セリーグ ヤクルト対巨人(7/17)

2019.7.17 (月) 18時 神宮球場
G 010003000 4
S 10004000X 5
[勝]山田大、[S]マクガフ、[敗]メルセデス
[H]S:青木(大江)、バレンティン(大江)、G:坂本2(山田大2)

今年初めて見る1軍の巨人戦。ようやくセリーグ全チーム観戦。そういえば、オールスター明け初観戦でもあった。

先発投手はヤクルト山田大、巨人メルセデス。巨人のスタメンに、あまり知らない名前が多くて、あれれ?という感じ。まあ、今年、1軍の巨人を見てないわけでもあるし。
2回裏の到着時点で、1回裏のバレンティンのタイムリーでヤクルトが1点先行。山田大は好投してる雰囲気だったが、4回表に坂本に一発を食らって同点。そのあと、さらに崩れかけたが、なんとか持ちこたえた。
ヤクルトは5回裏、安定感のないメルセデスから連打で無死1-2塁にすると、巨人は大江をリリーフに送った。その大江から青木がスリーランを打って勝ち越し。さらにバレンティンにもホームランが出て、4点リードの楽勝ペース。
と思ったが、6回表に山田大が無死1塁から、坂本にツーランを食らう。1軍で山田大の先発試合を見るのは3度目だったが、だいたい毎回この辺までだなあ、という感じ。そこで梅野がリリーフで出たが、さらにランナーを出して、亀井の犠飛で1点を失い1点差まで詰められた。
ただ、巨人もそこから詰めきれない。ヤクルトも追加点なく、1点差のまま8回表が終わった所で、9時を回っていたので撤収。

試合はそのままスコアが動かず、終わったらしい。
山田大は上でも下でも何度も見てるが、限界を見極めて使えば、それなりに試合を作れるピッチャーという印象。5回くらいまでなら、安定したピッチングを期待していい気がする。あとは中継ぎ次第だね。
それにしても、巨人は首位独走中と思ったけれど、案外メンバーが薄いのかな。野手の顔ぶれはいまいち物足りなかったし、5回の大江のリリーフは、それは無理だろうと思ったし。まあ、たまたまそういう試合だっただけなのかもしれないけれど。
20190717board 20190717kyujo 20190717score

| | コメント (0)

ファーム交流戦 ヤクルト対オリックス(7/15)

2019.7.15 (月祝) 13時 ヤクルト戸田球場
Bs 010000000 1
S  21000001X 4
[勝]ブキャナン、[S]山中、[敗]本田
[H]Bs:杉本(ブキャナン)

イースタン・ウエスタン交流戦。
ビジターのファンは、先日の阪神戦ほどではないにしても、雨が降りそうな天候も考えれば、結構多かった気がする。

先発投手はヤクルトがブキャナン、オリックスが本田。
初回は、ブキャナンが6球で片付ける素晴らしい立ち上がりを見せた。その裏、先頭の坂口が四球で出て、次の上田のツーベースで早々にヤクルト先制。さらにその後、内野ゴロからの失策で、上田も還って2対0。
しかし2回表にブキャナンが、杉本にレフトフェンスを越えるでかいホームランを打たれて2対1。
2回裏は、遊ゴロ失で出た走者を、松本友がタイムリーで返して3対1。でも、荒れ気味な試合の気配はここまで。
5回まで投げたブキャナンは、杉本の一発以外は、ヒットは打たれたものの、付け入る隙を感じさせない貫禄のピッチングだった。6回以降は山中が登板し、少しもたつく場面はあったが、おおむね安定のピッチングで4イニング無失点。
打線は3回以降も走者は出すものの、早目に継投に入ったオリックス投手陣にかわされていたが、8回裏にオリックス4番手の神戸から、走者を置いて、三輪がセンター超えのスリーベースを打ち、1点追加。ヤクルト4対1オリックスで終了。

試合時間は、もう少しで2時間を切るくらい。速い展開で、結局雨も降らなかったし、快適な試合だった。
今季のブキャナンは明らかに不調だけれど、下に来ればやっぱり格が違うなという感じ。山中も、そんなに悪くはないと思うんだけれど、あんまり上げてもらえないよな(一度上がった時は、確か、あまりぱっとしなかったとはいえ)。
20190715board 20190715kyujo  20190715score 20190715end
試合後のオリックスファンの皆さん
20190715orix
試合中、通路でケガ人が出たらしく、ベンチの裏まで救急車が入ってきた。珍しい風景だった。
20190715kyukyusha

| | コメント (0)

