明治神宮野球大会2回戦 東海大対中央大

2019.11.18(月) 17時10分 神宮球場
東海大 000240001 7
中央大 012000000 3
[勝]松山、[敗]後藤

神宮野球大会、今日の第4試合、大学の部の2試合目。

先行したのは中央大。東海大の先発投手・原田が、うまく制球出来てない気配で、そこを狙い撃って2回裏に内野ゴロで先制、3回には牧の2点タイムリーツーベースで3点勝ち越し。ただ、もう少し加点出来そうだったのを、東海大のリリーフ・松山が踏ん張って、そこで止めたのが大きかった。
4回表、まずまず安定して見えた中央大先発投手の皆川から、東海大が小松のタイムリースリーベースで2点を返す。
5回表、中央大は後藤をリリーフに送ったが、2死取った後、4連打を食らって一気に逆転される。その後、内野手のエラーによる得点もあり、東海大が6対3でリード。
しかし6回以降も続投した後藤は、そのあとは無安打に抑えた。立ち上がりの5回だけが不調だった。
一方の松山は、4回以降、ランナーは出すものの、バックの好守もあって、無失点でしのぎ続けた。特に、5回表に逆転のタイムリーツーベースを打ったショートの杉崎が、2つのファインプレーを見せた。
9回表に東海大は、中央大の守備のもたつきを突いた抜け目ない走塁で、ダメ押しっぽい1点を加え、松山が9回まで無失点で投げ抜いて、勝ち抜け。

東海大は流れが来た時に確実に物にする、うまい試合運びだったと思う。なかなか、毎度そううまくはいかないと思うけどね。
中央大はいい流れで試合に入ったので、4-5回2イニングの失点がもったいなかった。ただ、反撃する追加点を取れなかったのは、やっぱり、東海大にうまく守られてしまった感じ。
20191118board2 20191118kyujo2 20191118score2

| | コメント (0)

明治神宮野球大会2回戦 金沢学院大対関西大

2019.11.18(月) 14時15分 神宮球場
金沢学院大 000000000 0
関西大   01001300X 5
[勝]森、[敗]松井

神宮野球大会、今日の第3試合、大学の部の1試合目。

13時半プレイボール予定だったので、それに合わせて行ったが、着いてみると、まだ第2試合の高校の部、天理対中京大中京をやっていた。それでも、8回裏に中京が4点取って3点差をひっくり返し、9回表2死無走者までこぎつけた所だったので、すぐ終わるかと思いきや、天理に同点ホームランが出て9回裏へ。しかし天理には力が残っていなかったらしく、投手は制球がまとまらず、守備もミスが続き、中京が1死満塁として、タイムリーヒットであっさりサヨナラ勝ち。やたらと盛り上がる結末だったけれど、こういうミス絡みで点が入りまくる試合というのは、個人的なイメージでは、いかにも高校野球だなあという感じ。高校野球をあんまり見たいと思わないのは、こういう未熟さが前面に出てきがちなところ。第三者が見てはいけないものを、見ているような気がしてしまう。

第3試合は、関西大先発投手の森の安定感が目立った印象。3回まではパーフェクト。4回からはポツポツ走者を出すものの、要所では三振を取って切り抜ける巧みさを見せていた。
その間に関西大の打線は、金沢の先発投手の松井をじわじわ攻めて、2点を先行。金沢は6回に2番手の武並を登板させたが、2安打1四球で1点を失い、1死も取れずに降板。リリーフの長谷川も押出しとタイムリーで2点を失い、5対0。
森は終盤、さすがにバテたようで、8回に連打で無死1-2塁を背負った。ここは後続を凡退に打ち取って切り抜けたが、9回にヒットと死球で、また無死1-2塁にした所で、肥後がリリーフ。この肥後が、この後の3人をきっちり打ち取り、あっさり終わらせた。

金沢は6回の3失点がなければ、もう少し粘れたのかな。そういう意味では、投手交代に失敗があったかもしれない。
関西大は、内野手の守備もよく投手を助けていたと思う。
20191118board1 20191118kyujo1 20191118score1
第2試合のスコアボード。
20191118score0

| | コメント (0)

明治神宮野球大会2回戦 慶應義塾大対東海大札幌キャンパス

2019.11.17(日) 16時50分 神宮球場
慶應義塾大 6030000 9
東海大札幌 0000000 0
[勝]高橋、[敗]宮沢怜
(7回コールドゲーム)

