セリーグ ヤクルト対中日(5/25)

2019.5.25 (土) 18時 神宮球場
D 101101150 10
S 101000100 3
[敗]石川、[勝]柳
[H]S:青木(柳)、山田(柳)、太田(マルティネス)、D:堂上(石川)

2日連続の神宮球場。直前に行く気になったので、手頃な席を押さえられなかったから、レフト側で見ていた。

先発投手はヤクルト石川、中日柳。今年はまだ石川見てないし、相手が柳ならいい試合になるかもと思ったけど、当てが外れた感じ。
石川も柳も立ち上がりからヨタリ気味で、ポロポロ失点が止まらない。ヤクルトは4回に3点目を失った所で石川に見切りを付けて、5回は近藤を出した。近藤は0点で抑えた。中日は柳を5回まで引っ張ったが、こちらはどうにか青木と山田の2発のソロホームランだけで持ちこたえた。
6回以降、双方が継投に入り、それならヤクルトの方が有利だろうと思ったんだが、これも違った。6回にハフが1失点。7回のマクガフの1失点はボロボロの内野守備に足を引っ張られたものなので、ちょっと気の毒だったが、続投した8回も(今度は明らかに自滅で)さらに失点し、リリーフした風張も打たれて、この回、一気に5失点。
一方の中日は、近頃いい所を見たことなかった田島が6回を0で抑えた。7回はマルティネスが太田にソロホームランを打たれたが、8回はロドリゲスが無失点。3対10で迎えた最終回は岡田が三者凡退で抑えて終了。

昨日に引き続き、ヤクルトはホームランでしか得点出来ないし、ピッチャーは軒並み打たれるし、守備も崩壊状態。さすがに昨日の拙守を見てか、サードは村上をベンチに置いて、大引を入れていたが、その大引の守備もボロボロで、これではどうにもならない。ファーストの坂口もブランクが空いたせいか、かなり不安感があるし。
いろんな所で無理やり辻褄を合わせてきた選手起用が、一気に破綻し始めている気がする。
まあ、救いはもうすぐ交流戦に突入することかな。交流戦で雰囲気が変わって、チーム浮上のきっかけをつかむことはあるし、今年もそれが起きる可能性はあると思うよ。でも、起きなかったら、今年は最下位争いかな。
20190525board
20190525kyujo
20190525end
20190525score

| | コメント (0)

セリーグ ヤクルト対中日(5/24)

2019.5.24 (金) 18時 神宮球場
D 002010120 6
S 000000100 1
[敗]小川、[勝]勝野
[H]S:バレンティン(勝野)

5月初め以来の観戦。3回表から見ていた。

先発投手はヤクルト小川、中日勝野。
自分が球場に来るのを待ってたように、3回表の小川は2死取った後、福田に死球を出し、そこから3連打を食らい、ビシエド、高橋の連続タイムリーで2失点。5回表はサード村上の悪送球と、小川自身のファンブルで作ったピンチに、高橋にタイムリーを打たれて失点。6回まで投げて3失点なら、まあまあとも思えるが、失点以上に崩れた内容だった印象。
7回表は五十嵐がリリーフに出たが、いきなり3連打で高橋のタイムリーで1失点。
7回裏に、勢いのある球を制球よく投げて、6回まで被安打2だった勝野から、バレンティンが力ずくでレフトスタンドへ持っていき、ヤクルトがようやく1点を返したが、8回表に登板した中尾が、また3連打で、大島に2点タイムリーを打たれ、5点差。
ヤクルト打線は8回以降の中日のリリーフ、マルティネス、鈴木博を、点差が開いたせいもあってか、攻略できそうでできないまま、1対6で終了。

コンディション不良で、一時外れていた選手がかなり戻っているものの、期待感がいまひとつ薄い打線だった。投手陣も信頼感がない。それ以上にいただけないのは4失策。他にも、失策のつかない怪しい場面があったし、かなり守備がひどい。打線偏重でメンバーを組んでるから、そうなるのは仕方ない面もある。山田の成功体験以降、ヤクルトはすっかりそういうチームになっているから。失点以上に点が取れればいいという思想だからね。
20190524board
20190524kyujo
20190524end
20190524score

| | コメント (0)

