トップリーグ総合順位決定トーナメント2回戦 キヤノン対ホンダ

2018.12.9(日) 14時 秩父宮 

 キヤノンイーグルス 14(0−33)40 ホンダヒート
            (14−7)

秩父宮第2試合。勝てば9位決定戦、負ければ11位決定戦という試合。降格はないし、優勝なども絡まない中途半端な順位なので、双方あんまりプレッシャーはないのかなと思った。

キヤノンは強豪の一角に指を引っかけつつあるチーム、ホンダは昇降格を繰り返すエレベーターチーム、というイメージだったから、立ち上がりからホンダが圧倒的に優勢な試合になったのは、少し驚いた。
ホンダは13番(ノックス)の選手が、スピードと当りを兼ね備えて強力だった。彼を中心に、どんどん攻撃が回り、いろんな形でトライを積み上げた。キヤノンはミスが多く、自滅する場面もあって、前半はほぼ一方的な試合。ホンダ33対0キヤノン。

後半も50分過ぎまでは前半のペースが持続したが、そこでキヤノンは、ようやく1トライを決め、息を吹き返して攻勢に出始めた。しかし、これ以降のホンダが粘り強く守った。ゴール前まで押し込まれても、集中力を保って穴を作らず、キヤノンにインゴールへ飛び込ませない。75分に、ついに押し込まれて40対14になったものの、残り時間が少なかったこともあり、余裕で逃げ切った。

入替戦以下でならともかく、トップリーグでホンダがこんなに強い試合を見たのは、多分初めて。ここ2年くらい、トップリーグのチーム間の力関係を、あまりちゃんと把握出来てないが、ホンダは、今は結構強くなっているのかな? キヤノンがそんなに弱体化したという話も、聞いていないが。
まあ、今年はパナがベスト4に入れなかったし、リーグ内の力関係に、かなり変動が起きてるのは確かなんだろう。多分、来年のW杯の影響だろうな。

来週、ホンダはNECと9位決定戦、キヤノンは東芝と11位決定戦。東芝が11位決定戦というのも、力関係の変動を感じさせるが、まあこれは、東芝の会社事情によるものだろうから、少し話が違うかなと。
20181209board2
20181209pitch2
20181209score2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ総合順位決定トーナメント2回戦 豊田自動織機対宗像サニックス

2018.12.9(日) 11時半 秩父宮 

 豊田自動織機シャトルズ 31(5−20)32 宗像サニックスブルース
              (26−12)

この日の秩父宮第1試合。勝てば13-14位決定戦、負ければ15-16位決定戦に進むという試合。いずれにしても入替戦に進む道だけど、なるべく楽な相手とやれるように、上の順位の方がいいわな。

立ち上がりはサニックスが攻勢で、ゴール前まで分厚く押し込んだが決めきれない。織機は20分過ぎに反撃すると、あっさりトライで先制。サニックスはそれで勢いをなくしたように見えたから、やっちゃったかな、という感じがした。
しかし26分に自陣の深い位置でボールを奪って、そこからカウンター。あっさり逆転に成功すると、勢いを取り戻した。すぐ後にも同じような形からカウンターで攻め込み、これをとっかかりにPGで追加点。さらにPGとトライで加点して、20対5で折り返し。
後半序盤もサニックスが猛攻。特に55分過ぎの、SO(エメリー)のインゴール内へのキックからのトライは圧巻だった。相手選手と競り合ってボールを掴んだ11番(屋宜 ベンジャミンレイ)が、そのままランディングして、点差を25点まで広げた。
しかしここから織機の猛攻が始まった。 左サイドで11番(シオシファ リサラ)がスピード勝負を仕掛け、サニックスは追いきれない。10分間に立て続けに3トライで、あっという間に8点差。
サニックスも反撃したが、トライ寸前のノックオンなどで取りきれず、77分には織機のトライでついに1点差。
しかしその後は、サニックスが何とか持ちこたえて、逃げ切った。

