クライマックスSヤクルト対巨人(10/13,14)

2018.10.13(土) 18時 神宮球場
G 101000200 4
S 010000000 1
[敗]小川、[勝]上原、 [S]山口俊
[H]G:坂本(小川)

2018.10.14(日) 18時 神宮球場
G 010300000 4
S 000000000 0
[敗]原樹理、[勝]菅野
[H]G:長野(原樹理)、マギー(原樹理)、亀井(原樹理)

クライマックスシリーズ1stステージ。2日連続で観戦した。

第1戦は2回裏から見ていた。先発投手はヤクルト小川、巨人は今村。小川が巨人に強いということで、巨人はエース級を回避して、今村を投入してきたのか?という感じ。
しかし小川が初回に早々に1失点(ここは見てないが)。2回裏に大引の四球から、中村のツーベースで同点に追い付いたが、3回表に坂本にホームランを打たれて、また勝ち越される。
ヤクルトは5回裏に、連打で2死ながら坂口のツーベースでチャンスを作ったが、山田が救援の上原に打ち取られ、6回も主軸が三者凡退。勢いを完全に消された感じだった。
7回表には小川が、ヒットで出した長野を陽の長打で還され、さらに亀井のタイムリーで陽も還って3点差。
7回裏以降のヤクルト打線は、畠、山口俊の継投に抑え込まれて得点出来ず、1対4で敗戦。
20181013board
20181013kyujo
20181013end
20181013score

第2戦は最初から見ていた。
巨人の先発投手は菅野で、神宮球場で勝てない傾向はあるものの、今年の投手タイトル3冠だし、ヤクルトにとって楽な試合でなさそうなのは予想できた。先発がブキャナンでなくて原樹理だったのは、(第1戦の巨人の逆で)負け想定があったのかもしれない。でも、初戦を落としたから、絶対勝たないといけない試合になってしまった。
原は2回に長野にホームランを打たれて先制され、4回にはマギーにもホームラン。さらにこの回、亀井にもツーランを打たれた。原はホームラン以外はヒットを打たれなかったし、そんなに出来が悪かったようにも見えなかったが、結果的には4失点でこの回で降板。
菅野は絶好調で、ヤクルトが付け入る隙がなさそうに見えた。ヤクルトは初戦からいくらか打線を組み替えていたが、これって、裏目じゃないのか?と思う面子だったし、結果的にもそうだったように思えた。
7回裏2死、そこまでパーフェクトピッチングだった菅野から、山田が粘って四球を選んで出塁。パーフェクトが崩れて、凄い歓声だったが、次のバレンティン凡退でノーヒットノーランは継続。
そのまま9回裏に突入。とりたてて緊張感もないまま、簡単に三者凡退し、菅野がノーヒットノーランを達成&プレーオフ1stステージの巨人勝ち上がりが決定。
考えてみると、菅野はバックの好守に救われた場面もほとんどなかった気がする、圧倒的なピッチングだった。ノーヒットノーランというより、四球1つの準パーフェクトという言い方の方がぴったり来る。

これで1stステージの勝ち上がりは巨人に決定して、ヤクルトのシーズンは終了。元々プレーオフにはあんまり興味がないし、2015年に優勝したばかりのチームが、大差で離された2位で日本シリーズ進出ってのもかなり違和感があったから、個人的には全然OKな結末。現時点で日本シリーズへ行くなら、優勝前提で、と思ってる。この先、10年くらい低迷した後なら、プレーオフでの番狂わせでも、結構燃えると思うけれど。

巨人は由伸が今季限りで退任が決まったことで、上原、長野、亀井といったベテラン選手の気持ちの入り方が違ったという感じがした。早々に2位が決まって、やや緩み気味だったヤクルトを、気合いで圧倒していた気がする。カンフルみたいなものだろうから、効果がどの程度強力で、どこまで続くかはよくわからないが、ここから先は、まあ、自分には関係ない話だなと思う。
20181014board
20181014kyujo
20181014end
20181014score

巨人の試合後のスタンドへの挨拶
20181014aisatugian
ヤクルトの試合後のスタンドへの挨拶
20181014aisatu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対DeNA(10/9)

