イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/26)

2018.5.26 (土) 13時 ヤクルト戸田球場
L 020000200  4
S 010110101X 5
[勝]大下、[敗]大石
[H]L:山田(屋宜)、中村(屋宜)

2日連続の観戦。

先発投手はヤクルトが原樹里、西武は高木勇。
原樹里は、初回は3人で終えたが、2回につまづいた。先頭打者の飛球がセカンドベース後方に上がり、セカンドの奥村が捕りそうだったが、俺が捕る!という勢いでセンターの上田が走りこんできて、結局捕れない。無死2塁になって、原は動揺したか、次打者にストレートの四球を与え、呉にタイムリーを浴びて1点を失う。2死を取った後、鈴木にもタイムリーを打たれてもう1失点。ただ、ここで上田がいいバックホームを見せて、呉はホームでタッチアウト、失点を2点で止めた。上田がちょっとだけ返した感じ。
原は、その後も毎回得点圏にランナーを背負う苦しいピッチングながら、なんとか追加点を許さず5回まで投げ切った。
打線は、2回に鵜久森のヒットをとっかかりに、内野ゴロでまず1点。4回にはヒットで出た川端が、廣岡のファウルフライをライトが苦しい態勢で捕球したのを見て、タッチアップで2塁を狙う走塁を見せた。これがライトのセカンドへの悪送球を誘って、川端は3塁まで進み、古賀の犠飛で還って同点。5回には上田がヒットで出ると、ピッチャーの牽制悪送球で3塁へ進み、藤井のタイムリーで還って逆転。
ヤクルトは6回は館山が登板し、四球と奥村のエラーで無死1-3塁のピンチを迎えたが、西武の拙攻で無失点で切り抜けた。続く7回、屋宜が山田・中村の連続ホームランを食らい、3-4と勝ち越されたが、その裏、田代がヒットで出て、代走の山崎が二盗すると、キャッチャーの2塁への悪送球を誘い、3塁へ進む。藤井のタイムリーで還って、また同点。
4-4で迎えた9回裏、西武の投手は大石。先頭の奥村が左中間へツーベース。比屋根が犠打で送り、山崎が右中間へタイムリーを放って、サヨナラ勝ち。

昨日も思ったことだが、とにかく西武は守備がボロ過ぎるし、攻撃もミスばかり。単純にヤクルトが自力で勝ったとは言いにくい。もっとも、2点目や4点目は積極的な走塁が生んだ西武のミスとも言えるので、やることはやっていたとは言ってもいい気がする。
原樹里は、この内容では上では厳しいんじゃないかな、と思う。イースタンのレベルでは、もうちょっと、きっちり抑えるピッチングでないと。
川端は、4回の走塁だけでなく、今日は4の4で大当たりだった。川端あたりが復調しないと、上の厳しい状態の改善は難しいと思うし、このまま調子を上げて欲しい所。
20180526board
20180526kyujo
20180526score
サヨナラのホームを踏む奥村。
20180526end
1イニングで交代した後、隣の陸上競技場でキャッチボールしてた館山。館山は、たった1イニングとはいえ、投球術の健在ぶりは見せてくれたと思う。球速もそこそこ出ていたから、これだけだと、上でもなんとかなる?と思ってしまいそうなんだけど、そう簡単ではないだろうねえ。
20180526tateyama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対DeNA(5/25)

2018.5.25 (金) 18時 神宮球場
B 220023041 14
S 301010000 5
[敗]ブキャナン、[勝]三嶋
[H]S:青木(石田)、畠山(石田)、B:梶谷2(風張、中尾)、ソト(風張)

