イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/21)

2018.7.21 (土) 16時 浦安市運動公園野球場
S 001002000 3
M 000000000 0
[勝]寺島、[S]梅野、[敗]渡邊
[H]S:村上(渡邊)

初めて来た球場。新しい球場らしく、きれいだった。バックネット裏からだと、(遠くに)海は見えるし、プロメテウス火山は見えるし、飛行機が次々飛んでくのが見えるし、隣の陸上競技場のスコアボードも見えるし(関東リーグのサッカーをやっていた)、気が散り放題(^^;)。
なお、観客数は1016人だったとのこと。

先発投手はヤクルト寺島、ロッテ渡邊。
寺島が下で先発して投げるのは初めて見た。正直、よくわからない。特に何か圧倒的なものを持っているわけではなく、ヒットはポツポツ打たれるし、制球が不安定になって四球でランナーを溜めることもある。でも、野手の好守にも助けられ、要所は締める。何がいいのか、よくわからないけど、結果的には6回無失点。そういえば、赤川にも、こんなふうな印象があったなあ、というのを思い出した。

ロッテの渡邊は、そんなに悪くはなかったが、ボールが先行しがちで、苦労していた印象はあった。
3回に渡邊自身のエラーで山崎が出て、村上のタイムリーでヤクルトが先制。6回には先頭の村上のソロホームランの後、大松・比屋根の連打から、内野ゴロでもう1点。
7回以降は双方継投に入り、ヤクルトは7回山本、8回松岡、9回梅野とついないだ。ちなみに、ロッテは7回関谷、8回高野、9回大隣。ランナーは出たものの、得点には至らず、そのまま3対0で終了し、ヤクルトの勝ち。

村上がサードの守備に就いていたので、興味津々で見ていたが、平凡なゴロをふたつ、無難に捌くだけの守備機会しかなかった。ショートに入った廣岡が、横っ飛びでヒット性の当りをふたつアウトにしたから、なおさら霞んでしまった。廣岡は、今日の守備は冴えてたな。グラブを出せば、ボールが吸い込まれてくる、という感じだった。
20180721board
20180721stadium
20180721end
20180721score
20180721gaikan1
20180721gaikan2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対巨人(7/10)

2018.7.10 (火) 18時 神宮球場
G 012200100 6
S 000001110 3
[敗]ブキャナン、[勝]メルセデス、[S]マシソン
[H]G:長野(ブキャナン)、マギー(ブキャナン)、坂本(ブキャナン)

オールスター前最後の神宮観戦。

先発はヤクルトがブキャナン、巨人はメルセデス。
キャリア的にはブキャナンの方が全然上のはずだけど、2回表に1失点してたし(長野のホームラン)、3回表に自分が球場に入った直後、目の前でマギーにツーランを食らった。4回表にも坂本のツーランで5失点、5回で降板。
メルセデスも5回までだったが、無失点。すごくいい内容という感じではなかったけど、ミスの少ないピッチングだったかなと。

6回以降は双方継投。6回裏にヤクルトが桑原から1点(畠山のタイムリー)、7回表に巨人が近藤から1点(陽のタイムリー)、7回裏にヤクルトが桑原から1点(上田のタイムリーツーベース)、8回裏にヤクルトが澤村から1点(雄平のタイムリー)。双方、ランナーを溜めて、一気に崩せそうで崩せない、もどかしくて地味な加点が続いた。それでも、なんとなくヤクルトが3点差まで詰めた、というイメージで9回表に入ったが、9時を回っていたので撤収。
9回裏は打順も良かったので、逆転サヨナラの目はあると思ったが、簡単に三者凡退で終わってしまったらしい。自分が撤退するまで、4打席4安打と、前日のサイクルヒットに引き続き、絶好調だった山田も、9回裏はあっさり凡退してしまったようだし。

とはいえ、山田はついに打率が3割に乗った。一気に調子を上げてきたね。チームの調子とは、全く連動してないが。
20180710board
20180710kyujo
20180710score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(7/9)

2018.7.9 (月) 13時 ヤクルト戸田球場
M 010000010 2
S 00030020X 5
[勝]岩橋、[S]梅野、[敗]藤岡貴

ヤクルト戸田球場のイースタンリーグ。
晴れていて風が強かったが、雲が多い空模様で、近所では大雨警報が出ている自治体もあったから、油断できんなと思った。それもあって、ブルペン横の座席は無料だったはずだが、身軽に動けるように土手上で観戦していた。もっとも、結局、最後まで天気は崩れなかった。