双方にいい時間帯があり、華やかな個人プレーも見れたし、第三者的には面白い試合だったが、当事者はしんどかっただろうなあ。
サニックスの攻勢時のイケイケな奔放さに比べて、織機は途中まで、少しスマートに試合をしようとし過ぎたのかな、という気もした。後半途中に、シオシファ リサラの連続トライで吹っ切れてからは、勢いを見せただけに。
来週、織機はコカ・コーラと15位決定戦(というか、最下位決定戦というか)。最下位になると、ドコモとの入替戦になり、会場はドコモのホームでキンチョウスタジアムのようなので、不利は不利かもしれない。サニックスは日野自動車と13位決定戦。
20181209board1
20181209pitch1
20181209score1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東大学対抗戦A 帝京大対明治大

2018.11.18(日) 14時 秩父宮ラグビー場 

 帝京大学 15(8−13)23 明治大学 
       (7−10)

大学ラグビー見るのは、だいぶ久しぶり。力関係がよくわかってなくて、上位対決なのは理解してたけれど、今の帝京の無敵感がどの程度のものなのかは分からなかった。

明治が10分までにPGとトライで10点先行したが、その後は帝京に押し込まれ、ゴール前で反則を繰り返しながら、何とか守ってるという感じだったから、やっぱり帝京の方が格上なのかと思った。しかし帝京は攻めきれず、PGの3点しか取れない。前半は、明治のPGでまた引き離された後、ロスタイムに速攻からトライで5点を返すのがやっと。

後半も立ち上がりに、明治のカウンターが決まって、トライでさらに点差が広がる。押し込んでも攻めきれない帝京は、20分過ぎに速攻からトライで7点を返して、5点差に詰めたが、その後はむしろ明治が押す展開。35分頃には、明治がPGで帝京を8点差に突き放し、そのまま勝ちきった。

明治は、序盤は割とバタバタしていたが、次第にペースを掴んで、後半は互角に渡り合っている雰囲気があった。
帝京には力づくで押し切る力強さがなかったと思う。2トライは決めたものの、どちらも速攻からのもので、(鮮やかな攻撃ではあったけれど)あまり強さを感じさせる形ではなかった。決定機でのミスも多かった。今年の帝京は、そこまで圧倒的な強さのチームではないのかな。

明治が帝京に勝ったのは8年ぶりと聞いた。明治のファンが大喜びしてたわけだ、と思った。
20181118board2
20181118score2
20181118pitch2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップイーストDiv1ヤクルト対セコム

2018.10.18(日) 11時半 秩父宮 

 ヤクルトレビンズ 43(29−5)26 セコムラガッツ
            (14−21)

前日に、清水建設が勝って、勝ち点で上回られたヤクルト。いずれにしても決着は来週の最終戦での直接対決次第だが、ここで勝って、1位を奪回しといた方が有利なのは確か。
セコムはずっと低迷していたが、今年はメンバーを一新して中位に食い込んでいて、警戒が必要そうな気配があった。

でも、立ち上がりにヤクルトがテンポよくトライを重ねてリード。SOイブミーの自在なゲームメイクと、メンバーの動きの良さがうまく噛み合っていた。ボールのバウンドなど、運にも微妙に後押しされていたと思う。前半終了間際に1トライを喫したが、29対5で折り返し。
ただ、前半しまい際に、CTBシュレイダーが交代。タイミング的には負傷? ちょっと気になった。
後半に入ると、点差を意識したのか、セコムの積極的な仕掛けが目立った気がしたが、攻め急ぐあまり、雑になった面もあったようで、ヤクルトが簡単にボールを奪って逆襲に転じる場面も増えた。トライを取り合って、15分には36対12。
しかし、この時点でイブミーが交代。ここも、攻撃の中心選手が抜けるタイミングとしては、ちょっと微妙。アクシデントでの交代でなければいいんだけど。
20分過ぎにヤクルトはもう1トライを追加したが、その後はどちらかというと、セコムの攻勢に耐える展開。自分が知っているセコムは(去年は1試合も見てないから、一昨年まで)、途中まで頑張れても、終盤は力尽きちゃった感が漂うチームだったので、それだけでも以前とは違うなと思った。でも、プレーの精度などはもうひとつで、毎年少しずつ積み上げてきたヤクルトの方が、チーム力として一枚上手だったかなと。後半20分以降に2トライを奪われたが、前半のリードに守られて、楽々逃げ切った。