2018.10.9 (火) 18時 神宮球場
B 000310000 4
S 000001000 1
[敗]館山、[勝]三嶋、[S]山崎康
[H]S:大引(砂田)、B:ソト(カラシティー)

ヤクルトの今季レギュラーシーズン最終戦。9/30の試合が雨で流れて、この日の開催になった。
ヤクルトにとっては消化試合だが、DeNAは勝たないとプレーオフ進出が消える試合。もっとも、勝っても、裏で行われていた阪神対巨人で巨人が勝てば、巨人のプレーオフ進出が決まり、DeNAは終了という状況だった。

3回表から見ていた。ヤクルトの先発投手は館山で、2回は被安打2ながら無失点。3回も四死球で走者を出しつつ、0点に抑えたが、4回に決壊。四球とヒット2本で1死満塁から、四球で押出して1点。さらに嶺井にツーベースを打たれて、もう2点を失い、カラシティーに交代。そのカラシティーも5回にソトにホームランを打たれて0対4。
DeNAの先発は平良で、ヤクルト打線をうまくかわしていたが、5回に四球2つとヒットで2死満塁にした所で、三上がリリーフ登板。DeNAは後がない状況だから、この後もどんどん投手をつぎ込んできた。それでも6回には、大引が砂田からホームランを打って3点差。しかし、後が続かなかった。まあ、ヤクルトにとっては消化試合だから、無理して勝ちにいく試合でもなかったし。
そのまま、1対4で終わったが、巨人が阪神に勝ったので、結局DeNAは終了。最終盤へ来ての打線の失速が痛かったねえ>DeNA。

試合後は最終戦セレモニー。今日はこれを見に来たようなものだった。もっとも、最終戦に向けたイベントは、元々最終戦のはずだった前日の阪神戦で実施されていたから、あっさりした挨拶のみで終了。まあ、このあと、神宮でポストシーズンもあるし、そんなに大騒ぎする状況でもない。
個人的にも、あまり時間を掛けずに、あっさり終わってくれて良かった。あくまでも、儀礼的なものだからね。
ということで、レギュラーシーズンは終了。
20181009kyujo
20181009board
20181009score
20181009end
ベイスターズの試合後のスタンドへの挨拶
20181009aisatubay
山田は3度目のトリプルスリーの表彰を受けた
20181009triple
最終戦セレモニー
20181009ceremony
20181009aisatu
20181009ogawa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対DeNA(10/3)

2018.10.3 (水) 18時 神宮球場
B 000000010 1
S 20000000X 2
[勝]カラシティー、[S]石山、[敗]京山
[H]S:山田(京山)

雨中止の先週土曜の試合が流れてきたもの。

ヤクルトは昨日のDeNA戦で2位を決めたので、もう消化試合。DeNAはまだ3位の可能性を残しているから、モチベーションはDeNAの方が高いはず、と思ったが。

2回裏に到着で、ヤクルト2対0DeNA。初回に山田の先制ソロホームランとかがあったらしい。
ヤクルトのスタメンは、青木・坂口・大引が外れて、確かに消化試合感のある面子だった。

DeNAの投手は、先発が京山だったが、2回裏は早くも2番手の笠井。その後も、小刻みにパリオス、三上、パットンと継投してきた。緊急登板だったと思われる笠井あたりは、制球が不安定で、付け込めそうにも思えたけれど、ヤクルトは追加点が取れなかった。
ヤクルトの先発は原樹里だったそうなんだけれど、アクシデントで1回だけで降板したようで、2回からカラシティーが登板したらしい。自分が着いたのはカラシティーになってからだったので、てっきり、カラシティーが先発と思っていた。やはり緊急登板だったせいか、立ち上がりの安定感はそれほどでもなかったと思うが、次第に調子を上げた感じで5回まで無失点。6回から登板した風張は、相変わらずの制球の不安定さを見せたものの、7回までの2イニングをなんとか無失点で抑え込んだ。8回登板の梅野は、筒香とロペスに連打されたが、乙坂の犠飛での1失点でしのぎ、9回は石山が抑えて試合終了。

