セリーグ ヤクルト対DeNA(6/23)

2017.6.23 (金) 18時 神宮球場
B 0001400020  7
S 0010040201X 8
[勝]石山、[敗]平田
[H]B:戸柱(ブキャナン)、筒香(ブキャナン)

リーグ戦再開初戦。だいたいこういう節目でDeNAと当たると、DeNAが勝負弱さを発揮してくれちゃう、というイメージだったが。

先発投手はヤクルトがブキャナン、DeNAが井納。
1回、3回とブキャナンはランナーを3塁に置いたが、DeNAの拙攻にも助けられ無失点。そうすると3回裏にヤクルトが坂口のツーベースで手堅く先制。
しかし4回表に、ブキャナンが戸柱に一発を浴びて、あっさり同点。さらに5回には、梶谷のタイムリーで1点失って逆転された後、筒香にスリーランを食らって4点差。今日のDeNAは、いつもと違うみたいだと思った。
しかし6回裏に、井納が崩れた。グリーンが粘って出た四球から、2四球1安打で無死満塁。ここから内野ゴロ2つで2点を返し、さらに坂口、上田の連続ツーベースで一気に同点。
8回裏にはDeNA3番手の砂田から、ヒットと四球で2死1-3塁。上田のスリーベースで、2点勝ち越し。
後は9回表を秋吉が抑えるだけだったが、ヒット、四球、犠打で1死2-3塁になり、桑原にスリーベースを打たれて、まさかの振り出し。しかし、ここで勝ち越せないのがDeNAの勝負弱さだったな。
延長に突入した10回裏、DeNA5番手の平田から、先頭の藤井がヒットで出て、井野が送り、武内の右中間へのタイムリーでサヨナラ。

今年は1軍に昇格してから、そこそこの打率を残して、1軍に居続けてるとはいえ、このタイミングで、近年、終わった感の強かった武内のサヨナラ打&ヒーローインタビューを見るとは。ちょっとびっくり。でも、まあ、良かったんじゃないかな。
で、やっぱりDeNAは勝負弱かったと。牽制死とか、チャンスで出ないタイムリーとか、拙攻が多過ぎたな、という感じ。
それにしても、秋吉もあかんね。登板間隔が開き過ぎた?
同じくらいあかんのは山田だろう。1安打はあったけど、これも半分はDeNAの守備ミスぽかったし、内野ゴロに終わった6回と8回のチャンスのどっちかで打っていれば、もっとすんなりヤクルトが勝っていたはず。いまだにスランプから抜けられてないらしい。
20170623board
20170623kyujo
20170623encho
20170623end
20170623score
20170623takeuti
20170623mascot

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(6/22)

2017.6.22 (木) 13時 ヤクルト戸田球場
B 100220002 7
S 30370000X 13
[勝]中島、[敗]熊原
[H]B:シリアコ2(中尾、徳山)

2日ぶりのDeNA戦。
昨日は雨で流れた。朝からかなり雨が降っていて、中止は結構早い時間に発表されてたが、試合の時間帯も暴風雨に近い天候だったので、中止は正解だった。

今日の先発はヤクルト中尾、DeNAは熊原。
中尾はあんまりいい所を見たことがないピッチャーで、初回、2死後にシリアコにソロホームランをレフトへ打ち込まれた時は、ああ、やっぱり、と思った。
しかし、熊原がそれを上回る残念っぷりだった。とにかくボール先行で、まともにストライクが入らない。ストライクを取りに行くと打たれる。初回、4安打1四球、西浦の2点タイムリーツーベース、奥村のタイムリーで簡単に逆転。2回裏は走者を出しながらも、得点出来なかったが、3回には2死後4連打で、さらに3点追加。
4回表、中尾が細川の2点タイムリーツーベースで2点を失い、まだ分からない?、と思った(ちなみに、サード廣岡の1塁悪送球が絡んだ)。
しかし、4回裏、DeNA2番手の国吉が、熊原を上回るダメっぷりを見せた。ストライクが入らず4四球、さらに5安打で、ヤクルトは7点を取って、試合を決めてしまった。
それでも中尾は、5回表、1死後に四球を出す不安定ぶりで、ここで徳山に交代。何かアクシデントもあっての交代だった可能性もあるが、正直言って、中尾は安定感がなさ過ぎたと思うので、仕方ない。ただ、徳山も次打者のシリアコに、レフトへツーランを打ち込まれてしまった。これでもスコアは13-5なので、痛くはなかったとは思うが。