とりあえずヤクルトは1位を奪回して、最終戦の直接対決へ。今年はここまでIBM戦しか見ていなくて、いまいち強さが実感できてなかったけれど、中位のセコムとこれだけやれるんだから、今季のリーグ戦を1位で終えて、3地域チャレンジへ進む力は十分あると思った。
ただ、この試合でのダメージの影響が、来週へ向けて、少し気掛かり。
20181118board1
20181118score1
20181118pitch1

[追記 2018.11.26] ヤクルトは11/24、清水建設に19対48で敗れ、リーグ戦を2位で終了。3地域チャレンジへ進めなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップイーストDiv1清水建設対日本IBM

2018.11.17(土) 13時 清水建設荏田グランド 

 清水建設ブルーシャークス 101(59−12)19 日本IBMビッグブルー
               (42−7)

トップイーストDiv1で、ヤクルトと2強状態の清水建設は、来週の最終戦でここでヤクルトと直接対決。現時点で2位なので、そこで勝った方がトップチャレンジとの入替戦をかけたプレーオフへ進める、という形に自力で持ち込むには、とりあえず今日は勝たないと、という試合。
ただ、IBMは例年通り、最下位争いをしているチームなので、清水建設の圧勝だろうなと思ってはいた。
あまり試合内容には期待できないかな、と思いながらも見に行ったのは、来週の最終戦を見に行けないので、せめて、清水建設がどんな試合をするのか見てみたかったのと、荏田グランドがどんな所か見てみたかった、というのもあった。

結果は清水建設101対19日本IBMで、予想通り。ただ、途中まではもっと大差になりそうな気配があった。序盤から力の差がはっきりし過ぎ、個人技で簡単にトライがとれるので、清水建設の試合運びがやや雑になった感は否めない。前半は清水建設のミスからIBMが2トライ。後半は半ば過ぎ以降には、むしろIBMが優勢に試合を進める時間帯もあった。IBMが力尽きた感のある最後の数分に2トライをあげて、得点を100点に乗せたけれども、清水建設はちょっと隙があるか、という印象。
チームとしての完成度はヤクルトの方が上じゃないか、という気はした。もっとも、今年は、自分ではヤクルトの試合も1試合しか見ていないので(しかも圧勝したIBM戦)、今年のヤクルトが、全勝でここまで来ていることを知っているだけで、チームの状態を十分わかっているとは思えないけれど。

また、今季は、清水建設が横河グランドで横河とやった試合も見ているが、あの時はでかい選手が走り回って、連携も鮮やか、という試合運びで、個人技とスピード感が目立ったこの日とは、少し雰囲気が違った。メンバー構成も結構違っていたはずで、相手によって戦略を変えているということなら、ヤクルト戦でどう出てくるかも、全然わからないことになる。

なにはともあれ、この勝利で清水建設が1位浮上。まあ、ヤクルトとしては明日のセコム戦にきっちり勝って、1位を奪還して有利な立場で来週に臨むというところだろう。

荏田グランドは、トップイーストDiv1のチームの練習グランドとしては、標準的な感じ。常設スタンドがあるけれど、敷地がちょっと手狭な感じはした。この試合も、清水建設を応援する観客が相当数来ていたことを考えると、大一番の来週は、ヤクルト側の来場者次第では、観客があふれる可能性もありそうな(清水建設サイドで、そういう会話がされているのも、漏れ聞こえた)。いろんな意味で、どうなるんだろうなあと思う、来週の最終戦。
20181117pitch
20181117score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップチャレンジリーグ1stステージ 栗田工業対マツダ

2018.10.21(日) 13時 栗田工業昭島グランド 

 栗田工業ウォーターガッシュ 34(22−7)19 マツダブルーズーマーズ 
                 (12−12)  