明治神宮野球大会、今日の第4試合、大学の部の2試合目。

プレイボールが16時50分までずれ込んだので、最後まで見ないで18時15分頃に撤退する想定をしていた。うまく行けば5回終了までは何とか見れるか、と思ったが…。

1回表に東海大札幌の先発投手(宮沢怜)がいきなり炎上。3安打2四球で1死も取れずに3失点で降板。急遽登板の2番手投手(工藤)も当然(だって、まだ準備してなかっただろう)不安定で、さらに3点を失う。おかげでいきなり試合の進行ペースも遅くなってしまった。2回表は工藤が、あぶなっかしいながらも無失点で抑え、軌道に乗るかとおもいきや、2回裏にチャンスで打順が回り、代打が出たので3回表は3番手の徳橋が登板。この徳橋がまた炎上。3安打1四球で3失点、9-0。
慶応の先発投手の高橋は、初回は貫録のあるピッチングだったが、点差が開いたせいか、2回と3回はややヨレ気味で、何とか持ちこたえたという感じ。
4回表を徳橋が三者凡退で抑えた所で、18時15分を過ぎたので、そこで撤退。

この調子で行けば、どこかでコールドゲームになるだろうな、でも、どっちのピッチャーも怪しいから、荒れた展開になって、すんなりはいかないかもね、と思ったが、帰宅して確認すると、その後は双方無得点で、9-0のまま、7回終了でコールドゲームになったとのこと。結局、4回表で帰って、特に問題はなかったらしい。
20191117board2 20191117kyujo2 20191117score2

| | コメント (0)

明治神宮野球大会2回戦 広島経済大対城西国際大

2019.11.17(日) 13時40分 神宮球場
広島経済大 000000021 3
城西国際大 03010100X 5
[勝]中島、[敗]加納

明治神宮野球大会、今日の第3試合、大学の部の1試合目。

1回裏途中から見て、どちらの先発投手も安定感は今一つな感じだったが、試合が本格的に動き始めたのは2回裏。城西国際大が広島経済大先発の加納から、1四球4安打で2点を先制。リリーフの梅原からも内野ゴロで1点を奪い、3対0。
梅原は3回も投げて、やや不安定ながらも0点に抑えたが、4回表にチャンスで打順が回り(神宮野球大会はDH制なし)、代打が出て投手交代。ちなみに代打は凡退し、広島経済大はこのチャンスは生かせなかった。そして、3番手の馬倉が4回と6回に追加点を許し、スコアは5対0。

一方の城西国際大先発の中島は、それほど球が速いわけでなく、制球ももうひとつ。バックの守備もいまいち頼りない。毎回走者を出して、度々3塁に走者を背負いながらも、粘り強く投げて失点しなかった。次第に調子を上げたか、7回は初めて三者凡退で終えた。
しかし8回にとうとうつかまって3安打で2点を失い、限界かなと思ったが交代せず、そのまま9回も続投。9回もバックのエラーの後、ツーベースを打たれて1点を失ったが、残り2点のリードを守って、完投で逃げ切った。力投だったと思う。
20191117board1 20191117kyujo1 20191117score1

| | コメント (0)

東都大学野球2部 東京農大対国士舘大、日本大対専修大(10/16)

東都大学の2部リーグ。初めて見に行った。東都は1部と2部の入替が激しいイメージがあったので、そんなに変わらないのかなと思ったけれど、神宮球場じゃないというだけで、結構雰囲気は違った。にしても、首都大学野球や東京新大学野球の1部よりも観客が多い気がして、やっぱりブランドイメージが強いのかな、という感じ。

第1試合 東京農大対国士舘大
2019.10.16 (水) 9時55分 府中市民球場
東農 0000000002  2
国士 0000000003X 3
[勝]山田裕、[敗]高井

農大は近久、国士舘が山下の両先発投手が好投し、9回まで0-0。農大3安打、国士舘2安打の投手戦だった。そのまま、タイブレークで無死1-2塁からスタートする延長10回へ。
表に農大が、9回表に2死1-3塁まで攻めた勢いそのままに、3安打で2得点を挙げた。話に聞いていた応援団の大根踊りも、初めて現場で見ることが出来た(^^;。
しかし、その裏、国士舘の先頭打者がライトオーバーのスリーベースを打って、あっさり同点。さらに次打者のタイムリーでサヨナラ勝ち。
タイブレークって、怖いねえ、という感じ。
これで国士舘が勝ち点を獲得し、農大は今リーグ戦での最下位が確定したらしい。
20191016board1 20191016score1