この辺の時間帯、試合がダレきっていて、正直、もう帰っちゃおうかなと思った。しかし、この後は、双方、まともなピッチングをする投手に代ったので、比較的すんなり試合が進んだ。DeNAは福地、高崎、藤岡、尾仲、ヤクルトは中島、成瀬、土肥、岩橋。最後の岩橋はヒット3本を打たれて2失点する、あまりよろしくない内容だったが、これも大勢には影響なく、ヤクルトが勝った。

今日はとにかく、DeNAの最初の2人のピッチャーがダメ過ぎた。一昨日の三嶋といい、今日の国吉といい、このあたりのピッチャーがこんな状態じゃあ、DeNAも厳しいに違いない。この辺に頼らなくてもいい投手陣を、1軍で構築出来ているのなら話は別だが、そうでもなさそうだよな。
ヤクルトについては、故障から復帰のバレンティンが出場して2安打、きっちり走塁も守備もやっていたので、すぐに1軍復帰するんじゃないかなと思う。これは好材料か。
中尾については、結局、個人的に残念なイメージを払拭できなかった感じ。
20170622kyujo
20170622board
20170622tin
20170622end
20170622score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(6/20)

2017.6.20 (火) 13時 ヤクルト戸田球場
B 220011000 6
S 00020600X 8
[勝]村中、[S]松岡、[敗]野川

暑そうだなと思っていたが、雲が薄くかかっていたのと、川風があったので、思ったほどでもなかった。

先発投手はヤクルトが高橋、DeNAが三嶋。
高橋がひどい出来だった。初回、制球が悪く、2安打3四球で2失点。2回も5安打で2失点。しかもこの回は自身の牽制悪送球もあったし、奥村のファインプレーの一直併殺がなかったら、もっとボロボロになっていた可能性が高い。期待の若手のはずだったのに、このところ、見るたびに、どんどん内容が悪くなっている気がする。変な所に迷い込んじゃったのでなければいいけど。
3回から登板した田川がそれなりにまとまったピッチングだったとはいえ、早々に負けムードになっていたが、4回裏に、今度は三嶋がおかしくなった。いきなり3連打で無死満塁。しかし、押出しと内野ゴロで2点取ったのみ。5回表に田川がバッテリーエラーも絡んで1点を失い、6回表には3番手村中が1失点と、着々と離される良くない流れ。
ところが6回裏に、また三嶋が乱調。2安打1四球でまた無死満塁。今度は比屋根がタイムリーを打って、まず1点。1死後、DeNAの投手は2番手の野川に代ったが、山崎がタイムリーでもう1点。さらに押出し四球で1点差になった後、谷内の右中間への走者一掃タイムリーツーベースで、とうとう逆転。
7回以降は、菊沢・風張・松岡とつないで無失点に抑え、ヤクルトが逃げ切った。

正直、双方のピッチャーがしょっぱ過ぎて、ダレた試合だったので、逆転勝ちといっても、イマイチな感じ。
高橋はちょっと心配になってきた。なんせ、まともにピッチャーを育てられないチームだからなあ。
それから、廣岡が復帰?していたが、4三振と全くいい所がなかった。まあ、元々三振の多いバッターではあるが。彼も1軍で、変な癖が付いたんでなきゃいいんだけどね。
20170620kyujo
20170620board
20170620end
20170620score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(6/16)

