日本女子プロ野球リーグ ヴィクトリアシリーズ 埼玉対京都(8/11)

2018.8.11(土) 18時 県営大宮球場

京都 010200000 3
埼玉 010002000 3

5年ぶりに女子プロ野球を見に行った。埼玉アストライア対京都フローラ。確認してみると、前回は、イーストアストライア対ウエストフローラというカードを見ている。この5年間にリーグ全体で大がかりなチーム再編などをしてきた割には、今回も同じカードに見えなくもない対戦だったようで。

前回見た時のおぼろげな印象と比較して、相変わらずパワー不足は否めないけれど、プレーの確実さは随分向上していたような気がする。それが顕著に表れていたのは守備で、つまらないエラーやミスが全然なかった。ピッチャーの球速が遅かったり、打球に勢いがなかったりするのは、確かに物足りないけれど、しっかりした試合は出来ている印象だった。

というような感想を、とりあえず書いたのだけど、5年前の感想を見直したら、ほぼ同じようなことを書き残していることがわかった(^^;。試合のレベルは確かに向上しているのかもしれないけれど、自分が女子プロ野球を見て、印象を受けるポイントは、今回も前回と変わっていなかった、ということなんだろうな。

試合経過は2回に双方が1点づつ取り合った後、5回表に京都が死球と3連打で2点勝ち越し。京都の先発投手・植村は5回までよく粘って好投してたが、6回につかまり、4安打1四球で2点を失い同点。7回が終わって3対3の同点で延長に入ったが(7回制)、双方追加点なく、9回引分けで終了。
とにかく、雑な試合運びにならなかった所が、好感が持てたし、面白く見れた試合だった。
20180811kyujo
20180811board
20180811score
20180811end
マスコットとゲストマスコット
20180811mascot

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都市対抗野球1回戦 セガサミー対NTT西日本

2018.7.18 (水) 14時15分 東京ドーム
セ 000122012 8
N 000000000 0
[H]セ:根岸(吉元)、神野(吉元)

セガサミー(東京都)対NTT西日本(大阪市)。これはどっちのチームにも遺恨?(^^;)はないので、特にどちらを応援するということもなく。

両先発投手が快調に滑り出し、3回まで0対0。ただ、3回裏はセガサミーの森脇が、ヒットを打たれた後、2四死球で2死満塁として、無失点で切り抜けたものの、やや不安定な印象を残した。
しかし先に失点したのはNTTの濱崎だった。4回表にツーベースと味方エラーで無死3塁から犠飛。5回表にはヒット、犠打の後、タイムリーツーベース。ここで投手交代。見切りが早いなとは思ったが、ノックアウト式の大会だからね。ただリリーフした波多野も打たれて、この回もう1点、3対0。
NTTは6回に3番手の投手・本田を送ったが、ヒット3本と1四球で1点失った後、4番手・吉元も犠飛を打たれて、5対0。投手交代が全くうまくいかなかった。
一方、セガサミーの森脇は、4回以降もヒットや四球でランナーを出し続けたが、なんとか切り抜けているうちに落ち着いてきた。打線が8回に根岸のソロホームラン、9回に神野のツーランと、だめ押しにだめ押しを重ねた効果もあってか、最後の3イニングはスイスイ。無失点で最後まで投げきった。

個人的にありがたいこともあったので、この先はセガサミーを応援するわ(^^;)
20180718board2
20180718score2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都市対抗野球1回戦 新日鐵住金鹿島対日本新薬

2018.7.18 (水) 10時半 東京ドーム
鹿 101000520 9
日 001010000 2
[H]鹿:藤本(西川)、林(阿部)、片葺(阿部)、日:板倉(大貫)

新日鐵住金鹿島(鹿嶋市)対日本新薬(京都市)。住金鹿島は応援団にアントラーズのしかおが居るのを発見したので、日本新薬びいきで見ることに決定したんだが(^^;)。

住金鹿島が初回にツーベース犠打犠飛で先制し、3回に藤本のホームランでもう1点。
日本新薬も、3回裏にスクイズで1点返し、5回には板倉のホームランで同点。接戦の気配が漂った。
けれども、7回表に鹿島が1死1-2塁にした所で、日本新薬が先発投手の西川を榎田に交代し、これが裏目に出た感じで、3安打1死球で5点を失い、阿部に交代。阿部もこの回は切り抜けたが、8回に林、片葺の連続ホームランを浴びて2失点。
住金鹿島の大貫は、球が速いし変化球も切れているようで、失点した中盤は、少しもたついている感じがあったけれど、終盤持ち直し、大差がついて日本新薬が淡白になったこともあり、悠々完投。住金鹿島9対2日本新薬で終了した。
20180718kyujo1
20180718board1
20180718score1
20170718sikao