栗田工業が今年昇格したトップチャレンジリーグ。
去年まで厚木にあったはずの栗田工業のホームグランドが、今年から昭島に移転。そこで開催される初の公式戦だったらしい。トップチャレンジリーグは通常有料開催だと思うが、この日は練習グランドでの試合ということでか、無料開催。特例的な措置だったのかな。新グランドの地元への御披露目的な意味合いも、あったようだったので。

栗田工業は、今まで何度か見た印象から、当りが強くて、力づくで持ってくる試合運びのイメージがあったが、この試合では違った。そもそもマツダの方が体格が良いので、そういう戦略では勝算がなかっただろうし、このタイミングで新グランドが整備されたということは、会社としてトップリーグも目指すという意思表明だろうから、当りの強さが前面に出た単純な試合運びでは、それはなかなか難しいとも思われるし、その辺を考えたチーム作りの方向性の見直しがあったのかなと思った。まあ、昨年は栗田工業の試合を全く見なかったし、いつごろから始まったのかはわからないけれど。
トップリーグでも実績のあるタマティ・エリソンが今季から加入していて、彼がSOで試合をコントロールしていた。パスはきれいに繋がるし、スピード感もある試合運び。タマティに連動して動くバックスにも、スキルを感じさせる選手が多かった印象で、年齢を見るとみんな若いから、チームスタイルの路線変更にあわせて、新加入した選手たちかなと思った。
先制点はマツダが力で押し込んだものの、栗田工業は前半のうちに逆転して突き放し、後半も優位を維持し続けて完勝した。

マツダもトップチャレンジや入替戦で、過去に2度見たことがあり、頑張ってるけど力不足な印象だったが、この試合もそんな感じがした。以前より選手の補強はしているようだけれど、チーム戦略としては、上を目指す、強豪と戦っていくという所までは、それほど考えていないのかなと思った。それにしても、今年初めてトップチャレンジに出て来た栗田工業あたりとは、せめて互角に戦いたい所だろうと思うんだが、この試合に関しては、栗田工業の強化が上回ったという感じか。
(マツダのファンと思われる人が喋っているのを漏れ聞いたところでは、マツダが栗田工業に負けたのは初めてじゃないかな?、だったらしいが)

それにしても、栗田工業の新グランドは、どこもかしこもピカピカで、希望に満ちあふれてる感じがしたが、厚木にも地元のファンがいくらかは居ただろうし、そういう人たちはどうしているのかなと、ふと思った。
20181021pitch
20181021board
20181021house

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップイーストDiv1ヤクルト対日本IBM

2018.10.7(日) 13時 ヤクルト戸田グランド 

 ヤクルトレビンズ 90(45−10)17 日本IBMビッグブルー
            (45−7)

今年初のヤクルトレビンズ観戦。

正直言って、IBM戦は近年、チームの力の差がありすぎて、大量点差であまり面白みのない試合になることが多く、この試合もそうなのかなあ、と思っていた。今季の順位争いを考えると、得失点が結構効いてくる可能性があって、そういう意味では大量点が必要な状況ではあるけれど、壊れた試合を見るのはあまり楽しくない、というのもあるわけで。

結果的には、やっぱり予想通り、壊れた試合だった。開始早々のコックスのトライに始まって、前半7トライ。後半、メンバーが入れ替わっても、勢いは変わらず7トライで、得点は90点。
失点は、前半はトライ&ゴール1度とPG1度の10点、後半は試合の最後の最後に1トライ返された7点で、合計17点。まあ、最後のやつは、大量点差だし無理して追わないという感じの失点だったので、おまけみたいなもの。前半の2回の失点は、守勢に回った時に反則を犯し、そこから攻め込まれたものなので、少し印象は悪かったけれど、ここまで点差が開く試合だと、どの程度意味を考えるべきかもよくわからなくなる。