2017.6.16 (金) 13時 ロッテ浦和球場
S 033000020 8
M 001000000 1
[勝]館山、[敗]原
[H]S:原

用事があって、プレイボールには間に合わず。それでも2時半頃に行ってみたら、ちょうど5回終了後の切れ目だった。その時点でスコアは、ヤクルト6-1ロッテ。原泉のスリーランとかがあったらしい。
ヤクルトの先発は館山で、6回もマウンドに上がった。ロッテの打順の進み方から考えて、相当ランナーを出してたはずなんだが(大半はヒットだったらしい)、それでも1失点で凌いでいたのは、館山の近頃の芸風そのものだなと思った。ただ、2軍でこういうピッチングで勝てていても、大抵は、1軍では通用しないんだよな。館山もそういう状態に陥っているから、1軍で先発しても、失敗して即2軍へ戻る繰り返しになってる、と理解してる。2軍では、もう少し、圧倒的な内容で勝つことを繰り返せるようでないと、1軍で結果を残すのは難しいんじゃないだろうか。
で、今日の館山は7回まで投げて1失点。これだけ見ると、好投には見えるんだが。
後続の投手は、8回は村中、9回は今年初めて見た松岡。2人とも三者凡退で片づけた。

打線は、6回から登板したロッテの成田を8回に攻めて、相手の野選やスクイズで2点を追加し、最終スコア8-1で勝った。

6点を取った攻撃を見れてないんで、なんか消化不良気味ではあったけど、まあ、見た範囲でも2-0で勝ちだった(^^;

それにしても、今年のイースタンのヤクルトは、なんだか、スクイズが多い気がする。高津の方針? 育成のための2軍の試合で、あんまり細かいことやっても、しょうがないんじゃないかという気もするんだけど、バントやスクイズも練習しないといかんのは確かではあるか。
20170616tochu
20170616hyou
20170616kyujo
20170616end
20170616score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交流戦 ヤクルト対楽天(6/14)

2017.6.14 (水) 18時 神宮球場
E 000010010 2
S 10010100X 3
[勝]由規、[S]秋吉、[敗]安樂
[H]S:グリーン(安樂)、E:ウィーラー(ルーキ)

先発投手はヤクルトが由規、楽天は安樂。
どちらの投手も今季はイースタンでしか見てなかったが、由規は近年では一番調子良さそうだったし、安楽は5/24に、かなりショッパいピッチングを戸田で見ていたから、何とかなるんじゃない?と思っていた。
ただ、由規はブルペンでかなり球がばらついている感じだったので、少し不安はあった。実際、制球を乱して崩れかける場面は度々あったけれど、今日は不思議なくらい、いい当りが野手の正面を突きまくった。投ゴロを自分で処理する場面もあって、そこではいいフィールディングを見せていたと思う。5回にウィーラーのツーベースで1点失っただけで、7回を投げきった。ツキに恵まれていた感はあったとはいえ、悪くないピッチングだったと思う。

打線は、初回に雄平のタイムリーツーベースで先制。 4回には山田がツーベースで出て、暴投で3塁へ進み、グリーンのタイムリーで2点目。6回にはグリーンがライトへでっかいホームランを放り込んで3点目。
安樂には、思ってたよりはうまく抑えられた気がするけど、いいタイミングで追加点を重ねられた感じ。というか、グリーンの活躍がでかかった(守備のポカはあったが…。イースタンの試合で、ああいうエラーは見たことなかった気がするが)。1軍に上がって初戦は活躍したけれど、そのあとはパッとしないぽかったので、良かった。俺が見てないとダメなのかな?(^^;) ああいうでっかいホームランは、戸田で何度か見ている。
8回表、ルーキがウィーラーにホームランを打たれて1点差。勝ち試合をぶち壊すことでは定評のあるルーキが、またやってしまうか?と思ったが1点に止め、同じく、いまいち信頼感に欠ける秋吉も、9回に登板して、らしくない気合いの入りまくった投球で、ヒットは打たれたが無失点で切り抜け、逃げ切った。