DeNA打線の淡白さが目立った気がする。モチベーションが高いはずと思ったんだが、空回りなのかプレッシャーなのか、怖さがなかった。こんな調子だと、DeNAは3位は難しいかもね。
ヤクルト打線もあっさりしていたから、結局、消化試合のような雰囲気になった。序盤は多少もつれそうな気配があったが、最終的には割と早い展開になり、9時過ぎに終わってくれた。
しかし、原樹里のアクシデントって、どうなんだろう。
20181003board
20181003kyujo
20181003end
20181003score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対巨人(10/1)

2018.10.1 (月) 18時 神宮球場
G 000000122 5
S 02023001X 8
[勝]小川、[敗]吉川光
[H]S:大引2(吉川光2)、雄平(アダメス)、G:阿部(小川)、坂本(近藤)、亀井(石山)

雨中止を2回繰り返して、三度めの正直でやっと見れた試合。

2回表から入った。先発投手はヤクルト小川、巨人は吉川光。
2回裏に大引のツーランでヤクルトが先制。4回にも、大引がホームランを打って追加点。さらに坂口のタイムリーでもう1点。
5回には巨人2番手アダメスから、雄平がスリーラン。7対0になって、もう後は見なくていいかもと思ったが、めったに買わないネット裏2階席だったし、まだ時間も全然早かったので、9時前までは見ていくことにした。
小川は、立ち上がり、ややもたついているように見えたが、次第に調子を上げ、6回まで無失点。7回に阿部のホームランで1点を失ったが、失点はそれだけ。
8回は近藤が登板。しかし坂本にホームランを打たれ、さらにもう1点失い4点差。
その裏、川端のタイムリーで5点差に広げたが、9回に登板した石山が、亀井にホームランを打たれ、さらに坂本のタイムリーで3点差まで詰められた。それでも石山は後続を断ち、逃げ切った。

結局、最後に石山がもたついたもんで、9時には試合は終わらなかったが、それほど長引きもしなかったから、まあいいや。
点の取り方・取られ方を見ていると、やっぱりヤクルトが強いというより、巨人が弱いという感じがしてしまう。そもそも、大引にホームランを2本打たれてる時点で、巨人のバッテリーに問題があったのでは、と思ってしまう。得点も、阿部・坂本・亀井という、それらしい選手たちの単発のホームランが中心で、打線の怖さがなかったし。
ヤクルトはこれでプレーオフ進出を決めたそうで、あとは2位確定だけだけど、まあ、時間の問題と思う。今のヤクルトが、少なくとも、リーグ内で相対的に強いのは確か。打撃については、今は本当に選手層が厚く見える。そのせいで、おおざっぱな試合ばかりで、緊張感がなくてつまらないのはともかくとして。
20181001board
20181001kyujo
20181001end
20181001score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対巨人(9/21)

雨のために中止になった9/20の振替試合だったが、再度雨のため中止。

9/20は16時頃に中止が出たので、チケットは持ってたが、最初から行かなかったが、今回はプレイボールを18時半まで遅らせた上での中止決定だったので、現地まで行ってしまった。球場に着いて、スタンドに上がろうとした所でアナウンスを聞いた。
昨日中止にしたのを、急遽翌日に振替えた試合だから、やりたかったんだろうなあ、とは思うんだが、もっと早く判断して欲しかったな。あるいは、プレイボールをもっと遅らせてでもやるとか。時間が遅くなれば、雨が収まることは分かっていたはずなので。もっとも、悪いコンディションで試合して、選手が怪我でもしたらおおごとだからなあ。
20180921board_2
20180921kyujo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤクルト対BCリーグ選抜(9/20)

2018.9.20 (木) 13時 ヤクルト戸田球場
B 0000010 1
S 3000001 4
[H]B:松本(菊沢)
(「B」はBCリーグ選抜 7回降雨コールド)

独立リーグとの交流戦。BCリーグ選抜は、この試合を皮切りに、あちこちのNPBのチームのファームと交流戦をやる予定とのことで、BCリーグの選手のトライアウト的な位置付けらしい。

今日は無料だったので、雨予報だったこともあり、久々にバックネット裏の2階席に入ってみたが、最後列に座ったら、思ったより早く(試合開始早々に)降り出した雨が降り込んで来た。そういえばそういう場所だったと思い出したんだが、席は結構埋まっていたので、あまり選択の余地はなかった。
席が埋まっていたとはいっても、スカウトなど、関係者が半分以上?を占めていて、一般の観客は少なかったようだったし、その観客もBCリーグ側が多かった感じ。隣席に居た人もBCリーグのファンだったので、いろいろ教えてもらって、ありがたかった。