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都市対抗野球1回戦 新日鉄住金かずさマジック対西部ガス

2018.7.16 (月祝) 14時半 東京ドーム
か 000400200 6
西 001110001 4

神宮第二から転戦。転戦してちょうど、くらいの時間計算でいたが、前の試合が長引いたらしく、プレイボールが予定の14時から14時半に繰り下がっていた。
諸状況を考えて、久々に(かずさマジック)チーム券の行列に並んでみたが、えらい人数で、外野席まで食い込んでいた。なので、いつも一般席で見ているのと大差ない場所での観戦になった。

試合内容はおおむね五分。3回裏に西部ガスが1点先制したが、4回表にかずさが集中打で4点取って、すぐにひっくり返した。西部ガスも4回5回にコツコツと1点づつ返したが、7回にまたかずさが、集中打で2点取って突き放した。かずさには、一度火が付くと、一気に来る勢いがあった感じ。それでもまだ3点差だし、なんとも言えない所だったが、7回裏から登板したかずさの4番手投手の山川が、7-8回を連続で三者凡退で抑え(8回は三者三振)、9回裏は2死後にヒットとツーベースで1点を失ったものの、次打者を内野ゴロに打ち取って終了。かずさが逃げ切った。

ヒット数などは似たようなものだったし、投手陣の出来も大差はなかったと思うんだが、チャンスで集中打が出たかずさの方が、うまく得点を積み上げることが出来ていたな、という感じだった。
20180716board2
20180716kyujo2
20180716score2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国高等学校野球選手権 東東京大会 3回戦 順天対大森学園

2018.7.16 (月祝) 10時 神宮第二球場
順 1200100224 12
大 2020013001 9

高校野球は守備範囲外と思っているので、見に行ったことはなかったが、オリンピック絡みで神宮第二が取り壊されるという噂(?)があり、あれだけ前をさんざん通っていながら、一度も入らずになくなってしまうのは、なんだか悔しいので、一度入ってみたいと思っていた。この球場では、今は基本的に高校野球しかやっていないので(昔は東都の2部とかもやっていたはずだが、安全上の理由か何かで、数年前からやらなくなっている)、高校野球を見に行くしかない。今日はチャンスだと思ったので、カード度外視で見に行くことにした。こんな白熱した試合になるとは思わなかった。

序盤から、噛み合った試合だなとは思っていた。7回裏に相手の守備ミスから、大森が一気に3点追加して、4点差にした所で、勝負あったかと思ったが、順天が粘りを見せて8回9回に各2点を上げて追い付く。
10回表の大森は、先発投手に9回裏に代打を出したので、レフトをリリーフで投げさせたが、制球難と集中打で4点を失った。その裏、4失点した後、元の守備位置に戻ってプレーを続けていたレフトが、ヒットで出て還って1点返したものの、そこまで。順天が逃げ切った。

ミスの多い試合内容もそうだけれど、8点取られても先発が投げ続けていたり、選手がバタバタ倒れたり(足がつったり)、倒れても交代せずに復帰したり、いかにも高校野球だなあ、と思った。まあ、強豪校なら、また事情もいくらか違うんだろうけど。
今日は見ていて楽しめたけれど、これからは高校野球も、という気分には、やっぱりならない。なんというか、少なくとも、地方大会のこうした下のレベルでは、本来、第三者に見られることを前提にしていないんじゃないのかな、という気もして、見ていて、少しやましい気分になったりもするし。

元々、この試合を見に行った目的だった球場については、なるほどこういう構造だったのか、みたいな所が興味深くて、楽しめた。屋根席も広いし、結構試合を見やすい球場という印象を受けたけれど、この立地でこのサイズでは、今の時代、存続させていくのに、いろいろ難しい面もあるだろうな、とも思った。それほどしっかり手入れもされていない感じだったが、どうなるんだろう。
20180716board1
20180716score1
20180716kyujoleft
20180716kyujo1
20180716kyujoright

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本大学野球選手権大会準決勝 慶応大対東北福祉大

2018.6.16(土) 14時 神宮
東 001105000 7
慶 003000000 3
[勝]津森、[敗]高橋亮
[H]東:大西(高橋亮)、清水聖(高橋亮)、吉田(高橋亮)