3対2なんて、まともなスコアの勝ちは、いつ以来だろうね>ヤクルト。5/28のナゴヤドーム以来かな。
まあ、多分にツいてた試合だったとは思うので、ここからの一気の復調とかは、あんまり期待しにくい、とは思うが…。
個人的にはグリーンの1号が見れただけでかなり満足したが(^^;)。
ちなみに、廣岡はパッとしなかったな。やはり1軍はまだ早すぎるのか。安樂は、イースタンの試合では打てていたピッチャーだったのに。守備機会がなかったので、懸念が大きい守備のチョンボがなかったのは良かったが。
20170614board_2
20170614kyujo_2
20170614end_2
20170614score_2
20170614hero
20170614mascot_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「いつも、気づけば神宮に」

「いつも、気づけば神宮に」 長谷川晶一 集英社
1980年以来のファンという著者による、ヤクルトスワローズ本。
自身の観戦の記憶を元に、9つの「系譜」を設定して、昔の選手やスタッフにインタビューを行い、テーマ毎にまとめている。
さすがにファン歴が長い上に、かなり深いだけあって、インタビューの内容も相手も、ツボを心得ている。通りすがりのライターには期待出来ない、と思われる充実ぶり。
特に、日頃、あまりインタビューが行われないような、大物以外の人たちから聞いている話が興味深かった。渋井とか八重樫とか。それに苫篠弟(今は兄がヤクルトのコーチだが)。

スワローズの全てについて肯定的な、アバタもエクボみたいな強引なまとめが、気にならないわけではない。インタビューされた人たちは、軒並み、ヤクルトはいいチームと口を揃えるし、著者はそれをそのまま肯定する。そんなわけはないだろと思う理由はいくつもあるから、嘘つくなよとは思うが、球団の全面協力がなければ成り立たなそうな本てある以上、それを言ってもしょうがないわな。
外部からの視点として、広沢へのインタビューに基づいて、チームに対する必ずしも肯定的でない意見を、多少入れているあたりに、チームべったりではないという所を、一応見せようという意識を感じる。でも、結局、そうはいっても…、という所に落としていくんだが。
もう少し、客観的に見て納得出来る球団分析は出来ないものかな、とは思う。スワローズはいいチームと言いつつ、他のチームのことは知らないけれど、という但し書き付きで語っている人が何人かいる。そういうのは、全然、客観的な評価じゃないから。そういう意味でも、広沢のコメントが入っているのが、意味があるわけだけど。

ただ、本書に関しては、そうした欠点を補うだけの情報量はあると思った。
あとは、まあ、長年チームのファンだった人間にとって、そのチームが客観的にいいチームかどうかは、実はどうでもいいことなんだよな、とも思った。
自分も何だかんだ悪口言いつつ、鞍替えしようとは思わないし。でも、客観的な証拠が得られない限り、スワローズが一番いいチーム、というような言い方をする気はない。それとこれとは話が別。アバタはあくまでもアバタ。
(2017.6.7)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースタンリーグ ヤクルト対巨人(6/9)

2017.6.9 (金) 13時 ヤクルト戸田球場
G 00001000000 1
S 00100000000 1

陽射しが強くて暑かったが、雲が結構多くて、陽が翳れば割としのぎやすかった。

先発投手はヤクルト館山、巨人大竹。どちらも悪い出来ではなかった感じ。
3回にヤクルトが先制したが、三輪がツーベースで出て、内野ゴロで三進した後、山崎の足で稼いだ内野安打で還ってきたもの。この場面以外は大竹が投げていた6回までで、ランナーが二塁まで行ったのは一度だけ。
館山は5回に1失点したが、こちらも藤村がツーベースで出て外野フライで三進し、内野ゴロで還ってきたもの。館山も5回まではランナーを二塁に進められたのはこれだけで、今年見た中では一番の安定感だったかもしれない。それでも6回7回は得点圏に走者を背負ったが後続を断ち、8回1失点で降板。
ただ、ヤクルトも巨人も、2番手以降の投手を全く打てなかった。ヤクルトはギルメット、菊沢、竹下と繋ぎ、巨人は土田、中川、戸根、乾のリレー。四死球は双方あったが、ヒットが全く出なかった。
そう考えると、投手が好投したというより、貧打戦だった?という気もしないではない。ヤクルトはグリーンと廣岡が上に行って、打線の薄さは否めなかった。もっとも、巨人の方は、そこそこのメンツがいたけれど(立岡、ギャレット、堂上、藤村、松本…)。館山は、そういう選手たちにはそれなりにヒットを打たれていたから、それを考えると、1軍ではどうなんだろうなと思ってしまうが。