イースタンリーグ ヤクルト対巨人(5/18)

2019.5.18 (土) 13時 ヤクルト戸田球場
G 010010111  5
S 00301200X 6
[勝]岩橋、[S]蔵本、[敗]畠
[H]西田(畠)、廣岡(畠)

2日連続の観戦。今日は最後まで。

先発投手はヤクルト岩橋、巨人は畠。
正直、近年の岩橋にはあまり期待が持てていないので、今日もあんまりいい試合にはならんか、と思っていた。しかし、今日のピッチングは思いのほかいい内容だった。結構球威があって、制球もきっちり出来ているように思えた。2回に1点先制されたが、これはセンター前ヒットを、センターの塩見が捕球ミスして、よけいに進塁させたもの。その後、5回に連打で1点を失ったが、6回まで投げて2失点、被安打4、与四球1だから、今日は本当に良かったと思う。
打線は3回に西田のスリーランで逆転。5回にも、畠のバント処理時の悪送球で追加点。6回には廣岡のツーランと、順調に得点を伸ばした。
しかし7回から、ヤクルトが投手リレーを始めた所で、もたつきが始まった。7回は村中が四球と2安打で1失点(さらに犠飛で追加点が入るところを、野手の好連携で阻止できたのは良かった)。8回は鈴木が2安打2四死球で1失点。9回は蔵本が2安打で1点を失い、1点差に迫られたが、最後はなんとか逃げ切った。
20190518board
20190518kyujo
20190518end
20190518score

代打畠山対マシソンの対決で、ネームバリュー的には、この日を代表するシーンといってもいいくらいだったけど、内容はイマイチだった。
20190518vs

| | コメント (0)

イースタンリーグ ヤクルト対巨人(5/17)

2019.5.17 (金) 13時半 ヤクルト戸田球場
G 10000000000  1
S 00100000001X 2
[勝]久保、[敗]山川

暑いが雲が多くて陽射しの陰りも多かったので、それほど大変ではなかった。むしろ夕立が心配なくらいだったが、自分が居た間は、それも問題なかった。

先発投手はヤクルト山中、巨人戸郷。
初回の山中は3安打1失点と、ややぎこちない立ち上がり。セカンドで起用された松本友の守備にミスが目立ったのも不安要因だったが、辛抱しながら調子を戻した感じ。今日は6回まで見て引き上げたが、その時点で失点は初回の1点のみ(結局、7回まで投げたが、1失点のままだったらしい)。
打線は、3回に戸郷を打って、藤井のタイムリーで同点に追い付いたが、4-5回は大江、6回は鍬原に抑えられ、1対1で7回へ。別件あるので、そこで撤収した。
試合は延長に突入し、延長11回裏に山崎のサヨナラタイムリーで、ヤクルトが勝ったとのこと。

山中はそれなりに安定感があると思うんだが、上げないのかな。確かに、やや物足りなさはないでもないけれど。
20190517board1
20190517kyujo
20190517score1

| | コメント (0)

セリーグ ヤクルト対阪神(5/7)

2019.5.7 (火) 18時 神宮球場
T 000200001 3
S 010000000 1
[敗]原樹理、[勝]秋山、[S]ドリス

戸田から転戦して、久々に神宮観戦。

先発投手はヤクルト原樹理、阪神秋山。
どちらの投手もいまいちピリッとしないものの、大崩れもしない、ロースコアの割に試合が進まないパターン。
先制したのはヤクルトで、2回裏に雄平がヒットで出て、秋山の暴投と村上のタイムリーであっさり先制。しかしこの後、さらに無死満塁にしたのに追加点なしで終わったのは痛かったはず。
阪神は4回に連打で無死2-3塁にして、内野ゴロで1点。さらに1死満塁での木浪のヒットで2点目を挙げて逆転。ただ、次打者秋山の犠打失敗が影響して、それ以上は得点出来なかった。
阪神は6回にも2死2-3塁で秋山に回って、そのまま打たせて無得点。秋山は球数がかなり多かったので、代えても良さそうに思えたが、6回裏にヤクルトの中軸に打順が回るのを、考えてのことだったらしい。6回裏のヤクルトは無得点だったから、一応それは成功したみたい。
スコアが1対2から動かないまま、21時を過ぎたので、7回終了したところで撤収した。