第2試合 日本大対専修大
2019.10.16 (水) 12時55分 府中市民球場
日本 000200000 2
専修 00000003X 3
[勝]住野、[敗]津高

4回表に日大がヒット、野選、四球で作った無死満塁のチャンスから、田中達の2点タイムリーヒットで先制。
一方の専大は、制球がばらつき気味の日大先発・吉松をつかまえられず、6回まで1安打。四球でランナーを出すが、拙攻で潰していた。
しかし日大も拙攻の連続で、抜け球が増えて限界ぽく見えた専大先発の佐藤奨から、6回7回に続けて2死満塁としながら物に出来ず。8回には専大2番手の住野相手に2死3塁として、ライトオーバーの当たりが出たが、打者走者が1塁を踏み損ねて、ここも得点出来ず。こういうことをやっていると、だいたいろくなことにならない。
8回裏に専大は、7回から登板していた日大2番手の津高から、ヒット2本と四球で1死満塁とした。ここで日大がリリーフに送った赤星は、いきなりストレートの四球で押し出し、まず1点。さらに池間に、あわや柵越えのライトオーバーのツーベースを打たれて2点を失い、逆転。
9回表は専大3番手の武田が、日大を三者凡退に打ち取り、専大が逆転勝ち。
これで専大が勝ち点を獲得して、首位の青学大と勝ち点1差で、来週の最終週は青学との直接対決だから、専大には優勝の目があるのかもしれない。レギュレーションを把握してないが(あんまりそこは気にしていない(^^;)。
20191016board2 20191016score2

ちなみに、府中市民球場は昔から、時々前を通っていたから、一度試合を見てみたいと思っていて、ようやく念願かなった。まあ、この日の観戦は、東都2部を見に来たというより、この球場へ来るの方が目的だったので…(^^;。試合もいろいろと興味深かったが。
球場の仕様は、スタンドやネット裏の屋根は、よくある市営球場のレベルだが、スコアボードは立派。一応ナイター照明もある。サイズを見る限り、少し暗いのかもしれないけれど。
建物自体は古い感じがするが、しっかりメンテナンスはされている印象だった。
20191016kyujosoto 20191016kyujonai

| | コメント (0)

東都大学野球 東洋大対駒澤大(10/3)

2019.10.3 (木) 9時 神宮球場
東洋 000001000 1
駒澤 00100010X 2
[勝]上野、[敗]村上

1勝1敗での第3戦。

先発投手は駒澤が竹本、東洋が村上。春のリーグ戦でもこのカードを1試合見たが、その時も同じ対戦だった。
3回表に東洋大が、2安打1四球で2死満塁のチャンスを作ったが物に出来ず。その裏の駒澤大は、2死から四球で出た走者が牽制悪送球で2塁へ進み、林(琢)のタイムリーで先制点。
若干不安定感のあった竹本は、これで勢いが出たか4-5回はきっちり抑えたが、6回に四球とヒットで2死1-2塁から、小川にタイムリーを打たれて同点。
7回表の東洋大は、駒澤大のリリーフの越智、上野を攻めて、2死満塁に持ち込んだが得点出来ず。その裏の駒澤大、ヒットで出た走者を緒方がツーベースで返して、再度リードした。
駒澤大の3番手投手の上野は、やや制球にバラツキはあるものの、東洋大打線をしっかり抑え込み、結果的に9回までノーヒット(四死球は2)で無失点で投げきり、駒澤大が勝ち、勝ち点を獲得した。
20191003board 20191003kyujo 20191003score

| | コメント (0)

BCリーグ 埼玉武蔵対新潟(8/11)

2019.8.11 (日) 17時 上尾市民球場
新潟 100000000 1
武蔵 42200310X 12
[勝]中島、[敗]前川
[H]武:関口(前川)

15年ぶりくらいの上尾市民球場で、4年ぶりのBCリーグ観戦。埼玉武蔵ヒートベアーズ対新潟アルビレックス。

初回の表、新潟が武蔵の先発投手の中島から、四球→犠打→タイムリーヒットであっさり先制したが、その裏、武蔵が新潟の先発投手の前川を打ち込んだ。ヒット2本の走者を置いて、関口がスリーラン。その後もヒット→死球→タイムリーヒットでもう1点。2回裏にはヒット4本で2点、3回裏にもヒット3本で2点。8対1と大きくリードした。
武蔵の中島は、毎回ヒットを打たれてランナーを出すものの、粘り強いピッチングで、3併殺を取るなど、2回以降は新潟に得点を許さない。7回まで投げて、失点は結局初回の1点のみ。
その間に武蔵の打線は、新潟2人目の山崎には抑えられたが、3人目の三木田に対しては制球難にも付け込んで、6-7回で4点を挙げて、12対1とした。8-9回は双方のリリーフが手堅くまとめてスコアは動かず、そのまま試合終了。