そんなわけで、結果は延長11回引分け。
20170609kyujo
20170609board
20170609encho
20170609end
20170609score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交流戦 ヤクルト対西武(6/2)

2017.6.2 (金) 18時 神宮球場
L 100000200 3
S 001100000 2
[敗]原樹理、[勝]菊池、[S]増田
[H]S:大引(菊池)

4日連続の西武戦観戦(^^;だけど、今日は神宮、1軍。今季初の交流戦観戦。

先発投手はヤクルト原樹理、西武菊池。1回表にヒットのランナーを秋山のツーベースで還され、西武に先制された。この場面、バレンティンの守備にイマイチ感があったと思う。
しかし3回に、山田・坂口の連打で追い付き、4回には大引のホームランで逆転。
原樹理は好投していたが、7回に捕まり、連打と犠打で1死2-3塁として、バッテリーエラーで同点。遠目から見てた限りでは、ワンバウンドしたにしても、キャッチャーが後ろにやっちゃいけないボールに見えたが…。
さらに内野ゴロでもう1点入り逆転。
7回裏にヤクルトも1死2-3塁のチャンスを作ったが、後続が倒れて得点出来ず(インフィールドフライを野手が落球するという珍しいものを見た。落球してもアウトなんだが)。そのままスコアは動かず淡々と終了。

かなりつまらない負け試合。つまらない失点だったし、それを挽回できる攻撃もない。今の打撃陣の状態では、しょうがないかねえ、という感じだが、てこ入れしようにも手頃な人材がいないよな。やっぱりグリーンを上げてみるしかないかな。
20170602board
20170602kyujo
20170602end
20170602score
20170602mascot

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースタンリーグ ヤクルト対西武(6/1)

2017.6.1 (木) 13時 ヤクルト戸田球場
L 000000000 0
S 00001006X 7
[勝]田川、[敗]岩尾
[H]L:グリーン(川越)

3日連続の観戦。
朝方雨が降ったが、早々に上がって、プレイボールの頃は、むしろ陽射しが気になるくらいの天気。それでも、例によって、川風のおかげで、だいぶ涼しかった。
6回の表裏あたりの時間帯に、一時、通り雨があったが、そんなに大した降りにはならなかった。

先発投手はヤクルトが高橋、西武は岩尾。
高橋は初回、2死取った後、3連続四球で満塁にしたが、次打者を三振に打ち取って切り抜けた。2回は三者凡退で、この回までで交代。今年、高橋が2イニング以上投げるのは、まだ見たことがない気がする。故障明けなので、慎重にリハビリさせているのかな。投球内容も、速いストレートはあまり使わずに、緩いボールや変化球主体で投げさせているようで、その辺もリハビリを考えてということなのか、ピッチングに幅を持たせようとしているのか、どっちかなんだろう。制球がいまひとつなのも、その辺の影響が出ている感じ。まあ、いずれにしても、育成中ということなんだな、と思う。
3回からは田川が登板。正直、田川は制球に波があり過ぎる印象なので、ここから試合が長くなるかなあと思ったんだが、今日の田川は、ほどよくばらついていた感じで、西武打線をうまく手玉に取ることが出来ていた。
西武の岩尾も好投していたと思う。速いテンポできっちりした投球で、ヒットは打てるが後が続かない感じで4回まで無得点。しかし、5回1死後に原泉がヒットで出て、次の井野の打席で盗塁を敢行。まさかという感じだったし、タイミング的にもアウトに見えたが、キャッチャーからの送球を受けたセカンドが弾いてセーフ。しかも、ボールがこぼれてるのを見た原は3塁へ突っ込んだ。さすがにこのタイミングはアウト、と思えたが、ショートからサードへの送球が狂ってセーフになってしまう。暴走と紙一重の走塁が、西武の守備を混乱に陥れた感じ(^^;。そして井野が内野安打で原を還してヤクルトが先制。
田川は快調に回を重ねて、8回表まで2四球と遊ゴロ失のランナーしか許さず、継投でノーヒットノーランの可能性が見えてきた。
8回裏、西武は、結局5回の1失点のみで好投した岩尾に代えて、川越を登板させたが、これが乱調。2死とはいえ、2四球でランナーが溜まった所で、グリーンがライトへでっかいスリーランを打ち込んだ。ここから後はボロボロで、ヒット・四球・野手のエラーも絡んで、この回6点。
正直、ちょっと試合がだらけ過ぎたので、田川は大丈夫かなと思ったが、9回表もきっちり三者凡退に打ち取って、ノーヒットノーランを達成した。