最終的には、9回表に阪神が1点追加して、そのまま勝ったとのこと。
20190507board2
20190507kyujo2
20190507score2

| | コメント (0)

イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/7)

2019.5.7 (火) 13時 ヤクルト戸田球場
L 000001301  5
S 001100031X 6
[勝]岩橋、[敗]中塚
[H]S:松本直(郭俊麟)、西田(郭俊麟)

2日連続の観戦。今日も怪しい空模様で、時折雨がぱらついた。途中までは北から強風が吹き付け、寒かった。

先発投手は西武が郭俊麟。ヤクルトはルーキーの鈴木だったが、2イニングでルーキーの市川に交代し、市川も1イニングのみ。2人とも、高卒ルーキーの修行の一環の登板で、そんなに高度な要求はされてなかった雰囲気。もっとも、鈴木も市川も無失点で抑えた。そして3回裏、松本直の、多分北風に乗った、左翼ポールぎりぎりのホームランでヤクルト先制。4回から投手は坂本に代わり(彼もルーキーだが、社会人経由なので即戦力想定だろう)、その裏、西田のホームランで2対0(これも風の影響はあったかもしれない)。
5回に入ると、坂本も郭ももたつき始め、坂本は6回に3安打で1失点した。郭も制球が不安定になり、ヤクルトはランナーを出したが、得点は出来なかった。
7回表のピッチャーは岩橋。若干不運もあって満塁にした後、川越に走者一掃のツーベースを打たれて逆転。
しかし8回裏に登板した西武2番手の野田が、いきなり連続四球。続く濱田の投犠打を1塁へ悪送球で無死満塁。次の西田の三ゴロは、サード金子一のゲッツー狙いの本塁送球が悪送球になり、まず1点。藤井の犠飛でもう1点。松本直のスリーベースで3点目で再逆転。
ただ9回表のマウンドに3イニング目の岩橋が向かうのを見たら、ヤクルトが逃げ切れる気がしなかった。案の定、四球、犠打、外野フライでの進塁の後、暴投で失点して同点。
延長突入の気配だし、後が詰まってるんで帰ろうかとも思ったが、昨日の再現もあるかと考えて、9回裏までは見てくことにした。
9回裏の西武の投手は中塚。こちらもいきなり四球と犠打。2死になった後、塩見がセンターオーバーのサヨナラヒットで、あっさり終わった(^^;)

鈴木と市川を見たから、これで今年のヤクルトのルーキーは全員見たはず。2日続けて通った甲斐があった?(^^;) 今年はあまり大物はいないぽいかな。イースタン開幕戦で見たドラフト1位の清水が、今、どんななのかはしらないが。
20190507board1
20190507kyujo1
20190507score1

| | コメント (0)

イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/6)

2019.5.6 (月祝) 13時 ヤクルト戸田球場
L 000002030  5
S 000030111X 6
[勝]中澤、[敗]田村
[H]S:濱田(大石)