セリーグ ヤクルト対DeNA(7/8)

2019.7.8 (月) 18時 神宮球場
C 200001000 3
S 04001000X 5
[勝]山田大、[S]マクガフ、[敗]飯塚
[H]S:廣岡(飯塚)、B:宮崎(山田大)

交流戦明けの神宮初戦。
過去の経験だと、この時期はDeNAがそこそこ盛り上がっていて、そこで対戦したヤクルトが水をぶっかけるボロ勝ちをするパターンが多い、というイメージ。なので、今日はヤクルトが勝つんじゃね?と思っていた。

球場の外に着いたのが2回裏が始まる所で、ランナー2人が出て、中村のタイムリーが出たらしいことは、チケットの引換などをしている最中に、場内から聴こえていた音でだいたいわかった。で、スタンドへ向かって階段を上がって行くと、廣岡の打球がライトのポールに当たるのが、階段の出口の向こうに見えた。
スコアを見て、1回表に2点先行されていたが、中村の2点タイムリーで追い付いて、廣岡のツーランで逆転したというのを理解した。
ヤクルト先発は山田大で、1回は結構ヘタレていたみたいだが、見ていた3〜5回は、そこそこ安定した悪くないピッチングだった。
DeNAは、多分オールスター休みを想定した、かなり割り切った投手起用。2回に4失点した先発の飯塚をすっぱり降して、早くも3回から小刻みに継投。そういう中でもヤクルトは、5回に村上のタイムリーで1点追加したが、山田大が6回に宮崎にソロホームランを食らって、また2点差。ヤクルトもここで山田大を諦めて、継投に入った。
で、双方、その後はリリーフ投手が崩れずにまとめた結果、そのままのスコアで試合終了。ヤクルト5対3DeNA。今季12試合目のヤクルト1軍観戦で、初めてヤクルトの勝ち試合を見た。

ヤクルトが勝つという予感は当たったけど、もっとグズグズな試合かと思っていた(^^;)。そうでなくて良かったよ。2時間49分でまとまった快適な試合だった。
20190708board 20190708kyujo 20190708end 20190708score
スターマンが来場していた
20190708maskot

| | コメント (0)

ファーム交流戦 ヤクルト対阪神(7/6)

2019.7.6 (土) 13時 ヤクルト戸田球場
T 130020000  6
S 010110121X 7
[勝]風張、[敗]石井
[H]S:西浦(飯田)、塩見(齋藤)、渡邉(石井)、T:伊藤隼(ジュリアス)

イースタン・ウエスタン交流戦。
阪神が戸田に来たのは多分初めてだと思う。ある程度予測して、いつもよりは早目に行ったが、土手上は既に阪神ファンだらけだった。とはいえ土手上なら、入りきれないということはまずないので、特に問題はなかった。

先発投手はヤクルト館山、阪神が藤浪。個人的には、館山はもう期待出来る投手ではないと思っているし、藤浪も近年の状態を考えると、両先発がボロボロな、かなりひどい試合になりそうな予感がした。
1回表、館山は内野安打、自身の牽制悪送球、犠打、犠飛であっさり1点先行された。2回には安定しない制球で1四球4安打の上に、(これは館山だけの問題ではないが)盗塁で走り回られ、3失点して、この回で降板。
藤浪も四死球をポロポロ出して、それをとっかかりにヤクルトは4回までに2点を返したものの、内野ゴロと犠飛での得点で、いまいち攻略出来ていなかった。
5回表には3回から登板したヤクルト2番手のジュリアスが、伊藤隼にツーランを打たれて、また4点差。その裏、またも内野ゴロで1点返したが、6回まで投げた藤浪に対しては、結局、この3点だけ。藤浪に関しては、四死球さえなければ、今もかなりいいピッチャーなんだろうと改めて認識したけど(6イニングで被安打3、うち2本は内野安打。ただし6四死球)、まあ、そういうピッチャーは世の中にたくさんいるだろうね。
7回から阪神が継投に入って、状況が変わった。7回、阪神2番手の飯田から西浦がソロホームラン。8回、3番手齋藤から塩見がツーラン。ヤクルトの投手陣は、6回以降、市川→寺島→平井とつないで、こちらは無失点だったから、これで同点。
9回表は風張が三者凡退に抑え、その裏、阪神4番手の石井から、渡邉が代打サヨナラホームランを打ち、ヤクルトの逆転勝ち。