継投のノーヒットノーランだし、四球での走者が多過ぎる感もあるので、ちょっと割引いて、と思ってはいたけど、さすがに9回は、少しドキドキしながら見ていた(^^;
ノーヒットノーランを目の前で見るのは、ガトームソンが神宮で楽天をノーヒットノーランで抑えるのを見て以来だったな。あの時は、3回くらいから見ていたけど、今日は最初からだったし。やっぱり、結構、感慨深い。それにしても、田川がこんなピッチングをするとは、ちょっとびっくりした。
20170601kyujo
20170601board
20170601end
20170601score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/31)

2017.5.31 (水) 13時 ヤクルト戸田球場
L 000020100 3
S 01000030X 4
[勝]徳山、[S]中澤、[敗]福倉
[H]L:永江(徳山)

2日連続。曇り気味で、陽射しが弱かった分、昨日よりは過ごしやすかった。

先発投手はヤクルトが梅野、西武が野田。
先制はヤクルト。2回裏に廣岡がヒットで出て、原泉のタイムリーツーベースで還った。
今年のルーキーの梅野は、ここまで見た時は、いつも好投していたが、最長で3イニング(見てない試合では、もっと長く投げていたかもしれないが)。しかし、今日は4回もマウンドに上がった。期待して見ていたが、明らかにペースダウンして、制球にまとまりがなくなっていた。4回は何とか無失点で凌いだが、5回はヒット2本で走者が溜まった所で、山田に2点タイムリーツーベースを打たれ、逆転される。やはり、まだ育成途上で、長い回を投げ切る力はないということかなあ。結局、ここで岩橋に救援を仰ぐ。もっとも岩橋もヘロヘロで、2四球で満塁にしたが、何とか無失点で切り抜けた。
6回からは徳山が登板したが、7回に永江にホームランを食らい、2点差。
一方、打線は、野田に対して、4回5回と続けて併殺でチャンスを潰し、6回にも2番手國場に0点に抑えられた。しかし7回、3番手の福倉に対し、星野・三輪・山崎が3連打で満塁とし、榎本の犠飛でまず1点。さらに大村の2点タイムリーツーベースで逆転。
8回表は菊沢が登板。大丈夫か?と思ったが、やっぱりあまり大丈夫ではなく、四球とヒットで二死1-2塁として、中澤に交代。中澤は後続を打ち取り、9回もヒット1本は打たれたが、無難に抑えて逃げ切った。

今日は奥村のショートの守備の良さが目立ったと思う。日頃、エラーがないわけじゃないが、廣岡に比べると、やっぱり堅実で、不安な感じはかなり薄い。廣岡と渡邉は、打撃は割と買えるけど、守備がもう少し上手くならないと厳しいな。
そういえば、渡邉は昨日、走塁中に足を痛めたようで、途中で交代したが、今日は出場しなかった。どの程度のケガなんだろうか。
20170531kyujo
20170531board
20170531end
20170531score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