこと。出したランナーは2安打、2四死球、1振逃げだから、三振の数は別にしても、相当な好投だった。
東洋大打線は、駒澤大先発の辻本が、(元々多少ばらけ気味だったが)3回に制球難に陥ったのに付け込んで、2四球2安打で2点を先制。5回には2死1-3塁として、ピッチャーが白銀(しろがね)に代わった所でタイムリーで1点追加。そのまま8回を終え、楽勝ペースに見えた。でも、9回表の上茶谷が、勝負を急ぎ過ぎちゃったかな。3連打で1点を失い、無死1-3塁で甲斐野のリリーフをあおぐ。甲斐野は暴投で1点を失い、さらに遊ゴロゲッツー崩れでもう1点、同点。9回裏の東洋大は得点出来ず、延長へ。

10回表は甲斐野が駒澤大打線を3人で片付け、その裏、東洋大先頭打者の内野フライをショートが落球。犠打で2塁へ進んだこのランナーを、岡崎がタイムリーで還して、東洋大がサヨナラ勝ち。

上茶谷は結構衝撃的だった。ねじ伏せるという雰囲気は、一昨年、首都大学野球で見た佐々木千隼の方が上だった気がするけど、序盤はアウトが全部三振だったわけで、こんなマンガみたいなことが、ほんとにあるんだなという感じだった。上茶谷は、ねじ伏せるというよりは、140km台後半が出る速球と切れのある変化球で、翻弄するというイメージだったかな。
大学野球はチームも選手もほとんど情報なしで見に行ってるので、こういう嬉しい驚きみたいなのを得やすいと思う。その分、ハズレも引きやすいはずだけど、それは織り込み済みだから、そういう試合を見ても、プロ野球みたいには腹は立たないな。
20180504board
20180504kyujo
20180504encho
20180504score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京新大学野球 東京国際大対創価大(4/23)

2018.4.23 (月) 13時 岩槻川通球場
国際 100010100 3
創価 100000000 1
[勝]柴田祐、[敗]小孫

1勝1敗で3回戦にもつれ込んでの、今日の試合。半年ぶりに岩槻川通で東京新大学野球を見た。ちなみに、創価大の試合を見るのは初めて。

双方、先発投手はエース格だったのかな? 東京国際大は柴田祐、創価大は小孫。初回はともに不安定な立ち上がりで、1点づつ失ったが、2回以降は次第に安定して、投手戦になった。
どちらかというと、小孫の方が、速球主体のより存在感のあるピッチングをしていると思ったが、時々、制球が乱れる傾向があり、5回にランナーを四球で出して、犠打で二進の後、ショートのタイムリーエラーでランナーが還り、東京国際大が勝ち越した。7回にも、ヒットと犠打で同じような形になった後、同じようにショートのタイムリーエラーでもう1点。なお、出塁したランナーも遊ゴロを打った打者も5回と同じで、リプレイを見ているかのようだった。
柴田祐の方は、速球に時々混ぜる変化球が効果的だったし、回を追うごとに調子を上げ、終盤は乗ってるな、という感じだった。こちらはバックの好守にも支えられ、2回以降は無失点で完投。
なお、小孫も完投。被安打5与四球3だから、決して悪いピッチング内容じゃなかったし、フィールディングも安定感があったから、ちょっと気の毒な結果には思えた。野手のエラーもそうだけど、ヒットも、イレギュラーバウンドとかポテンとか、彼的には打ち取ってたんじゃないかな、というのが、結構多かったので。

投手戦で、野手にはそんなに印象に残る選手は居なかったけれど、創価大のファーストはよく身体が伸びる選手で、いまいち安定感を欠く内野ゴロからの一塁への送球を、よく拾っていたと思う。もっとも、5回と7回の失点の時は、そんな彼でも拾いきれなかったわけだが。
20180423board
20180423kyujo
20180423score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治神宮野球大会2回戦 東洋大学対富士大学

2017.11.12(日) 14時 神宮球場
東洋大 1120140 9
富士大 0000100 1
(7回コールド)
[勝]飯田、[敗]鈴木翔
[H]東洋:原澤2(加藤、佐々木)