試合展開としては、初回に廣岡の2点タイムリースリーベースと西田のタイムリーでヤクルトが先行。投手陣は、先発の岩橋が3回を投げた後、平井、村中が1回づつを投げ、ここまでそれほど危なげもなく無失点。6回に菊沢が登板し、福井の松本にバックスクリーン直撃のホームランを打たれて1点を失い、7回に登板したジュリアスも、制球が定まらず(雨の影響はあったかもしれない)、2四球を出したものの、相手の走塁ミスもあって無失点で切り抜けた。7回裏には、1死満塁から(サードのエラーと2四球。この辺も、雨の影響はあっただろうな)、廣岡が犠飛を上げて1点追加。
雨は途中から本降りになって、だいぶしんどくなってきた。7回終了時点で、グランド整備で中断になり、その時点で撤退したが、後で確認すると、そのままコールドゲームで再開することなく終わったらしい。まあ、ヤクルト的には、無理に強行するような試合でもないし、BCリーグにしても、コンディション不良で怪我でもしたら、トライアウトどころじゃなくなっちゃうだろうし。

BCリーグ選抜は、やっぱりいい所を見せようと、気負ってる面があったのか、強引な走塁でチャンスを潰してしまう場面が目立った気がする。無理もない気はするけれど。限られた時間内でアピールするのは難しいだろうなあ、と思った。
投手は、武蔵の安河内が注目だそうで、3回1イニングだけの登板を見た限りでは、球に力があって、まとまりもあった印象。本当にドラフトにかかってくるのか、少し気にしておこうかと思う。

ヤクルトの選手に関しては、ジュリアスが、こういう試合でこの内容ではという感じ。まあ、今年見た他の試合でも、あまり期待を感じさせるピッチングは出来ていなかったし、どうなるかなあ、と思う。
20180920board
20180920kyujo
20180920score1
20180920score2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対阪神(9/19)

2018.9.19 (水) 18時 神宮球場
T 110200000 4
S 60011001X 9
[勝]大下、[敗]岩貞
[H]S:山田(岩貞)、西浦2(岩貞2)

先発投手はヤクルトがブキャナン、阪神が岩貞。
2回表半ばに着いたら、スコアは既に6対1でヤクルトがリード。1回裏に、山田と西浦のホームランが出たそうで。2回表にはブキャナンが2点目を失い、また底の抜けたクソ試合かよと思った。
しかしその後は、割と安定した展開だった。ブキャナンはやっぱりダメで、4回にも2点を失った後で代打を送られ交代。逆に岩貞は2回3回は好投していて、初回は何だったんだ?という感じだったが、4回に西浦にホームランを打たれて、こちらもこの回限り。
以降のヤクルトの継投は、大下→梅野→近藤→石山で、それほど危なげなく阪神打線を抑えきった。
一旦2点差まで詰まった点差も、西浦の2本目のホームラン以降、阪神のリリーフ陣から、雄平と西浦のタイムリーで加点して、5点差に戻して終了。

ショート西浦が守備でも出足のいいところを見せて、乗ってるなという感じだった。まあ、守備に関しては、上滑りしかねない不安もつきまとうけれど。西浦の今季のブレイクは本物で、来季も同じようにやれるかどうかというのは、来季のチームの大きなポイントだろうな。ただ、チームはむしろ、早く廣岡や村上を使いたいのかね? その辺はよくわからないが。
20180919board
20180919kyujo
20180919end
20180919score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースタンリーグ ヤクルト対楽天(9/17)

2018.9.17 (月祝) 13時 ヤクルト戸田球場
E 010000000 1
S 21013400X 11
[勝]館山、[敗]石橋
[H]S:塩見(石橋)、奥村(濱矢)、武内(菅原)、E:枡田(館山)