先発投手はヤクルト古野、ロッテ藤岡。
古野は3回まで投げて被安打5(しかも大半がクリーンヒット)、与四球1。ロッテが三振ゲッツー2回と拙攻を繰り返したおかげで、2回に1点を失っただけで済んだけれど、この内容ではちょっと、という感じの出来。
4回からは岩橋が投げ、こちらもぴりっとしない出来だったが、引き続きロッテの拙攻にも助けられ、6回まで無失点。
打線は一回り目は藤岡にほぼ完璧に抑えられていたが、4回に突然、藤岡の制球が乱れ始めた。奥村の死球に始まり、廣岡・村上の連続タイムリーで逆転。2死後、渡邉のスリーベースでもう1点。3-1になった。
7回には、ロッテ3番手の山本が制球難なのに付け込んで、押出し四球と奥村の犠飛で2点追加。
投手は7回から山中が登板し、8回に2安打と四球で1死満塁として、内野ゴロで1点を失ったが、後続は断ち、9回は梅野が先頭打者に四球は出したものの、あとはきっちり抑えて逃げ切った。

ロッテの拙攻で救われた試合。投手でまずまず良かったのは、梅野だけじゃないかな。他の3人には不満が残った。得点も、ロッテ投手陣の自滅ぽいものが多かったし、まあ、勝ちを拾った感じだったかもしれない。
20180709kyujo
20180709board
20180709end
20180709score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対阪神(7/1)

2018.7.1 (日) 17時 神宮球場
T 060000000 6
S 012000002 5
[敗]寺島、[勝]小野、[S]ドリス
[H]T:俊太(寺島)

今年初めての阪神戦観戦。これで上下合わせれば、今季は12球団全部を観戦。そして、神宮でセリーグ全チームを観戦。

先発投手はヤクルトが寺島、阪神が小野。
去年ドラフト1位で入ったが故障で出遅れ、去年はほぼ1年棒に振った寺島。今年の5月に初めて下で見たけれど、大した印象もなかったし、今日はほとんど期待していなかった。チーム的にも、現在の投手事情では、誰を出してもどうせ打たれるし、今の打線なら打たれた分を取り返してくれるかもしれんからOK、くらいの感覚だったのでは、と推測。寺島は、ドラフト1位で取った以上、ファンにお披露目しないと、みたいな気持ちもあるだろうし。

寺島は初回は三者凡退だったが、きわどい打球もあって、危なっかしさは既にあったと思う。そして、2回1死後に俊介にホームランを打たれ、次の原口にヒットを打たれたところから、びびり始めた感じがした。制球がばらばらになり、2死は取ったが、その後4四球。タイムリー2本も打たれて6失点。この回で降板。次のチャンスはだいぶ先じゃないかなあ。
それでもその裏、打線が気配を見せて、3連打で1点。3回裏にも四球2つの後、タイムリーと内野ゴロで2点。3回から寺島に代わった大下が好投していたこともあり、3点差ならすぐ手が届くようにも思えたが、そこから小野を打てなくなった。7回に登板した藤川からは、ヒット2本と四球で2死満塁としたが、雄平が打ち取られ無得点。
7回以降は中澤、原樹理のリレーで無失点で切り抜け、3点差のまま9回裏。ドリスからヒットと四球で1死1-2塁として、山田のタイムリーで1点。バレンティンの犠飛でもう1点。ついに今日も打線発爆発かと思ったが、ここでも雄平が倒れて、1点差で終了。

いきなり6失点して、その後、小野がヨタってた時は、今日もボロカスな試合かよと思ったが、大下がよく試合を立て直したと思う。3時間半かかる長い試合ではあったけど、このところ壊滅的なヤクルト投手陣も、今日は寺島以外は無失点だったし、まあ悪くはない試合だったと思う。
20180701board
20180701kyujo
20180701end
20180701score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースタンリーグ ヤクルト対楽天(6/30)

2018.6.30 (土) 13時 ヤクルト戸田球場
E 100003001 5
S 00102220X 7
[勝]松岡、[S]星、[敗]濱矢
[H]E:山田(星)