準決勝第1試合。
3回表に東北福祉大が大西のホームランで先制したが、初回から今一つ制球に安定感がなかった東北福祉大の先発投手山野が、3回裏に2四球で無死1-2塁にした後、次打者のバントを3塁で封殺しようとして悪送球。ボールがレフトのフェンスまで行ってしまい、打者も還る3点タイムリーエラーになって逆転。山野は、さらに次打者に死球を与えた所で降板。しかし、リリーフが後続を断った後、東北福祉大は4回に清水聖のホームランで1点追加。6回には2死から内野安打・四球・死球で満塁にすると、清水敬の2点タイムリーヒットと吉田のスリーランで、一気に7対3とひっくり返した。
東北福祉大は、山野の後は投手を細かく繋いだが、5回1死2-3塁で登板した津森が、走者は出しつつも要所を締め、最後まで投げて慶大に得点を許さず、4点差を守りきって終了。東北福祉大が明日の決勝に進出。

慶大は6回に、先発投手・高橋亮の替え時を失敗した感じだったが、2番手以降の投手も、無失点とはいえ、必ずしも安定していなかったから、仕方なかったのかもしれない。

第2試合の国際武道大対九州産業大は見なかったが、国際武道大が勝ったそうで、明日の決勝は東北福祉大対国際武道大。
20160616board
20160616kyujo
20160616score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都市対抗野球南関東大会第一代表決定戦 ホンダ対日本通運

2018.6.4 (月) 13時45分 県営大宮球場
ホ 000020001 3
日 000000000 0
[H]ホ:佐藤(池田)

勝った方が南関東第一代表になる試合。こちらの試合は、狭山市(ホンダ)対さいたま市(日本通運)の埼玉県対決。

先発投手はホンダが齋藤、日本通運が阿部。
ホンダの齋藤が、エースっぽいピッチングを見せた試合、と思った。本当にエースかどうかは知らないけれど。
齋藤は、序盤は140キロ台の速球で、日本通運の打線をねじ伏せ、4回までパーフェクト。5回表にホンダ打線が日本通運の阿部を攻略し、篠塚の2点タイムリーで先制。その裏に、齋藤は初ヒットを打たれたが無難に切り抜けた。ただ、この辺からスタミナ切れか、球速が落ちた感じ。制球もやや不安定になり始めた。6回にはヒットと2四球で2死満塁、7回も野手のエラーと四球ヒットで2死満塁のピンチを迎えたものの、凌ぎきって、8回からリリーフの幸良に交代。
ホンダは9回に、佐藤がダメ押しのホームラン。幸良が8-9回を1四球のみの無失点で抑え、ホンダが第一代表に。

日本通運は、JFE東日本との第二代表決定戦へ。阿部がやや不安定ながらも、序盤は抑えていたが、そこまで空回りしていたホンダの攻撃が噛み合った5回に崩れてしまった。それでも、その後はリリーフの庄司が好投したし、それほど悪い試合をしてたわけでもないと思うんだが、相手の投手の気合に負けた、という感じかな。
20180604board2
20180604score2
20180604end

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都市対抗野球南関東大会敗者復活戦2回戦 かずさマジック対JFE東日本

2018.6.4 (月) 10時 県営大宮球場
か 000001020  3
J 100000021X 4
[H]J:西村(本多)、か:小関(中林)

都市対抗の地区予選を見るのは初めて。場所が県営大宮というだけで、ずいぶんのどかな感じになる。出場チームは、本大会で東京ドームで見れるようなチームばかりだから、試合内容自体は、本大会とそんなに違わないと思うんだが(補強選手はいないか)。

君津市のかずさマジックと、千葉市のJFE東日本の、千葉県対決。勝った方が第二代表決定戦、負けた方は第三代表決定戦へ進む。

先発投手は、JFE中林、かずさ本多。
JFEが1回裏に西村のホームランで先制したが、6回表にかずさが小関のホームランで追い付く。かずさはここまで、JFE先発の中林に抑えられていて、これが初ヒットだった。
JFEが、チャンスを作りながらも追加点をあげられないでいると、8回表にかずさが、四球・エラー・暴投で貰ったチャンスで、松本がきっちり2点タイムリーを打って勝ち越し。
しかしその裏JFEが、吉川の2点タイムリースリーベースで同点。
もつれる展開になったが、9回裏にJFEが、ヒット・暴投・内野安打で3塁へランナーを進め、中嶋がライトへ犠飛を打ち上げてサヨナラ勝ちした。