明治神宮野球大会、今日の第3試合、大学の部の1試合目。
名古屋の帰りに立ち寄った。対戦カードは知らなかったが、来てみて、片方は先週土曜に見た東洋大と知った。富士大って、どこにあるの?という感じだったが、花巻らしい。

東洋大は、おおむね先週の試合でも見たメンツで、そういう意味では分かりやすかった。先発投手も先週と同じ飯田。威力のあるストレートと遅い変化球で、緩急のあるピッチング。もう少し制球力があると、かなりいいピッチャーになるんじゃないかなとは思うんだが、パラパラとランナーを出しつつも、4回まで無失点。先週の亜細亜大戦と似たような感じ。
富士大の投手陣は、やっぱり1ランク下がるのかなという感じで、東洋大が初回からコツコツ得点を積み上げ、5回表終わって5対0。
5回裏は、東洋大の飯田が、先週つまづいたイニングだったが、今週も同様で。/、ここでヒット3本を打たれて1失点。
しかし6回表に東洋大は、富士大の3番手ピッチャーから2点タイムリーツーベースとツーラン(原澤。ちなみに5回に引き続いての2打席連続hホームランだった)で4点を挙げ、9対1と突き放した。
6回から、東洋大のピッチャーは甲斐野に交代(これも先週と同じ)。威力のあるストレートで、6、7回を0点に抑え、7回終了で大会規定により、9対1でコールドゲームで終了した。

かなりはっきりした力の差があったかな、という印象の試合だった。
20171112board2
20171112stadium
20171112score2

ちなみに第2試合は高校の部で、静岡高校対日本航空石川。この試合は、8回くらいから見ていたが、9回裏に日本航空石川が猛攻を見せた。延長に入ると、次の試合の開始が遅くなるから、追いつくくらいならサヨナラ勝ちしてくれよ、と思ってたが、結局追い切れなかった。
20171112score1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東都大学野球 東洋大対亜細亜大(11/4)

2017.11.4(土) 16時 神宮球場
東洋 010200100 4
亜細 000020100 3
[勝]甲斐野、[敗]中村稔

先週、先々週の悪天候の関係で、1勝1敗の後の3回戦がここまでずれていたもの。双方の勝ち点が並んでいて、勝った方が秋のリーグ戦優勝という、リーグ的には重要な試合。
東都大学野球は通常平日昼間開催だから、本来の日程だったら、見るのは難しかったかも。今年最後の野球観戦かな?というタイミングでもあったので、東京ガスグランドからの帰りに寄ってみた。

2回表に、東洋大がツーベースとタイムリーで1点先制。亜細亜大の先発投手(中村稔)は制球難で、ボール球が多くて危なっかしく、3回1死1-2塁で早々に2番手山城に交代。しかしこの場面は切り抜けた山城も、4回に3四死球で2死満塁として、2点タイムリーツーベースを打たれ、東洋大が2点追加。亜細亜大は3人目の投手で高橋遥を投入したが、5球連続ボール(ストレートの四球と、次打者への初球もボール)で、4番手の嘉陽に交代。これでようやく多少、落ち着いた。
東洋大の先発飯田も、それほど安定感はなかったものの、緩急の効いたピッチングで、打者を打ち取ることは出来ていた。しかし5回裏に、バックのまずい守備2連発で無死1-3塁を背負い、タイムリーヒットで2点を失った。ここで投手は2番手の甲斐野に交代。甲斐野はいきなり牽制悪送球、暴投、死球と荒れまくったが、なんとか後続は断って、リードを守った。
8回。しばらく前からポツポツ雨粒が落ちていたが、この辺からはっきり雨になり始めた。ここで東洋大はヒットのランナーが暴投と内野ゴロで3塁まで進み、次打者のボテボテの内野安打で生還して突き放したが、その裏、亜細亜大も、代打の平田がヒットで出て二盗、内野ゴロで3塁へ進み、さらに単独ホームスチールで生還。また1点差。
9回。東洋大は、2死からスリーベースが出てチャンスを作ったが(亜細亜大のライトが突っ込んで、後ろへ逸らした当りだったので、多分に守備ミスだったが)、返せず1点差のまま。その裏、亜細亜大は先頭打者の代打・中村将が四球で出て二盗。同点になりそうな気配が立ち込めたが、さらに三盗を試みて失敗。2死後に、前の回にホームスチールを決めた平田が四球で出塁。しかし今度は一塁を飛び出した所を挟まれ、タッチアウトになって、あっけなく試合終了となった。
そういうわけで、東洋大が優勝。

