イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(6/19)

2022.6.19 (日) 13時 柏の葉公園野球場
S 000010000 1
M 20000010X 3
[敗]星、[勝]種市、[S]山本

初めて来た球場。15年前に柏の葉の陸上競技場に来た時に、内野スタンドだけが建設されて、そのまま放棄されてるようにみえる廃墟のような風景を見た覚えがあり、完成してたんだ、という感じ。
陽射しが強くて暑かった。外野の芝生席で見ていたが、そもそも内野も含めて、スタンドには一切屋根のない球場だった。
ちなみに、ロッテ浦和は相変わらず無観客での試合開催なので、2020年以降、試合を見に行けてないから、2019年以来のロッテのホームゲームの観戦だった。そういえば、ヤクルトのビジターゲームを見るのも、2019年以来だったかもしれない。

先発投手はヤクルト星、ロッテ種市。
星が初回、いきなり3連打で無死満塁。ここから犠飛と内野ゴロで2点を失う。星は3回まで投げ、失点はこれだけだったが、ヒットや四球をポロポロ出して、安定感はまるでなかった。
ヤクルト打線は、こちらもそれほどいい感じには見えない種市を、盗塁死や併殺などで捉えられない。5回にようやく連打から無死1-3塁にして、元山の犠飛で1点を返す。しかし、後が続かない。
ヤクルトの投手は4回から継投。4回嘉手苅、5回宮台は、彼らもいまひとつぱっとしなかったが、無失点。6回は鈴木で、野手のエラーで走者は出したが、きっちり抑えた。それを買われたのか、7回も続投したが、この回は四球連発で押出しで1点を失った。8回に登板した杉山は、1死取った後の次打者の打球を受けて降板。緊急リリーフの小澤が後を抑えた。
しかし打線は、6回以降も、ロッテの継投の前に、いい場面を作れず、無得点のまま試合終了。1-3でロッテが勝った。

星の出来の悪さが印象に残ったけれど、彼もそこまで大量失点していたわけでもない。ヤクルト攻撃陣のミスでの逸機が目立ったように思う。ロッテにも、結構ミスが目立ったし、暑くて、選手もボーっとしてたのかな、という気はしないではない。
ちなみに、ロッテのショートの平沢は、この前、ヤクルト戸田で見た時はミス連発でいただけないと思ったのだけど、この試合では好守連発で、よく投手を助けていた。当たり外れの波が大きいのかな。
20220619kyujogaikan 20220619board 20220619kyujo1 20220619kyujo2 20220619score 20220619end
2007年6月に見た柏の葉公園野球場。天気が悪かったこともあり、廃墟のよう。20070609kyujo_20220620233901

| | コメント (0)

イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(6/5)

2022.6.5 (日) 13時 ヤクルト戸田球場
B 350000000 8
S 000001010 2
[敗]鈴木、[勝]東
[H]B:細川(鈴木)

昨日に引き続き観戦。もっとも、夕方から雨予報が出ていたこともあり、最後まで見ることにはこだわってなかった。
試合開始時点では、雲がかかっていて、それほど暑くはなかったけれど、空は明るかった。

先発投手はヤクルトが鈴木、DeNA東。
1回表の鈴木は、ヒット2本で2死1-3塁から細川にスリーランを打たれて、いきなり0-3。
2回表は1死取った後、死球、四球、ポテンヒットで満塁。次打者に死球で押出し、1点追加。さらに小深田に走者一掃のスリーベースを打たれ0-7。もっとも、このスリーベースは、気の利いたライトならシングルヒットでも処理できたかもしれない当りで、そこはライトの中山の守備がちょっと…。
鈴木はここで久保に交代。久保は次打者に死球をぶつけ、さらに細川に犠飛を打たれて0-8にしたが、そこまでで抑えた。3回も続投し、知野にいきなりスリーベースを打たれたものの(これも中山の守備が…)、0点で凌いだ。この後のヤクルトは投手虫干しの毎回継投に入った。4回山野、5回杉山と0点に抑えた。
一方、ヤクルト打線は、それほど圧倒的な投球には見えない東を、なかなか攻略できない。2回の西田のレフトスタンドへの打球が、レフト村川がスタンドイン寸前につかみ出すファインプレーに遭うなど、DeNA守備陣もよく守っていた。
5回終って0-8。空がかなり暗くなっていて、やばそうな気配になってきたが、まだ3時前だったので、もう少し見ていくことにした。6回表は宮台が登板。このイニング途中で雨がぱらつき始めた。すぐ止む気配はあったけれど、雨の用意を何もしていなかったので、ここまでで撤退することにした。ちなみに宮台は2安打1四球で2死満塁のピンチは作ったが、0点で凌いだ。