空模様が怪しくて、最後まで持つだろうかと不安になりながらの観戦。

先発投手はヤクルトが山田大、西武が南川。
双方、走者をポツポツ出すものの、大崩れすることなく抑えるという内容で、4回までは速い展開の試合だった。5回表、山田大は守備のミスも絡んで、2死満塁のピンチになったが抑えた。その裏、西武は投手を齊藤大に交代。これに対して中山がヒットで出て、齊藤大の牽制悪送球と内野ゴロで進塁し、三輪のタイムリーで還ってヤクルトが先制。さらにその後、四球でランナーが増えた場面で、奥村がレフト前ヒット。これをさらにレフト斉藤彰が後逸し、二者還って3-0になって5回が終了。この辺から試合のテンポが遅くなった。
6回表、山田はヒット2本の後、金子一に2点タイムリーツーベースを打たれ1点差。山田はこの回まで。
7回裏、西武3番手大石に対して、1死1-3塁から藤井のスクイズで追加点を挙げ、4-2。
8回表、7回から登板した久保が連打を浴び、1死1-2塁で蔵本に交代。ここで蔵本が齊藤誠に2点タイムリーツーベースを打たれて同点。さらに綱島にも右中間を深々と破られて逆転。綱島は3塁を回ってホームへ突っ込んだが、バックホームでタッチアウト。ランニングホームランにはならなかった。
これで西武が勝ちかなと思ったが、8回裏に濱田が大石からレフトにホームランを打ち込み、5-5の同点。ちなみにこれは1号ホームランだったそうなので、濱田の(イースタンでは)プロ入り第1号だな。
9回表は蔵本→中澤のリレーで無失点。9回裏の西武のピッチャーは田村。先頭の吉田がヒットで出て、犠打で二進。2死2塁となった所で、藤井が右中間を破るサヨナラヒット。延長寸前でケリをつけてくれた。

濱田は3日に見た試合でもよく打っていたし、打撃は結構いいのかなと思い始めた。山田大は投球に粘りがあって、悪くはなかったけれど、すごく良かったとも言い難く、上げるという所まではいかないような気がする。
藤井は下だと輝くよなあ、と思う。まあ、サードを守って、豪快な1塁悪送球もあったけど(^^;
天気が最後までもってくれて有難かった。というか、時間が経つにつれて雲は薄くなった。ただ、だんだん寒くなってきたので、延長に入ったらどうしようかと思っていたんだ。
20190506board
20190506kyujo
20190506score

| | コメント (0)

イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/3)

2019.5.3 (金祝) 13時 ヤクルト戸田球場
F 000000000 0
S 03100430X 11
[勝]坂本、[敗]中村
[H]S:藤井(柿木)

今年は全然見に行けてなくて、ようやく2試合目。4月は1試合も行けなかった。
むやみやたらと観客が多かったのは、ゴールデンウィークだから仕方ない。それでもロッテ浦和と違って(4/30にロッテ浦和のロッテ対ヤクルトに行ったが、観客が多過ぎて、場所の確保が難しかったので、試合を見ずに帰ってきた)、試合を見れる場所があるのが、ヤクルト戸田のいいところではある。

先発投手はヤクルトが山中、日本ハムは中村。
山中はいつも通りの安心の投球。山中にしては少しばらついてる?と思う場面もないではなかったが、失点せずに4回まで投げ切った。
中村は不安定で2回に3点、3回に1点と失点が続いた。しかしヤクルトも好機でもう一押し出来ず、内野ゴロや押出しの得点のみにとどまり、中村が降板した5回までは4対0。しかし6回に、代わって登板した柿木には猛攻。6回には宮本の2点タイムリースリーベースなどで4得点。7回にも藤井のソロホームランなどで3得点。11対0まで点差を広げた。柿木が一気に試合を壊したような印象。
ヤクルトの投手陣は、5回からルーキーの坂本、8回に沼田、最終回はジュリアスが登板。坂本と沼田に関しては、微妙な場面もあったものの、大量得点差の影響もあってか、完封で終わることが出来た。

ヤクルトのスタメンが今年の新人だらけで、大幅に様変わりしていて、最初、さっぱりわからなかった(^^;。印象的だったのは、ショート吉田の弾丸のような一塁送球。選手名鑑に強肩が売りと書かれるだけのことはある。あとは濱田が4安打と打ちまくっていたが、ツキに恵まれてた感もあって、相手のピッチャーの出来もイマイチだったから、まあ、今日見ただけでは、額面通りにはうけいれられないかな。
20190503board
20190503kyujo
20190503end
20190503score

| | コメント (0)

セリーグ 中日対ヤクルト(4/19)

2019.4.19 (金) 18時 ナゴヤドーム
S 010001000 2
D 01020010X 4
[敗]小川、[勝]笠原、[S]鈴木博
[H]D:阿部(小川)