無茶な走塁死や、エラーが付かないものも含めると守備のミスが随分多かったことや、投手陣が軒並み制球が悪かったことなど、勝った方が優勝という、決勝戦のような試合にしては、随分雑な試合に見えた。東都って、こんなレベルなんだっけ?、と思ったが、新聞に載っていた優勝監督の談話を見ると、ミスだらけのまずい試合をしたという趣旨のことを言っていたので、まあ、そういう試合だったんだろう。
強い北風が吹いていて、かなり寒かったせいもあったのかもしれない。
今年最後の野球観戦かもしれないんだから、もうちょっと、いい試合を見たかったな、とは思ったけれども、単独ホームスチールなんて、滅多に見れないものもみれたし、まあいいか。
20171104board2
20171104kyujo
20171104sinpan
20171104score
20171104end

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京新大学野球 杏林大対東京国際大、駿河台大対流通経済大(10/9)

2017.10.9 (月祝) 10時25分 岩槻川通球場
杏林 000101000 2
国際 21010110X 6
[勝]川邊、[敗]上野

2017.10.9 (月祝) 13時25分 岩槻川通球場
駿河 000000000 0
流経 00000100X 1
[勝]木村、[敗]金濱

東京新大学野球は、なかなか見に行く機会がないリーグ。今回は、先週の土曜の試合が雨天中止で、今日に繰延べられたので、見に行くチャンスが出来た。ただ、創価大と共栄大がリーグでは2強ぽいんだが、今日の2試合はそれ以外の4チーム。

ちなみに、岩槻川通球場は、別名「やまぶきスタジアム」。昔、ヤクルトのホームゲームが開催された時に見に来たことはある。詳しい内容は、全く覚えていないが、ロケーションはなんとなく覚えていた通りだった。

第一試合は杏林大対東京国際大。
杏林大の投手陣は制球にまとまりがなく、四球を出しがちで、そうやって溜まったランナーを、国際大が手堅く送ってチャンスを作り、きっちり返し続けた。
ただ、国際大のヒットには、杏林大のエラーかどうか迷うような当りがいくつかあり、公式記録員のランプの点灯もやたらと遅かった。そういう意味では、杏林大は守備も、もう一つな感じだったと思う。
国際大が切れ目なくコツコツ得点を積み上げ、杏林大にポツポツヒットは打たれながらも、失点を2点に抑え、6対2で逃げ切った。
20171009board1
20171009end1

第二試合は駿河台大対流通経済大。
流経大の先発投手の木村は、左のサイドハンドから、コースにきっちりボールを投げ込む安定した投球で、駿河台大に付け入る隙も与えなかった。
しかし駿河台大の先発投手の金濱も、初回から毎回のように四球を出し続けたが、うまくタイミングを外してヒットは許さなかった。5回終了で0対0、双方1安打という投手戦。
6回裏にようやくスコアが動き、流経大がヒットとツーベースの連打で1点先制。
木村は8回に先頭打者に死球を与えたが、ゲッツーで切り抜けた。9回にも先頭打者にヒットを打たれたが、次打者のバントを内野がきっちり回して、またゲッツー。しかしその次の濱野がヒット。さらにその次の森にレフトオーバーの当りを打たれる。この当りで濱野は一気に本塁へ突っ込んだが、レフトからは正確な送球が返り、本塁タッチアウトで試合終了。

まあ、ここは一か八かでも突っ込むよねえ。

投手戦というだけでなく、双方、打たせて取るタイプだったから、野手の守備の安定感も欠かせなかった。その点でも双方に目立ったミスはなく、気持ちよく見れた。最後も盛り上がったし、いい試合だったと思う。
20171009board2
20171009end2