その後の試合は、ヤクルトが6回と8回に1点づつ返して、2-8にしたが、そこまでだった模様。
雨は予想通り、すぐに一旦止んだぽいが、まあ、無理して残っていたかった試合でもなかったな。
20220605board 20220605kyujo 20220605score

| | コメント (0)

イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(6/4)

2022.6.4 (土) 13時 ヤクルト戸田球場
B 000000222 6
S 12020201X 8
[勝]金久保、 [敗]浅田
[H]S:西田(三浦)、B:細川(柴田)

陽射しが強くて暑かったが、陽が翳ると案外涼しかった。

先発投手はヤクルト金久保、DeNA浅田。
浅田がひどい立ち上がり。初回4四球で押し出しで、ヤクルトがノーヒットで1点先制。2回も2四球で走者が溜まり、坂口のツーベースで3対0。浅田は打者11人に6四球出して、2回半ばで早々に交代。
金久保は初回は素晴らしかったけれど、2回以降は四球などで走者を出しがちで、だいぶバックの守備に助けられていた印象。レフト松井やセンター並木の好守が目立った気がする。それでも無失点で切り抜けている間に、4回にDeNA2番手三浦から西田がツーランを打ち、6回にはDeNA3番手スターリンが四球3つで満塁にした所で、松本友が2点タイムリー。大きく突き放した。
しかし7回表にとうとう金久保がつかまり、田部のツーベースで2点を失う。8回表はルーキーの柴田が登板したが、細川にツーランを食らう。
8回裏、ヤクルト打線はDeNA4番手砂田から中山のタイムリーで1点追加し、9回表は星が登板。
しかし、星がぱっとしなかった。ショート元山のエラーも絡んで1死満塁になり、山下のタイムリーで2点を失う。下手すりゃ同点、逆転もあり得る状況になってしまったが、何とかそこで踏み止まり、ヤクルトが8対6で勝利。

個人的には新人の柴田と小森が見れたのが良かった。小森は途中からDHに入り、2打数1安打だった。今年の新加入選手でまだ見てないのは、山下、竹山、コールかな。
20220604board 20220604kyujo 20220604score 20220604end

| | コメント (0)

イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/29)

2022.5.29 (日) 13時 ヤクルト戸田球場
L 010000000 1
S 00104000X 5
[勝]吉田大喜、 [敗]ヘレラ

よく晴れて陽射しが強く、えらく暑かった。それでも川からの風が吹いていたので、いくらか助かった。

先発投手はヤクルトが吉田大喜、西武がヘレラ。
吉田は初回、先頭打者から2連続安打でいきなりピンチを作ったが、犠打阻止とゲッツーで無失点。2回はヒットの後に、コドラドにタイムリーツーベースを浴びて失点。3回は先頭打者にヒットを打たれたが、キャッチャー松本直が盗塁阻止。さらに四球で走者を出したがゲッツーで処理。どうにもまとまりのないピッチングながら、3回まで1失点。
ヘレラも似たようなもの。1-2回は走者を出しつつも抑えたが、3回に岩田と並木が連続出塁し、チーム合流したばかりのキブレハンのポテンヒットで岩田が還り同点。
4回は両者三者凡退で、落ち着いたかと思ったが、5回裏にヘレラが崩れた。岩田・並木の連続内野安打の後、坂口が四球。ここでキブレハンがライト線にファールフライを打ち上げ、ライトがキャッチして、岩田がタッチアップで還って、ヤクルトが逆転。まあ、勝敗にこだわる、上の公式戦では捕らないフライだろうと思ったけど、イースタンだからね。
ヘレラはここで交代。しかし、リリーフの佐々木がヤクルトの攻勢を止められない。松本友のタイムリーで並木が還り、松本直のタイムリーツーベースで、坂口と松本友も還って5-1に開いた。
6回表の吉田は、ヒット2本と四球で無死満塁にしたが、またもゲッツーで無失点で凌ぐ。吉田はこの回まで。手堅い内野守備陣にかなり助けられた、不安のあるピッチングだったと思う。
ヤクルト打線は6回以降、西武3番手の豆田に対して、走者は出しつつ得点することは出来なかった。しかし投手陣は、7回は梅野が1四球を出したが後続を断って無失点。8回から登板した丸山翔も、2イニングを1四球のみで片付け、5-1でヤクルトが勝った。