館山の交代が早かったのと、藤浪が懸念していたほどはめちゃくちゃじゃなかったので、事前に心配したほど壊れた試合にはならなかったな、という感じ。
20190706board1 20190706kyujo 20190706score1
試合後の阪神ファンのみなさん
20190706hansin

| | コメント (0)

交流戦 ヤクルト対オリックス(6/24)

2019.6.24 (月) 18時 神宮球場
Bs 300020100 6
S  000000110 2
[敗]清水、[勝]竹安、[S]比嘉
[H]S:山田(竹安)、Bs:福田(清水)、吉田正(蔵本)

ヤクルトの今季交流戦最終戦。ほんとはホーム初戦だったのが、雨で流れて最終戦になった。

2回裏半ばに到着。ヤクルトは田代や吉田や中山が先発に入ってるのを見て、消化試合かよ、と思った。まあ、交流戦としては消化試合だろうけど、ペナントレースの一環でもあるわけで、そういう意味では、全然、勝敗がどうでもいい試合ではないはずなんだが。
1回表に先発清水が3失点していて、0対3だったが、到着時点で1死2-3塁と反撃中。さらに吉田が四球で1死満塁。しかし奥村が併殺打で無得点。
清水は4回までで交代し、5回は梅野。3-4回の清水はまあまあだったから、消化試合の印象をさらに強める投手交代。
梅野はいきなり四球を出したが、1死取って、次打者を二ゴロ、と思ったら、山田が多分ゲッツーを意識してファンブルし、2塁ベースに入った奥村に悪送球。これがさらに奥村のエラーも呼んで、(ビデオ判定の末)オリックスが1点追加。その後、タイムリーも打たれ、5対0。
(ちなみに、この回は、記録を見ると奥村に失策が2つ付いているようなんだが(山田の2塁送球を奥村がベースから離れて受けたのが、山田の悪送球ではなく、奥村のエラーになっていると思われる)、きっかけは山田のファンブルだと思うので、片方は山田にしてやらないと、奥村が気の毒過ぎると思う)
6回に登板した久保は、無難に切り抜けたが、7回に登板した蔵本が、吉田正にホームランを打たれて6対0。
ヤクルト打線は2回裏の好機を逃した後、オリックス先発の竹安に抑え込まれていたが、7回裏に中山のツーベースと吉田のタイムリーでようやく1点返し、8回は先頭打者の山田がホームランを打って4点差で最終回。オリックス3番手投手近藤から、2四球で1死1-2塁としたが、その後の代打攻勢はリリーフの比嘉に抑えられて不発、そのまま終了。

これでヤクルトは、交流戦6カードをすべて1勝2敗で終えた。なにげにネタに走った感のある成績ではある。
にしても、選手の使い方などの今のヤクルトのチーム状態について、いろいろ疑念を感じる試合だったが、そもそもだいぶ前から、今のヤクルトのチーム作りを信用してないんだから、いまさらではあるか。
まあ、今日に関しては、多分、今年、野手では一番肩入れしてる吉田が、上でタイムリーヒットを打って、守備も巧い所を見せてるのを現地で見れたから、いいや、という感じ。
20190624board  20190624kyujo  20190624end  20190624score 

| | コメント (0)

交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(6/20)

2019.6.20 (木) 18時 神宮球場
H 100032000 6
S 020020100 5
[敗]近藤、[勝]大竹、[S]甲斐野
[H]S:村上(大竹)、山田哲2(大竹、武田)、H:内川2(山田大、近藤)

一昨日に引き続き、見に行った。2回裏に到着すると、1回表に先発の山田大が内川にソロホームランを食らったということで、0対1でヤクルトが負けていた(一昨日と一緒)。
しかし2回裏にソフトバンク先発の大竹から、バレンティンがヒットで出て、村上のツーランで逆転。
山田大は安定感ないながらも、追加点を許さず5回にたどり着いたが、センター山崎のファインプレーの中飛で1死取った後、内川にヒットを打たれた所で梅野に交代。ここでの山田大の降板は正解だったと思うが、梅野の起用は大失敗で、そこから4連打を食らって再逆転、2対4。
しかし大竹も持ちこたえられず、5回裏にテツトのツーランで同点。
ヤクルトは6回表に近藤を送ると、内川にツーランを打たれて4対6。
バカみたいな試合になって来たので、7回表終了で9時になった所で撤退したが、7回裏先頭のテツトがホームランを打ったのを球場外で聞いた。これで5対6のはずで、ホークスの投手陣もそれほど盤石には見えなかったことから、どう決着するか、まるでわからんなと思っていたんだが、結局、スコアはそこで打ち止めで、5対6で終了したらしい。
20190620board 20190620kyujo 20190620score
ハリー・ホークがいらしていた。
20190620hawk

| | コメント (0)