新潟の先発投手が試合を壊してしまったな、という感じ。その分、武蔵の中島の粘りのピッチングが印象に残った。

観客539人という発表があり、まあ、こんなもんかな、という感じだけれど、昨年まではもっと全然少なかったという話が聞こえてきた。やっぱり、あんまり楽な経営環境ではなさそうと思えるけれど、実際、どうなんだろうか。BCリーグ自体は相変わらずエクスパンションが続いてるようだから(神奈川にもチームが出来るらしい)、それなりに順調なイメージなんだけど。
20190811board 20190811kyujo 20190811score
始球式はスポンサーの社長が打者になり、捕手は監督の角、投手はその父の角盈男。角盈男は試合前に、球場外でトークショーもやっていた。
20190811sikyusiki
埼玉武蔵のマスコット
20190811mascot

| | コメント (0)

都市対抗野球2回戦 日本製鉄鹿島対王子

2019.7.16 (火) 14時 東京ドーム
日 010121000 5
王 100002001 4
[勝]玉置、[S]角田、[敗]近藤

14時プレイボールの第2試合。日本製鉄鹿島(鹿嶋市)対王子(春日井市)。ちなみに、日本製鉄鹿島は、去年は「新日鐵住金鹿島」だった。

1回裏に王子が先制、2回表に日本製鉄がすぐ追い付き、3回まではイーブンな感じだったけど、4回表に王子のセンターが打球を見失って、中飛がスリーベースになり、ここから勝ち越した日本製鉄が主導権を握った。
5回にも王子のエラー絡みで2点追加し、6回も1点取って4点差。
しかし6回裏に、王子も相手エラーをきっかけに、2点を取って追い上げた。
双方、6回途中から登板したピッチャーが、そのまま終盤を投げる展開になったが、王子の中内が8回までは完璧に近いピッチングだったのに対し、日本製鉄の能間は毎回先頭打者を出塁させる不安定なピッチング。しかし王子はそれをうまく生かせず、2点差のまま9回へ。
9回表は中内が2安打を打たれたが、中野がリリーフして無失点。9回裏、能間は先頭打者のツーベースから1点を失い、1点差で2死1塁として降板。しかし最後は、リリーフの角田が後続を断って、日本製鉄鹿島が逃げ切った。

日本製鉄鹿島の粘り勝ちという感じだったかな。
20190716board2 20190716kyujo2 20190716score2

| | コメント (0)

都市対抗野球2回戦 トヨタ自動車対三菱日立パワーシステムズ

2019.7.16 (火) 10時 東京ドーム
ト 000000060 6
三 020100010 4
[勝]川尻、[敗]大野
[H]ト:沓掛(大場)、多木(大場)

第1試合。トヨタ自動車(豊田市)対三菱日立パワーシステムズ(横浜市)。
10時プレイボールだったが、ヤクルト戸田球場と迷ったりもしていたこともあり、出遅れて1時間遅れの到着。

到着時で4回表半ば。三菱日立2対0トヨタで、どうやらトヨタの先発投手の立野があまり安定してなかった様子。4回にも四球とタイムリーで1失点で3対0。トヨタは5回から投手を代えた。
三菱日立の先発・大野は好投で、5回まで1安打ピッチング。ただ6回7回とぽつぽつヒットを打たれ始め、8回にはツーベース、死球、ヒットで1死満塁の後、タイムリーで1失点。ここで投手が大場に代わったが、交代後の初球をトヨタの沓掛が満塁ホームラン、トヨタが逆転。次の多木もホームランで、トヨタはこの回6点。
その裏、三菱日立も反撃したが1点止まり。最終回はトヨタの4番手ピッチャー佐竹が、三菱日立を三者凡退に打ち取り、トヨタが6対4で勝ち上がり。

三菱日立が投手交代を失敗したな、という感じだけど、まあ、あれは流れ的に仕方なかっただろうな。
20190716board1 20190716kyujo1 20190716score1

| | コメント (0)

全日本大学野球選手権大会1回戦(6/10)