これで今年も、イースタンリーグ全チーム観戦。とりあえず、目標のひとつは達成。

20220529board 20220529kyujo 20220529score 20220529end

| | コメント (0)

交流戦 ヤクルト対日本ハム(5/26)

2022.5.26 (木) 18時 神宮球場
F 2000000124 9
S 0103000101 6
[敗]木澤、[勝]石川直
[H]F:松本剛(小川)、万波(マクガフ)、アルカンタラ2(マクガフ、コール)

招待券を貰って、多分3年ぶりの交流戦観戦。ちなみに日本ハムとの交流戦を見るのは、3年ぶりどころか、かなり久しぶりだったかもしれない。

到着は18時半過ぎで、試合は3回表に入ったところ。ヤクルト先発は小川で、初回にツーランを食らって先制されていたが、2回裏に日本ハム先発の伊藤から、太田がタイムリーツーベースを打って、1点を返していたらしい。
得点が動いたのは4回裏で、ヤクルトがいきなりの連続四球と外野フライで1死1-3塁。ここで太田のスクイズが決まり、1点入って同点。長岡のタイムリーでもう1点、逆転。塩見のツーベースでもう1点。4-2になった。
小川は見ていた3回以降は、安定感のあるピッチングで、テンポも良く、そう簡単には崩れなそうだったが、8回に淺間のボテボテの当りを1塁へ悪送球して(記録は内野安打とピッチャーエラー)、1死2塁にしたところから、松本剛のタイムリーで1点を失う。しかし今野がリリーフして、長岡のファインプレーもあって、1点差で持ちこたえる。
その裏、長岡がツーベースで出て、代打川端のタイムリーで1点取って、また2点差に突き放し、9回表は今季、クローザーとして、ここまで無失点のマクガフ。盤石の構え。
しかしマクガフが、いきなり万波、アルカンタラに連続ホームランを浴びて、あっという間に同点。後続は抑えたが、9回裏に突入。
もっとも、ここ2試合の日本ハム戦では、連夜のサヨナラホームランでヤクルトが勝っていたから、これで3日連続か?、みたいな雰囲気があった。9回裏は山田、村上に回る打順でもあったし。しかし先頭の山崎がヒットで出たものの、次の山田が三振。山田の打席で山崎は盗塁していたから1死2塁。そりゃ、当然村上を申告敬遠して、中村でゲッツー狙いだろうと思ってたら、本当にそうなっちゃった(^^;。5-5で延長突入。21時を回っていたので、そこで撤退。

その後は、10回表に日本ハムが4点取って勝ち越し、10回裏にヤクルトは1点返したけれど、9-6で日本ハム勝利だったそうで。

長岡のヒット3本と好守、小川のまずまず安定感のあるピッチングが見れたのが良かったと思う。長岡が上で定着してショートのレギュラー張ってるというのは、下でずっと、割とひいきして見てたから、けっこう嬉しい。武岡とセットでないのは残念だけど。
試合としても、9回表の連続ホームランてのがなかなか。最初から21時過ぎたら帰る気でいたから、試合終了まできっちり見れそうだったのが吹っ飛んだのは残念だったけど、まさかという意外な展開は、それはそれで面白かった。まあ、勝敗は大して気にしてないことでもあるので。
20220526board 20220526kyujo 20220526score

| | コメント (0)

イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(5/20)

