イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(9/19)

2020.9.19 (土) 13時 ヤクルト戸田球場
F 000200030 5
S 001000000 1
[敗]イノーア、[勝]河野
[H]S:古賀(河野)、F:万波(イノーア)、郡(大下)

試合前から雨が降りそうな雲行きで、用心していたが、結局降られずに済んだのは助かった。土手の雑草がようやく除草されていて、視界が開けていたのも良かった。

先発投手はヤクルトがイノーア、日本ハムが河野。
双方、順調な立ち上がりで2回まで一人も走者が出なかったが、3回表にヤクルトの内野の守備がもたつき、内野安打で日本ハムが初ヒット。イノーアはそれをきっかけに、四死球で2死満塁のピンチにしたが切り抜けた。その裏、河野から古賀がレフトへライナーのホームランを打ち込み、ヤクルトが先制。
しかし4回表、今度はイノーアが先頭の万波に、バックスクリーン横にホームランを打ち込まれて同点。さらに郡、片岡の連打でもう1点を失った。
イノーアは6回まで投げて2失点。球威のあるピッチングで打者を押し込む場面が多く、決して悪い出来ではなかったと思うが、うまく合わされてしまうと、結構いい当たりを飛ばされてもいた。
イノーアの後を受けた中尾は、7回を三者凡退。しかし8回に登板した大下が、ヒットでランナーを溜めて、郡にレフトへスリーランを打ち込まれた。9回は風張が出て無失点。
ヤクルト打線は、4回以降、緩急のある河野のピッチングに翻弄され、三者凡退を繰り返した。8回に懐かしの秋吉が、河野に代わって登板したが、この回も三者凡退。9回に登板した長谷川にもあっさり2アウトまで追い込まれ、その後、田代がヒットを打って、ようやくこの日、2人目の走者を出したが、次打者が打ち取られてあっさり終了。ヤクルトの完敗。

ヤクルトの打線が少し薄かった面はあるけれど、河野の出来は、本当に良かったと思う。
20190919board1 20190919board2 20190919kyujo 20190919end 20190919score
 

| | コメント (0)

イースタンリーグ ヤクルト対巨人(9/5)

2020.9.5 (土) 13時 ヤクルト戸田球場
G 010002000 3
S 05100030x 9
[勝]クック、[敗]畠
[H]S:長岡(畠)、G:ウレーニャ(クック)

晴れていたけれど、雨予報が出ていたし、ゲリラ豪雨も怖いので、最後まで見ることにこだわらないつもりで見に行った。

先発投手はヤクルトがクック、巨人は畠。
2回表にクックがウレーニャにホームランを食らい、1点を先行された。
しかし、その裏、ヤクルトは先頭打者から5連打で4点を取って、あっさり逆転。1死後、四球と内野安打で1点を追加。さらに3回裏にも3安打で1点取って、6−1とした。
クックは、ホームランを1本打たれたものの、3回までは割と安定していたが、4回になると制球がばらけ始めた感じ。4−5回は切り抜けたが、6回、四球とヒットでランナーを溜めて、田中俊のツーベースと山本の犠飛で2点を失い、6−3になった。7回は寺島に代わり、この回は三者凡退。
巨人の畠は3回以降も続投し、不安定なピッチングだったが、4−6回はヤクルトも攻め切れなかった。しかし7回に、ヒットと四球で1死1−2塁すると、長岡がライトのスコアボード付近に入るスリーランを打って、3点追加した。

ゲリラ豪雨は心配なさそうな空模様だったけれど、スコア的に、もう試合は動かなそうだったので、ここまでで引き上げた。結局、スコアもそこから動かず、そのままヤクルトが勝ったとのこと。