戸田から転戦。5月初め以来、久々の神宮観戦。神宮開催自体が、5/6以来だから、かなり久々だったわけだけど。

先発投手はヤクルトがブキャナン、DeNAは石田。
ブキャナンには信頼感があるし、石田は俺が見てると、だいたいボロボロだから、今日は勝ちだなと思っていたが、ブキャナンの出来がひどく悪かった。
初回に、ソト、筒香、宮崎にヒットを打たれ、いきなり2失点。その裏、青木のツーランと畠山のソロホームランであっさり逆転したが、2回にも四球・死球で出したランナーを梶谷のタイムリーで返され、再逆転。それでも3-4回は落ち着いたし、3回にヤクルトが相手エラーをとっかかりに1点取って追いついたから、これで何とかなるかなと思ったが。5回に梶谷のツーベースからロペスのタイムリーで勝ち越され、筒香ヒット、宮崎四球の後、ヒロヤスにタイムリーを打たれ2点差。2死満塁を残して降板。風張が後始末。
その裏、山田が四球で出て、盗塁の後、バレンティンのタイムリーで還り1点差。石田もここで三嶋に交代。まあ、1点差なので、なんとも言えないとは思った。ヤクルトもDeNAも中継ぎ投手は人材難だから、泥沼のような試合かなと思っていた。
しかし、ヤクルトが一方的に泥沼だった(^^;。回をまたいだ風張は、梶谷のツーラン、ソトのソロホームランの連発を食らって3失点。その裏、同じように回をまたいだ三嶋が、(打順が楽だったとはいえ)完璧な内容で三者凡退に抑えたのは対照的。ここが分かれ目。7回は双方無得点。そして8回表、ここから登板した中澤がいきなり4連打を食らい3失点し、1死も取れずに松岡に交代すると、松岡もタイムリー1本を打たれこの回4失点。さらに9回には中尾が梶谷にホームランを打たれた。9回表が終った所で、時間も遅いんで引き上げたが、試合はそのまま終わって5-14の大敗だった模様。

ヤクルトの中継ぎがヒドイのは分かってることだし、風張があてにならないとしても、他に居ないんだからしょうがない。しょうがないとしか言いようがない試合だな、とは思った。投手陣に満足な補強をしなかった上に、故障で出遅れのピッチャーが何人も居る結果が、こうなっているわけだから。オフに、青木を復帰させてチームが大喜びしてた時点で、補強ポイントがなんか違うんじゃない?、と思ったし、現状は全然不思議じゃない。
でもって、青木も、それなりによくやってはいるけど、大騒ぎするほどの活躍じゃないよね。投手陣がダメな分は、打線がめちゃくちゃ打って補うくらいの勢いでないと、チームの成績は上がらないんだけど、そこまでの爆発力を青木が演出出来てるかというと、全然そんなことはないものな。
それでも、去年よりも打線はうまく機能してはいるから、最終的には、去年ほどヒドイ結果にはならないんじゃないかな。まあ、故障者次第ではあるが。
20180525board2
20180525kyujo2
20180525score2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/25)

2018.5.25 (金) 13時 ヤクルト戸田球場
L 000001000 1
S 21143000X 11
[勝]寺島、[敗]菊池
[H]S:村上(菊池)

センターからバックネット方向に強風が吹いていて、これは貧打戦かなと思った。確かにフライは距離が伸びていなかった気がする。

先発投手はヤクルト山中、西武が菊池雄星。菊池の登板は、えっと思ったけど、故障で下に落ちていたらしい。記者がうようよ居たし、試合見ないでブルペンの裏あたりをうろうろしてる西武ファンもやたらと居たから、なにごとかと思った。

山中は立ち上がり制球が定まらず、2回までに3四球。球数も多く、どうなることかと思ったが、3-4回は持ち直して、らしいピッチングが出来ていた。しかし4回までで交代。
西武の菊池は、本人の出来はともかく、バックに足を引っ張られていた。初回、ファーストのエラーでランナーが出て、村上が強い逆風を突いてレフトへ先制ツーラン(これは見事な当たりだった)。2回には、ヒット・遊ゴロ失・犠打で1死2-3塁として、次打者が三振の時に三走三輪が飛び出してしまい、捕手が3塁送球して挟まれた、と思ったんだが、西武の内野連携が乱れて、三輪はそのまま生還して3-0。菊池はこの回で交代。
以降の西武はボロボロ。投手は打たれるし(3-4回が斉藤大、5回が川越)、守備はザル。5回までに11対0に引き離した。
一方、ヤクルトも、山中の後を受け、5回から登板した2番手・寺島の出来は今一つに見えた。昨年ドラ1の期待のルーキーだったが、故障で出遅れた関係で、個人的には昨年は一度も試合での登板を見られなかった(イースタンでの登板自体、昨年は1試合)。ようやく見れたなと思ったけれど、今日の内容は、球速も制球もそこそこ以上のものではなく、6回には2四球1安打で満塁にして、犠飛で1点を失った。7回まで3イニング投げて1失点だから、ひどく悪いわけでもないが、期待値が高いはずのピッチャーだから、こんなもの?という感じ。