2日連続で行ったヤクルト戸田球場のイースタンリーグ。
今日も陽射しが強くて暑く、南から暴風。梅雨前線を北へ追っ払った、太平洋高気圧の猛威を感じる。

先発投手はヤクルトが村中、楽天は近藤。
村中は初回、八百板と山下のヒットであっさり1点先制を許したが、以降は危なげない内容で5回までを投げた。
打線は3回、先頭の山崎がライト前ヒット。これをライトのフェルナンドが後逸して、3塁まで行き(1ヒット1エラー)、次打者の内野ゴロで還って同点。5回も先頭の山崎が出塁して、さらに二盗。武内がライト前ヒットで続き、山崎は一気にホームを突いた。ライトのフェルナンドの本塁への送球は逸れ、山崎が還り、武内も3塁へ(ここも1ヒット1エラーだけど、山崎の生還がエラー扱いかヒット扱いかは不明。逸れなかったらきわどかったとは思う。武内が2塁へ進んだのは、明らかにエラー)。そして、その後、1死2-3塁となった場面で、キャッチャーがランナーが飛び出した2塁へ送球したが、その間に武内が本塁を突いて3点目。楽天の守備の乱れを突いた3点という感じ。
しかし、6回表、そこまで安定していた村中が突然崩れる。先頭打者からいきなり4連打で同点。さらに暴投で1点を勝ち越され、次打者に死球をぶつけた所で、松岡に交代。松岡は続く3人を打ち取り、よくしのいだ。
6回裏、前の回にリリーフで出た濱矢から、四球とツーベースでチャンスを作ると、比屋根が2点タイムリーを打って、すぐに再逆転。
7回裏には、楽天3番手の寺岡から、死球・犠打・サードエラー・ヒットで1死満塁として、山崎のタイムリーで1点追加。さらに四球押出しでもう1点。
投手は7回まで松岡が投げて無失点。8回も梅野が無失点。3点差の9回表は星が登板し、代打の山田にホームランを一発食らったが、その1点にとどめて逃げ切った。

途中まで期待を持たせる出来だった村中が、一気に崩れたのには、ちょっとがっかりした。彼は、やっぱりもう厳しいのかなあ。
あと、宮本が今日はショートを守ったが、危なっかしい場面が多く、先日1軍登録があったとはいえ、そう簡単な道のりではないだろうなと思った。楽天のショート西巻が、昨日今日と好守を連発していたので、なおさらそんな感じがした。もっともヤクルトは、守備が酷くても、打てさえすれば上げる傾向があるけれどね。
20180630board
20180630kyujo
20180630end
20180630score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースタンリーグ ヤクルト対楽天(6/29)

2018.6.29 (金) 13時半 ヤクルト戸田球場
E 000100010 2
S 20100000X 3
[勝]菊沢、[S]星、[敗]石橋

楽天の試合を見るのは、上下合わせて、今季初めてだった気がする。とりあえずこれで、今年もイースタンリーグの全チームを観戦。

南からの暴風が吹きまくっていて、飛球が流れるなど、それなりに試合に影響を与えていた気はする。いつもは土手上で試合を見ているが、さすがに暴風にさらされ放しはつらそうだったし、梅雨明け直後の陽射しもきつかったので、久々に平日無料のブルペンシートに潜り込んで観ていた。

先発投手はヤクルトが屋宜、楽天が石橋。しかしヤクルトは最長2イニングでの継投で、屋宜を先発でテストしようとか、全くそういう意図はなかったらしい。
1回裏にヤクルトは2安打で1死1-2塁として、2走の上田が三盗を敢行。キャッチャーからのサードへの送球が逸れ、上田は生還。さらにそれたボールをレフトがキャッチャーに悪送球したことで、1走の藤井も3塁に達し、次打者の内野ゴロで生還。ヤクルトが2点先制。
3回には死球で出た上田が盗塁した後、村上のタイムリーで3点目。
4回表の楽天は、3回から登板したヤクルト2番手の岩橋に対し、ヒットと四球でチャンスを作り、内田のタイムリーで1点返した。
その後は得点の動きが止まった。ヤクルトは5-6回を菊沢、7回を久古が投げ、楽天は石橋が6回まで、7回から小山が登板。得点圏まで走者は進むが、タイムリーが出ない。
8回表にヤクルトは梅野が登板。セカンドエラー・四球・ヒットで1死満塁として、内野ゴロの間に1点を失ったが後続は断ち、9回は星が三者凡退に抑えて逃げ切った。
20180629board
20180629kyujo
20180629burupen
20180629end
20180629score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対中日(6/28)

2018.6.28 (木) 18時 神宮球場
D 011000031  6
S 002000025X 9
[勝]原樹里、[敗]田島
[H]S:バレンティン(祖父江)、山田(田島)