球場はこんな感じ。場内は屋根が全くない。陽射しが強くて、だいぶ陽に焼けてしまった。
20171009isi
20171009gaikan
20171009genkan
20171009nakami

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都市対抗野球準決勝 東芝対NTT東日本

2017.7.24 (月) 13時半 東京ドーム
東 000000000  0
N 000000001X 1

第1試合。
どちらもいまいち応援しにくいチームなので、1000円払って外野席に入った。
入ってみたら、NTTは大動員がかかっていて、最終的にライトスタンドは、外野席の方までチーム席が広がって、センターから2ブロックくらいまで応援団が占拠。一方、レフト側の東芝は、昨今の社内事情的に、そういうことは出来なかったんだろうな。応援団専用席内にとどまっていて、外野席に影響はなかった。
そういうわけで、レフト側で見ていた。

試合は、どちらもランナーを出しながら決め手を欠く、という展開。特に東芝の拙攻が目立った。2回に先頭打者がヒットを打ちながら、2塁を欲張って走塁死。4回から7回は、毎回先頭打者が出塁し、犠打やヒットで2塁までランナーを送りながら、タイムリーが出ない。手堅い試合運びは出来るが、もう1本が出なかった。
NTTは積極的な盗塁で仕掛けたが、盗塁死での逸機が目立ったし、得点圏にランナーを置いても、タイムリーが出ないのは東芝同様。しかし0対0で迎えた9回裏に、ヒット→犠打→盗塁で1死3塁のチャンスを作ると、目黒がライト前にタイムリーを放ち、サヨナラでNTTが決勝へ。
東芝は終盤、投手が力尽きたかなという気がする。野手も、鉄壁に見えた守りが、終盤は緩み始めていたように思えた。昨日、延長12回を戦った疲労もあったんだろうか。やはり、度重なる先制機を物に出来なかったのが痛かったな。

第2試合は18時からで、時間が空くので、パスして引き上げ。家で中継を見た。決勝は、心情的には、浦和のチームで親近感のある日通を応援したいところ。
20170724board
20170724kyujo
20170724ntt
20170724tsb
20170724score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都市対抗野球1回戦 東芝対日本新薬

2017.7.19 (水) 14時半 東京ドーム
東 002000110 4
日 000001100 2

第2試合は東芝(川崎市)対日本新薬(京都市)。

第1試合に較べ、両先発投手が好投する引き締まった試合。特に東芝の岡野は140キロ台の速球をコンスタントに投げる上に、変化球も安定した制球で、先頭打者にピッチャー強襲打を打たれた以外、6回2死まで、1人の走者も許さなかった。もっとも、岡野だけの力ではなく、厳しい当りを野手が次々アウトにしていったのも大きかった。素晴らしい守備だった。
日本新薬先発の榎田も好投。3回に東芝の、犠打・犠飛を絡めた手堅い攻撃で2失点したが、6回まで追加点を許さなかった。
で、6回裏に日本新薬が四球とスリーベースで1点を返す。
しかし7回表、東芝がヒット→犠打→タイムリーで追加点。日本新薬は、榎田を西川がリリーフして1失点にとどめる。
7回裏、東芝の岡野が限界に達した感があり、センターのファインプレーもあって、すんなり2死は取ったが、その後連打で1-3塁のピンチ。次打者に左中間へ打たれ1点を失うが、一走の本塁突入は、野手がきっちり連携してホームで刺し、東芝がリードを守る。
そして8回表、東芝がヒット→犠打→ヒット→犠飛で1点追加。
8回裏から、東芝のピッチャーは補強選手(JX-ENEOS)の柏原。これがまた140キロ台の速球を投げて、きっちり抑える。9回2死から死球でランナーを出したものの、次打者はセカンドのファインプレーで、二ゴロで終了。

東芝強いなあ、という感じの試合だった。強い、というよりは、手堅い、しっかりしている、というべきかな。
今のヤクルトより強いんじゃない?、と思ってしまったわ(^^;)
20170719board2
20170719kyujo2
20170719score2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