2年ぶりのナゴヤドーム観戦。
先発投手はヤクルトが小川、中日が笠原。まあ、笠原は個人的事情で肩入れしてるので、笠原に勝ちが付くんなら、中日の勝ちでもいいや、というくらいの感覚(^^;)。

2回表に笠原が2本のヒットと村上の内野ゴロで1失点したが、その裏には小川が1安打1四球の後、阿部にタイムリーを打たれてすぐ同点。
小川は4回裏にも阿部に、今度はツーランを打たれて勝ち越される。小川は球は走っているものの、いまいち制球がばらついていた印象。
笠原も、丁寧に投げてはいるものの、厳しいコースに決めに行ったボールがいまいち決まらず、苦労して球数も増えていた印象。それでも5回までは乗り切ったが、6回に連打と盗塁で無死2-3塁のピンチ。しかしバレンティン三振、雄平の犠飛の1失点に止め、谷元が西浦を打ち取って、中日がリードを保つ。
中日は、7回裏、ヤクルト2番手マクガフから3安打で満塁として、四球押し出しで1点追加。さらにロドリゲス→マルティノス→鈴木博の投手リレーで、7回以降は無失点でしのぎきり、勝ちきった。勝利投手は笠原(^^)。

中日は追加点が取れそうで取れない、もどかしくて危なっかしい試合だったが、ヤクルトも攻めきれなかった。
ヤクルトは昨日の試合で、阪神に大量リードを許した5回に、早々に青木、山田、バレンティンの中軸3人を下げて休養させ、ほぼ捨て試合にしてしまったが、まるでその効果はなかった感じ。単純に、客をバカにしてんの?的なイメージだけが残っちゃった気がする。もっとも、シーズン全体を見据えて、(多分、「優勝」に向けて)必要なことをやっていくという意味でやったんだろうから、これからも状況に応じてそういうことはやっていくんだろう。むしろそうでないと、今回やった意味がなくなってしまう。
20190419board

20190419kyujo

20190419score

20190419end
ドアラ25周年記念ということで、つばくろうが来場。何度も見てるが、スタジアムDJのつばくろうとドアラのいじり方は、神宮よりナゴヤドームの方がうまいと思う。神宮のパトリックは変な遠慮があって、あんまり面白くない。
20190419doara

20190419mascots

| | コメント (0)

セリーグ ヤクルト対阪神(4/17)

2019.4.17 (水) 18時半 神宮球場
T 000200000000 2
S 000000020000 2
[H]T:大山(ブキャナン)

最初から観戦。プレイボールが18時半なのに気付いてなくて、途中からのつもりだったんだが。そういえば、昨日は松山開催だった。

先発投手はヤクルトがブキャナン、阪神が青柳。低めがいまいち決まらない青柳が少し苦労してるように見えたが、先に捕まったのはブキャナンだった。4回表に大山にツーランを食らって、阪神に2点先行された。ただ、ブキャナンの投球内容自体は決して悪くなくて、そのまま8回まで投げて、その後は失点しなかった。
青柳も粘り強く投げて、7回まで無失点で交代。8回裏の阪神は能見が登板したが、1死後連続四球で、ジョンソンに交代。ジョンソンはいきなり山田に死球で満塁にした後、バレンティンに2点タイムリーを打たれてあっさり同点。しかしヤクルト打線は後が続かない。
9回は双方チャンスを作ったが決めきれず延長へ。
試合時間としては、まだ2時間40分台だったが、スタートが遅かったから9時を大きく回っていたので、ここで撤退した。
帰宅して中継を見ると、まだ試合をやっていて、2-2のまま12回で試合終了だったから、まあ9回裏撤退で、全然問題なかったかな。

両先発投手の好投で締まった試合になっていた分、8回裏の能見→ジョンソンのダメっぷりが目立った。あとは、8回裏以降、どっちも勝ち越せない打線が残念だった感じ。
20190417board

20190417kyujo

20190417score

| | コメント (0)

より以前の記事一覧