全日本大学野球選手権の初日。東京ドームと神宮で開催予定で、神宮へ行こうと思っていたが、雨で中止になったので東京ドームへ行き、3試合観戦した。

第1試合 大阪工業大対創価大
2019.6.10(月) 9時 東京ドーム
大 000000100 1
創 00210102X 6
[勝]杉山、[敗]深田
[H]創:下小牧(深田)

1回表、1死2塁から観戦。
創価大は昨年、何度も見たので、スタメンを見て、ああ、今年も彼はいるんだ、みたいな妙な懐かしさが…(^^;。
先発投手は創価が杉山、大工大が深田。
3回の創価大、下小牧がライトへツーランを打ち込んで先制。さらに4回に、盗塁などを絡めて作った1死1-3塁から、スクイズで追加点。6回には四死球2つをとっかかりに、犠飛でまた1点。確実に得点を積み上げていく。
創価大先発の杉山は、それほどの安定感はなかったので、大工大も毎回のようにランナーを出してはいたが、創価大の手堅い守備を崩しきれない。特に、安定した捕球を見せるファーストの山形を軸にした、内野の守備に安心感があった。
大工大は、ようやく7回にツーベースとヒットで1点を返したが、8回裏に野手のエラーや、野手と塁審が交錯してヒットになる不運にも見舞われ、さらに2失点。打線も、8-9回は創価大リリーフの望月にきっちり抑えられ、創価大6対1大工大で試合終了。
創価大が地力というか、手堅さを見せた勝ち方をした、という印象。
20190610board1
20190610score1

第2試合 八戸学院大対佛教大
2019.6.10(月) 12時 東京ドーム
八 010200000  3
佛 000000004X 4
[勝]木下、[敗]中道
[H]八:武岡2(中山怜2)

前半は八戸4番の武岡のパワーが炸裂。2回にソロ、4回にツーランと2打席連続ホームランで八戸が3点先行。不安定感のあった佛教大の先発投手・中山怜は4回で降板。しかし、代わって登板した木下は、四死球は出しながらも、5回以降、八戸を無得点に抑え込んだ。
八戸の先発投手・大道は、時々崩れかける場面もあったが、140km台の速球と変化球のコンビネーションで何とか切り抜け、8回まで無失点で持ちこたえた。しかし9回、先頭打者の投ゴロを1塁へ悪送球して、2塁にランナーを背負うと(記録は1ヒット1エラー)、動揺もあったのか、2四球で1死満塁にしてしまう。ここで登板したリリーフの中道が、最初の打者は打ち取り2死とはしたが、その後、ヒットと押出し四球で2点を失い、さらに3番八木にセンターオーバーの2点タイムリーを打たれ、佛教大の逆転サヨナラ勝ち。

追加点を取れなかった八戸が、逃げ切れなかったな、という印象の試合。
20190610board2
20190610score2

第3試合 愛知工業大対東日本国際大
2019.6.10(月) 14時50分 東京ドーム
愛 020202100 7
東 000003000 3
[勝]中村、[敗]佐々木
[H]愛:田中(佐々木)
愛工大が順調な滑り出しで、2回に田中のツーランで先制し、4回にもヒット4本の集中打で2点追加。これに対して東日本国際大は、投手ではなく捕手を代えて、大量失点になりそうだった4回を2失点にとどめ、5回は無失点。しかし6回に再びつかまり、2死満塁から2点タイムリーヒットを打たれ、6-0。愛工大の大勝な気配。
しかし6回裏に、愛工大先発の中村がつかまった。元々、それほど盤石なピッチングではなかったのを、バックが好守で支えていたという感じもあったし、連打と犠飛で1失点すると、ベンチはさっさとリリーフを送ってきた。しかし、最初のリリーフの吉村はヒットを打たれ(守備が乱れた、ちょっと気の毒なヒットだったが)、打者1人で交代。2人目の室田はアウト一つは取ったが、四球の後、2点タイムリーを打たれて、スコアは6-3。3人目のリリーフの新村が、ようやくこの回を終わらせた。
3点差ならまだわからんなあ、という感じの7回表、今度は6回途中から登板した東日本国際大の蒔田が、打ち込まれて1失点。さらに2死満塁だったが、ここは切り抜けた。
にしても、どっちもピッチャーに不安感があって、まだこの先、荒れそうだな、と思いつつ、この時点で球場から撤退したんだが、帰宅して確認してみると、スコアはここから動かなかったようで、愛工大が7-3で勝ち抜けていた。
東日本国際大は、早い回の大量失点を、結局追い切れなかったらしい。
20190610board3
20190610score3

| | コメント (0)

より以前の記事一覧