先発投手はヤクルト館山、楽天が石橋。
1回裏、石橋の抜いたカーブみたいなボールを、先頭打者の塩見がレフトへホームランを打ち込んでヤクルト先制。さらに藤井のヒットから廣岡がタイムリーを打って2点目。
2回表、館山が先頭の枡田にライトへホームランを打ち込まれて2対1。
2回裏、比屋根の内野安打から松本のタイムリーで3対1。
3回は双方無得点で、落ち着いてきた気配があったんだが、3回を三者凡退に抑えた楽天2番手投手の寺岡が、4回先頭の比屋根を打ち取った所で、腕(肘?)の不調を訴えて降板。濱矢が緊急リリーフして、最初の奥村にホームランを打たれた。ちなみに楽天は、3回裏にも捕手の足立が、バットか打球が当たったようで、石原に交代していた。ちょっと気の毒な展開。
試合はその後、さらに楽天に気の毒な展開に。菅原・今野とつないだが、どちらも炎上して、6回終了で11対1。その後を継いだ、西宮・小野は、無難に抑えたが。
ヤクルトの投手陣は、館山が5回まで投げた。ピンチは作ったが、楽天の拙攻にも助けられ、1失点のみ。6回に登板した村中は2死満塁のピンチを作り、屋宜がリリーフして切り抜けた。7回以降は山本、松岡、ウルキデスと繋いで無失点。11対1のまま終了。

楽天の投手陣の出来が悪すぎた。もっとも、戸田で7月に見た時も、同じようなメンツで炎上していたから、まあ、こんなもんなんだろうな、という感じ。
館山は、来年はあるのかなあ、と思った。本人が辞めると言わない限りは、チームの方から切ることはない気がするし、今日の内容を見ても、上では苦しいんじゃないかなと思うんだが、明らかにダメという感じではないのが難しいところかなと。

試合開始時はいい天気だったが、9回に入ったあたりで雨がぱらぱら落ち始めたので、試合終了後は急いで引き上げた。しばらく後には土砂降りの雨になったから、あれ以上、試合が長引かなくて助かった。
20180917board
20180917kyujo
20180917end
20180917score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(9/8)

2018.9.8 (土) 13時 ヤクルト戸田球場
F 0010140000  6
S 1100003101X 7
[勝]風張、[敗]田中豊
[H]S:谷内(高梨)、F:高濱(山中)、横尾(山中)、松本(古野)

晴れてはいたが、土手で空を見ていると、あちこち雲が沸いていたり、どす黒い雲が北の方に見えていたり、かなり不安を誘う状況だった。雨の用意はしていなかったので。もっとも、例によって風が強いので、雨が降っても傘などは使い物にならなかったかもしれない。

先発投手はヤクルトが山中、日本ハムは高梨。
初回、ヤクルトの谷内がレフトへホームランを打ち込んで先制。レフト方向へ強風が吹いていて、それにうまく乗った感じのでかいホームランだった。2回にもヤクルトは、四球で出た藤井が二盗と、それを阻止しようとした捕手の二塁送球が逸れたエラーで三塁へ進み、渡邉の内野ゴロで還って2点目。
しかし、順調に来ていた山中が、3回に高濱にホームランを打たれ、5回にも横尾にホームランを打たれた。ただ、山中は5回まで投げたが、これ以外はほぼ完璧な出来だった(他には森山にヒットを打たれていたが、次打者ゲッツーで簡単に片づけた)。間合いは短いし、制球はいいし、山中のピッチングは見ていて気持ちがいい。
日ハムの高梨も、バックの好守に支えられた部分はあるにしても(ショート平沼、サード大田賢が、度々いい守備を見せていた)、3回から5回は好投して、締まった雰囲気で5回まで2-2で終了。

6回に投手が交代したら、試合進行がおかしくなりはじめた。まずおかしくなったのは、ヤクルトの2番手古野。6回にランナーを溜めて、松本にスリーランを食らい逆転される。さらにサード村上のエラーでランナーが出た後、大田賢にタイムリーを打たれ、この回4失点。7回は無失点だったが、8回には2死2塁で大田賢の頭にぶつけて、危険球退場(屋宜が後を片付けた)。
しかし、日ハム2番手の北浦も、6回は無失点だったが、7回にバントが切れない不運な内野安打もあったにしても、2死満塁から押出し四球、谷内のタイムリー、暴投で3失点。1点差で迎えた8回裏、日ハム3番手立田から、西田のツーベースの後、渡邉がタイムリーを打って同点。
9回は双方、スコアリングポジションにランナーを送ったが、決められずに延長突入。ちなみに、9回表の投手はウルキデス、9回裏は斎藤佑。