試合はその後、スコアが動かなくなり、11対1のまま終了。降板後の菊池の囲み取材が終わったら、西武の選手がなんとなく落ち着いたような気がしたよ(^^;)
ヤクルトは、8回に久古が投げた後、9回は今年のルーキー大下が登板。彼もようやく見れた。まあ、こちらも投球内容的には、やや微妙だったけれど。
20180525board1
20180525kyujo1
20180525end
20180525score1
囲まれてた菊池雄星
20180525yusei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(5/12)

2018.5.12 (土) 13時 ヤクルト戸田球場
B 000000101 2
S 00000030X 3
[勝]高橋、[S]カラシティー、[敗]今永

薄曇りで風もそんなに強くなく、観戦にはちょうどいい感じの天候だった。

先発投手はヤクルトが高橋、DeNAはウィーランド。ウィーランドがイースタンに出て来たのはちょっとびっくり。DeNAって、中継ぎ投手は苦しそうだけど、先発投手は余っているのかな。
高橋を見るのは今年初めてで、昨年はちょっと期待外れの感があったから、どうかなと思ったが、立上りに少し制球が乱れたものの、その後は速球も変化球も安定していて、5回まで危なげなく投げ切った。ウィーランドも、最後に少しもたついたくらいで、すんなり5回まで無失点で投げ終えたので、5回終了まで1時間10分程度という、非常に速い試合だった。
しかし6回からは、少しもつれはじめた。DeNAは6回から今永が登板。ウィーランド以上にびっくりしたが、不調ぶりを感じさせる投球内容で、ある意味納得した。そして7回表には、高橋が急に制球を乱し、四球・暴投の後、細川にツーベースを食らって先制された。しかしその裏、今度は今永が3四球で1死満塁。ここで代打・畠山が、代わった加賀からセンターオーバーのツーベースを放って、走者一掃。ヤクルトが逆転した。
8回はスコアは動かず、9回表、ヤクルトは8回登板した梅野に代わって、カラシティー。しかし、先頭打者の内野ゴロをショート宮本がエラー。続く大河にはヒットを打たれ、代打・山下のバントは、内野の守備連携が乱れて内野安打になってしまい、無死満塁。ちょっとカラシティーには気の毒な展開。しかし、ここでカラシティーは踏ん張った。1死後、荒波に犠飛を上げられ、1点は失ったものの、続く代打・佐野は内野ゴロに打ち取り、逃げ切った。
20180512kyujo
20180512board
20180512end
20180512score
畠山。この後、逆転のタイムリーツーベースを打った。
20180512hatake

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(5/6)

2018.5.6 (日) 13時 ヤクルト戸田球場
M 310010020 7
S 000000030 3
[勝]二木、[S]酒居、[敗]山中

今年はあまりイースタンへ行けていないので、3月末以来の観戦だった。

風がかなり強かったのと、多分、風向きも影響して、土手の方向へやたらとファールが飛んだ。あんなに飛ぶのを見るのは珍しい。試合中2回、土手を越えていくファールがあったが、これ自体珍しくて、1試合に2回も見たのは初めてじゃないかな。

先発投手はヤクルトが山中、ロッテは二木。
山中の立上りがまるで安定しなかった。球質を考えると、もしかしたら、風の影響もあったのかな? 初回、2死球とツーベース2本で、いきなり3失点。2回も四球の後、スリーベースで1失点。3-4回は落ち着いていたが、5回も四球と2安打で満塁として、犠飛でもう1点。4回2/3で降板。村中が後を片付けた。
打線は5回まで2安打。5回裏にツーベースと死球・四球で2死満塁としたが、攻めきれず無得点。
6回以降、ヤクルトは継投。6回の田川はまあまあ、7回の屋宜は三者凡退と割と良かったが、8回の山本哲が1死後3連打で2点を失い、0-7となった。
ロッテの投手は6回から酒居で、6-7回は完全に抑えられたが、8回に1死後、三輪が足で稼いだ内野安打で出塁すると、藤井の二ゴロを野手がエラー、谷内が四球で満塁。ここで村上が右中間へ走者一掃のツーベースを打って、3点を返した。こういう場面できっちり打てるというのは、ポイントが高い>村上。
しかし、点差がありすぎて、後は追い切れなかった。3-7で試合終了。