長岡は、水曜に1号ホームランを見たばかりだったが、今日は2号も見てしまったので、なにげに親近感を覚えてしまう(^^;。
クックは、それほど悪くはなかったとはいえ、上で長いイニングを投げさせるには、物足りない内容だったと思う。
巨人は、ゴロでなかなかアウトを取りきれない内野の守備が、だいぶ畠の足を引っ張っていた気がする。ただ、畠自身も、それほどいい状態ではなさそうだった。早々に大量失点したのに7回まで投げさせたのは、上で使えるかどうかを見極めようとしていたのか、単に修行の一環として、長いイニングを課しただけなのか、どっちだったのかな。
20200905kyujo   20200905board    
20200905board2
20200905score

 

| | コメント (0)

セリーグ ヤクルト対中日(9/4)

2020.9.4 (金) 18時 神宮球場
D 000022000 4
S 100100000 2
[敗]高梨、[勝]又吉、[S]R・マルティネス
[H]S:青木(柳)、D:高橋(高梨)

現地観戦。3回開始前に到着。
先発投手はヤクルトが高梨、中日が柳。
1回裏に青木のホームランでヤクルトが先制していた。高梨は、結構ヒットは打たれるものの、三振が取れるピッチングと、この日はサードのエスコバーの手堅い守備でしのいだ。4回には、塩見のややラッキーなツーベースを、エスコバーがタイムリーで返して、ヤクルトのリードは2点になった。
しかし5回表に高梨が、アルモンテに2点タイムリーツーベースを打たれて同点。さらに6回に高橋に逆転のツーランを食らった。
高梨は7回まで投げ、8回はイノーア、9回は長谷川が継投して、中日の追加点は許さなかった。もっとも、エスコバーとライト・坂口の好守に、相当助けられてのものではあったけど。
しかし打線は、柳を4回途中で降板させての中日の継投(又吉→祖父江→福→R・マルティネス)を、攻略出来なかった。9回に振逃げでランナーを出し、雄平のポテンヒットで2死1-3塁にしたのが、試合後半、唯一のチャンス。これも廣岡三振で試合終了。ちなみにこの回は、振逃げ含めて4三振の珍記録(^_^;)。

ヤクルトの見所は、見た範囲では、エスコバーと坂口の好守だけだった気がする。もっとも、守備がボロボロの、点を取り合う乱戦より、こういう守備で見せてくれる試合の方が、自分は(ヤクルトの勝敗に関係なく)圧倒的に好きだけど。
20200904board 20200904kyujo 20200904end 20200904score

| | コメント (0)

イースタンリーグ ヤクルト対楽天(9/2)

2020.9.2 (水) 13時 ヤクルト戸田球場
E 200000010 3
S 02107000x 10
[勝]大西、[敗]高田
[H]S:長岡(高田)、松本直(高田)、E:和田恋(鈴木)

久々のイースタン観戦だったが、夜、別件があるので、最初から途中で引き上げるつもりだった。

先発投手はヤクルト大西、楽天が高田。
大西は初回に3連打で2点を失い、その後もいまいち安定感のないピッチングだったが、要所でゲッツーが取れるなどで、追加点を許さず、5回まで投げきった。
楽天の高田も安定感がなかった。ヤクルトは、初回は田代の盗塁死もあって得点出来なかったが、2回に長岡のツーラン(1号だったらしい)で追い付き、3回には荒木のツーベースを濱田がタイムリーで返して逆転。

5回裏に入ると、ずっと見えていた南の空のどす黒い雲が、どんどん近付いてきた。もう試合は成立していたし、とっとと5回裏が終ってくれれば、そこで引き上げ、と思っていたが、ここで高田が本格的にぶっ壊れた。苦労しながらも2死までは進んだが、長岡のタイムリーで1点追加。さらに満塁になり、松本直の満塁ホームラン。ようやく終るかと思いきや、次の田代がヒットの後、連続四球でまた満塁。15時になったし、いよいよ空模様がやばくなってきたので、とうとう撤退。背後で高田が交代するのが聞こえた。
その直後、ゲリラ豪雨が襲来。決断が遅過ぎた(^_^;)。ずぶ濡れで帰宅。