試合前に懸念した雲は、なんとか雨なしで通り過ぎてくれたが、後半になって、だらだらした試合をやっていうるちに、また雲がかかり始めた。もう帰ろうかとも思ったが、とりあえず10回までは見ていくことにした。10回表は風張が三者凡退。風張は今年は上でのピッチングが多かったせいか、久々に今日、下で見たら、妙に貫録があった。成長したのかな。
10回裏、日ハム田中豊に対し、1死後に比屋根がファールで10球近く粘った後、投手強襲の当りで出塁(記録は投手エラー)。続く渡邉の右中間へのでかい当りは、エンタイトルツーベース。多分、スタンドに入らなければ、比屋根は生還してサヨナラだった。しかし、次打者の松本がレフト前へタイムリーを打ち、結局サヨナラ勝ち。
きっちり終わってくれて、ありがたかった。

ちなみに、ホームランは全部レフトへ飛んだ飛球。強風の影響はあったと思う。試合途中で風がやんで、その後、違う方向へ吹き始めたら、以降、ホームランは出なかった。
20180908kyujo
20180908board
20180908score_2
サヨナラヒットでホームに走りこむ比屋根
20180908sayonara
試合終了直後の黒い空
20180908sora

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対中日(9/4)

2018.9.4 (火) 18時 神宮球場
D 33000210000 9
S 01020000603X 12
[勝]近藤、[敗]又吉
[H]S:大引(ガルシア)、武内(田島)、上田(又吉)、D:ビシエド(小川)、福田(中尾)

台風21号の影響がある中、やれんのか?と思いつつ行ったが(早々にチケット買ってたんで)、やれた。暴風は吹いてるが、雨はたまに水滴がぱらつく程度だったし。

先発投手はヤクルト小川、中日ガルシア。
小川の立ち上がりが最悪。いきなり連打の後、大島のタイムリーで失点。さらに四球で満塁にして、アルモンテの2点タイムリーで0対3。次の高橋で、この試合の最初のアウト取るまで15分もかかった。このあと四球で、さらに1死満塁にしたが、ここはなんとか抑えた。2回にもビシエドにスリーランを食らい、0対6。3-4回は一転して三者凡退のピッチングだったんだが、とにかく立ち上がりがひどすぎた。暴風の影響とかがあったのかな。
打線は2回裏に、大引がホームランを打って1点返し、4回にも大引のヒットをとっかかりに、小川の代打の畠山と青木のタイムリーで2点返して、3対6。
5回表は中澤が三者凡退に抑え、その裏も無得点で試合成立。

台風の暴風の影響で、電車が止まるリスクがありそうだったのと、5回終了で8時15分を回ってるスローペースな試合だったので、どうせ最後まで観れないと割り切って引き上げた。
実際、帰りの電車に遅れが出ていたから、賢明な判断だったかなと思った。

で、帰宅しても試合をやっていたのは想定内だったが、9回裏攻撃中で、スコアが3-6だったのが6-9に膨張していたのには、なんだこりゃ、という感じ。しかも中継を見ていると、そのままヤクルトが同点に追いついた。今年の中日の救援投手陣の酷さは、何度も見て分かっているから、それほど驚きもしなかったけれど、さすがにちょっと酷過ぎる。同点で延長へ突入したが、この展開はヤクルトのサヨナラ勝ちで終わるとしか思えなかったし、実際、11回裏に上田のサヨナラスリーランで決着。

正直、ヤクルトが頑張った試合とは全く思えない。中日の投手陣が酷過ぎて自滅しただけ。中日は、半月前にも巨人戦で、似たような自滅をしていたし。
こういう試合は、勝っても全然面白いと思わない。むしろ、3-9にされちゃってた試合運びの方に、何やってんだか、と思う。
まあ、10時半まで試合をやってたことを考えると、さっさと見切って帰ったのは、本当に正解だったな。
20180904board
20180904kyujo2
20180904score
暴風で吹っ飛んでいくんじゃないかと思ったフラッグ。
20180904flag

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