2022.5.20 (金) 13時 ヤクルト戸田球場
M 000040000 4
S 14300000X 8
[勝]丸山翔、 [敗]土居

高曇りな感じで、陽射しが弱いのはありがたかったが、少し蒸し暑さを感じた。

先発投手はヤクルトが丸山翔、ロッテが土居。
丸山はいきなり先頭打者の荻野貴にツーベースを打たれ、その後、四球も出して、あまりいい立ち上がりではなかったけれど、無失点で切り抜けて調子を掴んだ感じ。2回から4回まで、ヒットは1本打たれたが、毎回3人で終えるペース。
一方の土居に対してヤクルトは、これも先頭の丸山和が内野安打で出て、立て続けに盗塁2つを決めて3塁へ。内川の内野ゴロで生還して、ヤクルトが先制。
2回には坂口が内野安打で出た後、ショートのエラーと犠打で1死2-3塁。並木のセンター前で2者還って3-0。並木が盗塁した後、バッテリーエラーで3塁へ進み、丸山が四球で出て、こちらもまた盗塁。西浦の内野安打で並木が還り、さらに内川の犠飛で丸山も還って5-0。
出塁は内野安打やエラーばかりで、投手としてはあんまり打たれた気はしてないだろうに、この大差。
3回には元山がヒットで出て、武岡のスリーベースでまた1点。並木のタイムリーでもう1点。さらに投手の牽制悪送球で並木が3塁へ進み、丸山のヒットで生還。8-0。丸山はここでも盗塁を決めて、この日4つ目(公式記録でどうなってるかわからないけど)。
さすがに土居はこの回まで。ちょっと気の毒な感じもしたけれど、まあ、自分でも牽制悪送球とかやらかしてるんで、仕方ないかな。ただ、ショートの平沢に、守備でかなり足を引っ張られていたのは確か。
ロッテの2番手成田が、4回裏をきれいに三者凡退に抑えると、5回表はヤクルトがおかしくなった。丸山翔は2死は簡単に取ったが、西川にツーベースを打たれ、バッテリーエラーで2死3塁。四球の後、荻野貴にツーべ―スを食らい2点を失う。さらに四球とファースト(内川)のエラーで1点、福田光のタイムリーでもう1点。すっかり泥試合ペースになってしまったが、なんとかここで止めた。
丸山は球数が少なかったこともあってか、6回も続投(キャッチャーは西田から松井に代わった)。この回は三者凡退で抑えて降板。
ヤクルトはロッテ3番手種市に対して、5回は三者凡退だったが、6回は1安打2四球で2死満塁まで攻めた。しかし得点できず。7回は二木、8回は本前に0点に抑えられた。
ヤクルト投手陣は、7回は久保がランナーは出したが無失点でしのぎ、8回星、9回小澤が三者凡退。結局、8-4でヤクルトの勝ち。

序盤に勢いで得点したヤクルトが、そのまま勝ったという感じ。ただまあ、内野手の守備の安定感は、ヤクルトの方が一枚上手だったかなと思う。それが効いた面はある。
丸山翔は5回の崩れ方がもったいなかったが、そこそこ手堅いピッチングは出来ていたと思う。
20220520board 20220520kyujo 20220520score 20220520end

| | コメント (0)

イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/5)

2022.5.5 (木祝) 13時 ヤクルト戸田球場
F 020000000 2
S 01004003X 8
[勝]山野、 [敗]立野
[H]F:高濱(スアレス)

晴れて暑いくらいの天気だった。
こどもの日仕様でスコアボードはひらがなだし、場内MCにパトリック・ユウ、つばくろうとパッションも来て、イベント感満載。

試合の方は、ヤクルトは投手の虫干し的な起用。先発のスアレスは2回に高濱にツーランを食らい、2点を先行された。2回裏に日本ハム先発立野から武岡がツーベースを打ち、岩田のポテンヒットで還って1-2にしたが、3回は早々とスアレスに代わって久保が登板。赤羽のエラーでランナー1人は出たが、久保自身は2イニング5三振、無安打無四球と完璧な出来栄え。5回表も山野が無難に抑えた後の5回裏、先頭打者四球の後、2人連続で、バント処理で日本ハム守備陣がもたついて内野安打になり、無死満塁。連続三振で2死になり、チャンスが消えたかに思ったが、赤羽がレフト前へ打って2者生還、逆転。さらに松本直も2点タイムリーで、この回4点。
ヤクルトの投手リレーは、6回は宮台。四球とツーベースで2死2-3塁を背負ったが、なんとか切り抜けた。7回は小澤が三者凡退に仕留めた。
少しペースが遅い試合だったこともあり、7回が終った所で引き上げた。
その後、8回裏にヤクルトが3点を追加して、最終スコアは8-2だったらしい。