豪雨は15分くらいでおさまったから、一時中断はあったんじゃないかと思うが、試合は最後までやれたらしい。さすがに8対2から試合がひっくり返ることはなかった。

とりあえず、楽天の高田のことは、かなり嫌いになった(^_^;)。
大西も、イースタンでこの内容では、あんまり大した出来ではなかったと思う。
20200902kyujo_20200903220401
20200902board120200902board2 20200902score

| | コメント (0)

セリーグ ヤクルト対DeNA(8/9)

2020.8.9 (日) 18時 神宮球場
B 400000000 4
S 000000000 0
[敗]山中、[勝]平良
[H]B:倉本(山中)

今年2度目の神宮球場観戦。

先発投手はヤクルト山中、DeNA平良。
先週の試合では8回無失点で好投した山中だったが、今日の立ち上がりは今一つ。1死後、内野安打と詰まったセンター前で1-2塁に走者を背負う。そこまではともかく、次の宮崎にストレートの四球を出したのが痛かった。満塁で迎えた倉本にもカウントを悪くした上で、ライトへ先制の満塁ホームランを打たれてしまった。
それ以降も、いい時ほどの切れはなく、毎回走者を出したが、らしさは感じられるピッチングだったと思う。追加の失点はなく、4回まで投げて交代。以降はヤクルトは継投。中澤、今野、マクガフ、中尾とつないで、多少もたつく場面はあったが、案外、それほど危うさはなく、無失点で乗りきった。しかし、得点が取れなかった。

打線は平良に4回までノーヒットに抑えられ、5回に2安打でようやくチャンスを作ったが実らず。7回に先頭の塩見がヒットで出て、次の山崎がセカンドの横へ強烈な打球を放った。ここが今日のヤクルトの攻撃の、最大のハイライトだったと思う。 しかし、セカンド柴田の超ファインプレーで4-6-3ゲッツー。この柴田のプレーは拍手喝采もの。
8回以降はパットン、エスコバーの継投に完璧に抑えられて終了。ヤクルトが0対4で完敗。

山中は、調子を掴む前にガツンと食らってしまった、という感じ。その後の回を見ていて、初回を乗り切れてれば、もうちょっとなんとかなったんじゃ、という気がしたのだけど、残念。
平良はいいピッチャーになってきたな、と思う。巨人に居た時に下で見たのが最初で、有望そうなピッチャーだなと思ったのを覚えてる。うまく育ってくれていて、うれしい(^^;。

ちなみに、山中だから早い試合かなと思っていたら、山中自身は早々に潰れてしまったけれど、ベースを作ってくれたおかげか、早いペースの試合のまま終った。山中は好きなピッチャーだけど、こういうところも好きな理由。
20200809board
20200809kyujo 20200809score

20200809end

 

| | コメント (0)

イースタンリーグ ヤクルト対楽天(8/2)

2020.8.2 (日) 13時 ヤクルト戸田球場
E 020003021 8
S 000110000 2
[敗]市川、[勝]福森
[H]S:太田(岸)、E:岡島(市川)

昨日に引続いての観戦。ただし今日は、昨日売店で売ってたと聞いたイースタンガイドの入手が最大の目的で、ついでの観戦。なので、最初から途中で引き上げるつもりだった。

先発投手はヤクルト市川、楽天が岸。
市川は2回にヒットの走者を置いて、岡島にバックスクリーンのツーランを食らい、2点先行された。やっぱりまだまだかと思ったが、以降のピッチングは落ち着いていて、5回までは特に危なさも感じなかった。
むしろ楽天の岸の方が、制球が安定せずあぶなっかしかった。ヤクルト打線はチャンスを作りながら、なかなか攻めきれずにいたが、4回に太田のホームランで1点返し、5回には2死から雄平がツーベースを打った。楽天はここで福森をリリーフに出したが、暴投と死球で走者1−3塁になり、ここで太田がタイムリーを打って同点。2対2で5回終了。

ここで撤退したのだけど、どうやら続投した市川が、6回につかまって失点して、再度勝ち越され、そのままヤクルトが負けたらしい。市川は5回まではよかったんだが、まだそれ以上の回は厳しいということかなあ。