2回裏途中から観戦。先発投手はヤクルトが石川、中日が笠原。笠原には個人的事情で(^^;)肩入れしていて、投げるのを見に行く機会もそうそうないので、中一日で神宮へ行った。

石川はあんまり良くなかった感じで、2回表に1失点してたし、3回にも連打の後の犠飛でもう1失点。
しかし2点のリードを貰った笠原が、3回裏2死から、西浦・青木・山田にツーベース3連発を食らって、簡単に同点。
その後、試合は膠着。石川は5回で降板したが、結局2失点止まりだったから、通常運行の範囲内だったかな。6回7回は山中・中尾のリレーで抑えた。
笠原も、かなりあっぷあっぶしながらも、5回2失点で切り抜け、中日も6回7回は鈴木博・又吉のリレーで無失点。

8回からいきなり試合が動いた。8回表に近藤が4安打で3失点し、勝ち越されたが、その裏に祖父江からバレンティンがツーランを打って、1点差に追いすがる。
9回表に中澤がツーベース・犠打・タイムリーで失点し、2点差に開く。しかし、ここで原樹理が出て、ビシエドを投ゴロゲッツーに仕留めて、中日の攻勢を止めた。
9回裏の中日の投手は田島だったが、いきなり坂口に四球。代打雄平ヒット、上田死球で無死満塁。西浦の2点タイムリーで、まず同点。1死後、山田がレフトスタンドへ放り込み、サヨナラスリーラン。

一昨日、昨日と中日の投壊試合を見てきて、今日は少し違うのかなと思ったが、終わってみれば、また投壊(^^;)。ちょっとひどすぎるな。あんまり、よそのチームのことを言える立場でもないが。
実際、今日に関しては、ヤクルトの投手陣も似たようなもんだった。ただ、山田とバレンティンの大砲2つが機能してる限りは、それでも試合は壊れないんだから、ヤクルトはそれでいいんだろうと思うよ。中澤はさすがにどうかと思うけど、近藤は当たりの時もあるし、そういう投手が中継ぎの軸でも、大きな問題ではなく、今年のチームはそういうチームだと割り切るべきだろう。そもそも、代わりの投手もいなさそうだしね。
中日の笠原は、頑張ってたとは思うが、ちょっと物足りなかった。きっちりストライクが取れていたから、制球は悪くなさそうだけど、決め球に苦しんで、粘られ過ぎていた印象。もうひとつ、上積みが必須なんだろうな。
20180628board
20180628kyujo
20180628end
20180628score
中日の笠原
20180628kasahara

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対中日(6/26)

2018.6.26 (火) 18時 神宮球場
D 000000001 1
S 00310302X 9
[勝]ブキャナン、[敗]小笠原
[H]S:青木(小笠原)、西浦(小笠原)、山田(木下雄)

交流戦明けの神宮球場初戦。

2回表から観戦。先発投手はヤクルトがブキャナン、中日が小笠原。
ブキャナンが、素晴らしく安定したピッチングを見せた。ここのところ、いまいちな内容のピッチングが多かった印象だったが、今日は期待通り。しかも、好投すると報われない傾向にあるが、今日は自ら突破口を開いた。3回裏に内野安打で出て、これを足がかりに青木が先制のスリーラン。4回裏には1死2塁で、レフト線へタイムリーツーベースを打ち追加点。
ピッチングでも3回から7回までノーヒットに抑え、6回に西浦のスリーラン(これもブキャナンの野選での出塁が絡んだ)、8回に山田のツーランの援護も貰い、9対0で9回表。
先頭の大島に、レフト線へ打たれ、レフトのまずい守備もあって、スリーベースになると、アルモンテのタイムリーで1点を失った。これで完封は逃したものの、被安打5で余裕の完投勝利をおさめた。

中日は小笠原の代え時を失敗した感じだったけど(6回まで小笠原が投げた)、今日のブキャナンの出来なら、ヤクルトが先制した時点で試合は決まってたな、という気はする。むしろ、だから敢えて代えなかったのかもね?)
20180626board
20180626kyujo
20180626end
20180626score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(6/19)

2018.6.19 (火) 18時 神宮球場
H 021000020 5
S 000004000 4
[敗]近藤、[勝]加治屋、[S]森
[H]H:上林(近藤)