交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(6/18)

2019.6.18 (火) 18時 神宮球場
H 010301100 6
S 001020001 4
[敗]原樹理、[勝]松本、[S]嘉弥真
[H]H:松田2(原樹理2)、グラシアル(原樹理)、塚田(ハフ)

6月初めての神宮。最終週になって、ようやく交流戦今季初観戦。

2回裏に到着。2回表に先発の原樹理が松田にソロホームランを食らったということで、0対1でヤクルトが負けていた。
しかし3回裏にソフトバンク先発の松本から、先頭打者の宮本がヒットで出ると、松本はゲッツーを取ろうと焦って、投ゴロを2つ続けて悪送球するエラー。これでヤクルトが労せずして同点に追いついた。
しかし直後の4回表に、原樹理が松田にツーランを食らって、また勝ち越される。さらにその後に連打され、松本のスクイズでもう1点失った(松本がヒッティングでファールを繰り返していたので、ヤクルトは無警戒だった)。
それでも5回裏、2死から4連打で2点返して1点差にした。ただ、どのヒットもポテンヒットや当り損ねの内野安打ばかりで、ラッキーだっただけ、という感は否めず。
しかも6回表に、原樹理がグラシアルにソロホームランを打たれて、また2点差。救援したハフも、7回表に塚田にソロホームランを打たれて3点差。
とはいえ、ソフトバンクも救援陣が磐石でなく、8回のモイネロから2死1-3塁を作ったし(得点出来なかったが)、9回は甲斐野から2死1-2塁にした後、連続四球の押出しで1点返したが、そこまでだった。

ヤクルトは、ソフトバンクが自滅しそうな場面が何度もあったのに、捉えられなかった。いかにも最下位チームらしい、勢いのなさを感じた。
まあ、ホームランをバカバカ打たれ過ぎというのもある。原樹理だけじゃなく、ハフも打たれてるし、毎度のことながら、ピッチャーだけの問題じゃない気はするけどね。
20190618board 20190618kyujo 20190618end 20190618score

| | コメント (0)

イースタンリーグ ヤクルト対楽天(6/9)

2019.6.9 (日) 13時 ヤクルト戸田球場
E 000201010 4
S 000010000 1
[敗]寺島、[勝]弓削、[S]小野
[H]S:吉田(弓削)、E:耀飛(寺島)、ヒメネス2(蔵本、大下)

このところの暑さに比べると肌寒いくらいで、空は雲で覆われ、いつ雨が来ても不思議でない感じの天気だった。

先発投手はヤクルトが寺島、楽天が弓削。
寺島は今年初めて見たのかな。何が売りなのか、よくわからんピッチャーという印象は、今回も変わらなかった。それほど球が速いわけでなく、制球が抜群というわけでもなくて、球数が多い。4回にヒットのランナーを置いて、耀飛にバックスクリーンを越えるでかいツーランを食らい、さらにヒットと四球でランナーを溜めた所で、早々と蔵本に交代。
蔵本も、この回は抑えたが、危なっかしさのあるピッチングは相変わらずで、6回にヒメネスにソロホームランを食らう。7回に登板した平井は、1四球は出ながらも無失点に抑えたが、8回に登板した大下は、またヒメネスにソロホームランを打たれて4点目。9回は中尾が三者凡退に抑えた。
楽天の弓削は、四球は多いながら、内野ゴロを打たせて仕留める巧みな投球で、ヤクルト打線は、5回に吉田がホームランを打って1点を返しただけで、7回までヒット3本(ちなみに四死球は5)に抑え込まれた。まあ、弓削が良かったというより、ヤクルトが貧打だった、という気もしないではないが。8回はハーマン相手に1死1-3塁を作ったが物に出来ず、最終回は小野に三者凡退で敗戦。

今年、戸田での観戦試合で初めて負けた。比較的豪華な面子の割に完敗ぽい内容で、どうなの?という感じはしないでもないが、その豪華な面子は上から落ちてきた選手たちだと思えば、上の成績が絶不調なのも、わからないではないか。
ちなみに雨は8回裏途中から降り出した。まあ、降り出しが遅かったのは助かった。
20190609board
20190609kyujo
20190609end
20190609score

| | コメント (0)