ちなみに、場内の有料の入場者数は、キャパがあるので、前日と変わらなかったと思うが、土手の上の人数は前日よりも明らかに多かった。まだそれなりに人と人の間の距離は確保できていると思うけど(集団で来てる人たちの、その中は別として)、さらに増えるようだと、だんだん危険になってきそうだ。20200802kyujo
20200802board

20200802ys
20200802re
20200802score
ようやく入手した、今年のイースタンガイド。
20200802guide_20200803213401

| | コメント (0)

イースタンリーグ ヤクルト対楽天(8/1)

2020.8.1 (土) 13時 ヤクルト戸田球場
E 000000041 5
S 000003000 3
[敗]中尾、[勝]青山、[S]釜田
[H]S:濱田(高田)、E:黒川(中尾)

ついに今年初のイースタンリーグ観戦。去年の9月末以来。

先発投手は、ヤクルトが田川、楽天は高田。
田川は初回先頭の渡邊佳にツーベースを打たれ、さらに犠打でいきなり1死3塁のピンチを背負ったが、後続を断ち、うまく滑り出した。外野へ飛球を飛ばされることは結構あったが、大半は詰まった当りだったし、全体的に力で押さえ込んでいた印象。6回まで投げて、被安打3、無四球という、上々の内容だった。
ヤクルト打線も、高田にうまく抑え込まれていた。5回まで3安打1四球という内容で、ほとんどのアウトを内野ゴロで取られていた。楽天は内野の守備も安定していて良かった。しかし、高田は5回に少し乱れる兆しがあり、6回についに捉えることが出来た。ヒットと犠打で1死2塁にして、雄平のタイムリーで先制。さらに濱田のツーラン(少し風に押してもらった感じもしたけど)で、2点追加し3−0。
ヤクルトは7回に、田川に代えて中尾を投入。中尾にはいいイメージがほとんどないので、7回を三者三振で終えたのはちょっと驚いて、覚醒したのか?、と思った。8回も続けて2人を三振に仕留めて、5連続三振。しかし、中尾はそこから崩れた。2連続四球の後、小郷に対してもカウントを悪くした末に、ライト線へツーベースを打たれて1点を失う。そして次打者の黒川に、ライトへスリーランを打ち込まれて3−4と逆転された。正直、やっぱりそうなっちゃうか、という感じ。
9回は鈴木が登板し、岡島のタイムリーツーベースで1失点。2点差になった9回裏は、釜田に簡単に3人で抑えられ、試合終了。

元々、試合結果はあんまり気にしてないが、今日は特に、今年、ようやくイースタンの試合を観戦出来たことの方が重要。ここまで長かった。
あとは、長岡・武岡という、今年の新人2人を見れたのがよかった。でも1試合見ただけじゃあ、なんとも。見た、というだけだな。

観客数については、スタンドは一通り入っていた感じ。収容人数を減らしているはずだけれど、新たに外野席が作られているので、観客数はトータルではそれほど変わらないのでは、と思う。勘定外と思われる土手の上での観戦者に関しては、去年までと同じような感じながら、土手の中段にシートやテントで陣取る人々がそれほど目立たなかったから、多少は減っているのかもしれない。それでも、十分、日常に戻っているように思えた。いいことか悪いことか、わからないが。ちなみに、COVID19の影響なのかどうかは知らないが、土手の除草があまり行われていないようで、草が伸びまくっていたので、土手の中段に陣取っての観戦は、かなり厳しかったのでは、という気もする。球拾いも相当苦労していたようだった。

20200801kyujo_20200801221301

20200801board
20200801ys
20200801re
20200801score
20200801end_20200801221301

| | コメント (0)

イースタンリーグ ヤクルト対巨人(7/29)