ヤクルトの見どころは8回の村上のツーベースくらいだったな、という気がする。
崩壊気味の上の投手陣に対して、下はどうなんだろうと思っていたが、山中・山哲あたりは、今日の出来を見ると、あまり期待できないかな、という気がした。先週の登板では、二人とも悪くない内容だったようなんだが、下で安定したピッチングをしてないようだと、上行っても、あまり期待出来ないなというのが、過去の経験則なので。
上は打線の方は、そんなに気にしなくてもいい状況と思うから、その辺はまあいいか、という感じだけどね。
20180506kyujo
20180506board
20180506end
20180506score
畠山が代打で出たが、三振だった。
20180506hatake

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対中日(5/3)

2018.5.3 (木祝) 14時 神宮球場
D 0000033000 6
S 2100003001X 7
[勝]石山、[敗]田島
[H]S:バレンティン2(吉見、鈴木博)、山田(岩瀬)

現地観戦。デーゲームで14時プレイボール。ヤクルト2連敗を受けての第3戦。

先発はヤクルト由規、中日が吉見。
ヤクルトが初回に四球とヒットで無死1-2塁にして、青木の併殺打の間に1点先行。さらにバレンティンのホームランでこの回2点。2回にも坂口のツーベースの後、内野ゴロ2つで3点目。地味な得点の仕方ながら、3点を先行した。
由規は前回登板が素晴らしい出来だったので、以前よりも期待感があった。今日もヒットは打たれるものの無難にまとめ、5回には中村のエラーに足を引っ張られながらも、無失点で切り抜け、勝ち投手の権利を得た。しかし、6回におかしくなった。四球とヒットで1死1-2塁にされた後、福田に2点タイムリーを打たれ1点差。中尾がリリーフに出たが、ここから中日が代打攻勢。2死1-2塁になって、代打堂上にタイムリーを打たれて同点。
7回表は近藤が登板。四球2つとヒットで1死満塁として、代打亀澤に死球をぶつけ、押出しで逆転される。さらに平田のタイムリー、代打藤井の犠飛で1点づつを失い、3-6。
ところが7回裏、中日3番手岩瀬から、山田がホームランを打って2点差。さらに青木のヒットで2死1塁となり、次打者バレンティンという所で、中日は鈴木博をリリーフに送った。岩瀬の調子が悪いという判断はともかく、一昨日の試合でバレンティンにホームランを打たれた鈴木を、ここで送り込んでくる中日の継投は、ナゼ?という感じだったし、案の定、バレンティンがレフトスタンドに放り込んで、試合は振り出し。
8-9回はどちらも得点できず、延長へ突入。ちなみに、9回表の中日は、1死1塁の場面で投手に打順が回ったが、代打攻勢のやりすぎで野手が足りなくなったようで、昨日の先発投手だった笠原を代打に出してきた(^^;。笠原は見たかった選手だったし、昨日の試合を見に行きたかったんだが、都合がつかなくて行けなかったから、そういう意味で、個人的には有難かったんだが…。笠原はバントしたが、サード川端の判断が良く、失敗に終わり、中日は得点機を作れなかった。
10回は、まず中日が1死1-2塁のチャンスを作ったが、ゲッツーで逸機。その裏のヤクルトも、同じように1死1-2塁のチャンスを作り、ここで代打荒木がレフト前にヒットを打ち、これでサヨナラ。

試合時間4時間40分。通常の18時プレイボールなら、試合終了は10時40分相当。拮抗した試合展開だったので長引いた、といえば聞こえはいいけれど、正直、双方とも、投手の出来が悪くて、だらだら試合が延びただけ、という感じは否めないし、選手の起用もいろいろと疑念が残った。投手を代打に出さなきゃいけないような選手の使い方ってどうよ、とかね。
まあ、セリーグで最下位争いを繰り広げてるチーム同士の対戦だし、それに似つかわしい凡戦だった、という気はする。
ヤクルトは、バレンティンと山田の好調は本物ぽいし、他にも雄平や坂口が安定して打っているから、打線はそんなに悪くないはずだけど、投手陣がどうにもならん。中尾や風張が中継ぎの主軸という時点で、そりゃダメだろう、と思ってしまう。近藤は相変わらずいい時と悪い時の差がありすぎるし、秋吉は全然ダメぽいし。それでも、試合を見ていると、まだ中日よりは投手陣の状態はいいのかな?、と思うんだが、この3連戦は負け越しちゃったしな。
20180503board
20180503kyujo
20180503encho
20180503end
20180503score
フィラデルフィア・フィリーズのマスコットが来場。マニエルの縁だったらしい。正直、それほど盛り上がってた感はなかったと思うが…。
20180503phily