JFEの方が、終始優勢に試合を進めていたので、順当な結果かな、という気はした。
20180604kyujo
20180604board1
20180604score1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東都大学野球 東洋大対駒澤大(5/4)

2018.5.4 (金祝) 11時 神宮球場
駒澤 0000000030 3
東洋 0020100001X 4
[勝]甲斐野、[敗]白銀

1勝1敗での3回戦。基本平日開催で、日頃あんまり見れない東都だし、いい機会と思って、11時のプレイボールから見に行った。

東洋大先発の上茶谷が凄いピッチングで、8回で20奪三振。これは東都大学野球での、奪三振新記録とのこと。出したランナーは2安打、2四死球、1振逃げだから、三振の数は別にしても、相当な好投だった。
東洋大打線は、駒澤大先発の辻本が、(元々多少ばらけ気味だったが)3回に制球難に陥ったのに付け込んで、2四球2安打で2点を先制。5回には2死1-3塁として、ピッチャーが白銀(しろがね)に代わった所でタイムリーで1点追加。そのまま8回を終え、楽勝ペースに見えた。でも、9回表の上茶谷が、勝負を急ぎ過ぎちゃったかな。3連打で1点を失い、無死1-3塁で甲斐野のリリーフをあおぐ。甲斐野は暴投で1点を失い、さらに遊ゴロゲッツー崩れでもう1点、同点。9回裏の東洋大は得点出来ず、延長へ。

10回表は甲斐野が駒澤大打線を3人で片付け、その裏、東洋大先頭打者の内野フライをショートが落球。犠打で2塁へ進んだこのランナーを、岡崎がタイムリーで還して、東洋大がサヨナラ勝ち。

上茶谷は結構衝撃的だった。ねじ伏せるという雰囲気は、一昨年、首都大学野球で見た佐々木千隼の方が上だった気がするけど、序盤はアウトが全部三振だったわけで、こんなマンガみたいなことが、ほんとにあるんだなという感じだった。上茶谷は、ねじ伏せるというよりは、140km台後半が出る速球と切れのある変化球で、翻弄するというイメージだったかな。
大学野球はチームも選手もほとんど情報なしで見に行ってるので、こういう嬉しい驚きみたいなのを得やすいと思う。その分、ハズレも引きやすいはずだけど、それは織り込み済みだから、そういう試合を見ても、プロ野球みたいには腹は立たないな。
20180504board
20180504kyujo
20180504encho
20180504score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京新大学野球 東京国際大対創価大(4/23)

2018.4.23 (月) 13時 岩槻川通球場
国際 100010100 3
創価 100000000 1
[勝]柴田祐、[敗]小孫

1勝1敗で3回戦にもつれ込んでの、今日の試合。半年ぶりに岩槻川通で東京新大学野球を見た。ちなみに、創価大の試合を見るのは初めて。

双方、先発投手はエース格だったのかな? 東京国際大は柴田祐、創価大は小孫。初回はともに不安定な立ち上がりで、1点づつ失ったが、2回以降は次第に安定して、投手戦になった。
どちらかというと、小孫の方が、速球主体のより存在感のあるピッチングをしていると思ったが、時々、制球が乱れる傾向があり、5回にランナーを四球で出して、犠打で二進の後、ショートのタイムリーエラーでランナーが還り、東京国際大が勝ち越した。7回にも、ヒットと犠打で同じような形になった後、同じようにショートのタイムリーエラーでもう1点。なお、出塁したランナーも遊ゴロを打った打者も5回と同じで、リプレイを見ているかのようだった。
柴田祐の方は、速球に時々混ぜる変化球が効果的だったし、回を追うごとに調子を上げ、終盤は乗ってるな、という感じだった。こちらはバックの好守にも支えられ、2回以降は無失点で完投。
なお、小孫も完投。被安打5与四球3だから、決して悪いピッチング内容じゃなかったし、フィールディングも安定感があったから、ちょっと気の毒な結果には思えた。野手のエラーもそうだけど、ヒットも、イレギュラーバウンドとかポテンとか、彼的には打ち取ってたんじゃないかな、というのが、結構多かったので。

投手戦で、野手にはそんなに印象に残る選手は居なかったけれど、創価大のファーストはよく身体が伸びる選手で、いまいち安定感を欠く内野ゴロからの一塁への送球を、よく拾っていたと思う。もっとも、5回と7回の失点の時は、そんな彼でも拾いきれなかったわけだが。
20180423board
20180423kyujo
20180423score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