2020.7.29 (水) 13時 ヤクルト戸田球場

グランドコンディション不良のため中止。

7/28から、ヤクルト戸田球場のイースタン公式戦でも、有観客試合を開催ということだったので、7/29に見に行こうとした。
(ここまで行われていた無観客試合試合でも、土手から見ている人たちが相当数いたのは知っている。というか、そういう風景を、通りすがりに見に行ってもいた。でも、無観客試合の間は、自分は「観戦」はしないということで、一応、筋は通していたつもり)
あいにく朝から雨が降っていたが、霧雨に近い降りだった。中止の告知も出ないので、神宮ならやる天気だろうから、やるのかなと思い、現地へ行ってみた。球場に着いて、係員に聞くと、やる予定ですという返事だったので、待っていた。
20200729kyujo
しかしプレイボール15分前に、グランドコンディション不良のため中止、のアナウンス。
20200729boardまあ、しょうがない。

なお、去年までは試合の時は開放されていた、球場の土手側のゲートが閉じられていた。
20200729gate 一時的なものか、恒久的なものなのかはわからないが、COVID19感染拡大対策で、球場への人の立ち入りを、きっちりコントロールしないといけない状況下では、やらないといけない処置だろう。今までは土手から球場内へ、人が入り放題だったわけだから。こうなってしまうと、球場内のトイレや自販機に、土手からは直接向かえない。まあ、金を払って見ているのでない以上、そこは何も言えないわけだけど、何らかの自衛策を講じる必要はあるなと。
こういう処置を行ったことについては、COVID19対策とは別な理由もあるのかもしれない。今季、外野席を新設したのに伴って、観客の立ち入りエリアを(神宮球場のように)、内野席と外野席できっちり分けたようなのだけれど、そうなると、内野席エリアに直接アクセス出来てしまう、土手側ゲートが問題になったのでは。そもそも、元々内野席のエリアは、関係者が行き来するエリアでもあるので、人の往来を制限したい意図もあったんじゃないかなあ、という気もするし。まあ、いずれにしても、苦情を言える立場ではないので、仕方ないとは思う。

球場入り口横に、チームショップの建物が新設されていた。
20200729baiten 壁面にはスワローズだけでなく、ヤクルトラグビー部(レビンズ)、ヤクルト陸上部のステッカーも貼られていたので、レビンズのグッズも売ったりするのかなと思って聞いてみた。可能性はなくもないようだけれど、少なくとも現時点では、そういうものは置いていなかった。

まあ、その辺のリサーチも出来たから、雨の中を見に行ったのに中止だったとはいえ、行った意味はなくもなかったかなと。

| | コメント (0)

セリーグ ヤクルト対巨人(7/24)

2020.7.24 (金祝) 18時 神宮球場
G 0002003000 5
S 0500000000 5
[H]G:大城(吉田大喜)、吉川尚(梅野)、丸(梅野)

今年初の野球観戦。NPBはCOVID19感染拡大防止のため、大幅に開幕が遅れた後も無観客試合が続いていたが、7/10から有観客開催になり、ヤクルトの公式戦ホームゲームとしては、この試合がようやく、今年初の有観客試合。去年の9月末以来10ヶ月ぶりだった。

上限5000人に観客数を制限しての全席指定なので、ゆったり感のある観戦。鳴り物や声出し応援が禁止なのも、とても心地よくて、これからはこのスタイルでやってくれないかなと思うくらい。でも、それじゃ採算が成り立たないだろう、ということは分かる。もっとも、10年くらい前までの神宮のヤクルトの試合は、こんな感じの試合がいくらでもあったと思うけど。