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対中日(5/1)

2018.5.1 (火) 18時 神宮球場
D 000020040 6
S 000220010 5
[敗]秋吉、[勝]谷元、[S]田島
[H]S:雄平(柳)、バレンティン(鈴木博)

6時半に着いて、2回裏から観戦。この時点でスコアは、まだ0対0。

先発はヤクルトがハフ、中日が柳。
ハフは多少苦労して1-2回を乗り切った気配だったが、3回表は悪くなかった。でも、3回裏に1死2塁で打順が回ると、いきなり代打。見切りが早い。しかもこの代打は成功しなかった。
柳は順調だったようだが、ふたまわりめに入って捕まえた。4回に青木が四球で出て、雄平のツーランで先制。
しかし、2番手で登板した松岡が、5回表に四球・ヒット・自身の野選で無死満塁。1死取って中尾に代わったが、中尾はアルモンテに、2点タイムリーツーベースを打たれて同点。
けれども、その裏、山田と青木のタイムリーで、また2点差に引き離した。
6-7回は近藤がきっちり抑えて流れを作り、このまま終わるかと思ったが、8回に登板した秋吉が、1死後に3連打を浴び、平田のタイムリーで1失点。急遽、石山がリリーフするも、藤井にタイムリーを打たれて同点。さらに大島に、レフト線への2点タイムリーツーベースを打たれて逆転。4対6。

8回裏終了で9時半を回ったので撤収。球場の外で8回裏にバレンティンがソロホームランを打った気配は聞いたから、勝敗はわかんない状態になってたと思うが、気にしない。いかにも最下位争いらしい泥試合、というだけよ。

帰宅して確認したら、そのまま5対6で負けたそうで。

それにしてもヤクルトは、今からこんな、明日なき戦いみたいな投手起用してて、いいのかね。6月くらいには早々にパンクして、故障者続出しそうだが。ライアン小川やホッシーが、今月早々にも戻ってきて、頼りに出来る状態で使えるんなら、一時的なこと、で済むんだろうけど。
打線はそこそこ好調ぽいんだけどね。
20180501board
20180501kyujo
20180501score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対DeNA(4/22)

2018.4.22 (日) 18時 神宮球場
B 000000011 2
S 00000204X 6
[勝]由規、[S]石山、[敗]ウィーランド
[H]S:バレンティン(ウィーランド)、山田(須田)、B:ロペス(石山)

久々の現地観戦。

先発投手はヤクルトが由規、DeNAがウィーランド。由規じゃ、良くて5回3失点くらいかなと思ってたが、予想外の好投。6回まで1安打1四球。由規のこんな好投を見たのはいつ以来だろう、という感じ。
ただ、打線もウィーランドを崩せない。初回にいきなり連打で無死1-3塁にしながら得点し損ねると、その後は5回まで1安打。しかし6回に四球のランナーを置いて、バレンティンがレフトスタンドへ豪快に放りこんで、2点先制。
由規は、直後の7回に四球でランナーを出した後、宮崎にセンターフェンス際までの中飛を打たれたところで交代し、この回は近藤が締めた。続く8回は、2試合連続で9回の締めを失敗したカラシティーが登板し、連打の後の内野ゴロで1失点。さらに四球を出したところで、たまらず石山がリリーフして終わらせた。
その裏、DeNAは砂田を投入してきたが、2死後に坂口が粘って四球で出塁。ここで投手は須田に代わったが、山田がツーランを放りこんで3点差。さらに西浦の2点タイムリーツーベースも出て、試合を決めた。
回跨ぎで9回も登板した石山は、ロペスにホームランを打たれて1点失ったが、点差が広かっていたおかげもあり、つつがなく終了。

由規の出来に尽きる試合だったと思う。前日、バカみたいな負け方をした(9回に1点差を追い付かれ、10回に勝ち越された)分を取り返したかな、という感じ。
しかし、クローザーは難しくなってきたな。3試合連続で、こういうピッチングをされると、カラシティーを信頼するのは難しくなってくるが、石山も完璧とは言い難かった。どうするのかな。
20180422board
20180422kyujo
20180422end
20180422score
20180422hero
20180422starman