ヤクルトは3人の外国人選手の存在感が圧倒的。去年から居るイブミー(SO)とコックス(WTB)のスキルが抜きん出ているのは分かっていたが、今季加入のシュレイダー(CTB)も気の利いた球捌きが出来る選手という印象。攻撃力は確実に上がっていると思う。一方で、守勢に回ると案外もろいかも(実際、そういう失点をしたので)、とも思ったけれど、強豪との試合の時は、選手を入れ替えて、力負けしないメンツにしてくるのかもしれない。少なくとも、NO8には、フォックスという新しい選手を補強していることでもあるし(ハミッシュ・パターソンは昨季限りで退団した)。ただ、とにかく、この日のようなIBM戦の結果では、ヤクルトがどの程度強いのかというのを測るのが難しい。

来週は、今まで一度も勝っていない東京ガスと、東京ガスグランドで試合。ここで勝てるようなら、今年のチームは、過去のチームよりも確実に強くなってると言えると思うし、トップチャレンジ挑戦という目標も、現実味を帯びてくるとは思うんだが。
20181007stadium
20181007score

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップイーストDiv1横河武蔵野対清水建設

2018.10.6(土) 13時 横河グランド 

 横河武蔵野アトラスターズ 12(5−24)38 清水建設ブルーシャークス
               (7−14)

今季最初のラグビー観戦。

横河は前の試合、観に行ってなかったが、ヤクルト戸田でヤクルトに大敗していた。年によって、成績の上下動が激しいチームなので、今年はどうなんだろうという興味もあり、この試合を観に行ってみた。それと、去年は、トップイーストDiv1に初昇格した清水建設を見損ねたので、こっちも見たいなと。清水建設の試合を見るのは3年ぶり。

開始早々、横河が相手陣内に攻め込んで、ラインアウトからモールで押し込み先制。清水建設は昨年、昇格早々Div1で4位という好成績を残していたけれど、まだ強豪という感じでもないのかなと思ったが、そこから後は清水建設が主導権を握る展開に。
清水建設は、とにかく、FWがでかかった。4番(日高)、5番(中田)、6番(ジョナサン・カワウ)が190cm+100kg超え。しかもよく動く。山が動いてるみたいだった。その他の選手も当りが強くて、力で押しまくった。10分過ぎの清水建設の同点トライは、バックスの技巧的なパスワークがフィニッシュにつながったものだったが、25分過ぎと35分過ぎの追加点は押しの強さが効いた。40分過ぎには横河がクリアしたボールが、インゴール内に転がったのを、清水建設のバックスが走り勝って抑え込んだ。そういう抜け目なさ、反応の良さも目立った。
後半序盤にも、清水建設がラインアウトからモール、さらに延々押し込んで追加点を決めたが、この後、少しペースダウンしたみたい。横河のスピード感のあるパスワークがようやく機能し始めた。特に15番(青木)が精力的に走り回って、チャンスを演出していたが、なかなかフィニッシュにたどりつけない。20分過ぎに、横河が深く攻め込んだが、そこでボールを奪われた。しかしクリアボールをゴール前でインタセプトして、そのままトライに持ち込み、ようやく反撃。しかし30分頃に、横河のクリアをチャージした清水建設が、インゴールで抑え込んで追加点。そのまま、横河12-38清水建設のスコアで終了。

清水建設は、貫禄のある試合運びだったと思う。まだDiv1昇格2年目だけど、トップチャレンジ昇格を目指すというのは、かなり本気っぽいように思える。
横河は、体格差・パワーの差で負けていて、持ち味があまり出せていなかったが、流れを引き寄せかけた時間帯にしても、いまひとつ力強さが感じられなかったように思えた。今年のチームは、ヤクルトに大敗したことも合わせて考えると、それほど強くないのかな、という気がする。
20181006stadium
20181006board

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ総合順位決定トーナメント第2節 東芝対神戸製鋼

2018.1.14(日) 14時 秩父宮 

 東芝ブレイブルーパス 17(0−22)41 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
             (17−19)