ヤクルトの投手については、全員短いイニングだったことでもあり、とりたてて何も言えない感じだけど、総じて悪くはなかったかなと。打線は内野安打がやたらと多くて、足の速い並木とかが出ていた関係もあるんだけど、守備を見ていて、日本ハムの内野にソツが多過ぎた印象。まあ、運もあったとは思うが。逆に今のヤクルトの守備の堅実さを再認識した。ヤクルトのファームの内野は、一時期、かなり結構ボロかったけれど、ここ数年はかなり良くなっていると思う。見ていて気持ちがいい。

ひらがな表記のスコアボード。

20220505board 20220505kyujo 20220505score
つばくろうとパッションも来場。
20220505kurou

| | コメント (0)

イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/4)

2022.5.4 (水祝) 13時 ヤクルト戸田球場
F 000001003 4
S 000000010 1
[敗]杉山、[勝]ロドリゲス、[S]福田

いい天気で、少し暑いくらいの気温だった。

先発投手はヤクルトが下、日本ハムが河野。
両投手が立上りから好投で、4回まで両者ノーヒット・無四球ピッチング。下は3回に野手のエラーで1人走者を出したが、河野はそれすらないパーフェクト。
しかし5回になると、ほころび始めた。5回表、下は四球を2つ出し、1死1-2塁。しかし後続を断って、ノーヒットを継続。一方の河野は、赤羽、松本友に連打されて無死1-2塁。しかしこちらも後続を断ち、0-0のまま5回終了。
ノーヒットが続いていたからか、下は6回も続投。しかし5回に既に見えていた制球の乱れは、この回も回復せず、1死後杉谷にヒットを打たれると、次の佐藤にはツーベースを打たれて失点。投球数も100球を超えたところで、2四球でさらに2死満塁としてしまうが、なんとか追加点は許さなかった。下は4回までは好投だったけれど、長いイニングになってくると、やはりまだ厳しいのかな。
日本ハムは6回から継投に入り、6回鈴木、7回松本遼は無失点。しかし8回のロドリゲスに対して、松井がヒットで出て、代走の並木が盗塁の後、西浦がタイムリーを打ち、ヤクルトが同点に追い付いた。
ヤクルトの7回からの継投は、7回鈴木、8回寺島が無失点で、9回は杉山。しかしこの杉山が、2四死球の後、杉谷にツーベースを打たれて2点を失い、また勝ち越される。佐藤にもツーベースを打たれ、この回3失点。
9回裏、日本ハム4番手の福田に対して、ヤクルトは四球と失策で無死1-2塁としたが、後続が打ち取られて無得点で、1-4で負けた。

2試合続けて登板を見て、やはり下は面白いかもしれないと思った。もう少し長いイニング抑えられる力が欲しいな、とは思うし、その辺は今後の楽しみかもしれない。
ショートが西浦で、エラーもあったけれど、守備でかなり投手を助けていた感じがした。
20220504board 20220504kyujo 20200504score 20220504end

| | コメント (0)

イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(4/24)

2022.4.24 (日) 13時 ヤクルト戸田球場
B 100050100 7
S 00107202X 12
[勝]鈴木、[敗]浅田
[H]S:松本友(浅田)