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対巨人(4/8)

2018.4.8 (日) 13時 神宮球場
G 001300000 4
S 10300120X 7
[勝]中尾、[S]カラシティー、[敗]野上
[H]S:バレンティン(野上)、G:大城(山中)

巨人の投手陣を打ち崩して連勝したのを受けての、3連戦3戦目。

先発投手はヤクルト山中、巨人野上。
野上が制球悪く、ヤクルトが初回に山田の四球→盗塁→犠打→内野ゴロと、ノーヒットで先制。
山中は順調に見えたが、3回表に大城に一発食らって同点。
3回裏に西浦のタイムリーとバレンティンのツーランで3点引き離すが、4回表に山中がポコポコ打ち込まれて、また同点。
しかし5回から登板した中尾が、そこから3イニングを0点に抑えた。中尾のこんなに安定したピッチングって、見たことがない気がする。3日前にも、目の前でヘタレたピッチングを見たし。こういう日もあるんだ、という感じだった。
その間にヤクルトは、6回に廣岡が、野上をリリーフした澤村から犠飛を打って勝ち越し、さらに7回にも、バレンティンと田代のタイムリーで2点追加。
8回9回の巨人の攻撃は、石山、カラシティがきっちり抑えて逃げ切った。

巨人を3タテしたけど、ヤクルトが強いというより、巨人がダメ過ぎという感じだった。ヤクルトも先発投手陣は、この3連戦、初戦のブキャナンは良かったが、その後の石川、山中が早々に降板に追い込まれているし。この日の中尾は良かったけど、どこまで安定してるのかなってのは、まだ半信半疑。
でも、打線の好調は本物ぽい。当面は打ち勝つ野球で結果を残して、故障で出遅れてる先発投手陣の復帰を待つ、というところか。
20180408kyujo
20180408board
20180408score
20180408end

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対広島(4/5)

2018.4.5 (木) 18時 神宮球場
C 000030101 5
S 000002002 4
[敗]館山、[勝]岡田、[S]中崎
[H]S:畠山(中崎)、C:丸(館山)、菊池(風張)

今年のセリーグ初観戦。2回表途中から見ていた。

先発投手はヤクルト館山、広島岡田。
館山はヒットを毎回のように打たれ、崩れそうだけど崩れない。熟練の投球術を見せていたと思うが、5回に岡田にヒットを打たれた後、やや不運な内野安打、ゲッツーの取り損ないと続いて、丸にスリーランを食らい失点。それでも6回3失点だから、(ヒットを打たれ過ぎのきらいはあるにしても)十分なピッチングだったとは言えると思う。
打線は岡田の前に4回までノーヒット。5回にようやく奥村が初ヒットという状態。しかし6回に館山の代打・大村(公式戦初出場だったはず)が、ファールで粘って四球で出塁し、これをきっかけにバレンティンと青木のタイムリーで2点を返した。
けれども、7回表に登板した中尾が、安定感を欠くピッチング。それでも広島の拙攻のおかげで、無失点で2死1-2塁にこぎつけたが(ちなみに1塁走者は、今季から始まった申告敬遠。初めて見た)、そこで代わった近藤が2連続四球で押し出し、2点差。9回には風張が登板し、菊池にライトへ放り込まれ3点差。
正直、中尾も菊池も期待度はかなり低いピッチャーなので、やっぱり、としか思わなかったが。近藤も、好きなピッチャーだけど、調子の波が大きいのは否めない。
3点差で9回裏、ランナー1人を置いて、代打で出てきた畠山が、中崎からレフトへツーランを放って1点差に追いすがったが、そこまで。

これくらいの失点は仕方ない投手起用だったと思うので、打線があれだけ抑えられた以上は、敗戦は仕方ない。
育成選手から支配下登録されたばかりの大村くんが、粘りの打席とファーストに入っての堅実な守りを見せてくれたことと、ハタケのホームランが見れたことで、十分満足は出来た。あと、今年も館山のピッチングを見れたことも。
それにしても、今年もカープはよく打つね。
20180405board
20180405kyujo
20180405score
20180405end
大村
20180405ohmura1_2
ホームランを打ってホームベースを踏むハタケ
20180405hatake

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