交流戦最終戦。雨で流れた6/6の代替試合。ちなみに、ヤクルトは6/17の日ハム戦で、交流戦勝率1位を決めていて、それ絡みの物販などの告知を、しきりに流していた。

2回裏から観戦。先発投手はヤクルトがブキャナン、ソフトバンクが武田。
2回表にブキャナンが2失点したようで、3回にも四球とツーベースでピンチを作り、内野ゴロで1失点。球数も多く、やや不安定だった感じ。6回にも2死1-2塁のピンチを作ったが、ここはこらえた。
ソフトバンクの武田は安定感のあるピッチングだったが、5回に2連続四球を出して、急におかしくなった。一旦ベンチに下がって、治療か何かをしていたようだから、もしかすると何か故障? 4回に強い投ゴロを処理した時に、手を痛めたような素振りが見えたし。
そして、ソフトバンクは6回は寺原が登板したが、ブキャナンの代打・田代の内野安打と四球で、いきなり無死1-2塁。投手が嘉弥真に代わったが、青木のタイムリーで1点。続く川端のセカンド後方への飛球は、川瀬がよく追い付いて捕球した、と思ったらこぼして(記録はエラー)、もう1人還って2対3。投手はさらにモイネロに代わったが、暴投で走者2-3塁。1死後、雄平の代打に畠山が起用され、正直、?と思ったんだが、センター前にきっちり2点タイムリーを打ってくれた。これで逆転。疑って悪かった(^^;)>ハタケ。
7回表は原樹理・中澤の継投で無失点。7回裏は加治屋に対して、山田がヒットと盗塁でチャンスを作ったが、無得点。ここで9時を回ったので、新しい回には入らずに撤退。なんかダラダラと長引きそうな気配がしたこともあり。

5回までの展開なら、もう少し締まった試合でも良さそうなもんなんだが、なぜか今年の交流戦は、ヤクルトを相手にすると、パリーグ各チームはぐだぐだな試合をせずにいられないようで。ヤクルトの打線が強いから、とは思えるものの、正直、よくわからない。交流戦が始まる前まで、あれだけボロボロなチーム状態だったヤクルト相手に、なぜ?、とも思うんだよな。
ヤクルトとしても、交流戦1位の快進撃は良かったにしても、交流戦が明けて、通常のリーグ戦に戻ったらどうなるか、というのは未知数だなあ、と思う。まあ、始まってみればわかることだ。

で、試合自体は、8回表に近藤が、上林に逆転ツーランを打たれて負けたそうで。
7回終了で帰った時、ハタケのお立ち台を見損なうことだけが心残りだったんだが、負けたから、それはなかったわけなんで、まあいいや、という感じ(^^;。
試合も、10時頃までやってたようで、ダラダラ長引きそうという予感は当たっていたわけだから、帰っちゃって正解だったな。
20180619board
20180619kyujo
20180619score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交流戦 西武対ヤクルト(6/12)

2018.6.12 (火) 18時 県営大宮公園野球場
S 002100000 3
L 000001000 1
[勝]石川、[S]石山、[敗]カスティーヨ

戸田から転戦した。多分、2010年以来の、県営大宮球場での交流戦の西武戦。
試合時間中は雨の天気予報だったが、16時過ぎにどしゃ降りが来て、雨雲が抜けたおかげで、降らなかった。助かった。もっとも、自分自身は、先行したどしゃ降りを、戸田の帰りに思い切り浴びたわけだけど。

先発投手はヤクルト石川、西武カスティーヨ。
石川は安定した立ち上がりだったが、カスティーヨは制球がいまいち不安定だった。3回に死球・四球・死球で満塁になって、バレンティンが2点タイムリーを打ち、ヤクルトが初ヒットで先制。
カスティーヨは5回には、中村の頭にボールをぶつけ、危険球で退場。中村も担架で運び出された。これで、試合が壊れるかなと思ったが、緊急リリーフの小石が割と落ち着いていて、追加点は山田のタイムリーでの1点止まり。
その後は投手戦。西武の継投が良くて、以降のヤクルトは、追加点を挙げられなかった。しかし石川もよく投げて、6回2安打1失点。後を受けた近藤、中尾、石山もきっちり0点で抑え、ヤクルトが3対1で勝った。

カスティーヨがヒド過ぎたと思う。交流戦に入って、相手投手の出来が悪くて相手の自滅で勝てた感じがする試合が結構あって、今年の交流戦はヤクルトが強いというより、パリーグのチームがショッパイだけなんじゃ、と思うけれど、セリーグの他のチームは必ずしも好調じゃないしな。よくわからないな。

中村が大事に至らなかったようなのは、良かった。
20180612kyujo2
20180612kyujo20
20180612board2
20180612score2
20180612end

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