少し雨がぱらついている感じだった。

先発投手はヤクルト下、DeNA三浦。

下は初回、いきなり桑原・柴田に連打され、犠打で1死2-3塁になったところで暴投で1失点。育成契約のピッチャーだし、そんなもんかなという感じだったのだけど、そこからがなかなか見せてくれた。この回、後続の打者2人を3球三振。2回は三者凡退でうち2人は三振。3回は(確か)6球で三者凡退。球速は遅いが、変化球が面白いように決まっていた感じ。4回には、またいきなり連打され、犠打で1死2-3塁と、初回と同じ形になったが、後続を三振と内野ゴロに打ち取り、よく踏ん張った。
ヤクルト打線は、3回に武岡がツーベースで出塁し、内川のタイムリーで還って同点。1対1で4回を終えた。
プレイボール前はポツポツだった雨が、この頃にはパラパラという感じで、ちょっとしんどくなってきた。5回が終ったら帰ろうと思っていたら、この雨のせいか、5回は投手の乱調で大荒れに。
5回表、まず下が炎上。いきなり3連続四球で無死満塁。しかし後続2人を凡退に打ち取り、乗り切ったかと思ったが、益子に左前にタイムリーを打たれ2失点。次の小深田にも左前で2失点。さらに勝又にレフトオーバーのツーベースを打たれ、この回5失点。鈴木がリリーフして、ようやく終らせた。
その裏、今度は4回から登板していたDeNAの浅田が炎上。無死1-2塁から、西浦の3塁線の打球をサードが取れず(記録はエラー)、まず1点。その後、1死は取ったが、四球で満塁にして、赤羽の左前タイムリーで2点。アウトひとつを挟んで四球で、また満塁。ここで松本友がバックスクリーンに飛び込む満塁ホームランを放ち、ヤクルトはこの回7点。
5回終了でヤクルト8-6DeNAという、かなり壊れた試合になってしまった。
ここで撤退した。最終スコアはヤクルト12-7DeNAだったとのこと。

下は面白いピッチャーだなと思ったのだけど(去年も一度見ていて、印象はあった)、あの球威で上で投げられるレベルまで行くのは相当大変だろうなあ、という感じがする。左投げの軟投型なら、チームに石川という手本がいるとはいえ。そう考えると、石川はあのスペックで、よくここまでの投手になったなあと、改めて思う。
ちなみに下は身長は180㎝以上とデカいので、見た目は全く石川っぽくないし、実は140km台も投げられるようなので、球場で見た印象ほど球は遅くないらしいが、本人はやっぱり石川を目標にしているらしいな。(参照記事 ヤクルト育成1位・下慎之介は輝きを秘めた原石 チームは若手育成へ尽力【夢追うツバメたち】 | BASEBALL KING) )

20220424board 20220424kyujo 20220424score

| | コメント (0)

セリーグ ヤクルト対中日(4/7)

2022.4.7 (木) 18時 神宮球場
D 020113040 11
S 100020000 3
[敗]石川、[勝]高橋宏斗
[H]S:松本直(高橋宏斗)、D:京田2(石川、大下)、石川昂(大下)、木下拓(久保)

今年初めてのセリーグ公式戦観戦。
中日戦は、去年は一度も見てなくて、一昨年の10月以来、1年半ぶり。
1回裏に塩見のツーベースを山田が返してヤクルトが先制したが、ヤクルト先発の石川が、中日打線を抑えきれず、小刻みに失点を続け、5回表までに1-4。しかし5回裏に松本直がツーランを放って1点差に詰め寄った。
5回表のピンチの場面で、ブルペンで大下が投球練習をしていて、3点差ならその辺の人選だろうなと思ったけれど、1点差となったから、もう少し堅いリリーフを出してくるんじゃないかと思ったが、6回表は大下がそのまま登板。いきなり石川昂と京田に連続ホームランを打たれて、5回裏の2点が、あっさりフイになってしまった。大下はこの回、さらにもう1点を失い、逆に点差を広げてしまう。7回表に久保がリリーフに出たが、ビシエドのタイムリーと木下拓のスリーランで4点を失い、壊れた試合になってしまった。打線は6回以降、単発のチャンスは作ったけれど追加点はなく、高橋宏斗が6回まで投げた後、清水、田島、森のリレーに抑え込まれた。

勝敗はともかく、大差の試合になった点については、6回表のリリーフの人選がポイントだったような気がする。
長岡が2番ショートで、守備で堅実なところを見せてくれたし、ツーベースも1本打ったし、よくやってるんじゃない?、という感じだったのがよかった。
20220407board 20220407kyujo 20220407score 20220407end
ドアラさんが来ていた。
20220407doara

| | コメント (0)

より以前の記事一覧