トップリーグ5位決定戦。
先週の試合ぶりから、東芝有利かと思っていたが、やっぱり外れた。

東芝の方が勢いがあったような気はしたが、10分過ぎに神戸製鋼が右サイドを縦に粘り強くつないで、先制トライ。その後、東芝が猛攻で、神戸製鋼のゴール前で攻め続けたが得点できず、20分過ぎに、パスミスを神戸製鋼にかっぱらわれて、トライに持ち込まれ12点差。この辺から東芝が元気がなくなり始めた気がする。その後、神戸製鋼が1TR1G1PG追加し、前半22対0で折り返し。まさかの完封もある?という展開。

後半は立ち上がりから、東芝が神戸製鋼陣内に押し込んだが、ゴールまで持ち込めない。ゴールに迫った所で、どうしてもミスが出るし、連携もどんどん悪くなっていった。そして57分に神戸製鋼14番の正面が、ハーフライン付近でスクラムから出たボールを、東芝ディフェンスをステップでかわしまくって、トライまで持ち込み突き放す。正面は69分にもパスカットからトライに持ち込み、後半は正面劇場かい、という感じになった。ただ、これで少し神戸製鋼は気が緩んだかな。こうなったら絶対完封で終わるぞ、みたいな選手の声が聞こえたんだが、そのすぐ後に東芝の左サイドで、この日初めてみたいなパスの綺麗なつながりから、14番宇薄が抜け出して、完封を免れるトライ。さらに双方が1トライづつ取ったロスタイム、勝敗はついていたが、東芝が自ゴール前から執念でつないで、最後はまた宇薄が持ち込み、41対17で終了。神戸製鋼が5位を獲得。

東芝は、押してる時間は長いが空回り気味だった。一人一人はそれなりに強いにしても、選手間の意思疎通に問題があるように見えた。ドナルドとカフイの間はしっかりつながってる感じだったんだけど、いくら中心選手とはいえ、二人だけでは。
神戸製鋼は、先週同様、そんなに華々しさはなかったが、きっちりつないで、きっちりディフェンスして、という手堅さが感じられたし、そういう所が、今日の東芝のようなチームには効いたんだろうなという気がした。

これで今季のラグビー観戦は(多分)終了。今季はあんまり試合数を見なかった気がするんだが、来季はどうなるかな。
20170114board2
20170114stadium2
20170114score2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ総合順位決定トーナメント第2節 NEC対リコー

2018.1.14(日) 11時半 秩父宮 

 NECグリーンロケッツ 20(17−20)44 リコーブラックラムズ
             (3−24)

トップリーグ7位決定戦。

先週の出来を見ると、NEC有利?と思えたが、PGで3点づつ取り合った後、トライで先行したのはリコー。ラインアウトを起点にして、素早い繋ぎからのトライと、モールで押し込むトライで、14点リード。しかし30分過ぎにNECに立て続けに2トライ奪われて同点になり、その直後、さらに、NECのハイパントのキャッチミスから逆転のトライを許す、お馴染みのヘタレぶり…と思ったら、ハイパントのタイミングでNECの選手の飛び出しが僅かに早く、TMOでオフサイド認定されノートライ。これでリコーは救われた。前半終了間際にPGで加点したリコーが、20対17とリードして折り返し。

リコーは後半も序盤にPGで突き放しはしたものの、ミスが多くて不安定な試合ぶり。先週、キックが絶不調だったSO(ロビー・ロビンソン)は、何度もいいパスを放ってたと思うが、今日もキックはやっぱりいまいち安定感がなかったみたい。そのせいかどうかは分からないが、後半10分過ぎに退いて、SOには13番のタマティ・エリソンが入った。その影響かどうかはわからないが、この辺からリコーの勢いが増した。55分以降に4トライ。終盤、元気を無くしたNECを圧倒したリコーが、44対20で7位を獲得した。

それにしても、NECのNo8ジョージ・リサレはパワフルで、NECの怪人外国人選手の伝統に連なる選手かと(^^;。セミシ、ラトゥ、ナドロ…。もっとも、彼は流経大卒なので、純粋な外国人枠の選手ではないみたいだけれど。
20170114board1
20170114stadium1
20170114score1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