イースタンリーグ 西武対ヤクルト(6/6)

2019.6.6 (木) 13時 西武第二球場
S 000010000  1
L 000000002X 2
[敗]坂本、[勝]野田

陽射しが強くて暑い中での試合。時々そよ風が来る分だけは助かった。

先発投手はヤクルト山田大、西武が本田。
両先発がよい立ち上がり。特に山田は、5回までは斉藤彰に打たれたエンタイトルツーベース以外は、走者を一人も出さなかった。
ヤクルト打線は本田に対して、5回に松本・三輪・山崎の3連打で1点を先制。しかしその後は、西武の投手リレーに抑え込まれた。
山田大は、6回先頭打者の呉の強襲打を手に受けて降板。緊急リリーフの蔵本はあっぷあっぷしながらも、微妙なジャッジ?と西武の拙攻に助けられ抑えきった。7回は中澤、8回は大下と繋ぎ、1対0のまま9回を迎えた。
9回裏は坂本が登板。簡単に2死を取ったが、その後、四球・ヒット・四球で満塁。ここで斉藤彰にセンターオーバーの2点タイムリーを打たれ、逆転サヨナラ負け。

ちょっと後味が悪い負けかた。あとは、山田大の負傷の具合。今日の投球内容が良かっただけに。
坂本は、最後、急ぎ過ぎてしまったかもしれないね。その辺、まだまだということかも。最後の斉藤の当りは、1点差、2死満塁という状況で、野手がバックホーム態勢でなければ、センターが追い付いたかも、という感じだったから、まあ、そういう総合的なことも含めて、という所かなあ。

ちなみに、大規模改修が予定されている西武第二球場だが、現時点ではまだ手付かず。ただ、球場に隣接する場所には大きな建物が建ち、ライト後方の眺めに風情がなくなった。
20190606kyujo
西武サヨナラ勝ちの後
20190606end
20190606score

| | コメント (0)

セリーグ ヤクルト対広島(5/29)

2019.5.29 (水) 18時 神宮球場
C 200030000 5
S 300000000 3
[敗]高橋、[勝]大瀬良
[H]S:村上(大瀬良)、C:鈴木(高橋)

今年初観戦の広島戦。多分、交流戦前最後の観戦。ちなみに、巨人戦は交流戦前には見れなかった。

電車に乗り遅れた関係でいつもより10分遅れくらいの到着だったが、1回が結構荒れたようで、2回裏の尻に間に合った。スコアは1回に点を取り合ってヤクルト3対2広島。ヤクルトの3点は、とうとう4番に座った村上のスリーラン。広島のは鈴木のツーランだったそう。ちなみに先発投手はヤクルト高橋奎二、広島大瀬良。高橋が上で先発してるのって、まだ見たことがなかった気がする。

3-4回は案外順調に流れた。高橋も、多少危なっかしさはあっても、威力のある速球が決め球で機能していて、格好良かった。イースタンで初めて彼のピッチングを見た時、カッコいいじゃん、大物になるかもな、と思ったのを思い出した。

しかし5回表、高橋は菊池の投手強襲打をくらって、1死1-3塁になった後、治療で一旦下がってからマウンドへ戻ろうとしたが、このタイミングで4回頃からポツポツ来ていた雨が、がぜん激しくなって、試合中断。これは良かったのか悪かったのか。
30分弱中断の後、バティスタを打ち取り2死にしたが、鈴木にツーベースを打たれて同点。さらに西川の内野安打で2点を失い、逆転された。
菊池も西川も、きわどいタイミングでのセーフで、高橋はやや運がなかったのかもしれない。西川に打たれた後で、五十嵐に交代。6-7回は近藤、8回は久保が0点で抑えた。
大瀬良は初回3失点が嘘のような安定ぶりで、見ていた3回以降は付け入る隙を感じさせず、7回までヤクルトに追加点を許さなかった。

で、雨中断の影響で8回表終了で9時を回っていたので、そこで撤退した。
広島の投手が、8回からフランスア→中崎のリレーになるのは予想出来たので、この試合はここから長引くんじゃないかと思っていた。案の定、8回9回とも、ヤクルトはランナーはポロポロ出したみたいだが、追加点を上げることはなく、3対5で終了し、ヤクルト13連敗。
20190529board
20190529kyujo
中断時の土砂降り
20190529ame
20190529score
来場していたスライリーさん
20190529sly

| | コメント (0)

より以前の記事一覧