時折、雨がぱらつく中での試合。
先発投手はヤクルト吉田大喜(新人)、巨人が今村。もつれそうな組合せよな、と思ってたが、やっぱりそうなった。
今村の制球が悪く、四球をポロポロ出す。2回に四球とヒットと犠打で1死2-3塁から、吉田大喜のタイムリーヒットでヤクルトが2点先制。山田のタイムリーでもう1点。さらに青木の左中間への凡フライを、丸とウィーラーがお見合いでヒットにして、もう1点。さらに村上のタイムリーで合計5点。
吉田大喜は球速も制球も、それほどいいとは思えなかったが、3回までは不思議と持ちこたえた。しかし4回に捕まり、四球のランナーを置いて、大城にツーランを食らう。さらに連打されたが、1死1-3塁で投ゴロゲッツーで切り抜けた。5回のピンチも、ショートのエスコバー(新外国人)の好守で切り抜け、勝ち投手の権利を得て交代。
しかし、6回に投げたマクガフは完璧に抑えたが、7回の梅野が吉川尚のホームラン、坂本の犠飛、丸のホームランで3点を失い、吉田の勝ちを消した(重信の打球が、ライトフェンスを突き破ってスタンドに入る珍事があったのは、この回。ローカルルールでツーベース扱いになった)。まあ、いかにも梅野らしいピッチングだったとは思う。梅野をリリーフした長谷川(ソフトバンクの育成から今季加入)もあやしかったのだけど、ここはなんとか同点のまま持ちこたえた。
その後は、8回を清水、9回を石山がきっちり抑えた。ヤクルトは5回以降はノーチャンスだったので、そのまま延長突入。
10回は双方ランナーを出したが生かせず、今季の規定により10回で引き分け終了。

今年はテレビの野球中継をほとんど見ていないし、チーム情報を細かくチェックもしていないので、試合前の時点では、巨人が首位で、ヤクルトは2位に付けていて、どっちもそこそこ調子がいいらしい、という程度のことしか知らなかった。
ヤクルトに関しては、村上の打率がえらくいいのが意外だったけれど、この試合を見る限りは、去年に比べてそれほど?という感じ。梅野のおなじみの梅野だったし。エスコバーはいいショートだな、という印象。初勝利を逃した吉田大喜は、現時点では、それほど大きな期待を掛けられるピッチャーではないような気がした。この試合ではよく粘ってはいたし、いい守備と、先制タイムリーを打つ、打者としての勝負強さも見せたけれど。清水が、成績を見ても、そこそこ使えてるのか?、というのは、ドラフト1位で取った球団にとっては、いい知らせだろうな。ただし、あくまでも1イニングの中継ぎぽいけれど。
巨人は、イニング半ばでの守備の選手の交代が二度もあり、アクシデントなんだとしたら、ちょっとお粗末な感じ。雑な守備や走塁、淡白な攻撃もあって、そんなに強そうなチームとは思えなかった。
そういうこともあったので、試合内容そのものは、無駄に長くて雑と思えたけれど、久々に球場で観れたこと自体が楽しかったので、良かったと思う。
20200724kyujo
20200724board
20200724encho
20200724score
20200724end

| | コメント (0)

ヤクルト戸田球場(6/21)

昨日に続いて、今日も近所を通りかかったので、ついでに通り過ぎてみた。
土手上の人出は、前日よりは少し少ないかなという印象。それでも十分、多かったけれど。
20200621kyujo
20200621board1
20200621board2
昨日も書いたことだけれど、正直、現時点でのヤクルト戸田の土手上での観戦自体は、基本的には、それほどナーバスになるようなものとは思っていない。屋外で吹きっさらしなので、換気の問題はないし。
もっとも、人が多いので、かなり密集した状態になっているのは確か。リーグが「無観客試合」を打ち出している以上、建前を尊重して、その場に留まって「観戦」する気はもともとないが、現場の状況を見ると、その場にいようという気にもならない。まあ、平日の試合だと、また違うかもしれないけれど。

それにしても、試合観戦に来てることをアピールしているファンがいるらしいが、チームが来るなと一応アナウンスしてるのに、行ってるのを公言するのは、ファンじゃないとアピールしてることになりゃしないのかな。
まあ、自分も、こんな状況だというのを記録に残しておきたいと思って、写真を撮るために通り過ぎてるだけとはいえ、ついでといってもわざわざ回り道して行っているわけなんで、似たようなものではある。だいぶ前から「偽のファン」を自称しているから、ファンとして認めてもらえなくても差し支えはないんだけど。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